12月24日 音楽準備室


唯「PCPやろう!」

梓「ハイ! って、なんですかそれ?」

唯「PCPだよ、みんなでやろうよ!」

梓「はぁ……? あの、先輩方、PCPってなんだか知ってますか?」

律「……いや、知らないなあ」

梓「知ってますよね?」

律「し、しらないってば!」

梓「……澪先輩は?」

澪「わ、私もしらない……かな」

梓「そうですか……」

律「なんで澪は疑わないんだっ」

梓「ということはムギ先輩も……」

紬「知りませーん♪」

梓「ですよね……」

唯「ねぇねぇー、なにコソコソ話してるの? PCPやろうよ。今夜うちでさ」

梓「唯先輩の家ですk」

紬「梓ちゃんっ」グイッ

梓「フギュッ」

梓「な、なんですかムギ先輩!」

紬「PCPに行ったらだめよ。どうなってもいいの?」

梓「知ってるんですか!? それに、行ったらだめって……」

紬「……」

梓「PCPって……恐ろしいことなんですね」

紬「……そうね」

梓「律先輩が語りたがらないくらいだから、よほど……」

唯「あれ、みんな……? あ、あずにゃんは来るよね、PCP」

梓「……え、えっと。すいません、今夜は予定が」

唯「えっ! あずにゃん……クリスマスに予定ってアナタ……」

梓「家族と過ごすんですっ! もう、そろそろ練習に戻りますよ!」

唯「みんなも、だめ……?」ウルウル

律「あーうん、スマン。今日はちょっと……」

澪「私も……ごめんな」

紬「私も、今夜はお家にいなきゃいけないから」

唯「……ぶーっ。みんな忙しいんだからぁ」

唯「去年は暇だ暇だって嘆いてたくせに」

律「あー、はは、まあ去年はな……」

澪「でも今年は、おかげさまって」

律「澪。ちょっと黙りなさい」

唯「じゃあ今年も憂とふたりでPCPかぁー」

紬「いいじゃない、二人でも楽しいわよ?」

唯「そうなんだけどさぁ……まいっか。憂と楽しむよ」

律「あぁ、そうしてあげたほうがいいさ」

澪「じゃあそういうことで。練習に戻るとするか」

律「それはもうちょい待って……」

澪「待ちません」

律「ちぇっ」

 ガチャガチャ

唯「……」

唯(……憂とふたりっきりか)

唯(去年はみんなでやったけど、あんまり憂が楽しそうにしてなかった気がする)

唯(今年はちゃんと憂を楽しませてあげないとね!)



