軽音部室

ガチャリ

梓「あ……」

紬「あら、梓ちゃんが一番だったのね」

律「梓はやいなぁ、気合い十分ってところか」

澪「梓ごめんな。私たち真面目に練習するから」

梓「え?」

唯「あ、あずにゃん!」

梓「はい!?」

唯「あの話、みんなちゃんと信じてくれるかなぁ」ヒソヒソ

梓「は……?」

梓「……あの、皆さん。さっきからいきなりどうしたんですか?」

「え?」

澪「大事な話があるとか朝言ってただろ?」

唯「そうだよ! とっても大切な話でしょ!?」

梓「え? えぇ?」

紬「梓ちゃん?」

梓「む、ムギ先輩?」

唯「あーもうっ! 大丈夫だよ! みんなあずにゃんの話、きっちり聞くから!」

梓「えぇー……」

梓(この人たち……私に何を求めているんだろう)

梓(ま、まさか! 私、試されてる!?)

梓「えっと、えっと……」アタフタ

ガチャリ

梓「遅くなっちゃったかな……あ、みんないる」

律・澪「え」

紬「あ、あれ……あれ?」

梓「私!? 私がもう1人!?」


律「つまり」

律「お前は未来の梓なのか」

梓「はい」

澪「ということは私たちが朝会った梓は」

梓「私ですね」

唯「もうっ、紛らわしいよぉ」

梓「でしょうね……ごめんなさい」

紬「そ、それよりこっちの梓ちゃんが」

梓「あわわわわ……」

律「ん? こっちは今の時間の梓でいいんだよね?」

梓「はっ、はい!」

律(本当に紛らわしいな……)

唯「そうだ!」

「?」

唯「じゃんじゃじゃーん!」

梓「シールですか?」

紬「それがどうかしたの?」

唯「これを未来あずにゃんのほっぺに貼りつけると……ほら!」

澪・律・紬「おぉ~」

み梓(未来)「わかりやすくなったのはいいですけど、別にシールじゃなくたって」

唯「でも可愛いよぉ~」

律「似合ってるな、たいへんよくできましたシール」

み梓「……」ムカッ

梓「あ、あの、私のこと忘れてませんよね……?」

み梓「それで、皆さん」

梓「それって私も含む?」

み梓「うん」

梓「ほっ……」

律「で、なんだよ? あるんだろ? 大事な話が」

唯「う……」

澪「どうした唯?」

み梓「唯先輩には昨日の夜に説明したんです」

梓「唯先輩の家に行ったの!?」

み梓「それも含めて話すから黙って聞いてて」

梓「うっ……」


澪「――わ、私たちが死んじゃうって……冗談はやめてくれよっ」

み梓「冗談だったらわざわざ未来から来ません」

唯「私は信じてるからね!」

み梓「ふふ、昨日も聞きましたよ」

律「梓がウソをつくとは思えないし、私も信じるよ」

紬「私も」

澪「……うん」

み梓「皆さん……」

律「よかったなぁ、梓。普段からいい子にしてたからこんなこと言われてんだぜー?」

梓「な、なんで私に言うんですか!?」

唯「それで、未来あずにゃん。どうやったら私たちは助かるの?」

み梓「えっと、ですね。難しい話になりますけど、とりあえず聞いていてください」

唯・律「はーい!」

み梓(大丈夫かな……)

