梓「あっ……」///

澪「えっと……その、あの……」///

梓「そ、それよりも澪先輩! 澪先輩もバレンタインのお返しですよね!?」///

澪「あ、ああ、そうだ。えっと……これなんだけど……」///

梓「えっと……なんですか? この紙袋」

澪「クッションだよ。割と大き目の」

梓「わぁ……! ありがとうございます!」

澪「絵柄は、割とありきたりなネコになっちゃったんだけど……」

梓「全然構いません! 私、ネコ大好きですから! 大切に使いますねっ!」

澪「ああ、ぜひ使ってくれ」

澪「で、コッチがそれぞれで作ったプチケーキ」

梓「ありがとうございます。本当、何から何まで……」

澪「いや……あの頃は、文化祭が終わったって言っても、梓を一人きりにしてたようなものだしな。その贖罪もあるんだよ」

梓「贖罪って……そんな大げさな。それに皆さん、わざわざ部室で勉強してくれてたじゃないですか。
  私は、全然寂しくなかったですよ」

澪「そうか? むしろ邪魔だったんじゃないのか? 私たちがいたせいで、集中して練習できなかっただろ?」

梓「それよりも、一人でこの部屋にいるほうが、集中できませんでしたよ……」

澪「…………」

梓「……? どうかしましたか?」

澪「いや……そう言ってもらえると嬉しいなって思っただけだよ。ありがとう、梓」

澪「ただ、その……こんな大げさなこと言っておいてなんだけど、実はちょっと失敗しちゃってな、そのケーキ」

梓「ちょっと、ですか?」

澪「いや、かなり……」

梓「かなり……?」

澪「じつは、全部……」

梓「全部!?」

澪「いや、さすがに全部は冗談だけど……でも本当、焦げたりとかしたから、もしかしたら苦いかも……」

梓「焦げたって……どれぐらいですか?」

澪「黒になる直前……なのが、少しだけ……どうもオーブンに入れてる時間が長かったみたいで……」

梓「なんだ……それだけなら大丈夫ですよ。まぁ、それ以上でも私は食べたでしょうけど」

澪「その……おいしくなかったら、食べなくても良いからな?」

梓「食べますよ、絶対。それにおいしくない訳ないじゃないですか。
  澪先輩が作ったものですから」

澪「そんなこと無いさ。私なんて、よく失敗するし……」

梓「……ま、何と言われようとも食べるんですけどね」

澪「梓……ありがとう」

澪「それじゃ、私ももう行くよ。次の律を待たせたらダメだからな」

梓「本当、ケーキと言いクッションと言い、ありがとうございます、澪先輩」

澪「でもこれって梓がくれたケーキのお礼だからな。改めてそうお礼を言われるほどのことでもないんだけど……」

梓「それでも、嬉しかったですから」

澪「そう言ってもらえると、私も嬉しいよ。……そうだ、梓」

梓「はい?」

澪「手、出してもらえるか?」

梓「手、ですか?」

ギュッ

梓「あ……」

澪「この手が……私たちを支えてくれてたんだな……」

梓「……何言ってるんですか。皆さんが、私を支えてくれてたんですよ」

澪「そうでもないさ。演奏の意味でも、他の意味でも……私たちは、梓のおかげだった部分が沢山あるんだよ」

澪「本当に……ありがとうな、梓」

梓「澪先輩……」

ソッ

梓「あ……」

澪「それじゃあな、梓。また、次の合同練習の時、スタジオで」

梓「あっ……はい」

ガラガラッ……ガラガラ…パタン

梓「……あれ?」

梓(手の平に何か……)

梓「……飴……?」

梓(ミルク味、って……もしかして、ケーキが苦かった時のために……?)