――――

 その日の夜 平沢家

唯「でねー、今年はみんな来れないんだって」

憂「そうなの? ちょっと残念、かな」

唯「でも今年は憂とふたりっきりだから、派手にやれるよ!」

唯「去年は澪ちゃんが恥ずかしい恥ずかしい言うから、私たちも思いきりやれなかったもんね」

憂「そうだね。……そういえば、和ちゃんは誘わなかったの?」

唯「今年は憂とふたりきりって決めたの! やだった?」

憂「ううん、うれしいよお姉ちゃん」ニコッ

唯「えへへ。それじゃ、始めますか!」

憂「うん!」

      P     C      P
唯憂「ペロペロ・クリスマス・パーティ!!」


唯「よいしょ。えへへ、憂だー」

憂「お姉ちゃんだねー」

 ぎゅっぎゅ

唯「最初、どっちがいい?」

憂「……ちゅーからがいい」

唯「おっけ。んっ」

 ちゅう……ちゅっ

憂「ん……ぷは。」

唯「憂、もっかい」

憂「ん、んむぅ……ちゅ」

唯「ちゅっ。……うい、ベロ出して」

憂「ふはぁ……れぇ」

唯「はむっ、ちゅうう」

憂「ふっ、はああぁ……」

唯「ん、むぐんぐ……れろっ、ちゅぱ、はむっ」

憂「ふ、んぷ……べおぉ」

唯「ん? なあに、うい?」

憂「べろ……ぺろぺろひてもらうの、好き」

唯「私も憂のベロ舐めるの好きだよ。おいしいし」

憂「おねえちゃんのべろもおいひ……んうっ」

唯「うい、もっとちゅーしよ」

憂「ん、むっ」コクン

唯「ちゅ……今度は憂がベロ舐めて。んりゅ……」

憂「はむ……ちゅ、ちゅっちゅ、きゅうう……」

唯「ふ、んん……」ピクッ

憂「えろ……れろれろ、はむ、じゅちゅっ」

唯「ふわあぁ、んっ……ういぃ」

憂「ちゅう……ううぅ。……こくんっ」

 チュポン

唯「ふぇ……たくさん吸ったね」

憂「おいしかったから……」

唯「えへへ……憂、顔下向けて」

憂「こう?」

唯「うん。……へへ、憂のおでこぉ」ナデナデ

唯「ん、れろ」

憂「……」

唯「んー、憂は……おいしいねぇ。ぺろぺろ……」

憂「おねえちゃんのほうがおいしいもん……」

唯「はいはい。目なめるから、閉じて」

憂「うん……」ギュ

唯「ん、ちゅうう……れろれろ」

唯「れろーっ……ちゅ、ちゅぱ」

憂「ふ、ふあ……」

唯「ふぅっ。顔べちょべちょだよ、憂」

憂「鼻が、まだ……」

唯「ん。ぺろ……ぺろぺろ……っと。これでどう?」

憂「うん。顔中にお姉ちゃんを感じる……あったかい」

唯「……ちょっとくさいけどね」

唯「うい、ちょっと唾ためてくれる?」

憂「ん、わかった」


憂「ちゅ、くちゅ」

唯「上向いてるから、鼻に……憂の唾液いれてくれないかな」

憂「……」こくっ

唯「ちょっと変態かもしれないけど……PCPだもん、いいよね」

憂「ん……」

唯「よいしょ……きて、憂」カクン

 タラーッ

憂「ふ……はぁ」

唯「んん……憂のべろで、鼻に入れて」

憂「わかった……ん、つ」ツプ

 ツプ…

唯「ん……憂の匂いだ」

憂「……くさくない?」

唯「ぜんぜん。……すんっ」

唯「うい、耳こっち」

憂「……じゃあ、お姉ちゃん左手だして」

唯「ほい」

憂「……ん、ちゅぷぷ……」

唯「……ふぅっ。……ぺろ、ぺろ」

憂「っ……ちゅ、れろーっ」ピクッ

憂「ふう……ちゅちゅっ、ぺろぺろ……」

唯「……あもっ。もごもご、ちゅ、れるれう……」

憂「ふ、は、んむちゅ、れろ、れちゅ」ゾクゾク

唯「んむっ……れろおっ、ず……ず」

憂「ん、やあっ……」ピクンッ

唯「ちゅぽっ……えへ。いま、けっこう奥まで入ったね」

憂「うん、ちょっとびっくりした……」

唯「うい……おっぱい、良い?」

憂「え、もう?」

唯「我慢できないの。……いいでしょ、憂ぃ」

憂「ん……わかった、いいよ」

唯「えへへ、やったやった」

 スルル

唯「ブラ取っちゃうよ。……んしょ」プチ

唯「憂のおっぱーい♪ えへへ、やわらか……」ふに

憂「んっ……」

 すっ とさっ

唯「……ん、むぎゅ」ムニュウ

憂「……お姉ちゃん、あかんぼみたいだよ」

唯「憂のおっぱい気持ちいからねえ。つい顔うずめたくなっちゃうんだよね」エヘヘ

唯「よっと。はむ、んちゅ……」

憂「んん……」

唯「ちゅ、ちゅうう……んちゅ、れろれろ」

憂「はあっ、はっ、ん……」

