唯「子供乳首だね」

梓(あぁ……言われてしまった)

澪(そうなのか……ちょっと見たい気がする)

唯「ふーん」ジロジロ

梓「そんな、舐め回すように見ないでください……」

梓「恥ずかしいです……」

唯「なんか可愛いね」

梓「可愛い……ですか」

唯「やっぱりピンクなんだね」

梓「う……」

唯「はうーかわいいよーあずにゃん乳首」

梓「も、もういいでしょ」

唯「えーまだ堪能してないよー」

梓「堪能しなくていいです」

紬「ただいま~」

唯「! ほらムギちゃんも帰ってきたことだし」

梓「離してくれるんですか?」

唯「見せてあげなきゃね」

唯「仲間はずれはよくないよ」

梓「……」

紬「わぁ……これが梓ちゃんのつぼみさん?」

紬「私こんど写真のコンクールにでるの~」

紬「テーマは『お花』よ」

紬「梓ちゃんみたいな可憐なお花をフレームにおさめられるなんて光栄!」

梓「絶対やめてください!」

唯「ムギちゃん! 私もとる!」

唯「これこそ青春の1ページ!」

唯「桜高に代々伝わるメモリーとしておさめておこうよ!」

律「いやーそれはどうだろう」

澪「PTAが爆発するぞ」

梓「離してぇ! もういやです!」バタバタ


紬「それじゃ行くわよ。えっとピントをつぼみさんにあわせてと」

梓「あああああああぁぁ!」


唯「ムギちゃん!ちがうよ!」

紬「えっ?」

唯「この場合はね。あずにゃんの羞恥にまみれたプリチーなお顔も一緒に写るように取らなきゃ!」

紬「なるほどぉ」

律「おいこら。それだとおさえてる私たちも入っちゃうだろ」

澪「カメラを縦にしてくれ。もし私たちが写ってたら、決定的証拠とかになっちゃうから」

唯「なるほどー澪ちゃんあったまいいー!」

梓「とらないでぇぇえええええ」

唯「そんじゃいきまーす」

梓「いやぁ!いやああああ!」

唯「ほれ」

パシャリ

梓「ぁ……///」


律「なんか梓いますごいイイ顔してたぞ」


梓(とられちゃった……私のはじめての……)

唯「まだまだいくよー」

唯「ほれ」

パシャ

梓「あぁッ!」

唯「ほれ」

パシャ

梓「んんっ!」

唯「ほれ」

パシャ

梓「ぁぁん!」ゾクゾク


澪「梓……」

律「なんだこれ……」

紬「だんだん安っぽいAVみたいになってきたわ」


唯「はーいこっち目線くださーい!」

梓「ハァ……ぅぅ」

パシャ  パシャ

パシャ

唯「いいよいいよー今のあずにゃん輝いてる!」

梓「あはははもう乳首全然関係ないですね!」

パシャ パシャ

律「ついに梓壊れた」

澪「これ、いいのか? 私達捕まらない??」

律「高校生にして前科一犯か」

紬「豚箱ティータイムってどうかしら」

澪「絶対嫌だ!」

唯「ふぅ。最高の一枚がとれた気がするよ」

梓「良かったですね。じゃあもう離してください」

澪「そうだな……」

律「そろそろ唯も満足しただろ」

紬「大丈夫よ梓ちゃん。あとでちゃんと焼きまししてあげるから」

梓「はい! ってほんと削除しといてくださいよ!」

唯「ちょっと待ってみんな!!」

澪「なんだよ」

梓「今すごい唾とんできた……」

唯「私まだ足りてないんだよ」

唯「やってないことがある」

澪「まだあるのか」

梓「また私関係なんですか?」

律「じゃあもうちゃっちゃとやっちゃえ」


梓「ま、まだ撮る気ですか」

唯「んーん。写真はもういいよ」

梓「じゃあなにを、んんッ!?」

唯「まだ触ってなかったなーって」ツイー

梓「ひゃっ冷た……・あッ」

唯「おおぉ! なんだか新鮮な反応」

梓「おもちゃじゃ……ひゃん! ないんです、から!」

唯「なんだか硬くなってきたような」

梓「嫌ぁ!」

律「はーいストップ!ストップ! ピピー! レッドカードでーす!」

澪「唯お前それやりすぎ! ムギおさえろ!」

紬「唯ちゃん……オイタはだめよ?」

唯「あーんムギちゃん離してー」

唯「まだあずにゃん乳首の真髄に私せまってないよー」


梓「はぁ……はぁ」

澪「おつかれ梓」

律「わ、わるかったー」

紬「ほら、これケーキ……」

梓「ふしゅーふしゅー」キッ

唯「あわわわあずにゃんが激昂して野獣になっちゃたよ」

律「途中結構ノリノリだったのにな」

澪「ああやって羞恥心を誤魔化してたんだよな?」

梓「ふしゅーふしゅー!」

唯「ご、ごめんなさい。ちょっと……度が過ぎすびばぜんでしだー」

梓「ふしゅううう!」

澪「ツインテールが荒ぶってる……」

律「そういうこともできたのか」

紬「ほらケーキ……」

唯「あずにゃん……ごめんね?」

ダキッ

梓「……ガブ」

唯「いッ……ごめんね」

唯「私……あんなひどいことして」

唯「許してなんて言えないよね……?」

律「すまんかった……このとおり。土下座でもなんでもする」

澪「梓ごめん。でもこれは唯が」

紬「唯ちゃんならしかたないわよねーだけど本当ごめんなさい」

律「おいぃぃ! お前ら事態を収束させる気あんのか!」

唯「決めた……私……自首するよ」

澪「おい唯! ……そっか元気でな」

紬「面会、月一でいくからね?」

律「あれ、あたしゃ立ち位置どうしたらいいの!?」

梓「もういいですよ……」

梓「私、実はそんなに怒ってないんです」

唯「あずにゃん……」

梓「特別に許します……そのかわり……」

澪「その代わり?」

梓「みなさんも見せてくださいよ……」

梓「乳首」

律「えっ!?」

紬「そういうことならよろこんで!」バッ

唯「あずにゃん……ありがとう……ありがとう!」

澪「梓……ありがとう」バッ

律「よっしゃぁ! 大放出じゃーい」バッ

律「唯もさっさとださんかーい!」

唯「……うん! 見てあずにゃん! これが私の乳首だよ!」バッ

梓「……。 感動しました……これが結束の力というものなんですね」

梓「みなさん……記念といってはなんですが」

梓「その、一緒に……///」

澪「あぁ! ムギ! まだカメラの容量は残ってるな?」

紬「大丈夫よ~」

紬「こんなこともあろうかと予備のメモリースティックを持ってきていたの」

律「今日は乳首まつりじゃあああ!!」

唯「……ふふっ。あずにゃんは変態さんだねぇ」

澪「お前がいうな!」

律「全員ならんで!」

紬「ふふ梓ちゃんの隣もーらい!」

唯「ずるいムギちゃん! 私も抱きつきたいよー!」

澪「よし! みんな瞬きするなよ!」

律「セルフタイマーOK!」

唯「よーしみんなーいくよー」


律「おっしゃあ言ったれ言ったれ!」

澪「唯最高!!」


唯「放課後ティータイムは!!」

梓「永遠にっ!」


紬「豚箱です!」


パシャ





This photograph is the memory of Butabako TeaTime.


thank you.


お し ま い