唯「うーん」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「ひまー」

憂「わたしもひまー」

唯「なんかないのー?」

憂「私に言われても困るよー」

唯「そうだよねぇ」

唯「うーん」

憂「うーん」

唯「こんな時は」

憂「こんな時は?」

唯「…ごろごろしよう」

唯「ごろごろーごろごろー」

憂「ごろごろー」

唯「…飽きるね」

憂「そうだね」

憂「思い切って外に出てみる?」

唯「えー寒いよー」

憂「確かにそうかも…」

唯「家でのんびりしてるほうがいいよ」

憂「そうだね」

唯「…」

憂「…」

唯「ぬーん」

唯「ぬーん」

唯「ぬーん」

唯「ぬーん」

憂「ねえお姉ちゃん」

唯「なにー?」

憂「さっきからぬーんって言ってるけどどうしたの?」

唯「ああそれね、ぬーんってのは特に言いたいことはないけど何か口に出したい時に使う言葉なんだよ」

憂「そうなの?初めて聞いたよ」

唯「今考えました!」フンス

憂「やっぱり…」

唯「ほら!ういも言おうよ!ぬーんって!」

憂「う、うん」

唯「ほらほら!」

憂「ぬ、ぬーん」

唯「おおいい感じだね」

憂「いい感じとかあるの?」

唯「ないかも」

憂「だよね」

唯「細かいことは気にしちゃだめだよ!ほら!ぬーん!」

憂「ぬーん」

唯「ぬーん」

憂「ぬーん」

憂「なんだか楽しくなってきたよ」

唯「でしょー?ういも大人になったんだね」

憂「ぬーんぬーんぬーん」

唯「ぬーんぬーん」

憂「あ!」

唯「え?」

憂「夕食作らなきゃ!」

唯「あれ、もうそんな時間?」

憂「と思ったら1時間見間違えてたよ」

唯「おお。気付いてよかったねー」

憂「よかったぬーん」

唯「ぬーん」

唯「でも結局することがないよねー」

唯「ぬーんでごまかせたのも一瞬だけだったし」

憂「そうだったねー」

唯「…」

憂「…」

唯「ぬーん」

憂「ぬんぬん」

唯「おお新しいねそれ」

憂「ぬんぬんだよぬんぬん」

唯「意味は?」

憂「ぬーんの最上級だよ!」

唯「ぬんぬんぬーん!」

唯「正直ぬーんでここまで話が続くとは思ってなかったよ」

憂「さっき一瞬だけとか言ってたけどね」

唯「ぬんぬんぬーん」

憂「あ、ごまかしたねお姉ちゃん」

唯「ぬーん」

憂「ぬーん」

唯「あ、そういえばさ」

憂「うん?」

唯「お腹が減ってきたよ!」

憂「まだ夕食には早い…と思ったらあれから1時間も過ぎてるよお姉ちゃん!」

唯「おお!いい調子ですぞ!」

憂「じゃあそろそろ夕食の準備してくるね」

憂「と思ったけどたまには美味しいものでも食べに行かない?」

唯「えー外寒いのにー」

憂「ちょっと作るのが億劫になってしまいました」

唯「うーん、まあういがそれでいいならいいけど」

憂「わーい!じゃあ外に行く準備しなきゃね」

唯「準備するの早すぎない?」

憂「善は急げだよ!」

唯「うーん、まあいっか」

憂「行こう行こう!」

唯「どうしてそんな張り切ってるのー?」

憂「だってお姉ちゃんと外食するの久しぶりじゃない?」

唯「うーんそうだっけー?」

憂「そうだよ!確か一週間前に行ってそれっきりだよ!」

唯「一週間前って全然久しぶりじゃないよ!むしろ短すぎるくらいだよ!」

憂「そうかな?まあ早く行こうよ!」

唯「はいはいちょっと待ってー」


―――――――――――

テクテク

唯「ふー美味しかったねーういー」

憂「そうだねーサ○ゼも悪くないね」

唯「せっかく外食しにきたのにサ○ゼってのもどうかと思うけどね」

憂「ぬーん」

唯「まあ安いし美味しいし文句なしだぬーん」

ピュー

憂「うー寒いねーお姉ちゃん」

唯「うー早く家に帰ろうか、ダッシュする?」

憂「いやさすがにそこまでしなくていいよ!」

唯「ですよねー」

唯「ふーようやく帰ってこれたねー」

憂「お風呂沸かしてくるね」

唯「ありがとーういー」

唯「あ、ういーごろごろしよーよー」

憂「ごろごろってわざわざしよーよーって人を誘うものなの?」

唯「ほらほら気にしない気にしない。ごろごろー」

憂「しょーがないなー、ごろごろー」

唯「ごろごろー」

憂「ごろごろー」

唯「そういえばさ」

憂「うん」

唯「ごろごろにゃーんって絵本あったよね?」

憂「……あ!あった気がする」

唯「私たちの場合さ、ごろごろぬーんだよね!」

憂「…ふふっ、確かにそうかもね」ニコ

唯「ごろごろぬーんごろごろぬーん」

憂「ごろごろぬーんごろごろぬーん」

唯「懐かしいなぁ」

憂「お姉ちゃんって昔からよくごろごろしてたよね」

唯「そうだったっけ?」

憂「そうだよ、家にいるときはいつもごろごろしてたよ」

唯「私ってなまけものだったんだねえ」シミジミ

憂「お姉ちゃんらしくていいと思うよー」

唯「私らしいって言われてもあまりうれしくないよー」

唯「そういえばさー」

唯「さっきから気付いてたんだけどさー」

憂「うん」

唯「今日ってクリスマスだったんだよね」

憂「そうだよ、私もあえて言わなかったけど」

唯「ういに言わなきゃいけないことがあるんだよねー」

憂「な、なに?」ゴクリ

唯「…」

憂「…」

唯「めりーくりすまぬーん」




おしまい



9