梓「えっ?」

唯「え?」

梓「またいきなり唯先輩はよくわからないことを」

唯「えーっと、だからね?」

唯「サラシ巻いてるんでしょ? 胸のとこ」

唯「なにか理由があるのかしらないけど、ずっと大変だよね?」 

梓「はい?」

唯「え?違うの?」

梓「あの、なんで急にサラシがでてきたんですか?」

唯「だってさぁ」

梓「あ! 待ってください。わかりました言わなくていいです」

唯「普通は女の人は胸は膨らんでるんだよ?」

梓「……言わなくていいです」

唯「なのにあずにゃんはぺったんこ」

梓「……」

唯「あ! もしかしてあずにゃんって男の人!?」

唯「だめだよ~桜校は女子高なんだから~」

梓「……」

唯「図星!??」

梓「女です」

唯「えっ! だよね!」

唯「じゃあさじゃあさ、なんであずにゃんの胸ってさ」

梓「やめてください!」

唯「え~、だって気になるよ~」

唯「どうしてそんなにぺったんこなのか聞いてるだけじゃ~ん」

梓「ぺったんこじゃないです!」

唯「そうかなー、私にはぺったんこにみえるけどな~」

梓「ぺったんこじゃ……ないです……」

唯「まぁ、お互い主観だしねぇ」

唯「そうだ! みんなに聞いてみようよ!」

梓「なっ」

唯「みんなもきっとぺったんこ!って言うよー」

梓「い、言いませんっ!!」

唯「えぇ~~言うよ~~だってどう見てもぺったんこだもん」

唯「ぺったんこにぺったんこって言うのはおかしくないよ?」

梓「さっきからぺったんこぺったんこ連呼しすぎです!」

唯「ぺたにゃん大きい声ださないでよー」

梓「ぺたにゃんってなんですか!!? もういい加減にしてください!!!」

唯「わかったわかった。噛み付かないで」

唯「とりあえずみんなに聞いてみたらはっきりするんだよ」

梓「……わかりました」

唯「じゃあ早速いこうか、ぺたにゃん」

梓「まだ確定してませんからそれ禁止!!!」

唯「こ、こわいよぉ」

唯(なんか今日のあずにゃん機嫌悪いな……)



