和「ひぐっ・・・唯、私ちょっとMかも」

唯「は、はい?」

和「そのぽんぽんってされるの気持ちいい・・・」

唯「うん、のどかちゃんは空気とか読むのも苦手だよね」ぽんぽん

和「ごめんね、唯・・・」

唯「いいよ・・・私やっぱり結婚はできないよ」

和「唯、いや」

唯「聞いて。結婚すれば、私と離れないで済むと思ったんだよね?」

和「・・・・・・うん」

唯「結婚じゃなくちゃだめかな」

和「・・・・・・わかんない」

唯「さっきも言ったけど、私達まだ付き合ってもいないよね」

和「キスはしたよ」

唯「それはのどかちゃんが勝手にしたんでしょ・・・」

和「私の想定ではあのとき唯も私と喜びをともにしてたのよ、確実に」

唯「それは妄想だよ・・・」

唯「ねえ、だからさ・・・とりあえず恋人同士からってんじゃだめ?」

和「恋人同士?」

唯「そう。恋人」

和「でもあなたさっき、私に対しての『好き』はあくまで友情だって言ったじゃない」

唯「あ、覚えてたんだ」

和「三歩歩けば忘れるあなたと違うわよ」

唯「のどかちゃん・・・」

和「女の子同士はおかしいとも言った」

唯「それは一般論のつもりで・・・」

和「中途半端なことを言わないで」

唯「あぅ・・・ごめんね」

和「なら、それなら一般論じゃない唯の考えはどうなの?私と結婚できる?」

唯「・・・私もわかんない」

和「そんなの、困るわよ」

唯「私はばかだから、急にじゃわからないんだ。のどかちゃんとの約束も覚えてなかったし」

唯「でも、のどかちゃんと離れたくないのは確かだよ」

和「唯・・・」ぎゅっ

唯「だから、のどかちゃんが私とそういう関係になって安心するなら、私もそうなりたいよ。

  女の子同士がどうかってのは、よくわかんないけど・・・

  のどかちゃんのことは好きだから、それはのどかちゃんにハッキリさせて貰いたいんだ」

和「わがままね」

唯「うぅ・・・そうかなぁ」

和「・・・信じていいの?」

唯「うん。私を信じて」

和「やっぱりだめ、信じられない。唯は嘘つきだから・・・」

唯「それはのどかちゃんでしょお?」

和「証拠をちょうだい、私が唯のことを信じられる」

唯「しょ、証拠?いったいどうすれば・・・」

和「とりあえずセックス」

唯「さようならのどかちゃん、今までありがとう」

和「ああん!」

唯「どん引きだよ、のどかちゃん!次言ったらほんとにさよならだからね!」

和「唯のいけず・・・」

唯「のどかちゃん?」

和「わ、わかった!じゃあキス!これならいいでしょ」

唯「き、きすか・・・」

和「・・・だめ?」

唯(うっ、かわいい)

和「唯・・・」

唯「だ、だめじゃないけど・・・」

和「じゃあ、お願い」

唯「くちびるに・・・?」

和「もちろん」

唯「ちょっと、ちょぉっとだけ、心の準備を!」

和「どうぞ。じゃあ私待ってるから」

唯「すーはー、すーはー・・・」

和「・・・・・・」

唯「うぅん・・・」

和「・・・・・・」

唯「・・・・・・」

和「・・・・・・」

唯「・・・よしっ」

唯「のどかちゃん、私、ききききき・・・きすするよ!」

和「ええ」

唯「行くよ」

和「うん」

唯「本当にするからね?」

和「どんとこいよ」

唯「きす、するからね、のどかちゃん」

和「のどかって呼んで」

唯「のどか・・・」

和「早くしなさい」

唯「ちゅ・・・」

和「・・・ん」

唯(のどかちゃんときすしちゃってるよお!)

唯(のどかちゃんくちびるやわらかいけど、べつにレモンの味はしないなぁ・・・)

唯(・・・これってどのくらいすればいいんだろう)

唯(・・・・・・・・・・・・)

唯(・・・・・・・・・・・・!?)

