きんようびのほうかご!

梓「じゃあ、ちょっと早いけど、部室行ってくるね!」

憂「うん、梓ちゃん頑張ってね!」

純「いってらっしゃーい梓ー」

梓「じゃあね二人とも!」スタタッ



憂「……梓ちゃん、大丈夫かなぁ……」

純「梓じゃ憂のお姉ちゃんにいいように遊ばれるだけなんじゃないかなーって思うけど」

憂「そうかなぁ……、そこまでお姉ちゃん無神経じゃないよ、おでこ出すのとか恥ずかしがるし」

純「ふーん、……そうなんだ」

憂「あっ、これ梓ちゃんに教えておけばよかったかなぁ……」

純「いーんじゃない?……その方が面白いし」

憂「もう、純ちゃんったら」

純「だってそっちの方が憂のお姉ちゃんは喜ぶと思うよ」

憂「……そうだね、純ちゃん頭いい!」

純「えっへん。わたしは灰色の脳細胞を持つ女だからね」

憂「あはは、もう、純ちゃんなんなのそれー」

純「推理小説の探偵じゃなかったっけ、かっこいいよね!」

憂「純ちゃん、そういうとこなんとなくお姉ちゃんにそっくりだよねー」

純「そ、そうかな……。どうリアクションすればいいかよくわかんないけど……」

憂「いいんじゃないかな、わたしは好きだよ!」

純「ありがと、……ほんとに憂ってお姉ちゃん子だよね……」

憂「えへへ」

純「……はぁ……、唯先輩が羨ましいなー」

憂「え?」

純「だって憂みたいな妹がいてさ、梓にも好かれてるし……」

憂「お姉ちゃん可愛いからねー」

純「むぅ……(可愛いあんたらに好かれてるのが羨ましいんだってば)」

憂「あっ、……今のは別に純ちゃんが可愛くないってことじゃないからねっ?」

純「ぐさ…………それ、言わなきゃ傷ついてなかったよ……」

憂「その、えと、ち、違うんだよっ、わたし純ちゃんのことも好きだから!」

純「憂ちゃんは優しいねー、照れちゃうなー」クネクネ

憂「もう……ほんとだよ?」

純「へ」ピタッ

憂「別にお姉ちゃんとどこか似てるから友達やってるわけじゃないよ……」

純「う、ういっ……」がしっ

憂「うん」ぎゅっ

純「わたしも憂のこと大好き!これからもずっと友達でいようね!」ブンブン

憂「そうだね、梓ちゃんもいっしょにねー」にこー

純「だね!」

憂「あれ?純ちゃん。そういえばジャズ研行かなくていいの?」

純「あ、そうだった!じゃあ憂、行ってくる!」

憂「いってらっしゃーい!」



ぶしつまえ!

純「……しまった、今日ジャズ研休みなの忘れてた……」トボトボ…


ガチャ

純「あ、澪先輩!……と、律先輩だ」



律「全く、唯と梓のやつ、なにイチャイチャしてんだか……」

澪「今日はずいぶんとべったりだったよな」

律「まぁ仲睦まじいことは良いことだけどなー」

澪「ん?あれ、鈴木さんじゃないか」

純「こ、ここ、こんにちは!」

律「ようー、はは、澪の前だからって緊張しなくて良いんだぞー?」

澪「今日はジャズ研の練習ないのか?」

純「それが、あると思って来たら無かったんですよねー……、あはは」

律「……まぁ、わたしたちよりマシだよ」

澪「全くだ」

純「どういうことですか?」

律「ちらっとだけでも部室覗いてみ」

純「あ、はい」そーっ

純「どれどれ」チラッ



―――――

唯「あずにゃん間接きっすだね!」

梓「なっ……!」

梓「…………」

梓「べ、べべべつにいいじゃな、いいじゃないですか!////」

―――――

純「うわぁ……」

澪「はいそれまで」

律「な?あんな空間にほうり込まれてみろ、空気と化すのに大変だったぜ」

純「……思ったとおり、苦戦してるみたいだなー、梓」

律「ん?」

純「あ、いえ、なんでも」

純「(こうなった元凶がわたしだとは言えない)」


律「じゃあ私たちは帰るけど、鈴木さんは?」

純「一度教室に戻ります。憂がまだいるかも知れないので」

澪「そうか、じゃあまたな。鈴木さん、憂ちゃんによろしく」

律「じゃなー」

純「はい!さようなら!」


純「はぁ、梓……」


「そっ、そんな! わ、わたしはっ! 唯先輩を恥ずかしがらせたいのにーっ!」


純「やれやれ、教室いこ……」


純「って、あれ、タイミングよかったかな」

憂「あれ?純ちゃん、ジャズ研は?」

純「今日は休みだったー……、だからいっしょに帰ろ、憂」

憂「うん。あ、ちょっと今日の晩ごはんの買い物によっていい?」

純「良いよ、荷物もつの手伝ってあげる」

憂「ありがとう純ちゃん!」

純「憂姫のためならこの鈴木純、例え火の中水の中……」

憂「なにー?憂姫って、ふふ」

純「ノリかな!」

憂「あ、海苔切らしてたんだった、純ちゃんすごい!」

純「うん?ま、まあね!」



すーぱー!