唯「さぁやってまいりました!」

唯「はろー和ちゃん」

和「なんなのよ突然」

梓「……それより和先輩は日曜日も学校なんですね」

和「生徒会しか居場所がないのよ」

唯「生徒会長の鑑だね~」

梓「暇人ぼっちとも言いますよね」

和「もう、孤独なのは認めるから早く要件をいいなさいよ」

唯「はいは~い!」

唯「第一回【あずにゃんの胸はぺったんこかどうかアンケート】だよ和ちゃん!」

和「語呂悪いわね」

唯「略してぺたにゃンケートだよ」

梓「やめてください!!」

和「ふぅん、それで」

唯「ここでアンケートです!」

唯「あずにゃんの胸はぺったんこだと思いますか?」

和「そうねぇ」ジィー

梓「……」

和「……」

唯「どう? ねぇどう?」

和「一流のロッククライマーですら裸足で逃げ出す断崖絶壁ね」

梓「……」

和「おそらく女性ホルモンが不足してるのよ。あと十分な栄養ね」

和「不規則な生活もやめなさい。夜はきちんと寝なさいよ?」

和「睡眠は成長には食事と同じくらい大切なの」

和「それとあまり悲観的になってはダメ」

和「心と体の成長は密接にリンクしているものなのよ」

和「だからこれから先何があっても心を強く持ちなさい」

和「ほら、これ私の愛読してる自己啓発本よ」

和「これ一冊に人生の全てがつまっているわ!」

和「毎日15分でいいから読みなさい」

和「あとこの健康食品。ちょっと高いけど効果てきめんなの」

和「特別にわけてあげるから食べなさい」

和「あと週に一度大先生がセミナーをやってるから是非いらっしゃい」

梓「……はい」

和「それじゃあ頑張ってね」

梓「……何を」

唯「わーさすが和ちゃん! つらい現世の打開策まで提示してくれるなんて」

唯「さすが生徒会のほこる人生のご意見番!」

唯「いよっ!!」

梓「……ふふ、なんですかそのテンション」

唯「よしよし、これで2‐0だね」

梓「2!? なんで2!?」

唯「私と和ちゃんの分だよ? 何を聞いてたの?」

梓「それで私の分がカウントされてないのはどうしてですか」

唯「あたりまえじゃん~。だってあずにゃんのことなんだから」

唯「主観はやめようね?」

梓「……はい」


唯「じゃ、次行くからね」

唯「だれのとこにしよっかな~」

梓「はぁ」

唯「ほらしゃんと胸張らないと、ますますぺったんこに見えるよ?」

唯「ま、張ったところでなんなの?って感じだけどね~」

梓「……ぶっ飛ばしますよ?」

唯「胸で?」

梓「……ぐっ」

梓「結果がでるまで言い返せないのが辛い……」

唯「あ!そうだ!」

梓「なんです?」

唯「まぁありえない話だけどさ」

唯「仮に、仮にね? アンケートの結果であずにゃんが勝ったら」

唯「なにか一つ言う事きいてあげる」

梓「え!?」

唯「その代わり私が勝ったら」

梓「……」

唯「むふふ、一つ言う事聞いてもらおっかなー」

梓「嫌です」

唯「あれれ~、もしかして~?」

唯「 も し か し て 」

唯「あずにゃ~ん、自信ないの?」

梓「ムカっ!!」

唯「じゃあ決まりだね! いくよ! 次は例のあの人のところ!」

梓「……好きにしてください」


唯「やってまいりました」

唯「はろー澪ちゃん」

澪「お、唯に梓じゃないか」

澪「どうしたんだこんなトコまで。もしかしてデートか?ハハハ」

梓「なんで墓地に……」

澪「よく私がここにいるのわかったな!」

唯「うん! だって澪ちゃんの休みの趣味は墓地巡りと一人バイキングって聞いてたから」

唯「とりあえず近くの霊園まできてみました」

澪「そうなのか。電話してくれたら良かったのに」

唯「あ! そうだったね。てへへ」

澪「全く馬鹿だなぁ唯は。ハハハ」

梓「このくだりいらなくないですか」

唯「さて本題です」

澪「で、一体なんなんだ?」

澪「人の至福の時間を邪魔しといてからに、くだらない用だったらぶっ飛ばすからな」

梓「……」

澪「胸で」

梓「っぐぅ」

唯「あははっいきなりキレ気味なんだね。めんどくさいねぇ澪ちゃんは」

梓「もう、笑ってないで要件済ましましょうよ」

梓「こんな薄気味悪いところ、さっさとおさらばしたいです」

唯「全くだね」

梓「だいたい澪先輩は怖いの苦手ってキャラはどこへ行ったんですか」

澪「おい、別に墓地は怖い場所じゃないだろ!」

澪「墓地ってのはなぁ! よく聞けよおまえたち!」

唯「はいアンケートです。あずにゃんの胸はぺったんこだと思いますか?」

澪「あぁ」

梓「即答ですね」

澪「ぺったんこっていうより」

澪「無駄がないって感じだな」

澪「いやー、羨ましいよ。けっこうコレ肩こるし」ブルン

澪「ベース弾くとき邪魔になったりするし、走れば痛いし」

澪「汗もたまるし、うつ伏せは苦しいし」

澪「ひと目は気になるし」

澪「洋服のサイズはあわないし」

澪「ほんといいこと無いんだ」チラッ

梓「……」

澪「だから梓はある意味幸運なんだぞ」

澪「レアだ! レアにゃん良かったな!」

梓「ぶっ飛ばしますよ?」

澪「そのフラットな胸でか! フラットショーット!!」

澪「アハハハッ自分で言ってツボっちゃった」

澪「あはははっ、ごほ、あははっはは」

梓「うわぁ……」

唯「たぶん澪ちゃん受験のストレスで疲れてるんだよ」

梓「憑かれてますよね確実に」

澪「アハハハハ、梓ー。梓ー」

澪「梓アハハハ、その胸あははうらやまし」

梓「もう行きましょう……」

唯「うん……それとこれから少し澪ちゃんと距離おこうね……」

梓「手始めに携帯の登録秋山に変えておきます」

唯「それくらいの距離感がベストだね!」

梓「また一人、尊敬する先輩を失うことになるなんて……」

唯「まだ私がいるよ?」

梓「さぁそれはどうですかね」

唯「よし! 次行く前にお昼にしようよ」

梓「そうですね。お腹すきました」

唯「レッツラゴー」



マクドナルド


唯「もぐもぐ」

梓「次は誰のとこへ行くんですか?」

唯「もがもごふん」

梓「あ、もういいです」

唯「ゴクン 次はねー。ムギちゃんかなー」

梓「ムギ先輩ですか……」

梓(ムギ先輩なら空気を読んで私のほうについてくれるかも)

唯「あーそういえばムギちゃんはねー」

梓「どうかしたんですか?」

唯「前にあずにゃんのことぺったんこって言ってたよ」

梓「えっ!?」

唯「チビペタ残念ボディともいってたよ」

梓「ええっ!?」

唯「嘘だけどね」

梓「無意味に私の中でのムギ先輩株をおとすのやめてください」

唯「しかしこれから現実のものとなるのです……」

梓「ムギ先輩はぺったんこなんてひどいこと言いません」

唯「だってムギちゃんに会いに行くのめんどくさいんだもん」

梓「そうやって露骨に出番を操作しないでください」

梓「だいたいムギ先輩、今日はここでバイトしてるんじゃ」

唯「そうかなぁ。あ、ナゲット一個もらっていい?」

梓「たった5個しか入ってないナゲットを欲しがっちゃう人って……」

梓「それ一個の値段考えてみてくださいよ」

梓「私ナゲット4個に200円だすくらいなら他の食べますよ!」

唯「ケチ! そんなんだからぺったんこなんだよ」

梓「関係ないでしょう!!」

唯「おおありだよー! 広い心をもたないと体も大きくならないって」

唯「さっき和ちゃんも言ってたよね?」

梓「あぁ確かそんな事を……」

梓「でもたくさん食べないとともいってました!」

唯「ほんと食い意地はってるよこの子は!」

梓「それは唯先輩のほうでしょう!?」

唯「まさかナゲットに一つや二つでここまで言及されるとは……」

梓「全く……これだから唯先輩は。ムシャムシャ あ、ポテトいいですか?」

唯「だめだよ!絶対あげない!!」

梓「ケチ!」

紬「あら二人とも何してるの?」

唯「あ!でた! はろームギちゃん」

唯「今日シフトだったんだね~」

梓「制服わりと似あってますね」

紬「いらっしゃいませ、こんにちは~」

唯「店員さ~ん、スマイル一つ」

紬「はい」ニコ

唯「スマイルおかわり!」

紬「は~い」ニコ

梓「や、やめましょうよ。周りの視線が……」

唯「さてここで突然ですがアンケートです」

紬「聞いてたわ」

紬「答えはズバリ!」

紬「梓ちゃんはチビペタ残念ボディよ!」

梓「えぇ!?」

唯「やった!これで4-0!」

梓「ちょ、ちょっとムギ先輩」


2