唯(舌入ってきた!?)

和「ふむん・・・ひゅい・・・」

唯「んー!んー!」

和「んむ・・・ぴちゃ」

唯「む・・・ぷはっ、の、のどかちゃ!」がばっ

和「うふふ、ゆーい」

唯「ゆーい、じゃないよっ!いきなり冒険しすぎだよ!」

和「何が?」

唯「なにがって・・・その、無理やり、その、あれするなんて・・・」

和「ディープキス?」

唯「それだよぅ!」

和「フレンチキスのこと?」

唯「いや、なんで言いなおしたの?ともかく私達にはまだ早すぎるよそういうのはぁ・・・」

和「いいじゃないの、長い付き合いなんだし」

唯「うーっ、でもぉ・・・」

和「ファーストキスでもないしね」

唯「そう言えばそうだった・・・」

和「ならいいじゃない」

唯「いや、おかしい・・・のどかちゃん絶対におかしいよ・・・」

和「そんなのはじめから分かってたことでしょう?」

唯「堂々と言わないでよ・・・とにかく、これで信じてくれたねっ?」

和「信じる?なんのこと?」

唯「キスし損!?」

和「冗談よ。・・・これで私達、恋人同士なのね」

唯「あ・・・う、うん。急にしりあすになるね・・・」

和「これからよろしくね、唯」

唯「うん、のどかちゃ・・・ううん。のどか」

和「ふふ、なんだかくすぐったいわね・・・」

唯「へんたいののどかにもそういう繊細な感覚があってよかったよ」

和「・・・それって私のことばかにしてるの?」

唯「そんなつもりでは」

和「まあ、いいわ。大学生になったらいっぱいエッチしましょうね」

唯「わあ、へんたいだ」

和「うふふ」

唯「うん・・・まあ、いいや。・・・いや、よくはないけど」

和「これから唯のためにがんばるから」

唯「がんばるって、なにを?」

和「私が女の子同士のよさを唯に教えなくちゃいけないんでしょう?

  ぜったいに私から離れられなくしてあげるからね、楽しみにしててよ」

唯「うーん・・・それはあんまりがんばらなくていいけど」

和「だめよ。私は唯の恋人なんだから」

唯「・・・私ものどかの恋人だね」

和「うん・・・」

唯「・・・・・・でものどかちゃん?」

和「えっ」

唯「その前に言わなくちゃいけないことあるんじゃないかな?」

和「なんのことかしら・・・」

唯「下着」

和「・・・・・・」ビクッ

唯「盗んだんだって?」

和「・・・・・・さあ」

唯「さっき自分で言ってたじゃん・・・」

和「なんのことやらサッパリよ」

唯「へんたいののどかちゃんには余罪がありそうだなあ」

和「・・・・・・」ギクリ

唯「全部教えてくれるまでキスはお預けだからね」

和「そ、そんなぁ!!」

唯「下着もちゃんと返してね」

和「あ、あんまりよ・・・横暴だわ!これはもうDVよ、ドメスティックバイオレンスよ!」

唯「いやいや」

和「ひどい・・・あんまりだ・・・」

唯「ひどいのはのどかちゃんだよ」

和「だってだって・・・」

唯「ちゃんと全部白状したら許してあげるからさ」

和「し、知らない・・・」

唯「の ど か ち ゃ ん?」

和「・・・・・・う」

和「・・・・・・レ」

唯「ん?」

和「トイレ盗撮してました・・・」

唯「・・・・・・」

和「録音、とかもしてました・・・」

唯「・・・・・・」

和「ごめんなさい!あとで私のトイレもみせてあげるから!」

唯「・・・・・・ぃゃぃゃ」

和「つまり、その・・・」

唯「・・・・・・」

和「ゆるしてくれる・・・?」

唯「えっと、のどかちゃん・・・」

和「はい・・・」

唯「その、非常に言いにくいんだけど・・・」

和「うん・・・」

唯「やっぱあんたお嫁さんとかむりだよ」

和「ゆ、ゆいいいいいいいい」





唯「おしまい!」