梓「そうです!」

唯「是非とも!」

紬「聞きたいのです!」

律「・・・まぁ、何となくわかるけどさ。唯は単純に他の人がどうしてるかって興味本位だよな?」

唯「そう!りっちゃんと澪ちゃんはどんなことしてるのか気になる!」

律「ムギは・・・何というか、言うまでもないし」

紬「理由など必要ないわ!それが女の子同士なら!ましてや律澪ならそれだけで充分理由になるわ!」

律「梓はむっつりすけべだし・・・」

梓「なっ!?何てこと言うんですか失礼な!」

律「でも、さぁ・・・何で和まで居んの?」

和「その、参考にさせてもらおうかと思って・・・」

唯「和ちゃんまだ憂としてないのー?」

和「ちょ、ちょっと唯!?」

律「・・・あぁ、そういうことね。まぁ私は別に話してもいいんだけどねー」

唯梓「是非!」
和「お聞きしたいわ・・・!」

紬「この通り、お願いします!」土下座

唯「す、素早い・・・!」

和「しかも、なんて美しい土下座のフォームなの・・・!?」

律「わかった、いいよ」

唯「軽い!そんなんでいいの!?」

律「まぁねー、私だって偶にはのろけちゃったりしたいじゃーん?」

梓「えっ。普段からバカップル丸出しなのに、それ以上を求めてるんですか」

律「了解。中野は聞かなくていいのな」

梓「すいませんでした、超聞きたいです」土下座

唯「あずにゃんって、結構欲望のままに生きてるよね」

律「んー・・・じゃ、あれかなー。私と澪が付き合うきっかけになった話」

唯「えぇっ!?付き合う前にえっちなことしてたの!?」

律「んー、ちょっと違うかな・・・」

律「私は澪のこと大切にしてるから、付き合ってある程度するまでキスもえっちもしてないし」

律「えーっとね・・・何というか、えっちなことした訳じゃなくって見せてもらったんだよな」

唯「何をー?」

律「澪が、オナニーしてるとこ」

紬「詳しくうううぅぅぅぅぅ!!」ボタボタボタ

律「んで、それを見て私もオナニーした」

梓「それ、明らかに実際にするよりマニアックですよね?少なくともキスより先にすることじゃないですよね?」ワクワク

和「待って!?それ、絶対参考にならないわよね!?できる訳ないわよね!?」

律「あれは・・・部活の帰りに澪ん家に、話があるって言って寄った時だったな・・・」

和「無視!?」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

律「なぁ澪ー、オナニーって何なんだ?」

澪「なななななな、何を言い出すんだお前は!?///」

律「へ?いや、オナニーって何なのかなぁって・・・」

澪「何回も口に出すな馬鹿律!」

律「な、何だよー・・・澪がそんな風に言ったからだろ。・・・で、何なの?」

澪「何度も言うなって言っただろ!?だ、大体!何で急にそんなこと言い出したんだ!」

律「いや、昨日見た漫画にその言葉が出てきたから・・・。澪なら頭いいし知ってるかと思って」

澪「ししし、知らない!そんなの知らないんだからな!」

律「ちぇー、何だよ全くー・・・。じゃあムギか和あたりにでも聞こうっと・・・」

澪「ば、馬鹿っ!そんなこと他の人に聞くな!」

律「えー、澪が知らないって言うからなのに・・・」

律「・・・っていうか、そんなこととか言うくらいだから、お前本当は知ってるだろ?」

澪「ううぅ・・・。た、確かに知ってるけど・・・///」

律「・・・そうか。それなのに、澪は私には・・・教えてくれないんだな」ボソッ

澪「え・・・?り、律・・・?」

律「・・・いいよ、もう帰るからさ」グスッ

澪「! ちょ、ちょっと待って!律!」

律「・・・何だよ」

