この日は金曜日

土曜日は各々がドロドロした思いを胸に過ごした

唯と和は仮想デートを繰り返す

澪と梓と紬は謎の密会

律は鏡の前でおかしーしと叫び続ける

そして日曜日が来るのであった


律(昨日は色々髪型とか服とか考えてみたけど、結局いつもと変わらないな…)

律(人間そんなに急には変われないって!)

和「田井中さん?」

律「!」

和「待たせてゴメン。先に着いてたんだけど、…緊張して中々声かけられなかったんだ」

律(うわ///カッコよすぎだろ!)



~~~~~~

澪(まぁお約束通り尾行してる訳だが)

梓(カズくん超カッコいい件)

ドカッ

紬(また木を殴ってしまったわ…)

唯(いいよ和ちゃん、台本完璧だよっ)


……

和「突然あんなラブレター送っちゃって、気味悪くなかった?」

律「ぜんぜん///そんなこと///」

和「よかった。何から乗ろうか」

律「えぇぇぇと、、コーヒーカップ///」


澪(コーヒーカップ!?いやいや律、お前あんなの退屈だって言ってただろ!)

梓(イケメンの隣にいると律先輩が可愛く見えてくる件))

ドカッ

紬(まぁもうほんと…)

唯(いい感じいい感じ)

和「やる夫の海賊乗らない?」

律「うん…///」

和「あれさ、最後にちょっと坂があるけど、怖くない?」

律「平気です…///」

和「同い年だから、タメ口でいいよ」

律「うん…///」



ジーッ


澪(あれ本当に律か?カチューシャ付けた憂ちゃんじゃないのか?誰だアレ)

梓(女同士が仲悪くなる理由がわかってしまった件)

メリッ

紬(私の中の黒い犬が…)

唯(もうすっかりりっちゃんの心を掴んでるね)


……

和「ちょっと休憩しようか。何か食べる?」

律「チュロス///」

和「はい、買ってきたよ。ところで、今日まだ俺のこと名前で呼んでくれてないよね?呼んで欲しいな」

律「カズくん///」

和「呼び捨てでいいよ」

律「でもカズくん///」

和「俺は律ちゃんて呼んでいい?」

律「りっちゃん///」

和「でも、律ちゃん」

律「///」



ジーッ

澪(律が…律が…)

梓(ちょっ!あんまり近づきすぎないでください!)

ドガッ ドガッ

紬(…)

唯(なんか、上手くいきすぎてて怖いくらい)




……

和「もうこれで、あと乗ってないのは観覧車だけだね。どうする?」

律「のる///」

和「うん。でもパレード見れなくなっちゃうかも」

律「のる///」


スタッフ「はい足元気を付けてくださいね~」




……

スタッフ「はい足元気を付けてくださいね…」


澪(こんなに悲しい観覧車は初めてだ…)

梓(幸せって相対的なものですね)

紬(2 ・ 3 ・ 5 ・ 7 ・ 11 ・ 13 ・ 17 ・ 19 ・ 23 ・ 29 ・ 31 ・ 37 ・ 41 ・ 43 ・ 47 ・ 53 ・ 59…)

唯(観覧車では次の約束を取り付けてね、和ちゃん)




……

律「キレイ///」

和「律ちゃん、今日は付き合ってくれてありがとう」

和「もし嫌じゃなかったら、またこうして遊ぼうよ」

律「///」コクン

ヒュ~  ドォ~ン

和「あっ、花火がいいタイミングで見れたね」

律「キレイ///」




ジーッ


唯「何話してるんだろうね~あの二人。花火キレイだね~」

紬「花火より君の方が奇麗だよ、とか言っちゃって」ブツブツ

澪「やめろ」

梓「今日はウチに泊まりなよ。朝までお互いのことを知りあおう。とか言っちゃって」ブツブツ

澪「おいやめろ!」



~~~~~~~

和「じゃあまた電話するよ。メールも」

律「送ってくれてありがと///」

和「…」



律(はぁ…なんか夢みたいだったし、私も私じゃないみたいな感覚だったな)

律(こういう感じなのか。デートって。漫画で見てもわかんないことってたくさんあるな…)

律(あんまり顔見れなかったし…、全然喋れなかった)

律(変な子だと思われてないか心配になってきたぜ…)



ジーッ


澪「良かった…。さすがに泊まりはなかったな」

梓「私たち、一体なんでこんなことしたんですかね…虚しいだけってわかってたのに」

紬「帰りましょう…」



唯(パーフェクトだよっ和ちゃん!)

唯(あと、2、3回デートしてから…フッてもらうか…)



唯(そうすれば、男なんか嫌いになって、またけいおんメンバー一筋なりっちゃんが帰ってくるよね?)



