すいぞくかん!

梓「あの、唯先輩……」

唯「どしたの?」

梓「憂と純がいるんですけど……」

唯「ええっ」

梓「ほら、むこうの水槽の前……」

唯「ほんとだ……」

梓「見つかったらばれちゃいますよ、どうします……?」

唯「んー。とりあえず、髪型交換しよっか」

梓「はい?」

唯「はい、髪留め」さっ

梓「あぁ、なるほど、髪型交換ってそういうことですか……」ばさっ

唯「やっぱりあずにゃんは髪下ろしててもいいね、うんうん!」

梓「昨日の夜も髪下ろしてたじゃないですか」ぱちんっ

唯「外で見るとまた新鮮って言うかあ、かわいいーっ!」ぎゅっ

梓「あの、唯先輩、髪結びますからおとなしくしてください、あと目立ちます///」

梓「えっと……、こんな感じですかね?」きゅっ

唯「ふふん。どうですかねあずにゃんさん」

梓「……いいです、すごく可愛いです」

唯「えへへー//」

梓「(照れる唯先輩かわいすぎるもっと恥ずかしがらせたい)」

唯「あずにゃんのほうがかわいいよお!」だきっ

梓「あぁあ人が見てますってば!///」


~~~~~

純「なんか向こうに騒がしい人たちいるね」

憂「純ちゃん見て!イワシの群れすごい!きれい!」

純「ん?うん、すごいね」

憂「お姉ちゃんと梓ちゃんにも見せてあげたいなぁっ」

純「また今度来ようよ、みんなでさ」

憂「そうだねーっ」

純「お、見てよ憂、カニだよカニ」

憂「カニだねー」

純「あのさ憂……、実はわたし……」

憂「え?」

純「カニだったんだっ」チョキチョキン!

憂「……あ、うん、そーなんだ……?あはは……」

純「その反応が一番辛いよ……」

純「んっ?ふれあいコーナー……?」

純「……う、憂!」

憂「なになに?」

純「アレ!なまこ!なまこ触れるんだって!!」

憂「えっ……なまこ? 怖くない……?」

純「だいじょぶだいじょぶ! いってみようって!」

憂「純ちゃん一人で行ってきてよ……」

純「えー? ……じゃあ行かない」

憂「……じゃあ行く」

純「憂はやっぱりやさしいねー」

従業員「なまこです。手に乗せますねー」ひょいっ

純「えっ、ちょっ、ひぃいぃい……」ゾワワッ

憂「じゅ、純ちゃんどんな感じ?」

純「う、ういっ、パスっ!」ひょいっ

憂「きゃっ、わぁあぁあ……」ゾワワッ

純「「ぷにっ」で「ぶよっ」で「てろっ」って感じだよね!」

憂「ちょっと純ちゃん早くとってよぉっ、わたしついてくだけのつもりだったのにぃい……」

純「ごめんごめん」

憂「もう……」むすっ

純「ごめんってば」

憂「……でも、なまこに触るのなんて貴重な体験したかも」

純「そうそう! 人生なんでも経験だよ、将来なまこ触った経験がなにかに活かされるかも知れないんだよ?」

憂「そんな状況はたぶんいつまでもやってこないと思うよ」

純「いや、ないとは言い切れないね」

憂「じゃあ例えば?」

純「うーん……」

憂「言えないんじゃない」

純「いやいや、例えばさ、海の生き物の博士になったら、そういう研究もするかもじゃん?」

憂「じゃあその時は「ぷにっ」で「ぶよっ」で「てろっ」が役に立つのかも知れないんだね」

純「まぁ、その、可能性はね? なきにしもあらずだよ」

憂「そうかもねー」

純「……うぅ、次!イルカショー見に行こう!」


~~~~~

ざぶーん!

唯「あずにゃんあずにゃん、イルカさんすごいね!」

梓「どうやってあんなに高くジャンプしてるんでしょう……」

ばしゃっ、ばしゃっ、ばしゃっ

唯「おおっ、三頭同時ジャンプ!」

ばっちゃーん!

