11月のある日

和「え?嫌よ。なんでそんなことしなきゃいけないのよ」

唯「こないだね、りっちゃんが澪ちゃんの歌詞を、ラブレターと間違えたんだって」

唯「きっと男に飢えてるんだよっ」

唯「だから、和ちゃんが男装して、りっちゃんとデートしてあげてよ~」

和「なんで私が…」

唯「イケメンだから」

和「…」


和「律がそうして欲しいって言ってるの?」

唯「違うよ~サプライズ」

和「普通、そんなことされたら嫌がらせとしてしか思われないよ?」

唯「だって嫌がらせだし」

和「…」

唯「男なんぞにうつつを抜かすりっちゃんなんか見たくないんだよ!」

唯「ボーッとして、ボケもツッコミも温くてさ」

唯「イケメンとデートしたら和だったでござる。ってなれば私のことだけ見てくれるもん」

唯「というわけでお願い♪」

和「嫌よ」

唯「あれ?じゃあ前に和ちゃんが澪ちゃんの真似して書いた歌詞、あれみんなに見せちゃうよ?」

和「やります」



……

唯(男役は確保っと…次はラブレターだな)


唯「ういー!うーーいーー!う~~い~!!」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「ラブレター書いて」

憂「えぇ!?」

唯「適当にでいいから、好きな人に出すつもりで書いて」

唯「あっ、デートに誘うっていう設定で」

憂「う、うん///」


唯(それを適当に名前変えれば大丈夫だよね、たぶん)


唯「どう?書けた?」

憂「うん…でも、恥ずかしいよぉ///」

唯「別にいいじゃん、相手に見せるわけじゃないんだし」

憂「そ、それがね…好きな人は…」

唯「早く見せて~」バッ

憂「ぁぅ…」

唯「憂の好きな人どんなんだ~?」




好き好き大好きお姉ちゃん

いつもお姉ちゃんのこと考えてる

これからもよろしくフォーエバー

次の日曜映画に行こう?



唯「ぬおーーーーっ!」バリバリ

憂「えぇーっ」

唯「なんで私が相手なのっ!」

唯「そういうのじゃなくて恋愛!男のこと書いて!」

憂「うう…やってみる」





あなたのことをずっとみてました

最近、この気持ちが愛であると気づきました

あなたと恋をしたいです

急にこんなこと言って驚きますよね

まずはもっと一緒の時間を過ごして、私のことを知ってください

今度の日曜、一緒に遊園地に行って欲しいです





※ただしお姉ちゃんに限る




唯「どりゃーーーーー!」バリバリ

憂「やめて!これは自分でも気に入ってるから破らないで!」



唯(あっでも、これなら普通に男が、女の子に書いたものにも見えるかも?)

唯(※を消して…っと)

唯(田井中律さんへ。え~っと、名前は…真鍋和(カズ)より、っと)



唯「憂、ありがとう!上出来だよ」

憂「えへへ///で、返事はくれるの?お姉ちゃん」

唯「じゃおやすみ」バタン

憂「oui…」



翌朝6:30

唯(見られてないよね?)キョロキョロ

唯(下駄箱に入れてと…)



8:30

律「なっ…!なっ…!なっ…!」

律「なんだってーっ!」

律「澪!てめぇ今度は下駄箱か!いい加減にしろよ!」グイグイ

澪「な、何の話だよ?」

律「惚けるな!今度は騙されないからな!これを見ろ」

澪「…。いや知らないぞ、本当に」

律「マジで?えっ、じゃあこれ、もしかして」

律澪「本物…!?」



放課後

梓「律先輩に負けた…です…」

澪「嘘だと言ってよカズさん」

律「はっはっはー!今日はなんかお前らが幼く見えるわ!」

梓「くっ…!」

澪「落ち着け梓、これは罠だ。こんなことあるわけないって」

律「でもさ…マジな話、デートってどうしようこれ…不安なんだけど…澪隠れて見ててくれるよね…?」オドオド

澪梓(このギャップがまたムカつく)


唯「遅くなっちゃった~」

紬「こんにちわ」

律「うむ。これを見てみろ」

唯「わー!ラブレターじゃん!りっちゃんすごーい!」

紬「…なんですかこれ…どこでもらったの?相手の顔は?」ゴゴゴゴゴゴゴ…

律「朝来たら下駄箱に入ってた」

紬「ほっ、なーんだ心配して損しちゃった」

紬「女子高なんだから、男が下駄箱にラブレター入れられるわけないもの」

律澪梓「!!!!」



唯(し、しまったぁ!)

紬「これはイタズラか、偽名を使ったトゥルーラブ(♀×♀)ね」

澪「そういえばこれ、ルビ振ってあるけど、和と同じ名前だな」

梓「律先輩(笑)また勘違いですか。まぁ元気だして下さいよ」

律「(笑)を付けるなぁぁぁぁ!!!!」



唯(早くなんとかしないと…)

唯(そうだ!)