純「そういえばさっきけいおん部の部室覗いたらさ、梓、やっぱり苦戦してたよ」

憂「お姉ちゃん、梓ちゃんのこと大のお気に入りだからねー。何されても喜ぶだけじゃないかな?」

純「わたしが覗いたときは逆に梓が恥ずかしがってたよ、間接キスとかなんとかいって」

憂「梓ちゃん、それくらいで恥ずかしがらなくていいのにね」

純「わたしのジュースは遠慮なく飲むクセに……」

憂「ほんとだよねー、意識してるのがバレバレだよ」ひょい

純「あれ、憂。今日の晩ごはんハンバーグかなんか?」

憂「うん、そうだよ。お姉ちゃんすごく喜ぶんだー」


♪スッキスッキーダッイッスッキー

憂「あ、お姉ちゃんからメールだ……」

純「なにその着信音」

憂「LovelySisterLOVE」

純「……そっか」

憂「……!」

純「どしたの?」

憂「……純ちゃん……、この挽き肉戻してきて……、わたしカップ麺取ってくるから……」

純「えっ!?ちょ、なにがあったのよ」

憂「お姉ちゃん、梓ちゃん家にお泊りだって……」

純「おっ、梓やるじゃん。唯先輩おもちか……」

憂「うぅっ……!」うるっ

純「あっ、違うってば!別にそんな変な意味じゃなくってっ」

憂「わかってるよぅ……、お姉ちゃんと梓ちゃんが仲良くしてるのに……、わたし嫌な子だなぁ……」

純「……憂よりいい子なんてテレビでも見たことないよ」

純「そうだ憂、カップ麺なんて言わないでさ、今日はいっしょにハンバーグ作ろうよ!ね?」

憂「うん……、そうだね……」

純「ほら元気だしなよ、三年生の修学旅行のときだって大丈夫だったじゃん」

憂「あれは純ちゃんと梓ちゃんが居てくれたからだよ……」

純「……よしわかった!」

憂「?」

純「今晩憂ん家に泊まっていい?」

憂「えと、こちらこそ、いいの?」

純「三連休だし、いいよ。憂が寂しがって泣いちゃうんじゃないかって心配だしね」

憂「べ、別に泣いたりしないよー」

純「じょーだんじょーだん。さ、早く買って帰ろ?」

憂「うん、ありがとう純ちゃん!」だきっ

純「憂ちゃーん、ここスーパーだよー……」

憂「あっ、はわっ、ごめん!///」



ひらさわけ!