唯梓「きゃーっ!」ビチャッ

唯「しぶきが飛んできたーっ!不意打ちだよっ!」

梓「あはは、結構ぬれちゃいましたね」

梓「ほら、こっち向いてください、拭いてあげます」

唯「んー。……おぉーっ」

梓「もう、イルカばっかりみてないでくださいよ……」フキフキ

唯「じゃああずにゃんだけ見ようかな?」くるっ

梓「なっ//」

唯「むふふーっ」じーっ

梓「な、なんで少しずつ顔近づけてくるんですかぁっ!///」

唯「なんででしょーっ♪」ずいっ

梓「あぁもう、人がたくさんいますってば!///」

唯「みんなイルカショー見てるよ、だいじょーぶ……」ずずいっ

梓「うぅうぅぅぅ……!///」


~~~~~

純「おぉー、イルカショー、もう始まってたね」

憂「すごーい……」

純「あ、後ろのほうに居たほうがいいよ、水かかるから」

憂「そうだねー、空いてるし」

ばっちゃーん!

純「あ、向こうの人たち水かかってる」

憂「でもそれも楽しそうだよね」

純「平和だねー」

憂「平和だねー」



純「そろそろ全部回ったね」

憂「もう帰ろっか?」

純「んー、じゃあどっかで晩ご飯でも食べに行く?」

憂「あ、いいねいいね」

純「じゃあミスド!ミスドーナツいこうよ!」

憂「ドーナツはご飯じゃないよ?」

純「いやいや憂、しょうゆポンデリングは日本の食卓に革命をもたらすね……!」

憂「えっ?いまそんなのあるの?」

純「新商品だよ」



みすど!

純「ラッキー、タイミングよく100円フェアやってる」

憂「あ、ほんとだ、しょうゆポンデリング」

純「海苔かかってんだよね、海苔」

憂「海苔かかってるねー」

純「じゃあわたしはー、フレンチクルーラーにー、オールドファッション……、と」ヒョイヒョイ

憂「そんなに取って食べきれるの?」

純「はっ」

純「しまったっ……、つい取りすぎちゃったっ!」

憂「戻すのはよくないし、わたしと分けて食べよっか」

純「ありがとういー……」

憂「別に、全然だよー」

純「あ、じゃあハニーチュロもう一個いいかな?」

憂「純ちゃんドーナツ好きだね」

純「まぁね!」

純「んぐ。ねぇ、明日はどうする?」

憂「あ……、まだ純ちゃん、泊まってってくれるんだよね」

純「まぁ、憂のお姉ちゃん帰ってくるまでは、ね。……あーん」ぱくっ

憂「よかった。……純ちゃんは行きたいとこある?ほら、今日はわたしの行きたいとこいったし」

純「うーん、そうだなー……」

憂「買い物でも行く?夏も近いし、新しい服とか」

純「あっ!それだっ!……水着買いに行こう!」

憂「水着……。そうだね、ちょうどいいし、いこっか」

純「……ちょうど、いい、ね……」じろっ

憂「純ちゃんそればっかだね……」さっ

純「いやぁ、お恥ずかしい」じろじろ

憂「……えっち」

純「羨ましい限りだよ……」



ひらさわけ!

純「たっだいまー」

憂「おかえりー」

純「……おかえりー」

憂「ただいま♪」

純「……なにこの新婚さんみたいなやり取り」

憂「なんかいいよねー」

純「う、うん」

純「さてさて寝る準備まで出来た訳ですが……」

憂「な、なに?純ちゃん」

純「なんで枕が並んでんのさ?」

憂「昨日みたいにいっしょに寝ようかなーって」

純「もう開き直ってるよね」

憂「えへへ」

純「えへへじゃないよもう……」

憂「だめ?」

純「……だめじゃないけどさ」

憂「やった」

純「憂ってさ、いっつもお姉ちゃんといっしょに寝たりしてるの?」

憂「え、別にそんなことないよ?」

純「そうなんだ?なんかすごいくっついて来るからてっきり」

憂「もうお姉ちゃんに甘えるような歳じゃないよぉ」

純「あー、確かに」

純「どっちかというと憂が甘やかしてるよね」

憂「うんうん、もう甘えてくるお姉ちゃんが可愛くて可愛くて……!」

純「お姉ちゃんっ子なのはいつまでも変わらないんだ」

憂「お姉ちゃん大好きだからねー」

純「妬けちゃうよ、ほんとに」

憂「それに、純ちゃんには甘えやすいし」ぎゅっ

純「な、なにさ」

憂「純ちゃんはわたしの中でちょっと特別なんだぁ」

純「特別って?」

憂「えっとね、なんていうか、純ちゃんは純ちゃんなんだよ」

純「ふーん……、まぁ、わたしにとっても憂は憂だし」

憂「そうそう、だから特別なんだよ」

純「よくわかんないけどなんか嬉しいからいいや」

憂「うん、それじゃ純ちゃん、おやすみなさい」

純「おやすみ、……寝相悪いから気をつけてね……」



にちようび!

純「んぁ……」ぱちっ

純「いまなんじ……」チラッ

純「ごじまえ……」

純「ういは……」

憂「……すぅ……すぅ……」ぎゅうー

純「うん」

純「寝返りうてないわけだよ……」

純「どれどれ……」じっ

憂「んぅ……」

純「かわいい寝顔じゃないの」

純「ケータイケータイ……、ぴろーん」ピローン♪

純「待受に設定して……と」カチカチ

純「憂のケータイにも送信」

♪アンドゥトロワァ-

純「よし」

純「二度寝しよーと……」


憂「ん……」ぱちっ

憂「なんじだろ……」

パカッ

憂「しちじかぁ……おきなきゃ……。あれ?めーるだ……」

憂「純ちゃんから?」カチカチ

憂「あっ……、もう……///」

憂「……」

純「むにゃ……」

憂「えいっ」パシャッ

憂「添付して……返信!」

♪ジュンジュワー

憂「……よし、朝ごはん……お味噌汁作ろっと」



