……

憂「うーんうーん」

純「どしたの?」

憂「あっ純ちゃん。いたんだ」

純「ずっといたけど」

憂「そっかー」

純「……それで、どうしたの?悩み事?」

憂「わっ、純ちゃんすごーい!どうしてわかったの?」

純「いまうんうん唸ってたから」

憂「……えっとね、もうクリスマスでしょ?」

純「うん」

憂「お姉ちゃんへのプレゼント、どうしようかなーって」


純「プレゼント?」

憂「うん。なにがいいかなあ?」

純「憂のお姉ちゃんね……手袋とかは?」

憂「それは前あげたんだー」

純「ふむむ……」

憂「むずかしいよねー」

純「……」

純「憂ってさ、お姉ちゃんと仲良いよね?」

憂「うん、お姉ちゃんやさしいよー」

純「じゃあ、憂をプレゼント!とか……」

憂「ええっ!」

純「なーんて……」

憂「わ、わたしはもうお姉ちゃんだし……それに……」

純「……あ、あの」

憂「ちゃんと言ったことないけど……」

純「……」

憂「で、でも恥ずかしいし……」

憂「じゅ、純ちゃんどうしよー!」

純「……」

純「いいと思う」

憂「ほんと!?」

純「うん」

……
…………

純『この際がつんといっちゃいなよ。がつんと』

憂「……よーし」

憂「……」

憂「……き、緊張する……」

「ただいまー」

憂「!」

憂(お姉ちゃんきた!)

唯「ういー、ただいま」

憂「お、おかえりなさい」

唯「?どうかした?」

憂「う、ううん!」

唯「?ね、うい、今日は夜更かししちゃお」

憂「うん、クリスマスだもんね!」

……

唯「ふー、ごちそうさま」

憂「ごちそうさまー」

唯「おいしかったよー、うい」

憂「えへへ……」

唯「でもちょっと作りすぎかなー」

憂「ご、ごめんなさい……」

唯「……憂、こっちおいでー」

憂「……?」

唯「ぎゅー」

憂「わっ」

唯「ごめんね、クリスマスだからいつもよりがんばってくれたんだよね」

憂「うん……」

唯「ありがとー、ういー」

憂「……えへ」

唯「よしよし」

憂(お姉ちゃんあったかいなぁ……しあわせ)


唯「さて、じゃあお姉ちゃんからプレゼントです」

憂「あ、ありがとー」

唯「よいしょ……はい、どうぞ」

憂「なにかな、開けてもいい?」

唯「うん」

憂「えっと……わ!セーターだ!」

唯「憂あんまりもってなかったから」

憂「ありがと……大事にするね……」

唯「よかった、喜んでもらえて」

憂「えへへー」

憂(よ、よし)

憂「お、お姉ちゃん、わたしもプレゼントがあります!」

唯「んっ、なにかなあ?」

憂「あの、えっと……」

唯「……」

憂「……わ、わたしをもらってください!」

唯「へっ?」

憂(言っちゃったよー……)

唯「……」

憂「……?」

憂(うぅ、やっぱりだめだったかなぁ)

唯「むぅー」

憂「?」

唯「もー!そんなこと言ってるとほんとにもらっちゃうぞー!」

憂「!お、お姉ちゃん!わたしは本気で……」

唯「……もう」

憂(失敗しちゃったよぅ……)

唯「ぎゅー」

憂「!」

唯「ね、憂」

憂「な、なあに?」

唯「憂はわたしのものじゃなかったの?」

憂「もっ?え……えっ?」

唯「わたし以外のものだったの?」

憂「ち、ちがっ」

唯「憂が他の人のものだったら、私怒っちゃうからね」

憂「……は、はい」

唯「よろしい」

憂(なんてこと……)

唯「うーい」

憂「?」

唯「私、憂からまだなにももらってないなぁ」

憂「あっ、ごめんね!あとでなにか……」

唯「いま」

憂「えっと、えっと……」

唯「憂の、欲しいな」

憂「えっ?な、なに……わぁっ!」


「お、お姉ちゃんだめだよ!」

「へへへ……」

「だ、だめむぐっ……」




       おしまい!



戻る
12 ←※途中投げ出し・未完結