唯「うーん…どうすれば襲ってくれるんだろう…」

唯「そうだ!ちょっとパジャマのボタン開けとこう」プチプチ

唯「ふふふ、これで憂もムラムラして私のこと襲いたくなるよね」

唯(あ、憂がきた。寝たふりしとこっと)

憂「お姉ちゃーん、朝だよー?」

唯「スー…スー…」

憂「もーお姉ちゃん起きて?」バサッ

憂「お…お姉ちゃん…」

唯「むにゃ…あー、うーいー」

憂「お姉ちゃんその格好…」

唯「えー?…あっパジャマが脱げてる」

憂「…」プルプル

唯(憂ったらあんなに震えてる…襲われちゃうのかな。きゃーエッチー)

憂「こんな寒いのにそんな格好してたら風邪ひいちゃうでしょ!」

唯「あ…ごめんなさい…」

唯(うぅ…普通に怒られた)

唯「うーん…服がはだけてるぐらいじゃ駄目なのかなあ」

唯「もっとエロエロな感じでやるべきかな…」


憂「はいお姉ちゃん朝ご飯」

唯「ほーい」

唯(あ、バナナ……そうだ)むきむき

唯「ん…ふ…んん…あふ…」

唯(名ずけて!いやらしくバナナを食べて憂をムラムラさせて襲わせる作戦!)

憂「お姉ちゃん…」

唯「ぷは…どうしたの憂?」


憂「もーまた変な食べ方してー。前にそれで澪さんに注意されたでしょ?」

唯「はい…」

唯(また怒られちゃった…)

憂「あ、もうこんな時間!お姉ちゃん早く食べちゃって」

唯「ほーい…」モグモグ



おんがくしつ!

律澪「憂ちゃんに襲われたいー!?」

紬「はぁん…」バタリ

律「ムギィィィ!!」

唯「ム、ムギちゃん大丈夫!?」

律「気絶してるだけだ…幸せそうな顔しやがって」

澪「それより唯、その…お、襲われたいってどういう意味だ?」

唯「どういう意味って言われても…そのままの意味だよ?」

澪「そのままって…色んな捉え方があるだろ!」

唯「だから無理矢理押し倒されてエッチしたいってことだよー」

澪「な!///」ボンッ

澪「はうう…」バタリ

律「澪おぉぉぉ!!」

唯「澪ちゃん大丈夫!?」

律「澪も気絶してるだけだ…顔をゆでダコみたいに真っ赤にしやがって」


梓「こんにちはー」ガチャ

梓「…なにこれ」



梓「つまり唯先輩は憂に襲われたいと」

唯「そうなんだよあずにゃん」

律「おおう…梓は意外と冷静だな」

梓「まー私も同じようなこと考えてますし」

唯律「え?」

梓「あ、何でもないです。それよりどうやって憂に襲わさせるかですよ」

律「そう…だな」


紬「唯ちゃんが憂ちゃんを襲うっていうのはどう?」

律「うわ!ムギ起きてたのかよ」

紬「うふふ…こんな素晴らしいことを目の前にしていつまでも寝てられないもの」

唯「それは無理だよー」

紬「なんで?」

唯「だってそんなことしたら憂に嫌われちゃうし…私から襲ったら負けたような気が…」


律「そういうもんなのか…?」

梓「今まで何か試したんですか?」

唯「えっとねーパジャマのボタン外して寝たり、バナナをいやらしく食べたりしたよ」

律「なんじゃそりゃ…」

紬「あら、意外と積極的ね♪」

梓(覚えとこう…)

