短編②
唯「あずにゃんの乳首って何色だっけ」



紬「あらあら」

澪「ぶっ……なんだよいきなり///」

律「ほら唯さんお薬の時間ですよー……」

唯「みんなも気にならない!?」

律「なんねーし」

唯「あの小さいボディにはいったいどんな可愛らしいつぼみさんがついてるんだろうって」

紬「確かに」

澪「おいムギまで」

唯「あー。あずにゃん早くこないかなー」

澪「来たらどうする気だ」

唯「ん? もちろん見せてもらおうかなと」

澪「いやいやいや」

律「なんか私たちとは感覚がずれすぎててなんとも言えん」

紬「唯ちゃん。オイタはだめよ?」

唯「わかってるよーちょこーっと見せてもらうだけだし」

澪「見せてくれるわけないだろ!」

唯「そっかなー」

唯「あずにゃんは結構私の言う事だったら聞いてくれるよ?」

澪「なんだこの根拠のない自信」

澪「合宿のときみたんじゃないのか?」

唯「なんかあのときはガードがかたくてねー」

唯「湯気も仕事しすぎだったし」

唯「ねぇムギちゃん?」

紬「しらないけど……」

澪「みたかったのか……」

唯「そりゃそうだよ! 初めての後輩だよ!? あずにゃんだよ!?」

唯「ちゃんと乳首の色までしっとかないと先輩面なんてできないよ!」

律「どんな先輩像だ」

紬「唯ちゃんの目指すところがわからないわ」

澪「やっかいなことになったな……」

律「唯は一度興味をもつと飽きるまで……」

澪「それだよ……」

紬「梓ちゃん逃げてー」

澪「ムギ、なんだその棒読み」

唯「あずにゃんはやくこないかなー」

唯「私はきっと薄いピンクだと思うんだ!」

律「お前の予測なんて聞いてねーし!」

梓「どうもお疲れ様です」

唯「おぉ!? きたね」

唯「あずにゃ~ん」

梓「みなさんのほうが早かったんですね」

唯「ほら、ケーキもお茶もあるから早くこっちおいで!」

梓「はい!」

澪「ひどいやり口だ」

律「なんか嫌な予感しかしないんだ。今度ばかりは」

紬「わ、わたしちょっと忘れ物」

澪「なんか忘れたのか?」

紬「カメラよ!」

澪「なんでうきうきしてるんだ」

律「全然いらねー」

梓「ところでさっきなんの話をしてたんですか?」

梓「あのなんか変な単語が扉越しに聞こえてきたっていうか……///」

律「えっと……それは///」

澪「あーそうそう今度のライブなんの曲に」

律「おう! ふわふわは固いとして」

唯「みんなであずにゃんの乳首の話してたんだよっ!」

梓「はい!?///」

律「みんなってつけんな」

澪「あ、あずさこれはその……唯が勝手に」

梓「ぇ……えっと」

梓「れ、練習しましょう!」

澪「そうだな!」

唯「えー。ムギちゃんどっかいったままだしもうちょっとお茶しつつ」

律「しつつ?」

唯「あずにゃんの乳首についての考察をですね」

梓「なぁーー! もう!」

澪「今日は一段とめんどくさいな……」

澪「梓、悪いけど」

梓「……」

律「ちらっと見せてやってくれないか」

梓「……」

澪「そうしたら唯も満足するだろ」

梓「い、嫌ですよ。売らないでください」

唯「あずにゃんのいけず~」

梓「いやいや。おかしいでしょ!」

唯「先輩が後輩のことをしりたいとおもう気持ちのどこがおかしいっていうの!」

梓「こんな……不純な」

唯「ふじゅん? ねーなんの話?」

梓「えっと、なんていうかですね。私のその、ち、ちく……び」

梓「そんなものを見せたところで」

梓「だれーとく、なにとく!って感じですよね……」

澪「なんで急に歌った」

唯「私得だよー」

律「唯得ではあるな」

梓「うっ。でも恥ずかしいんでご勘弁を……」

梓「てか普通にありえないです!」

梓「頼まれたところでそう簡単にみせるわけないでしょう!!?」

澪「今度は怒った」

唯「私、実はね」

唯「ここ最近あずにゃんの乳首の色が気になって夜も眠れないんだよ」

梓「しらないです」

唯「それどころかあずにゃんの乳首が気になって受験勉強も手につかないし」

唯「挙句の果てにはあずにゃんに乳首がきになりすぎてギー太さえまともに弾けないよ」

梓「連呼しないでください!」

律「いつにもまして重症だな」

澪「現実逃避じゃないのかそれ」

唯「あー、あずにゃんの乳首分がたりないよ~」

梓「そんなものありません! ほら練習しますよ!」

唯「ちぇー。じゃあ練習おわったら見せてね? 約束だよ?」

梓「見せません!ってば」

律「なんかめんどくさくなってきたな、おい澪」

澪「そうだな」

ガシ  ガシ

梓「!?」

梓「は、はなしてください!」

梓「売るんですね!? 私のこと! 信じてたのに!」

澪「すまない梓。これもけいおん部のため」

律「唯のためでもあるんだよ」

唯「おおぉ! やっとわかってくれたんだね!」

梓「離して! だめですよ唯先輩」

唯「ええじゃないかええじゃないかー」

律「ちゃっちゃと終わらせろよー」

澪「梓。私は視線外しておくから……」

梓「うぅ……どうしてこんなことに」

律「恨むなら唯を」

梓「唯先輩! 考えなおしてください!」

唯「見てからね」

梓「ちょ、だめですほんと」

唯「♪」

プチプチプチ

梓「ボタンとっちゃやだぁ!」

唯「わくわくわくわく」

澪(すまん。なさけない先輩を許してくれ梓)

律「傍からみたら犯罪だよなコレ。てかイジメ?」

澪「私は巻き込まれただけだ……」

律「加担してますがな」

唯「あっずにゃんのちっくびはっ、どっんないろぉ♪」

梓「歌わないで!」

唯「もうすぐだよーあずにゃん」

梓(見られちゃう……私の乳首見られちゃう)

梓(なんとかしなきゃ。考えるんだ私)

梓(そうだ!)

梓「唯先輩。アイスおごるんでっ」

唯「!?」

梓「アイスおごるんでそれで……見逃してもらえませんかね」

唯「……」

唯「……!」

唯「あっずにゃんのちっくびはっ♪」 プチプチ

梓「ひぃいいいい」

梓(だめ、もう下着まで)

梓(見えちゃう……見られちゃう)

唯「あとはこのブラ一枚だけ!」

律「……興味なかったけどどきどきしてきた」

澪「わ、私はみないから安心しろ」

梓「ハァ……だめだよぉ」

唯「さぁやってまいりました本日のメインイベントです」

唯「あずにゃんのお乳首様のおなーり~」バッ

梓「嫌ああああ」

プル

唯「おおおおおお!!! これが!」

梓(終わった……)


律「んんんん?」

唯「あずにゃん……なんか」

梓「言わないでください」

唯「いやー……これは」

梓「……ぃぐ、ぅぅ」


6