純「そういえば憂ん家で二人きりでお泊りは初めてかもね」

憂「確かにそうだねー」

純「いつもはわたしの家に呼んでたしね」

憂「最近純ちゃん家にもあんまり行ってなかったなあ」

純「お互い部活とか家事が忙しいし、仕方ないよ」

憂「あっ、じゃあ夏休みはいっしょに遊ぼうよ!」

純「うん、田舎に帰省するとき以外はたいてい暇だし、いいよ」

憂「純ちゃん、なにか飲み物いる?」

純「お、さすが憂、気が利くね」

憂「といっても麦茶しかないけど……、はい」コトッ

純「いただきまーす!……んぐっ、ごくっ……くっ……」

純「ぷはっ。いやー、最近暑くなってきたし、麦茶が美味しいねー!」

憂「おかわりいる?」

純「いくらでも飲めるよ!」

憂「いくらでもお注ぎします♪」

純「うん、やっぱりあと一杯でいいかな……」

純「それにしても、家片付いてるね」

憂「そうかな?」

純「これ、いつも憂が掃除してるんでしょ?」

憂「そうだけど……」

純「やっぱり憂のお姉ちゃんはずるい……」

憂「え?」

純「わたしも憂が欲しい!」

憂「ちょっと純ちゃん……」

純「あっ、ごめん、言葉のあやで……。でも憂が姉妹だったら嬉しいなー、って」

純「だってさ、美味しいごはん作ってくれるしー、掃除も完璧だしー、勉強も教えてくれるでしょー?……」

憂「……あの、純ちゃん、わたしはね――」

純「……それになによりさ、憂とずっと一緒にいられるし、って憂、なに?」

憂「……ううん、なんでもないよっ」

純「はあ、やっぱり憂のお姉ちゃんは羨ましいよ……」

憂「えへへ、純ちゃん」ぎゅっ

純「な、なによ」

憂「純ちゃーんっ……」ぎゅー

純「……やっぱり姉妹だね」


憂「よし!」

憂「純ちゃんのおかげでお姉ちゃんが居なくても頑張れそうだよ!」ふんすっ

純「うんうん、それでこそ憂だよ!」


ぐぅうう……


憂「…………////」

純「……ごはん作ろっか」

憂「純ちゃん今の秘密だからね!//」

純「どうかなー、梓に教えちゃおっかなー?」

憂「うぅ……勘弁してよ……」

憂「そういえばお姉ちゃんたち、晩ごはんは大丈夫なのかなぁ」トントントントン

純「あ、親が公演だかでいないんだっけ」こねこね

憂「うん、お姉ちゃんはあんまり料理得意じゃないし……」トントントン…

純「まぁ梓なら、それなりに出来るんじゃない」ペッタンペッタン

憂「そうだよね、大丈夫だよね」ジュウウ…

純「いざとなればコンビニごはんだってあるしね」こねこね

憂「ああ、不安だなぁ……」



~~~~~

なかのけ!

唯「あずにゃん、晩ごはん作ろっか!」ぎゅーっ

梓「えっと、じゃあいったん離れてくださいよ……」

唯「ええー?やだよお……、今は離れたくないなぁ……」ぎゅっ

梓「全く……、仕方ないですね、今日だけは特別ですよ?」

唯「やったあっ!」

梓「……で、抱きつかれたまま、どうやって料理すればいいんでしょうか……」

唯「あずにゃんの腰の辺りに後ろから抱きつくから、あずにゃん、美味しい料理頼んだよ!」ぎゅっ

梓「ちょちょちょっと!? おしりに顔うずめないでくださいよっ!?///」

唯「でへへ……あずにゃあ~ん……」すりすり

梓「唯先輩のヘンタイ……」


~~~~~~

憂「!……今なんか、お姉ちゃんが悪いことしたような気配を感じたよ……」

純「エスパーじゃあるまいし……」パカッ

純「憂ー、ごはん炊けたよー」くんくん

純「むはー、炊き立てのご飯って良い匂いだよねー……」

憂「あっ、またお姉ちゃんみたいなことしてるね」

純「えっ、誰でもやるよね?炊き立てのご飯の匂い嗅ぐの」

憂「そのあとの反応がお姉ちゃんっぽくてかわいいんだよお」

純「か、かわいい……?」

憂「うん」

純「……あっ、ごっ、ごはんよそっとくね!//」

憂「純ちゃん照れちゃってぇ」

純「まっ、まぁわたしはアレだからね!美少女だからね!//」ペタペタペタペタペタ

憂「あはは、ごはん盛りすぎだよ?」

純「はっ」

純「いっぱい食べるもん!」

憂「無理しないで戻せばいいのに」

純「それはなんか負けた気がするからや!」

憂「何と闘ってるの?」

純「……自分との戦い、かな……」

憂「す、ストイックだね……?」


純「もぐもぐ」

憂「おいしいねー」

純「むしゃむしゃ」

憂「純ちゃん、ほんとに無理しなくていいんだよ?」

純「んぐ。だいじょうぶ……」

憂「もう、ごはんつぶついてるし……」ヒョイパクッ

純「あ、ありがと、憂」

純「……ひょいぱく?」

憂「あっ……ごめん、いつものクセでっ」

純「いや、いいけど……いつものって……」

憂「お姉ちゃんったらいっつもごはんつぶほっぺにひっつけてるんだよー、そのたびに『ういとってー』って……、はぁあ……かわいいよねぇ……」

純「甘やかしすぎだよ……」

憂「そうかなぁ?」

純「うん、梓じゃないけど、憂が甘やかすから、唯先輩がだね……」

憂「純ちゃんもごはんつぶつけてたくせに」

純「ごめんなさい」

憂「ごちそうさまー」

純「うぷっ……ごちそうさま……」

憂「純ちゃんだいじょうぶ?」

純「だいじょうぶ……」

憂「そろそろお風呂の準備しよっか、純ちゃん、着替えとかは……」

純「あっ、そういえば持ってきてなかったね……よしっ、ちょっと腹ごなしにとってくるかな!」

憂「うん、いってらっしゃーいっ」

純「すぐ戻ってくるね!」


2