唯「おぉ、あずにゃんいらっしゃ~い」

梓「おはようございます唯先輩、今日は憂と遊ぶ約束で…」

唯「憂から聞いてるよ、まぁまぁあがりんさい」

梓「あ…はい、お邪魔します」

唯「実は憂ね、ついさっきお昼ご飯の材料を買いに出掛けちゃったんだよ」ジフジフ

梓「入れ違いでしたか。まぁ来る時間を言ってなかったので」ジフジフ

唯「でも心配はいらんです!
えへ…憂が帰ってくるまで私が構ってあげるからねぇ」

梓「じゃあ私帰りますね」

唯「あずにゃぁぁん!」



ゆいのへや!

梓「それじゃあ、せっかくなのでギターの練習に付き合いますよ」

唯「えぇ~?あずにゃんとのんびりゴロゴロしたいよぉ」

梓「ひとりでやってください。
こないだ貰った新曲、先輩まだ最後まで弾けないじゃないですか」

唯「うぅ…めんぼくない」

梓「と言うワケで特訓しましょう。
先輩が急に弾けるようになれば皆さんびっくりすると思いますよ」

唯「ん~…わかった、あずにゃんが教えてくれるなら頑張るよ」

梓「はいっ、任せてください」

唯「手取り足取りね?」

梓「え……あ、はい」

唯「……いやん」

梓「帰りますね」

唯「あずにゃぁぁん!」ヒシッ


唯「………」チャカチャカチャン

梓「………」

唯「………」チャンチャカチャーン

梓「意外と大丈夫ですね…、もしかして一人で練習しましたか?」

唯「ん?まぁねっ……あ、あずにゃんここ教えて?」

梓「はいっ、ここはこんな感じに……って、コレさっき弾いてたのより簡単ですよ」

唯「えへへ…ド忘れしちゃって」

梓「…にわとり並かそれ以下のアレですね」

唯「ひどい言われよう!」



すうふんご!