~~~~~~

なかのけ!

梓「……」

唯「……ぁz……むにゃ……」

梓「(今、わたしの目の前には唯先輩の唇がある……)」

梓「(そして唯先輩は眠っている……この状況で唯先輩を恥ずかしがらせる方法は……)」

梓「(……例えばこんなの)」

――
――――

梓「唯先輩ちゅっちゅ」

唯「んー……?……な、なにしてるのあずにゃんっ!?///」ドキドキ

梓「おはようのキスです、唯先輩」キリッ

唯「あ、あずにゃ……お、おはよ////」

――――
――

梓「(いい……!)」ハァハァ

梓「(あぁでも!……寝込みを襲うとか!……恋人のすることじゃ……)」

梓「(いやいや、キスぐらいいいよね?だってこのままじゃ生殺しだよ……)」

唯「んぅ……」もぞもぞ

梓「(きゃあああ唯先輩の匂いが胸が唇が急接近でもうきゃあああ//)」

梓「(あぁもうだめ……まるで吸い込まれるように……あと5センチ……4センチ)」

梓「(さ、さんせんち……にせんち……吐息がぁあぁあ……////)」

梓「(あと、い、いっせん――)」

唯「」ぱちっ

梓「うわぁあ!?おおおおはゆいせんぱいございます!?!」ビックゥ!!

唯「……あずにゃん……あさからげんきだねぇ……」ぎゅっ

梓「あ、ごめんなさい……」

唯「ううん……。……いま、もしかしてあずにゃんちゅーしようとしてた?」

梓「え///」

唯「ぜったいそうだよねえ、おはようのちゅーしようとしてたよねえ」

梓「そ、そんなことないですっ!///」

唯「そうなの?……じゃあ今しよっか」がばっ

梓「え、ちょっと唯せんぱい?!ね、寝ぼけてますよねっ!?どうして手をおさえつけ……!」

唯「にげられないよー、んふふふふー」ギシッ

梓「あ、ぁあぁああ……もう……///」

唯「はむっ……ちゅー……」

梓「んっ……ちゅ……//」

唯「ぷぁっ……はぁ……」

梓「はぁ……はぁ……、もう、逃げませんから、離してくださいよ……」

唯「えへへ、ごめんごめん……」ぎゅっ

梓「ついでにわたしの上から降りて貰えると嬉しいんですけど……」

唯「ええ?やだー……」

梓「もう、ちょっとだけですよ……」

唯「うん、ちょっとだから……。……やっぱりおきてるあずにゃんのほうがちゅーもたのしいね……」

梓「はい?……」

梓「えっ、ちょっと、どういう……!///」

唯「……むにゃ…………」

梓「……寝ちゃったし……おもい……」


4