澪「いや、その・・・ど、どうしても知りたいのか?・・・ていうか、その、何で真っ先に私に・・・」

律「そんなの決まってるだろ、私の一番は・・・いつだって澪だからだよ」

澪「!! (ど、どうしよう・・・すっごい嬉しい・・・///)」

律「だから、澪に真っ先に聞いたのにさ・・・」

律「私にとっては澪が一番でも、澪にとっては私なんて・・・」ウルウル

澪「そ、そんなことない!私にとっての一番だって、り、律だよ!」

律「・・・じゃあ、教えてよ。教えてくれないなら、諦めて帰るからさ」

澪「う、うぅう・・・わ、わかったよ・・・///」

律「本当!?何だかんだでやっぱり澪は優しいな!ありがとう!」ダキッ

澪「きゃあああ!?り、律!?ちょっと離れて!///」

律「? 澪、いつもみたいに叩かないのな」

澪「さっき、律が一番って言っちゃったし・・・今日くらいは、素直にしようかと思って・・・///」

律「・・・へへ、だったらこのままでいいじゃんかよー。私は澪にひっついてたいよー」

澪「だだだ、駄目!それは駄目なの!」

澪(いつも律でシてるから、律に抱きつかれながらオナニーの話なんて絶対無理!そんなことできる訳ない!)

律「ちぇー、わかったよー。とりあえず離れるよ。それで、何なの?」

澪「おおおおお、おな、オナニーって言うのはな・・・よよ、要するに、一人えっちのことで・・・///」

律「ふんふん」

澪(うぅ、律が純粋な目で真剣に聞き入ってるのが辛い)

澪「な、何ていうかその、えっちな気分になっちゃった時にするものなんだよ」

律「どういう風にするの?」

澪「ええぇ!?そ、その・・・自分の胸を自分で触ったり、じ、自分の性器を自分で触ったり、して、するんだよ・・・///」

律「へぇー・・・。じゃあさ、澪?」

澪「な、何?」

律「言葉だけじゃよくわからないから、して見せてくれない?」

澪「・・・え、え、え?えええええええええええぇぇぇぇぇぇ!?ななななな・・・無理無理無理、絶対無理!!」

律「えー、何でー?」

澪「常識的に考えたらそんなの無理に決まってるだろ!?律だって人にそんなことしてるところ見られたくないだろ!?」

律「んー、澪だったら、いいよ?」

澪「な、な、なななななな・・・何だって・・・!?///」

律「他の人だったら嫌だけど、澪にだったら見られてもいいよ私は」

澪「じゃ、じゃあさ・・・私がして見せたら、その・・・律のも、見せて・・・くれる?」

澪(律がシてるところ・・・み、見てみたい・・・)

律「何?澪は私がオナニーしてるとこ見たいの?」キョトン

澪「ちちち、違うぞ!?私だけ見られるのはおかしいだろ!?だったら、律のも見せてくれなきゃ公平じゃないってだけだ!」

澪(今日は素直になんて言ったけど・・・律がシてるとこ見たいなんて、流石に素直に口に出せる訳ないよ!)

律「おっけー、いいよ。だから澪がシてるとこ、見せて?」

澪「う、ううぅ・・・わ、わかった・・・」

澪(何でそんなに軽いんだよぉ・・・)

律「あ、澪。ちょっと待って」

澪「な、何だよ」

律「ちゃんと、パンツは脱いでよ?自分のあそこを触るって言ってたけどパンツの上からじゃよくわかんないじゃん」

澪「・・・わ、わかったよぉ///」スッ

澪(ううぅ、もうどうにでも・・・)

律「・・・うわぁ、澪のあそこ、すっごい綺麗だな・・・///」

澪(あぁぁ、もう何なのこれ。夢?律が私のあそこをじっと見つめてるよ・・・恥ずかしすぎて死にそう・・・)ピクッ

律「・・・あれ?澪のあそこ、ちょっと濡れてきてない?」

澪「へ?えぇ・・・っ!?う、うぅ・・・///」

澪(り、律に見られてるって思っただけでもう・・・普段より、すごく・・・)