次の日

部活


ヴィーン

律「」ポチポチポチポチ


澪梓紬「…」


ヴィーン

律「」カチカチカチカチ

澪梓紬「…」


唯「りっちゃん、昨日デートだったんでしょ。どうだった~?」

律「うん、まぁ楽しかったぜ」ポチポチポチポチ

梓「さっきからずーっとメールしてる相手はカズくんですか?」

律「まぁなー」カチカチカチ

紬「りっちゃん、お茶いかが?」

律「いまいいや」ポチポチ

澪「なぁ律、新しい歌詞書いてみたんだけど…」

律「後で見る」めるめる

澪「律、そんなこと言うなよ律ぅ」

律「澪、ウザい」めるめる

澪「な…!う…」


ピピピピ

律「で、電話キタ!カズくんだ///」

律「も、もしもし!///」

ガラッ




唯紬「…」

澪「律…、なんで外で話すんだ…?なんで昨日のこと、詳しく私に話そうとしないんだよ…」

梓「デートの話はともかく。普通、ああいう会話は聞かれたくないと思います」

澪「今まで、私たちの間に、隠し事なんてなかったのに…」

梓「おかしくないですよ。気になる人できたらあーなりますって」

澪「そんなことない!私は今までどんなフラグが立っても、律を優先してきたぞ!」

澪「彼氏だって、私にだってその気になればできたかもしれない!でも友情を優先してきたんだ!」

梓「律先輩のことそんな風に見てたんですか?見下してたんですね」

澪「はぁ!?」

紬「やめて…」


梓「だってそうじゃないですか!律先輩がモテなかったから、自分も遠慮してたってことでしょ!」

澪「違うぞ!」

梓「何が違うんですか!」

澪「フラグすら立たない梓には、わからないだろうな!」

梓「なっ!私だってフラグぐらい立つもん!3丁目のタマとか、魚屋さんのミケとか…」

澪「それ猫じゃないか!実は冷静に見えて凄いテンパってるだろ!」

紬「静かにして…頭痛が痛いの…」

唯(…)


唯(うんうん…みんな荒れてるね)

唯(澪ちゃんの気持ち、凄くわかるよ)

唯(間違ってるのはりっちゃんだよ。私たちを優先すべきなのにさ)

唯(みんな、この気持ちをちゃんと覚えておいてね)

唯(もしまた誰かが、同じ状況になっても…)

唯(私を裏切っちゃダメだよ…?)


唯家

唯「次は、水族館デートにしよっか」

和「まだやる気なの…?あ、またメールが」

唯「よく来るね~。どんなメールか見せてよ~」バッ

和「あっ…ちょ…」




件名
ぉ願ぃ♪

本文
次のデートは、ぉ弁当作ってこょぅかな!!
ぅんと、ぉ腹空かしてきて↑↑
ぃぃ??





唯「尽くすタイプだね~りっちゃん。わかるよ」

唯「いい加減で大雑把に見えて、実は一番人を喜ばせることを考えてるんだよね」

唯「でもこの文体は意外だったな~まるで別人だよ」

唯「案外本人も、和ちゃんといる時は、私は別人だとか思い込んでるのかもね」


和「…」

和「ねぇ唯、わかってる?」

和「これバレたら、律に嫌われるのは、男じゃなくて唯だよ?」

和「こんなこといつまでも続くわけが…」

唯「大丈夫だよ~。あと2、3回で終わりにするから」

和「終わりって、どうするの?」

唯「りっちゃんを、フッて」

和「!?」


唯「セリフは、そうだな~」

『見た目と性格が全然違くて幻滅した。君を好きになる男なんていないだろうね』

唯「こうかな」

唯「そうすればりっちゃんは、もう一生恋なんてする気なくなるだろうから」

唯「私と毎日遊んでくれるよね♪うんたん♪」

和(この子…)


唯「和ちゃんだってもう共犯だよ。大丈夫だよバレなきゃ!」

唯「さ、電話でもメールでもいいから、誘って。水族館」

和「…」めるめる

唯「グッジョーブ」


10分後


ピンポーン

憂「はーい!」

憂「あっ、律さん。どうぞ上がって下さい」

律「おじゃまします!」

唯「り、りっちゃん!?どうしたの?私いま和ちゃんと勉強してるから…」

律「いいよ。私は憂ちゃんに料理習いに来たんだ///へへ///」

唯「え?料理…?そんなの…」

律「なんだよ?私のキャラじゃないって?べ、別にいいじゃん///」

憂「律さんはね、男の子にお弁当に作ってあげたいんだって!」

律「ちょ、バラさないでくれよ!///」

唯「…………ふ~ん…」



そして次の日曜日に二週続けてのデート!

律「水族館なんて小学校以来///楽しみ///」

和「…良かった。子供っぽいって思われないか、心配してたんだ」

律(今日もカッコいいな///スタジャン似合ってる///)

和「なんか律ちゃんの服、先週とはちょっとイメージ違うね」

律「変かな…?」ショボーン

和「可愛いよ。俺は好きだな」

律「///」


ジーッ

澪「私の律が、どんどん遠いところに行ってしまう…」

梓「また隠れて付いてきてしまった…」

紬「見たくないのに目が離せません…」

唯(今日も服のチョイスは当たったみたいだね)フンスッ



……

ざわざわ

和「けっこう中暗いね…混んでるし。離れないようにね」

律「こうしよーよ///」

ギュッ

和「!………うん」




ジーッ

澪「梓!離れないようにな!」ギュウウウウウウウ

梓「痛い痛い!痛いです澪先輩!やめて!」

ドガッ ゲシッ

紬(…)

スタッフ「ちょっとお嬢ちゃん!水槽にそんなことしたら危ないよ!」

唯(りっちゃん、だんだん積極的になってる?)



……

和「そろそろお昼にしようか」

律「うん///」サッ

和「…ありがとう。本当にお弁当作ってきてくれたんだね」

律「はい///」

和「…?」

律「あ~ん///」

和「あ、あーん」パク

律「…」

和「お、おいしいよ」モグモグ

律「///」


3