紬「素晴らしい、実に素晴らしいわ・・・」ボタボタボタボタボタ

唯「それが恋人になる前の話って・・・りっちゃんと澪ちゃんはマニアックすぎるよぉ・・・///」

梓「本当ですね、実にけしからん話ですよ。全く最近の若い女子は・・・」ボタボタボタ ザー

律「いつもの砂に加えて鼻血まで垂らしながら言っても何の説得力も無いぞ、むっつりすけべ」

和「///」プシュー

唯「あ、和ちゃんが真っ赤になって煙吹いてる」

紬「昔の澪ちゃんみたいね」ボタボタボタ

梓「和先輩には刺激が強すぎたんでしょうね」ボタボタ ザー

和「あ、貴女達・・・な、何てことをしてるのよ・・・!///」

律「参考になったか?」

和「ななな、なる訳ないでしょう!?」

律「何だよー、和が聞きたいって言ったのに」

和「何かもう、澪の顔まともに見れそうにないわ・・・///」

澪「私がどうかした?」

唯紬梓和「!!?」ボタ… ボタ… ザ…

律「澪ー、遅いぞー?」

澪「ごめんごめん、掃除が長引いちゃってさ」

澪「・・・何で和はそんなに真っ赤になってるの?」

和「な、何でもない!何でもないのよ!?」

澪「? 本当にどうしたんだ・・・?」

律「和はいいから私に構えー!」ダキッ

澪「うわぁ!?///」

律「うひゃあ!澪のおっぱい柔らけー!」スリスリ モミモミ

澪「や・・・ぁっ!皆の前でこういうことするな!///」ゴツン!

律「いってー・・・」

律(二人の時は『していいよ』、ってか?澪は本当に自然に墓穴を掘る天才だな)

梓「何か、今の様子とか見ると律先輩はともかく澪先輩がそこまでしてる風には見えないですよね・・・」ヒソヒソ

唯「うん・・・そうだね。ん?りっちゃんが首元を指差してる?・・・あ」ヒソヒソ

紬「澪ちゃんの首筋に思いっきりキスマーク・・・!しかもちゃんと本人の見えない位置にいくつも・・・!」ヒソヒソ ボタボタ

律「今日はそろそろ解散にするかー?」

澪「はぁ!?まだ少しも練習してないだろ!?なぁ、梓!」

梓「私は今日はお腹一杯なんでいいです、ごちそうさまでした」

澪「え、えぇ!?」

律「そ、れ、に、さー」ムニュ

澪「ひゃあっ!?///」

律「こうやって私に胸揉まれて、変な気分になっちゃったえっちな誰かさんを、早く何とかしたげないとなぁ?」ボソッ

澪「り、律ぅ・・・/// だ、大体にして誰のせいでこんなにえっちな体になっちゃったと思ってるんだよ・・・///」

律「だ、か、らー。私が責任とってあげるってばぁ」

澪「も、もう・・・律ってば、本当にえっちなんだから・・・///」

律「澪が、可愛すぎるのがいけないんだよ・・・?」

唯「ねぇ?りっちゃんと澪ちゃんって目が悪いの?」

梓「これもう目の問題じゃないですよね。完全に私達、居ないことになってますよね」ザー

和「は、破廉恥だわ・・・///」

澪「わ、わかったよ・・・今日は部活終わり!ほ、ほら!律、とっとと帰るぞ!」ガシッ

律「へいへーい、んじゃ皆また明日なー!」ズルズル

紬「嵐のように、過ぎ去っていっちゃったわね」ボタボタ

紬「それにしても・・・やっぱり、あの二人は格が違うわね」ボタボタ

唯梓和「同感(だよ)(です)(だわ・・・)」ザー


後日

和「ね、ねぇ・・・憂・・・?」

憂「どうしたの?和ちゃん」ニコッ

和(な、何て純粋無垢な笑顔なの。私が今からとんでもないこと聞こうとしてるのに・・・)

和「え、えっと・・・その・・・う、憂っておおお、オナニーしたこと・・・ある?///」

憂「え、ええええええぇぇぇっ!?///」

和「ご、ごめん!やっぱり忘れて!何でもないわ!///」

和(あああ、もう私は何をやってるのよ!こんなに純真な子にとち狂ったことを聞いて!憂はあのバカップルとは違うのに!)