律「へぇー、澪は何だかんだ言いながら、人に見られると感じちゃう変態だったんだなー」

澪「ち、違うよ・・・そんなこと、ないもん・・・」

律「じゃあひょっとしてあれかな?一年のライブの時も、恥ずかしいとか何とか言っておきながら実は感じてたとか?」

澪「ち、違うってば・・・私、そんな、変態なんかじゃないもん・・・」

律「じゃあ何で?さっき濡れたって言ったけどさ、今もどんどん濡れてきてるよ?まだ触ってもないのに」

澪「う、うぅっ(り、律に見られてるからなんて絶対言えない・・・女同士で気持ち悪いって思われるかもしれないし)」グスッ

律「じゃあ澪は、今私に言われてるみたいに変態呼ばわりとかされると興奮しちゃうってことか?ははっ、どっちみち変態だな」

澪「うっ・・・ひっく・・・ぐすっ・・・そ、そんなんじゃないもん。り、律の意地悪・・・」ポロポロ

律「み、澪!?ごめんな・・・いじめすぎちゃって。澪が可愛かったから、つい意地悪したくなっちゃったんだ」ナデナデ

澪「ひぐっ・・・じゃ、じゃあ私のこと変態なんて思ってない?・・・嫌いになって、ない?」ヒック

律「私が、澪のこと嫌いになる訳ないだろー。前も言ったとおり、好きな子ほどいじめたくなるってやつだ」ナデナデ

澪「・・・うん、わかった。じゃあ、許してあげる・・・」グスッ

律(うん、大成功。これでまともな思考能力は削げたな。それにしても泣きそうだとか泣き顔の澪ってば可愛すぎる!)

律「ありがとな、澪。じゃあほら、続き、して?」

澪「ん・・・わかった・・・。・・・ぁっ、んっ」チュク

律(きゃー澪さんえろーい)

澪「ふあぁっ・・・んっ・・・は、ぁっ・・・」チュク…ヂュプッ…

律(うわー澪ってばすっげー濡れてるよ)

澪「んぅ!・・・あぁっ・・・はぁ、っん・・・」グチュ…ジュプ…

律(きっと私に見られて、興奮してんだろうなぁ。あんなに卑猥な音立てちゃって)

澪「やっ・・・んぅ・・・はっ、ふぁ・・・っ」ジュブ…ズチュ…

律(ていうか、私もさっきから濡れてきてんだよな。恥ずかしがりの澪の痴態とか、正直たまらん)

澪「はぁっ・・・ふぁっ・・・やぁ、んっ・・・!」ズチュ…ジュク…

律(いやーもう無理。我慢できません、私も始めよ)チュク…

澪「はあぁ・・・っり、つぅ・・・律、りつぅ・・・!」ニュプ…グチュグチュ

律(やっべー、澪頭真っ白になってきてるよ。私の名前、呼びながらシてるし)チュプ…ピチャ…

澪「・・・ぁあっ!も、もう駄目ぇっ!りつっ・・・!」グチュグチュグチュ

律(おっ、これは?澪さんラストスパート?)ズチュッズチュ…

澪「好きぃ!律、律・・・りつぅ・・・!ああぁっ・・・!」ビクビクッ

律(澪さんイったね?イっちゃたね?という訳でまた私の愛の澪いじめタイム始まりまーす♪)ジュプッ…

澪「は、ぁ・・・はぁっ・・・!」ピクピク

律「澪、さっき『律』、『律』って何回も私の名前呼んでたね?」

律(しかし澪は、意識してんだかしてないんだか知らないけど)

澪「え・・・?あ・・・違、それは、その・・・」

律「何?ひょっとして、私のこと考えていつもオナニーしてたの?」

律(いつも私にいじめられるネタばっか提供してくるよな)

澪「違、違うの・・・。えっと、それは・・・!」

澪(どうしよう、律でシてるなんて知られたら、嫌われちゃうかも・・・)

律「澪ってレズだったんだ。しかも、いつも私のことそういう目で見てたんだな」

律(真性のドMだね、そこがまた可愛いからいじめたくなっちゃうんだけど)

