唯「あずにゃんあずにゃん!それって!」

梓「命令は絶対なんでしょ?」

唯「うん! 絶対だよ!」

梓「じゃあ仕方ないですね」

唯「うん!仕方ないね! あずにゃ~ん」

ギュウウウウウウウ

梓「痛い、痛いです!」

唯「あうー、良かったよー」

唯「柄にもなくすっごくドキドキしたんだ~」

梓「してましたね」

唯「あずにゃんはもう大丈夫なのかな?」

梓「いえ、なんというか」

梓「告白されたところで結局いつもと一緒だなと思って……」

梓「私が唯先輩のこと好きなのも変わりませんし」

唯「そうかもねー」

唯「じゃ、やっぱ告白はなし!」

梓「え"っ!?」

唯「だってあずにゃんからもしてくれるんでしょ?ならそれでいいじゃん」

唯「楽しみにしてるね」

梓「え"ぇ!?」

唯「んー代わりの命令なんにしよっかなー」

唯「んー」

梓「ちょ、ちょっと唯先輩……もう少しムードをですね」

梓「余韻ってものを感じとってくださいよ」

唯「あー、思いついたよ」

梓「……次はなんですか」

唯「これからもずっとぺったんこのままでいてね?」

梓「……それは」

梓「……ふふ、自信ないです。私育ち盛りですから」

唯「えー、命令は絶対だよー!」

梓「あはは、馬鹿なんですね唯先輩」

唯「馬鹿でわるかったなー!!」

梓「あははっ」



梓「やっぱり胸の大きさと賢さは反比例するんじゃないですか」

唯「それは言えてるね! あずにゃんお利口だもんね!」

唯「それに対して、胸が大きい和ちゃんとか澪ちゃんは勉強はできてもすごく馬鹿だもんね」

梓「あ、もしかしてそれを伝えたくて連れまわしたんですか?」

唯「いやあれはね、勝手に馬鹿が本領発揮しちゃっただけだよ」

唯「ほんとはコレ。はい」スッ

梓「アンケート結果……」



【Q.1 あずにゃんの胸はぺったんこだとおもう。】
はい 正   いいえ


梓「う"……もう触れてほしくないのに」

唯「5対0ですな!」

梓「むごいです……」

唯「じゃなくて! ほら、それの裏面」

梓「え?」ペラ


【Q.2 そんなあずにゃんが大好きだ。】
はい 正   いいえ


梓「……」


梓「……もう、なんですかコレ」

唯「えへへーみんなあずにゃんが大好きなんだよー」

唯「ま、一番は私だけどねっ!」

梓「……う、しりません!」

唯「そうやってそっぽむいてるのも可愛いね!」

梓「うるさいです!」

唯「あははーあずにゃ~ん!」スリスリ

梓「暑いです!」

唯「お熱い二人ですよー」

梓「……あれ、この他にも質問あるんですね」

唯「あ、それはダメ!」

梓「いいじゃないですかちょっとくらい」




【Q.3 あずにゃんは平沢唯のことが好きだと思う。】
はい 正   いいえ



【Q.4 あずにゃんはお風呂でおしっこすると思う。】
はい T   いいえ 下



【Q.5 平沢唯が抱きつくたびにあずにゃんは喜んでいると思う。】
はい 正   いいえ



【Q.6 あずにゃんは平沢唯に告白されることを期待していると思う。】
はい(^正^)b いいえ



【Q.7 平沢唯の告白をあずにゃんはうけると思う。】
はい T   いいえ しるかば~か   
   うんこ とジュリエット  うふふふふふ  


【Q.8 あずにゃんは実は平沢唯のことを一日中考えていると思う。】
はい 一     なんではいしかないんだよ馬鹿!  
 唯×梓= ←ジャスティスうんこ  J□―□J <和参上





梓「なんですかコレ」

唯「見られちゃった……」

梓「途中から飽きられて落書きされてますね」

唯「みんなひどいんだよ~」

梓「というかすでに私じゃなくて唯先輩のためのアンケートじゃないですか」

唯「てへ……」

梓「でも意外と……心配性なんですね」

唯「自信がなかったから……」

梓「ふふ、唯先輩のそういうトコすごく可愛いです」

唯「ほめられちゃった」

梓「最後は自由欄ですか」

唯「あずにゃんもなんか書いて~」




【なにか平沢唯とあずにゃんについてのコメントをどうぞ】


あずにゃんかわいいよぉ~(^^)♪♪ ずっと永遠に一緒だよ

いいコンビだと思うわ。夫婦漫才師をめざしてみてはどうかしら。□―□J

ベタベタする間があれば練習だ。あと梓はもっと唯にきびしくしていいぞ。うんこ

とにかくこれからもずっと仲良くね♪ 応援してるわ♪ うふふふ

ふたりは永久不めつだ! もしつらくなったらあたしのパワー分けてやる!



梓「……」


梓「……ふふ、やっぱり落書きじゃないですか」

唯「ね~あずにゃんも~」

梓「そうですね……じゃあ」


                     ∧  ∧
これからもずっと仲良く居られたらいいですね(≧∀≦)キャッ



お し ま い



戻る
4 ※短編①