唯「違うよ!これ私が入れたの!カズさんに頼まれて!」



律「唯の知り合いなのか!?」

唯「えっと違くて…そう!りっちゃんと同じ電車乗ってて好きになっちゃって、これ渡してくれって頼まれたの!」

律「同じ電車…いたか…?」ブツブツ

紬「りっちゃん、次から私も同じ電車に…」ゴゴゴゴゴ

唯「も、もうその電車乗ってないって!バスにしたって言ってた!」



澪「どんな人だったんだ?」

唯「えーっと、中性的な雰囲気。黒髪で真面目そう」

梓「やっぱり和さんですよそれ!」

律「梓(笑)落ち着けって。ほら、千歳飴食うか?あ、まだ梓(笑)には早いか」

梓「にゃおおおぉぉぉぉぉ!!!」


ガラッ


和「失礼するわよ、予算委員会の日程だけど…」

梓「和さぁぁぁぁん!」

梓「これに見覚えはありますか!?」ドーン


和「何これ…はぁ?知らないけど」

梓「ところがどっこい、同じ名前なんですよ!不思議!白状するです!」

和「本当だ…。まさか唯あんた…」

唯「みんな~、この詞どう思う?実はこれ、のど」

和「こんなもの知らないわ。たまたま名前の字が同じってよくあるわよ」

澪梓紬「そんな…」

律「わかったか、これは本物だ!」

律「新しい私、デビュー☆」

和「じゃあ私は忙しいからこれで…」そそくさ


ガラッ


さわ子「話は聞かせてもらったわ!」

さわ子「りっちゃん。日曜まで時間はないけど、私が特訓してあげる!ついてらっしゃい!」

律「え…?い、いいよそんな大げさな。ちょっと誰かからアドバイスもらえれば」

律「えーっと、こんなかで恋のアドバイスをできる人は…」


唯「ふんすっ」

澪「ぴゅあ☆ぴゅあ」

紬「女の子同士っていいよね」

梓「やってやるです」



律「さわちゃん、頼む!」

さわ子「よしきた!ついてらっしゃい!」



シーン…


澪「なんで律は親友の私に頼らないんだ?」

梓「処女丸出しだからですよ」

澪「おいやめろ。つかお前が言うな!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ」


唯(舞台は整った…)

唯(さわちゃんがりっちゃんに何をするかわからないけど、私も和ちゃんを男にしなければ)


ガラッ

和「唯、もう部活はいいの?一緒に帰ろう」


~~~~~~

和「ちょっと唯!どうなってるのよ!」

唯「明後日にりっちゃんとデートだけどいいよね?」

和「はぁ…もうこの子は」

和「どうなってもしらないよ?私が男役なんてできるわけが…」

唯「これからウチで特訓しようっ!」


唯家

唯「まずは顔だね。ベタだけど眼鏡外してみよっか」

スッ

和「(33)<何も見えないわよ」

唯「はい。コンタクトレンズだよ」

唯「おおっ!眼鏡外しただけで全然イメージ変わるよ~」


唯「次に服だね~」

唯「ほら脱いで脱いで」

和「ちょ、ちょっと!」

唯「ん?」

和「自分でできるから!」

唯「も~照れないでよ///私と和ちゃんの仲じゃん」

唯「うんうんいいね」

唯「カーゴパンツとパーカーで男らしい感じをだしつつ、ピーコートをはおって上品さも出して…と」

和「なんでこんなもん持ってるのよ…」

唯「マルイの通販で買った」

唯「仕上げにワックスで髪を少しクシャクシャにして…」


唯「おおっ!」

唯「こ、これは予想以上のイケメンだよ和ちゃん!///」


和「な…なんか、ダボダボでだらしない感じがするよ?」

唯「このくらい普通だよ~胸も目立たなくなるし」

唯「そうだ胸も少しキツメのブラに」


コンコン


憂「お姉ちゃん?入るよ~」

憂「お菓子持ってき……誰?その男」ドドドドドドドドド…

唯「和ちゃんだよ~」

憂「ええっ!ご、ゴメンなさい。なんかカッコいい男の人がいると思って」

唯「ほら~やっぱりカッコいいんだよぉ」

和「うう…微妙な心境よ。そんなこと言われたって」


唯「あ、うい。ここでのことは見なかったことにしてね。オフレコだよ」

憂「え?うん、わかったよお姉ちゃん」



唯「後は言葉遣いだね!今から会話は全部男になったつもりでね」

和「わかったわ」

唯「わかってないじゃん!」

和「簡単にはいかないわよ…いかないぜ?」

唯「頑張って練習しよ?はい、私の後に続いて」

唯「おれ」

和「おれ」

唯「だぜ」

和「だじぇ。…だぜ」

唯「いいぜ」

和「いいぜ」

唯「てめえが何でも思い通りに出来るってなら」

和「てめえが何でも思い通りに出来るってなら」


唯和「「まずはそのふざけた幻想をぶち殺す」」


唯「なんだ、やればできるじゃーん」


唯(とりあえず準備はできた…後は邪魔が入らなければ)

唯(りっちゃんとさわちゃん先生は、何してるんだろ)


~~~~~~~~~~


律「くそっ!何が特訓だよ…」

律(単に今までのダメ男との歴史を愚痴りたかっただけじゃんか)

律(何の参考にもならなかった…なんか自信無くなってきたぞ)


律(や、やっぱ私にはデートとかまだ早いんじゃ…行くのやめるか)

律(あ~でも澪と梓のドヤ顔は見たくないし。ど~すりゃいいんだよぉ)


とぅるるるるるるるるるる


律(知らない番号?いや…これは…ラブレターに書いてあった)

律(か、カズくんだ///)


律「も、もしもし…」

和「カズです。…初めまして」

律(すっげーいい声!奇麗な声!)

律「はははは初めました!!!」

和「…日曜だけど、VIPランドに10時、来てくれるかな?」

律「は!はい!私なんかで良ければ!」

和「…ありがとう。待ってるよ」



律(うわー!///うわー!///)

律(もうこれで行くしかなったからな!わかったか私!)


……

唯「グッジョブ」

和「…」

唯「デートもシナリオ通りにやればいいだけだから安心して」

和「…」


2