梓「……本当、色々と不器用な人だなぁ……」クスッ

~~~~~~

澪(う~……恥ずかしかった……梓と握手するだけなのに、さり気なくアメを渡すだけだったのに、なんでこんなに照れくさいんだろ……)///

律「おっ、澪おかえり~。で、どうだった?」

澪「え? 何が?」

律「いや、何がじゃなくて……梓の様子だよ。様子も見て来いって言っただろ」

澪「ああ~……大丈夫だったよ。梓は何も無かった。っていうか、ムギが抱きついたんだって?」

紬「うん……」

澪「それで照れてただけだよ。気にしなくて大丈夫」

唯「なぁんだ。澪が恥ずかしがったりするのと一緒か」

澪「なんだとはなんだ、なんだとは」

澪「って言うか、さっきから唯はなんで純ちゃんに抱きついてるんだ?」

唯「頭が気持ち良いからだよ~」

澪「純ちゃんが困ってるだろ?」

純「み、澪先輩……!」

純(やっぱり澪先輩は天使だ……!)

唯「え~? そんなことないよ? ねえ純ちゃん?」

純「いえ、その……まぁさすがに、そろそろ離れて欲しいって言うか……」

澪「ほら、離れてやれよ」

唯「む~……じゃあ……澪ちゃんに抱きついてやる!」バッ

澪「あっ! ちょっ、やめろっ!」

律「なぁにやってんだか……」

律「んじゃ、次は私が行って来るか」

唯「行ってらっしゃ~い」グググ…

澪「ああ……! ちゃんとして、来いよ……!」グググ…

律「分かってるよ。澪も、唯に抱きつかれたくなかったら頑張れよ」

タッタッタッタ…

唯「……澪ちゃん、私に抱きつかれるの、イヤ?」グググ…

澪「唯にじゃなくて、抱きつかれるのがイ・ヤ・だ!」グググ…

純「唯先輩の執念を見た……」

憂「ふふっ、お姉ちゃん可愛いなぁ……」ホワホワ

紬「本当ねぇ~……」ホワホワ

純(そしてこの二人は、どうしてこうも平然と眺めていられるのだろう……?)

唯「む~……澪ちゃんったら強情だね?」パッ

澪「まあな」

唯「っと油断させておいて――」バッ!

澪「油断なんてしてないぞっ」ヒラリ

唯「あぁ……もぅ、澪ちゃんのいけず~……良いよ良いよ、ムギちゃんに慰めてもらうから~」ギュッ

紬「きゃっ、もう唯ちゃんたら~」

澪「何やってるんだか……」ハァ

純「……そう言えば澪先輩」

澪「ん? どうした、純ちゃん」

純「話変わっちゃいますけど、どうして軽音部の部長が律先輩だったんですか?
  澪先輩の方がしっかりしてそうなのに……」

澪「ああ……ま、成りゆき、だな」

純「成りゆき、ですか?」

澪「ああ。私は部長だなんて目立つことはしたくなかったし、最初に部活を立ち上げたのが律だってのもあったしで、そのまま律が部長になったんだ。
  ま、最初から律自身、部長になりたがってたみたいだし、誰も不満は無かったよ」

純「へえ~……律先輩がそんなリーダーシップを……」

澪「……ま、私に気を遣って、率先してくれてるってのもあるんだろうけどな……」

純「?」

澪「それよりも純ちゃん、私も聞きたいことがあるんだけど、良いかな?」

純「え? あっ、はい! 何でも聞いてください!
  不肖、この鈴木純、スリーサイズから昨日の晩ご飯まで、知り得る限りのことがお答えしましょうっ!」

澪「いや、何もそこまでしなくても良いんだけど……その、さ……最近の梓って、どうなんだ?」

純「どうって……どういうことですか?」

澪「ああ、いや……なんか部活中、妙に気を張り詰め過ぎてないかな、って思って」

純「ああ……でも梓って、前からあんな感じじゃありませんでしたっけ?
  部活動のことには必死になるっていうか……」

澪「う~ん……そんな感じとはまた違う気がするんだけどなぁ……」

純「澪先輩は梓を見て、何か違和感でもあったんですか?」

澪「まぁ、そういうことなんだけど……でもま、友人の純ちゃんが言うんなら、とりあえず律が戻ってくるまでは良いか……」

純「?」

憂「あの、ムギ先輩……私も、お姉ちゃんと一緒に抱きしめてもらっても、良いですか?」///

紬「え?」

憂「ダメ、ですか……?」

紬「いいえ! ダメじゃないわ! むしろ私からお願いしたいところよ!
  さあ! どんと来て! 憂ちゃんっ!」

憂「っ! はいっ!」ダキッ///

純「……っていうか、あっちはあっちで何やら盛り上がってますね……」

澪「だな。……巻き込まれないうちに、ちょっと距離を置いておくよ」

純「あ、私もそうさせてもらいます」

~~~~~~

バンッ!