澪「ちが、違うの・・・!律、お願い・・・!違うから、私のこと嫌わないで・・・!」ウルウル

律(一言もそんなことは言ってないのに、そうやって勝手に突っ走っちゃうところも大好きです)

律「誰も嫌なんて言ってない、だろ・・・ぉっ?」チュプ…

澪「え?えぇ・・・っ?」グスッ…

澪「!!? ていうか律!?ななな、何やって・・・!?」

律「んー・・・?だって、約束、した・・・っ、じゃん?私も・・・見せるって、さ、ぁ・・・っ」ジュブ…ジュプ…

澪「そそ、そうだけど・・・///」

澪(り、律が・・・律が私の前でオナニーしてる・・・!律のこんな表情、初めて見た・・・)

律「そーれーに、私は澪でオナニーしてるんだけどー?」ズプッ…

澪「・・・え?え?・・・ええぇっ!?///」

律「・・・うぅっ、あ、あぁん、み・・・おぉ・・・っ!ふあ、ぁっ・・・」ジュプジュプ ビクンッ

澪(い、今律、イった!?わ、私の目の前で律が・・・!私で、シて・・・!?///)

律「・・・ぁっ、はぁっ・・・(正直、最高でした)」ピクピク

律「ほらー私の指、びしょ濡れだろー?澪のこと考えてたからこんなに、濡れちゃったよ」

律「これって澪のせいだよー?だから、澪が綺麗にして?」

澪「・・・ど、どうすればいいの?」

澪(律の、愛液・・・ってことだよね?綺麗にするってことは・・・)

律「舐めて綺麗にして?」

澪「わわわ、わかった・・・。じゃ、じゃあ、その、失礼、します」

律(澪しゃんったら嬉しそうですこと♪澪は、本当に表情に出やすいな)

澪(これが、律の、味なんだ・・・)レロ…ピチャ…

澪(何か、不思議な味・・・でも、もっと欲しくなるような・・・)ジュル…ペロ…

律「澪ー?いつまで舐めてるの?もうとっくに綺麗になってると思うんだけど?」

律(やべー、頬染めて私の指懸命に舐めてる澪エロい)

澪「ごごご、ごめん!」バッ

律「あーあ、澪の涎でべとべとだ。・・・んっ、澪の涎美味し♪」チュプ

澪(か、間接キス・・・///)

律「で、澪ちゃんに質問があるんだけどー」

澪「え?な、何?」

律「私も正直に言ったし、正直に言って欲しいんだけどさ。澪ちゃんはー結局、私でオナニーしてたんだよね?」

澪「・・・う、うん。いつも、する時は律のこと考えて、してる・・・///」

律「そっかー」

律(あくまで今日のこと聞いただけなのに、自然にいつものオナニー事情まで言って自爆しちゃう君が大好き)

律「それってさ、何で?」

澪「えっ!?そ、それは・・・!ご、ごめんっ!それだけは・・・!」

律「ちなみに私は、澪のことをそういう意味で好きだから澪でオナニーしてたんだけど」

澪「律に軽蔑されるかもしれないし、嫌われるかもしれ・・・えっ?いい、今、何て!?」

律「私は澪のこと愛してるよー、って」

澪「・・・ほんと?」

律「本当だよ。私、澪のことずっと前から好きだし」

澪「・・・私と律は、女の子同士だし・・・もし私が律のこと好きって言って軽蔑されたりしたらって思うと怖くて・・・」

澪「だから、だから・・・一生この気持ちは私の中に留めておこうって、思ってた・・・」グスッ

律「もうそんな心配しなくていいぞ。私がずっと、一生澪の側に居てやるからな」ナデナデ

澪「うん・・・律、律、大好き・・・」ポロポロ

律「・・・えっちだって、これからは二人で、な?」

澪「!!! う、うん・・・!///」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


律「・・・と、まぁ私と澪はこんな感じで付き合うことになった訳だ」


2