憂「・・・ある、よ///」

和「え!?あ、あるの!?」

憂「その・・・和ちゃんのこと考えて・・・前に、しちゃった・・・///」

和「///」プシュー バタッ

憂「の、和ちゃん!?」



唯「和ちゃんと憂は、まだまだ時間がかかりそうですね♪」


-おしまい-




おまけ

―話を聞いた、少し後の部室

唯「それにしても、りっちゃんと澪ちゃんは本当にマニアックすぎだよねぇ」

梓「そうですね、全くです」

唯「そもそも、高校生のうちにえっちとかするのもどうかと思うんだけどね」

梓「え?そ、そうですか?私はそんなことはないと思いますけど?」

唯「ええー?早すぎだよー。それにあずにゃんだってけしからんって言ってたのにー」

梓「ま、まぁ言いましたけど。でもそれはあくまで、お付き合いする前にああいうのはどうかってことだけです」

唯「へぇー、そうなんだー」

梓「はい、そうですよ」

唯「・・・」

梓「・・・」

唯「・・・あのさ、あずにゃん?」

梓「はい、何ですか?」

唯「今の言い方だと、あずにゃんは早くえっちしたいって、そういう風に聞こえるんだけど?」

梓「な、何を言うですか!そんなこと、一言も言ってないです!」

唯「へぇー、じゃあ何でこういう話を率先して聞きたいと思ったの?」

梓「べ、勉強ですよ勉強!」

唯「そうなんだー、じゃあ早いと思いつつそういうことしたいと思ってる私は困っちゃったなぁ」

梓「えええぇぇっ!?」

唯「うーん、どうしよう。あ、りっちゃんとか澪ちゃんなら詳しいし優しく教えてくれるかな」

梓「そそそ、そんなの駄目に決まってます!大体、律先輩に手を出したら澪先輩に刺されちゃいますよ!?」

唯「それもそうだね。じゃあ和ちゃんや憂かな?」

梓「それも駄目に決まってます!そもそもお付き合いしてる人を奪うような真似しちゃ駄目です!」

唯「えぇー?じゃあどうしようかなー?ムギちゃんは見てた方が楽しいって言ってたしー」

梓「わ、私だったら・・・その、今は絶賛フリーですよ?」

唯「え?あれー?」

梓「な、何ですか」

唯「早くえっちしたいって訳じゃないってあずにゃん言ってたよね?」」

唯「なのに何で私がしたいって言ったらあずにゃんは止めて、そのうえ立候補までするの?」

梓「そ、それは・・・えぇーっと・・・」

唯「あーずにゃーん!」ダキッ

梓「にゃあっ!?///」

唯「なーんであずにゃんは私が他の人とえっちなことするのが嫌なのかなー?」スリスリ

梓「ふにゃあ・・・///」

唯「お姉さんに言ってごらーん?素直に言ったら、いいことあるかもよー?」

梓「は、はい・・・/// だって、唯先輩いっつも私に抱きついてきて・・・」

唯「そだねー」

梓「抱きつかれてるうちに・・・私、唯先輩があんまりにも柔らかくていい匂いだから、えっちな気分にもなっちゃって・・・」

唯「えぇー?あずにゃんは私の体だけが目当てだったのね・・・ひどい」シクシク

梓「そ、そんなことないです!最初はだらしない人だって思ってたけど・・・やる時はやる人で、すごくかっこよくて・・・」

梓「そのうえ、こんなに素直じゃない、生意気な私にもすごく優しくしてくれるから・・・」

梓「気付いた時には、もうどうしようもなく好きになっちゃってたんですよ・・・///」

唯「あずにゃん?やっと素直に言えたね?」

梓「は、はい・・・///」

唯「じゃ、ご褒美にいいことしてあげるね?」スルッ

梓「!! あ、駄目ですよ・・・唯先輩!そんなところに手を入れちゃ・・・あぁ、んっ・・・」

唯「ふふふ、こんなに未成熟でも体は立派な女の子なんだね。ここ、こんなにしちゃってさぁ」

梓「やっ・・・はぁん・・・!ゆい、せんぱぁい・・・っ///」

唯「もう、こんなにだらしない顔しちゃって!だらしないのはどっちなんだかだよ?」

梓「誰のせいで、こんなになっちゃったと思ってるんですかぁ・・・///」

唯「あ、そうやって人のせいにするんだ?いけない子猫ちゃんにはお仕置きが必要だね」

梓「ふああぁっ!?駄目ぇ・・・唯先輩・・・!私、おかしくなっちゃいます・・・っ!」



紬(私のテンションもおかしくなっちゃうわああぁぁぁ!うっひょおおぉぉぉ!ここはパラダイスだぜぇぇぇ!)●REC ボタボタ


-おしまい-