み梓「これはハッキリとわかっていることじゃなんですけど、恐らく、タイムマシンを初めて使ってから過去でみなさんが色々してきたことで、世界が変わったんだと思います」

澪「変わったって?」

み梓「もちろん。22日に先輩方が死んでしまう世界に」

律「過去を変えたら世界が変わるってのはどういうことなんだ?」

み梓「それについては……まぁ、詳しい人がいますから後で教えてもらってください」

律「詳しい人……?」

み梓「とにかく、どう考えても4人がその日にそれぞれで死んでしまうなんて偶然、おかしいんです。……まぁ、私見も入っちゃってますけど」

み梓「だから、今までに行ってきた過去にもう一度行って、世界を変えてしまった原因を取り除いてくるんです。そうすることができればもしかすると助かる、かも……」

紬「確証は持てないのね?」

み梓「で、ですけど! これしか方法はないんです!」

律「なら試してみるっきゃない!」

律「黙って何もしないよりはマシだろ? な?」

み梓「は、はい!」

紬「ところで未来の梓ちゃん。その知識はどこから……」

み梓「それは――」

澪「す、すとっぷ!」

唯「どったの澪ちゃん?」

澪「そろそろ過去の私たちがこの時間に来ると思うんだけど……」

唯「え、なんで?」

澪「忘れたのか、私たち部室覗きに行っただろ?」

律「そういえば……って、だったらここに梓が二人いたらまずくないか!?」

梓「え?」

紬「梓ちゃんちょっとそこの物置きに隠れて!」グイグイ

梓「ちょ、ちょっと! 私は未来の私じゃ……!」

律「んなのどっちでもいい!」

ガチャリ

紬「ふぅ……」

み梓「な、なんかすいません」

唯「気にしないでいいってー」

律「それよりなんかこれだと不自然だな……みんな! とりあえず席につけ!」

唯「……んで?」

澪「とりあえずいつものティータイムみたいな会話をしようっ」

唯「いつも何話してるっけ~」

律「自然体だ! 自然体!」

唯「でもどうするの?」

澪「そうだなぁ」

紬「やっぱり今後の部活の方針を決める会話とか?」

律「いやいやいや」

み梓「こんな感じのグダグダで十分だと思いますよ」


律「も、もういいかな?」

澪「たぶん……」

み梓「さすがに30分も様子見なんてしてないと思いますけど」

紬「とりあえずお茶にしよっか」

唯「さんせー!」

澪「なんか喉渇いちゃったな」

律「お菓子は? 今日のおっかしはー!」

紬「ちゃんとありますよー」

律「いえっす!」

み梓(なんだか……ほっとするなぁ)

梓「誰か忘れてませんか!?」ガチャ

「あ」

梓「ひどいですっ、あんまりですっ……」グスン

唯「よしよし、いい子じゃあずにゃん」

澪「しばらくしてからまたあの私たちが戻ってくるからそれまでにはこの部室から離れなきゃな」

唯「なんで?」

澪「なんでって、もとの時間に無事帰らせるために決まってるだろ」

律「そっか。いやー自分たちのこととはいえ、面倒だな」

紬「それで、未来の梓ちゃん。さっきの話の続きなんだけど」

み梓「あ、はい」

み梓「今さっき皆さんに話したことは全てある人から教わったことなんです」

律「ま、まさかタイムマシン太を作った人か!?」

澪「タイムマシン太で定着したのか……」

梓「それで? ある人って? もったいぶらないで早く言ってよ」ムスッ

み梓「さわ子先生」

律・唯「さわちゃん!?」

澪「どうしてさわ子先生……まさか」

律・唯「タイムマシン太作ったのはさわちゃん!?」

澪「じゃなくて、あれはさわ子先生の物だったんじゃないか? 梓?」

梓「へ?」

み梓「はい」

梓(あ、そっちか)

み梓「私が過去へ行って先輩たちの死を回避しようと何度も挑戦していたときに先生が話してくれたんです」

み梓「このままでは絶対に助けられないって。そこからタイムマシンのこと、それを所持していた自身のことを話してくれました」

律「びっくり……」

紬「正直、私も……」

唯「だったら私たちもさわちゃんから詳しく話聞いたほうがいいよね」

澪「そうだな。なにもわからないよりはマシだし」

さわ子「呼んだ?」ガチャリ

唯・澪「ナイスタイミング……」

さわ子「……うん?」

さわ子「ひー、ふー、みー……ねぇ、うちの部員って何人いるんだっけ?」

律「6人だよ~。忘れちゃったのかよぅ」

紬「り、りっちゃん」

さわ子「ウソおっしゃい。5人でしょ? 人数少ないんだからすぐわかるわよ」

さわ子「……じゃあ、なんでここに6人いるのかしら? ま、まさか……」

澪「あわわわわ……」ガタガタ

律「おい」

梓・み梓「あ、あの! 先生!」

さわ子「あらぁ……? 梓ちゃんが二人……」

唯「さて、どっちが本物のあずにゃんでしょう!」

さわ子「よくできたマスクねぇ。ていうか体の大きさもそのまんま」グイグイ

梓「あいてててっ」

さわ子「胸も、むふふ……ぺったんこねぇ……」ペタペタツンツン

み梓「っ!?」バッ

律「エロオヤジいいかげんにせいっ」ペチンッ

さわ子「あぁんっ」

さわ子「……まぁ、冗談はこれぐらいにしておいて」

澪・紬(冗談だったんだ)