唯「んぷっ。おー、早速固くなってるね」ツン

憂「あっん……だってぇ」

唯「んっちゅぱ……んんー」レロレロ

憂「あっ、ふあっ、かっ……」

唯「気持ちい? 憂」

憂「うんっ、ん……」

唯「よかった。……ん」

憂「……」

憂「うー……」

唯「ふむ? どしたの憂?」

憂「わたしもお姉ちゃん舐めたいよ……」

唯「……でも、おっぱいは両手使いたいしなあ」

憂「じゃあおっぱいもういいから……」

唯「えと……じゃあ、アレやる?」

憂「なめあいっこ?」

唯「ん。まだ早いかな」

憂「ううん。なめあいっこ、やろうよお姉ちゃん」

唯「……わかった、じゃあ全部脱いじゃおっか」

憂「うん。寒いから、こたつ布団めくっとこう」

唯「そうだね。……憂、顔カピカピ」

憂「これはいいのっ」ヌギヌギ

唯「まあそのへんはお互い様か」ヌギヌギ

 バサッ

憂「ふうっ……すっきりするね」

唯「うん。憂は床に寝ててね」

憂「……ねえお姉ちゃん、今年は私が上じゃだめかな?」

唯「へ? 急にどうしたの?」

憂「だって、いつもお姉ちゃんのほうが先に……だから」

憂「上のほうが気持ちいいんじゃないかなって思ったんだけど」

唯「……」

憂「違う?」

唯「……ういーっ!!」ガバッ

憂「ひゃあ!?」

 むにゅちゅ

憂「う、む……ぷへっ。お姉ちゃん、そんなに上がいいの?」

唯「……上じゃなきゃやだもん」

憂「もー。わかった。……ん」

唯「はン……ん、ちゅぱ」

憂「んんっ……れろ、ちゅ……ぺろぺろ」

唯「ふ、んんっ……憂、もうびちょびちょだね」

憂「お姉ちゃん、私のきもちいとこばっかり舐めるから……」

唯「それもそっか。……ん、ちゅぷ」

唯「れろれる……」

憂「んっんん……んしょっと」グイッ

唯「あっ……やっぱりそっち舐めるの?」

憂「こっちのほうが好きでしょ? ……ちゅっ」

唯「そうだけど……んくっ」

憂「ん、ちゅちゅっ……れろれろろ、つつ」グゥッ

唯「はっ、あっ、はああ……」

憂「お姉ちゃん、力抜いて。ちゅぷ、ずず……」

唯「……っく、うう」プルプル

 グイイ

憂「ん、ふうぅ……」

 ズッ…ズズゥ

唯「あっあ……入ってるう」

憂「んむ、ふ、ふう……んいー」

唯「はっ、はっ、あっく……んんっ」

 ググッ…ニュウッ

唯「あう……ぜん、ぶ……きたぁ」


憂「ん、ふううっ……く、ん」グニグニ

唯「きゃ、ははあっ! あ、うごかすの、だめぇっ……!!」

憂「んー。じゅ、ちゅちゅうう……ん、んっ……」

 ずっ、ずっ……

唯「あっ、は、ひはっ……くっくぅ、こす、れて……」

 ずっずっずっずっ……

唯「うい……くあっ、ん……も、だめっ」

憂「んっんっんっ……んん、ひっていいよ、おれえひゃん。んっんっ……」

唯「あっ、ぷ……くひゃああ!! もっ……うぁああぁあっ!! いく、いぃっ……」ビクッビクッ

憂「ん……」ギュッ

唯「あ、ふあ……」ピク…ピク

 ヌルッ

唯「……く」

憂「……ぷはぁ」

憂「ほらお姉ちゃん、起きて」ペシペシ

唯「お尻たたかないでよう……」

 モゾモゾ

憂「はい、お姉ちゃん。おっぱいにお姉ちゃんのたくさんついたから、ぺろぺろしていいよ?」

唯「うん……んちゅ」

 ぺろ、ちゅぱ…

唯「んー……」コシコシ

憂「眠い、お姉ちゃん?」

唯「うん……ぺろ、ぺろ」

憂「ちゃんと舐めきれたら寝ていいよ。それまでがんばって」

 ナデナデ

唯「う、ん……ぺろ」

 ムニュウ

唯「……くぅー、すぅ、すぅ」

憂「……」

憂「やっぱり今年も寝ちゃったか」ナデナデ

 モゾモゾ…

憂「ん、よっと。ちゃんと肩まで入らないと風邪ひくよ、お姉ちゃん」グイ

唯「うい」

憂「よいしょ……」バサッ

憂「こたつを弱めにしておいて、と」カチ

憂「朝になったらすぐシャワーを……ふわああぁ」

憂「あびなきゃ……。すう、すぅ……」




 ……ガチャッ

和「いやー、ごめんなさい。今日がクリスマスってすっかり忘れてたわ」

和「唯も唯で誘ってくれないなんて……」

唯憂「すう、くかー……」ギュウギュウ

和「……なんかくさいわね、あの二人」

和「ま、いいわ。放っておきましょ」

 スタスタ

和「……」チラッ

和「……寂しいものだわ」


  おわり



3