律「で、結果は?」

唯「怒られただけだよ」

律「まあそれでいきなり襲うってのはありえないもんなあ」

梓「それにあのマジメな憂ですしね」

紬「その前に憂ちゃんは唯ちゃんのことを女として見てるの?」

唯「えー…どうなんだろう」

律「おいおい本末転倒じゃないか」

唯「で、でも私は憂のこと女として見てるよ!?」

律「そりゃわかるけどさ…」

梓「じゃあまずは憂に唯先輩を意識させることからですね」

唯「でもどうやって…」

梓「うーん…」

紬「家事を手伝ったりするのはどう?」

唯「家事?」

紬「そう。普段はゴロゴロしてる唯ちゃんがエプロンをつけて家事をする」

紬「これはかなりキュンと来るはずよ」

律「唯のエプロン…」

梓「唯先輩の…」



唯「あなた、ご飯にする?お風呂にする?それとも…う・ん・た・ん?」



律梓「すごくいい(ですね)…」

紬「りっちゃん梓ちゃん、ヨダレでてるわよ」


唯「ほとんど家事なんてやったこと無いけど…私がんばるよ!」

紬「応援してるわ!絶対憂ちゃんに襲われてね!」

唯「ムギちゃん!」ガシッ

紬「唯ちゃん!」

唯紬「襲われるぞー!おー!」


律「なんだこれ」

梓「女の友情ですね…泣けるです」

律「え、泣くところなんだ…」



ゆいんち!

唯「うーいーただいまー!」ガチャ

憂「おかえりお姉ちゃん」



紬「まずは褒めることね。女の子なら誰でも可愛いと言われたいはずよ」



唯(わかったよムギちゃん!)

唯「ふふふ、憂は今日も可愛いなあ」

憂「えー、どうしたの急に?そんなこと言ってもアイスはまだ食べちゃ駄目だよ?」

唯「急じゃないよ!いっつも憂のこと可愛いって思ってるもん!」

憂「そうなの?えへへ、ありがとうお姉ちゃん」

唯(やったよムギちゃん!好感触だよ!)

憂「じゃあご飯作っちゃうからお姉ちゃんはテレビでも見てて?」

唯「はーい…あっ!」

唯「うーいー!今日は私がご飯作るよ!」

憂「え!お姉ちゃんが!?」

唯「いつも憂に任せてばっかだしね!今日は私が憂のために作るよ!」

憂「でも包丁とか危ないよぉ」

唯「大丈夫!この間調理実習でカレー作ったもん!」

唯(玉ねぎの皮むいただけだけど)

憂「うーん…本当に大丈夫?」

唯「任せんしゃい!!」ふんす

憂「あっレトルトカレーがまだ残ってたような…」

唯「うーいー?」

憂「わかったよお…」

唯「じゃあエプロン貸して?」

憂「はいお姉ちゃん。」

唯「えへへ、エプロンなんて初めてつけるよー」

憂「お姉ちゃんのエプロン姿楽しみー」


唯「…」

憂「…?」

唯「どうやってつけるの?」

憂「もー。こうやるんだよ」ぐいぐい

唯「おーこれがエプロン…」

憂「お姉ちゃん似合ってるよー」

唯「えへへ、ありがとー憂」


唯(えーとこの後は…)


紬「エプロンをつけたら今から私が言うことを憂ちゃんに言ってね?」

唯「なになにー?」

紬「あなた、ご飯にする?お風呂にする?それとも…わ・た・し?」

唯「おーなんだかエロいよムギちゃん!」

紬「これで憂ちゃんはムラムラするはずよ!」

梓「裸エプロンはしないんですか?」

紬「それも捨て難いわね…」

律「お前ら…」


唯(よし!裸エプロンはよくわかんないけどあの言葉を言おう!)

唯「うーいー」

憂「なあにお姉ちゃん?」

唯「ご飯にする?お風呂にする?それとも…わ・た・し?」

憂「え!?…ご、ご飯が食べたいかなあ」

唯「…わかった」

唯(むー、全然効果ないよー。ムギちゃんのうそつき)

憂(お姉ちゃんったら…いきなりあんなこと言われたらドキドキしちゃうよぉ)