唯「………」チャカチャカチャン

梓「………」

唯「………」チャンチャカチャカ

梓「………」

唯「……ねぇあずにゃん」チャカチャカ

梓「はい、どうかしましたか?」

唯「…好きな人っている?」チャカチャン

梓「………っ…」

梓「……な…、何ですか急に…」

唯「いるの?」

梓「…へ、変なこと言ってないでギターに集中しましょう」

唯「えぇーいいじゃん、コイバナしようよ!」

梓「何で急にそうなるんですか!」

唯「ちなみに私はいません!」

梓「一方的に喋らせる気だ!」

唯「てことはあずにゃん、好きな人いるんだ」

梓「…そうとは言ってないじゃないですか、…私だって別にそんなの…」

唯「まぁ女子高だもんねー、出逢いが無いよね」

梓「そ、そうです。男の人って言うと先生くらいですし」

唯「…たまに女の子同士でってのもあるみたいだけど」

梓「………」

唯「クラスにいるんだ、女の子同士のカップル。
でもあの二人ならお似合いだと思うし、ああいうのなら変な感じしないかなーって」

梓「……っ…」

唯「えと…、あずにゃん?」

梓「…唯先輩は、そういうのに偏見って無いんですか?」

唯「…まぁねっ、愛があればラブイズオーケーだよ!」

梓「………」

梓「……先輩、私……います」

梓「好きな人がいるんです」

唯「………」

梓「まぁ話の流れで分かっちゃうとは思いますけど……その」

梓「相手は女の子なワケで…」

唯「………ほう…」 キリッ

梓「あ、でも唯先輩じゃないので安心してください」

唯「がっかりだよっ!」ベシ

梓「じ、じゃあ唯先輩は私の事好きなんですか?」

唯「愛してると言ってもいい!」

梓「…はいはい、冗談ですねわかります。
と言うか、さっき自分でいないって言ったじゃないですか」

唯「えへへ…そだね」

唯「でもねあずにゃん、あずにゃんの事は好きだよ?もちろん可愛い後輩として」

梓「…ありがとうございます」

梓「まぁ…、私もそういう意味でなければ唯先輩の事は好きです」

唯「おぉ…照れますなぁ、でぇっへっへ…」

梓「撤回します」

唯「…じゃあ、あずにゃんがそういう意味で好きな女の子って誰なのかな」

梓「……そ、それは…」

唯「………」

梓「……うぅ…」

唯「えっと……良ければ相談に乗るよ」

梓「む…無理です、唯先輩にだけは言えませんっ」

唯「何故にっ!」

梓「す、好きな人なんて易々と言えるわけないじゃないですか!それに…っ…」

唯「…それに?」

梓「……そ…それを、実の…姉に…っ…」

唯「……」

梓「……っ…憂です」

唯「………」

梓「う…憂の事が好きなんですっ」

唯「…へ……?」

梓「すみません、大切な妹が変な目で見られてるって知ったらやっぱり嫌ですよね…」

唯「え……あ…」

梓「……あの、唯先輩?」

唯「ひゃいっ!」

梓「えっと…そんなに意外でしたか?」

唯「あぁーえーと……その……う、うん。まぁちょっと」

梓「す、すみません。唯先輩が嫌な気分になるなら私」

唯「そ、そんな事ないよ!いいと思うよ!」

梓「……本当ですか?」

唯「うん!お…お似合いなんじゃないかな?いやぁ憂は幸せ者だねぇ~」テレテレ

梓「…何で唯先輩が照れてるんですか」

唯「やぁ…ほら、実の妹が褒められてるみたいでこそばゆいものがあるんだよ。うまく言えないけど…」

梓「………」

唯「……えへ…」テレテレ

唯「ねぇあ……あずにゃん」

梓「はい」

唯「どの辺が好きなのかな、憂の」

梓「……そうですね…すみません、改めて深く考えたことは無いんですけど」

唯「うんうん」

梓「たまに見せる甘えた素振りと言うか…しっかりしてるんだけど意外と人懐っこい所があって
そういうのをもっと見たいって思ううちに……だと思います。」

唯「……へ、へぇ…」

梓「唯先輩は甘えてばかりで分からないかも知れませんけど」

唯「そ、そんな事ないよ!」ズイッ

梓「…っ……」

唯「…あ……」

梓「………分かりましたから、とりあえず離れましょう」

唯「ご…ごめんね、大きな声出して」スススッ

梓「…いえ、私こそ余計な冗談を挟んですみません」チラ

梓「…きっと他にもあるんだと思います」

唯「うん」

梓「健気で気が利いて世話好きで、かといって尽くしてくれるだけの存在じゃなくて…」

梓「………すみません、何を言ってるか自分でも分からないです」

唯「…うん、大丈夫だよ」

梓「とにかく、そんなこんなで憂の事を見るようになりまして……今の感情に至ります」

梓「憂の事、そういう意味で好きなんです」

唯「っ……そっか」

梓「………」

唯「…そっか……えへ…」モジ

梓「………」

梓「…………先輩」

梓「どう思いますか?」

唯「ん?」

梓「確かにアブノーマルだって事は分かってます」

梓「でも好きになった以上、報われたいです。憂と両想いになりたいんです」

唯「…あ…ずにゃん…」

梓「先輩から見て、憂は私の事をどう思っていそうですか?」

梓「仲のいい友達だとか、その一線を越えて好きそうだとか、…嫌ってるとか」

唯「嫌ってなんてないよ、絶対」

梓「じゃあ……」

唯「………っ…」

唯「…好き、なんじゃないかな」

梓「………」

唯「さ…最近憂の口からあずにゃんの話題が結構出るんだよ!今日学校でこんな事言ってたとか、休日一緒に何して遊んだとか。
私にも部活中の様子を訊いてきたり、そういうの気にかけてるみたいで…!」

梓「………」

唯「だから…だから多分、憂もあずにゃんの事好きだと思う。」

梓「……そうですか」

唯「………っ…」カァァ

梓「………」


ポン


唯「…あ、あずにゃん…?」

梓「はい」ナデ

唯「えと…どうして私、頭撫でられてるのかな」

梓「すみません、可愛かったのでつい」ナデナデ

唯「…っ……」

唯「も、もうあずにゃんたら~…そういう台詞は言う相手を間違えちゃ駄目だよ」

梓「……いえ、多分合ってます」

唯「……え…」

梓「………」ナデ

唯「……っ…、あ…」

唯「………」カァァッ



すうふんご!

梓「…今度…、思いきって告白しようと思います」

唯「うん」

梓「どんな言葉が良いと思いますか?」

唯「それは自分で考えなよぉ…」

梓「憂の好みを参考にしたいんです」

梓「ちょっとカッコつけた台詞が好きだとか、ストレートな言葉に弱いとか」

梓「そうですね、その気が無くてもコロッと落ちちゃうくらいの決め手が欲しいです」

唯「…っ、無茶な注文するね」クスクス

梓「そうですか?先輩なら分かると思います」クスッ

唯「………」

唯「…ぎゅって」

唯「抱き締めてあげるといいかも、ぎゅーって」

梓「…いいんですか、好きの『す』の字も言ってないうちから」

唯「ふふん…絶対大丈夫だよ、ああ見えて憂は抱きついたりするのが好きなのです!」フンス!

梓「知ってますよ」

唯「あれ?」



梓「…………」ギュッ

唯「……あ…」

梓「………」

唯「…………」ギュウ

唯「……えへへ…」


梓「…落ちた?」

憂「……とっくに」



おしまい!