さわ子「説明してちょうだい。梓ちゃんが二人いるわけを」

さわ子「――なるほどねぇ」

唯「ウソだって思わないの?」

さわ子「例のタイムマシンの話が出てきてしまったんですもの」

さわ子「作り話にしてはできすぎてるしね」

律「まぁ、なぁ……」

さわ子「それで、未来の梓ちゃん。どうして未来の私はあなたと一緒にこっちに来なかったのかしら?」

さわ子「大事な教え子のピンチだっていうのに……」

み梓「これは私が勝手にやってることなんです。だから先生には内緒で来ました」

み梓「どのみち、一緒に来れる確率も低いと思います」

紬「そっか、タイムマシンが壊れていたから……」

さわ子「だとしても……まぁ、そのぶん私がしっかりするしかないか」

唯「それにしてもこのタイムマシン、ほんとにさわちゃんのだったんだねぇ」

梓「だからここの物置にしまっていたんですね」

さわ子「まぁ、ね」

さわ子「自宅で保管しておくべきだったわ……」

澪「先生のもとにあった前はタイムマシンはどこに」

さわ子「私の叔父さんがゆずってくれたのよ。まぁ、本人はわかってないで渡したと思うんだけど」

律「その人、一度もあれに触ってないってこと? でもそれって変じゃないか?」

律「普通は一度弾いてみたりしないか?」

唯「大事にしてたんじゃない?」

澪「ギターコレクターとか」

律「うーん……」

み梓「今はそんなことは関係ありません。とにかく早くなんとかしなきゃ」

さわ子「そうね」

紬「でも世界が変わってしまった原因がわからなきゃどう動けばいいかわからないんじゃ」

み梓「それは……まぁ」

律「虱潰しに過去へ跳べばいいんじゃないか? それでその時間に跳んできた別の私たちを見張って」

唯「あ、それいいね! りっちゃん隊長さっすがぁ」

律「だろぉ?」

澪「となると、5月4日……からだよな?」

紬「そうね」

梓「あ、でも!」

梓「初めてタイムマシンを使ったのって私じゃないですか」

律「あ! ていうことはもっと前の時間で梓か何かしちゃった場合もあるってことか!」

み梓「ま、まさか私が原因で唯先輩たちを……」

唯「そんなことない! そんなことないよっ」

み梓「でも……」

紬「梓ちゃん。行った時間は覚えてる?」

梓「……あのときは何もわからない状態で色々跳んでてたので」

澪「まさか……」

梓「覚えて、ないんです……ごめんなさい」

澪「そんな……」

さわ子「……」

さわ子「……あんな物を私が受け取らなければこんなことは起きなかったのね」

さわ子「そして……」

唯「さわちゃん?」

さわ子「私もね、世界を変えてしまったのよ。私の友達が死ぬ世界に」

梓「先生も!?」

さわ子「興味本意で過去でキッカケを作ったのが悪かったのね……許されない罪よ、これは」

律「き、気持ちはわかるよ。こんな物があったら誰だって……」

さわ子「……」

さわ子「少し、お話しましょっか」

唯「さわちゃん……」

澪「そ、その前に一回ここからでませんか? 過去の私と唯と律がそろそろ……」

唯「あ、すっかり忘れてた!」

さわ子「もぉ、空気読めないわねぇ……」

「あっちにいきなり戻ったらムギたち驚くだろうな~」

「やめろってば! やっぱり一度電話したほうが」

「もうおそ――――」シュッ

「ば、ばかりつぅ~……」

「澪ちゃーん。次私ね~」シュッ

「ゆ、唯! ま……行っちゃった」

「もういいや……――――」シュッ

…ビリッ、バチバチバチッ…シュ~……

ガチャリ

律「行った……みたいだな。よし、もう入っても大丈夫ー」

唯「ふぃ~……」

梓「それじゃあさっきの先生のお話、聞かせてもらえますか?」

さわ子「ええ」




2000年4月28日 教室

紀美「へー、SGかぁ」

さわ子「おじさんがね、譲ってくれて」

紀美「よかったじゃん! これでDEATH DEVIL結成ね」

さわ子「ちょ、ちょっと気が早すぎない?」

紀美「そんなことないって。さぁて、今日からさっそく練習だからねー」

さわ子「ふふっ、はいはい」


16