律「あずさ~! 元気か~!?」

ビクッ

梓「ちょっ、律先輩! そんな乱暴に開けられたらビックリしますよっ」

律「いや~……梓を驚かせる方法がコレぐらいしか思いつかなくてな」

梓「無理に驚かせる必要も無いでしょうに……」

律「まあまあ、そう言うなって」

律「それで早速だけど、コレがホワイトデーの贈り物。
  中身は写真立てが二つ入ってるから、好きなように使ってくれ」

梓「はぁ……ありがとうございます」

律「それと、コレは例のケーキな」

梓「……っていうか、なんで部室にも入らずに全部渡してくるんですか?」

律「いや、さっさと唯に出番を回そうかと思って。
  それとも何か? 梓は私とお話がしたい程寂しいのか~?」

梓「そ、そんな訳ありません! 律先輩なんてさっさと帰れば良いんです!」

律「うわひでぇ! ってそう言われると逆らいたくなるのが私! という訳でお邪魔しま~す」

梓「うえっ!?」

律「おいおい……この部室は客にお茶も出さないのか?」

梓「元部長のあなたがそういうのしてるところは見たことありません! 図々しい要求すぎますっ!」

律「いや、だっていつもムギがしてくれてたしな~……私がする必要もなかっただろ?」

梓「万一ムギ先輩がしてくれなくても、律先輩がしてくれていたとは思えません……」

律「そ、そんなことねぇよっ!?」

律「ま、それはともかく……新しく部長になってみた感想はどうだ?」

梓「どうも何も、まだ部長になって一ヶ月も経ってませんし……特に何も」

律「そうか? なぁんか梓のことだから、はりきりまくってるもんだと思ったけど」

梓「確かにはりきって無いとは言いませんけど……新入生歓迎会も近いですし。
  でもそれって去年と一緒ですし……特にコレと言ってって程では……」

律「ふ~ん……ま、梓がそう言うならそうなんだろうけどさ……部活は楽しく、だぞ。
  なんせ音楽ってのは、音を楽しむものだからなっ」

梓「分かってますよ、それぐらい。改めて律先輩に言われるまでもありませんっ」プイッ

律「…………」

梓「……? なんですか、いきなり人の顔ジッと見て」

律「いや……やっぱ梓が部長で正解だわ、って思ってな。……頑張ってるよ、お前は」

ポンッ

梓「にゃっ!?」

律「ああ……いきなり頭撫でられるのはイヤか?」ナデナデ

梓「いえ……そんなことは、ありませんけど……ただ律先輩らしくないなぁ、と思いまして」///

律「……確かに、こうやって改めてって感じで梓を褒めるのは、初めてかもしれないなぁ……」ナデナデ

梓「…………」///

律「でも、頑張ってるのは本当だし……頑張りすぎてるのも本当みたいだし……」ナデナデ

梓「そんな……頑張りすぎてるだなんて……確かに律先輩の頃に比べれば頑張ってるかもしれませんけど……」///

律「……ま、そういうことにしておくか」

スッ

梓「あ……」

律「そんな寂しそうな顔するなって。またいつだって会えるだろ?」

梓「でも……こうやって撫でてくれるのは、もうありませんよね?」

律「なんだ~? 梓らしくも無い。そんなに私に甘えたいのか?」ニヤニヤ

梓「そ、そんなことありません! 勘違いしないでくださいっ!」

律「はははっ、そうだよ、それでこそ梓だよ。それじゃあな」

ガラッ…パタン

梓(全く……。……っていうか結局、部室には入ったけど席に座ることなく帰っちゃったな……相変わらず賑やかな人だなぁ、あの人も。
  にしたって……もうちょっと落ち着いても良いと思うんだけど。あとガサツなのも何とかした方が……
  って、何考えてるんだろ……私は……ちょっと、昔を引きずりすぎかな……?)

梓「…………」

梓(……それでも、もう少しだけ、律先輩と話をしたかったな……)

梓「……ってあれ? 純と憂のカバンが無くなってる……」


~~~~~~

律「ただいま~……って、何してんだ? ムギと唯と憂ちゃんチーム対澪と純ちゃんチームみたいに対峙して」

唯「ふっふっふ……澪ちゃんと純ちゃんだけムギちゃんに抱きついてないからね……コレを機に抱きつかせようかと思って……」

律「……はぁ……なぁにバカなこと言ってんだよ。
  次は唯だろ? 早くしないと、梓が待ちくたびれて帰りだすぞ?」

唯「おぉ! そうだったね! それじゃあ行って来るよ! りっちゃん!」

律「ああ、行って来い行って来い。カバン、持って行くのを忘れるなよ」

唯「オーケーさぁ~!」

タッタッタッタ…

澪「……ふぅ……助かったよ、律」

純「ありがとうございます、律先輩」

律「いや、そんな大したことはしてねぇよ。
  っつか、マジでそろそろ下校時刻になりそうだしな」

紬「うぅ~……」

律「って、なんでムギはそんなに悲しそうなんだよ……」

紬「だって……純ちゃんと澪ちゃんが、私に抱きつきたくないって言うから……
  もしかして私、嫌われてるのかなぁ、って」ウルウル

澪「そ、そんなこと無いぞ! ムギ!」

純「そ、そうですよ! 私、ムギ先輩のこと大好きですよっ!?」

紬「ホント!?」パァッ

澪純「「ホント、ホント」」

紬「じゃあ、抱きしめてくれる!?」

澪「えっと……それは恥ずかしいって言うか……」

紬「……やっぱり……」シュン

澪「……あぁもう! ムギ! こういう形ではこれっきりだからなっ!」

紬「えっ?」

ギュッ

紬「ふわっ!」///

澪「…………!」///

サッ

澪「はい! 恥ずかしいからもうおしまいっ!」///

紬「ふぁ~……澪ちゃん、ありがとう」///

澪「お、お礼を言うのはおかしいだろっ」///

純「え、えっと……ムギ先輩! 失礼しますっ!」///

紬「えっ!?」

ギュッ

紬「あ……っ! 純ちゃんまで……!」///

純(うわぁ~……かなり恥ずかしい……!
  っていうか前に梓が言ってたみたいに、スゴイいいにおいがするし無性に柔らかい……!!)///

バッ

純「え、えと……ありがとうございました!」///

紬「い、いえ! こちらこそ! わざわざありがとうございましたっ!」///

律「……なぁにやってんだか」

律(ムギの冗談を冗談だって認識できない澪の真面目さと、ソレに乗せられただけの純ちゃん……ま、仲良きことは美しきかな、か)


4