唯「えーとまずは皮むきだよね…」

唯「たまねぎの皮むきは得意だよー」バリバリ

唯「え?人参って皮あるの?」

唯「じゃがいもの皮むきって難しい…」グググ

唯「うおおぅ…目にしみるよー」ポロポロ

唯「カレールーってそのまま食べてもおいしいなあ」モグモグ


唯「できましたー!」


憂「すごい!カレーだよお姉ちゃん!」

唯「だってカレーを作ったんだもん…」

憂「あ…そうだよね。ごめんねお姉ちゃん」

唯「憂だから許します!」

憂「えへへー」

唯「じゃあいただきます!」

憂「いただきます」

憂「…」モグモグ

唯「ど…どうかな?」

憂「おいしい!おいしいよお姉ちゃん!」

唯「えっ本当?」モグモグ

唯「…おいしい!」

憂「やっぱりお姉ちゃんはやればできるんだねー」

唯「そうなんです!えっへん!」ふんす

憂「…お姉ちゃんありがとう」

唯「なにがー?」モグモグ

憂「私のこと心配して今日はカレー作ってくれたんでしょ?」

唯「えーと…そうだよ!」

唯(好感度あげるためなんて言えないよ)

憂「えへへ、お姉ちゃん大好き!」

唯「わ、わわ私も憂が大好きだよおぉぉ!!」

憂「ありがとう」ニコ

唯(その笑顔は反則だよお)


憂「ごちそうさまでした!」

唯「おそまつさま!」

憂「じゃあ後は私が洗っておくね」

唯「いいよー私がやるよお」

憂「そんな何もかもお姉ちゃんにやらせちゃ悪いよ」

唯「憂はいつも一人でやってるでしょ!今日は私が全部やるの!」

憂「うーん…じゃあ頼んじゃおうっかな?」

唯「ラジャー!」



よくじつのおんがくしつ!

紬「唯ちゃん昨日はどうだったの!?」ズズイッ

唯「憂にカレー作ってあげたよー」

紬「それで?それで?」

澪(うるさいなあ…)

唯「えーと…憂すごく喜んでくれたよ!」

紬「そして!?」

唯「え、それだけだよ?」

紬「え…?」

梓「襲われなかったんですか」

唯「うーん…まだ早いかなーって」

律「ほー、唯もそれぐらいはわかるんだな」

唯「むー、りっちゃんひどい!」

律「ゆーいー怒るなよぉ」つんつん

唯「ぶー!」ぷくーっ

律(か、可愛い…)

紬「じゃあ次の作戦を決めないとね」

澪「お、おい練習は…」

紬「今はこっちのほうが大事よ!」

澪「な!私達は軽音部だぞ!それなのに…」

梓「澪先輩、フジツボの話って知ってますか?昔フジツボで膝を擦り剥いた少年が」

澪「いやあぁぁぁぁ!!」

律(ひっでぇ…)

紬「コレで邪魔者は消えたわ。じゃあ作戦会議をはじめるわね」


紬「唯ちゃん、憂ちゃんの趣味とかわかる?」

律「そんなこと聞いてどうすんだ?」

紬「趣味を共有すれば親密度アップ間違い無しよ」

唯「憂の趣味かー。んーと…掃除とか料理とかかなあ」

梓「昨日のと被りますね」

紬「ううん、この作戦は無しね…」

律「もう普通に二人で出かければいいんじゃないか?」

唯「ベタやのー」

律「む!唯に言われたくねえ!」

唯「ベタ子さん♪」

紬「いえ、案外ベタなほうが効果あうかもしれないわ」

梓「憂のキャラ自体ベタですからね」

唯律「え?」

梓「何でもないです」

紬「じゃあ明日はちょうど休みだし、次は憂ちゃんとデート作戦ね!」

唯「デート…なんだかドキドキしちゃうなー、えへへ」

律(……)




ゆいんち!

唯「ただいまー」ガチャ

憂「あ、おかえりお姉ちゃん」

唯「この匂いは…天ぷらだね憂!」

憂「ばれたかー」

唯「お姉ちゃんは何でもお見通しです!」

憂「お姉ちゃんすごい!」

唯「すごいんです!」

憂「ふふ、じゃあそろそろ出来るから着替えてきてね?」

唯「了解しました!」ビシッ

唯「ごちそーさまでした!」

憂「お粗末様でした」

唯「あ、そうだ。うーいー」

憂「なあに?」

唯「明日久しぶりに二人でお出かけしようよ!」

憂「え、二人で?」

唯「もしかして嫌だった…?」

憂「そんなことないよ!行こうお姉ちゃん」

唯「わーい!憂とお出かけだー」

憂(お姉ちゃんと二人でお出かけかー…楽しみだな)


2