梓「んちゅ、ぴちゅ……唯、お姉様ぁ……キスマークを付ける場所、どこでしたっけ?」
唯「はぁっ、はーっ、はぁ……ソコ、イイよぉ、あずにゃぁんっ」
梓「ここでいいんですか? ちゅむ、んむ、はぷちゅ」
唯「ん……キスは、そこじゃなくって、あっ、あああ、ソコ、イイんだってばぁ!」

 首筋を舐められているせいか、アソコをいじられているせいか、唯先輩の返答は要領を得ない。
 ……うん。どうせ全く同じ位置に付けるなんて出来ないんだし、私が好きな場所に作る『しるし』の方が、きっと喜んでもらえるだろうし。

唯「んゃあああぁんっ! あんっ、あぅっ、ソコ、ソコぉ、駄目だよぉ! そんな風にされた、ら、私っ……すぐっ……あ、ああっ」
梓「すぐ……イきそう、です? それじゃ、急がないとですね」

 私が唇を滑らせたのは、とっても目立つところ。
 絆創膏で隠しても、不自然すぎて、わかる人ならニヤニヤしちゃうような。

梓「ちゅ……ちゅぅ、ちゅっ……ちゅううううっ、んむっ、くちゅ……ちゅぱ。あむっ、はぷぷ……ちゅうううううううううううっ」
唯「ひゃあ!? あぅぅ、あずにゃ、んっ、そこ違う、よぉ……ああ、あんっ、ふぁ、あ、あっあ、もぉ、駄目っ……!」
唯「イくっ、あっ、イくよぉ、あずにゃんっ! イくの、イっちゃうのっ……あっ、ああっ! ふにゃあああああああんっ!」

 唯先輩が痙攣しながら大きく背すじをわななかせる。
 勢いが強くて、一緒に倒れ込みそうになったけど、今の表情だってしっかり自分の目で確かめてもらわないと。
 私は腕を伸ばし、半分以上くもってしまった鏡を――唯先輩の中に入っていた指が当たらないように注意しながら、手の甲で拭う。

唯「ふわぁ……あっ、はぅっ! んっ、んく……あ、ず、にゃんっ……き、気持ちいすぎて、ごめんっ……も、漏らしちゃった……よ」
梓「……はい?」

 そんなまた、恐ろしく昂ぶった興奮にトドメを刺すような真似をしますか。
 ……と思いかけて、今の唯先輩が言う『お漏らし』は、本当の意味での『お漏らし』ではないことに気付く。
 ちぇー、って、何故に少し残念なのかな、私。

梓「ああ……はいはい。ほんとに仕方のない人ですねぇ、唯お姉様は」

 透明で刺激臭もない液体が、唯先輩のアソコから確かに噴き出していた。
 ぷしゅ、ぴしゅっと、私が覗き込んだ時にはもう終わりかけだったけど。
 潮吹きだと教えあげたのに、もう忘れちゃったのかな。

梓「おしっこは、さっきトイレで済ませたばかりじゃないですか。なのに、お風呂場でお漏らしするなんて……」
唯「ふぅ、っく、ぐす……だ、だってぇ、あずにゃんの指も、ちゅうも、すっごく気持ちよくって……するつもりじゃなかったのに、勝手に、出ちゃったんだよぉ」

 イったばかりのエッチぃ顔付きで、涙目になって必死で弁明されても、逆にいぢめたくなるというものです。
 でも、まぁ、そろそろ本当のことを教えて、安心した顔になって欲しくもあります。

梓「そうですか。だったら、今のはおしっこじゃなくて、潮吹きです。お漏らしじゃありませんから、泣く必要も謝る必要もありませんよ?」
唯「ふぇ……? えっ? あ、あれ? そおいえば、私、昨日も……しっ、潮吹き……」
梓「やっと思い出したみたいですね、唯お姉様。お漏らしだと思って半泣きになってる顔、とっても可愛かったですよ?」

 興奮冷めやらぬ唯先輩の首に軽くキスしてから、ぴっとり頬同士をくっつけて、鏡越しに見つめ合う。
 酷く恥ずかしそうなのは、昨夜の情事を思い出したせいだろうか、それとも、お漏らしと潮吹きをまた勘違いしてしまったからだろうか。
 ……私にからかわれて、淫らな感覚を吐露してしまったことに気付いたせい、だろうか。

唯「んう……あ、あずにゃんはやっぱし意地悪だよぉ、いけずの大売り出しだよっ」
梓「うふふ。唯お姉様、まだ気持ちよさそうですね……ちっちゃく震えて、私までイった気分になっちゃいます」
唯「は……ぅ、あぅあぅっ……ん、くぅ……だ、だって……本当に、気持ち、よかったんだもん……」
梓「キスマーク付けたら、唯お姉様が、もっともっといやらしく見えるようになりましたよ。ほら、ここです」
唯「あっ、あぅ、あずにゃんのより、目立つ……けど、嬉しい……な!?」

 唯先輩の喉をくすぐる私の指先の違和感、ぬるぬるのエッチなおつゆが誰のモノか、考えるまでもない。
 急に慌てて、手をばたつかせて、しどろもどろ。

唯「あ、あずにゃん、もっぺん身体洗おうよ? 昨日みたく、あずにゃんは私が洗ってあげるからっ」
梓「はい。その前に……ちゅく、んむっ。ふむんむ、れるっ……んく」
唯「あぁ……あああ、その指っ、舐めちゃ、駄目だよ……洗ってからじゃないと……」
梓「んちゅ、るりゅ、くぷ……ん。ふふっ、ご馳走様でした。唯お姉様♪」
唯「はうぅぅ……お、お粗末様……ぐすん」

 やらしいけど可愛いその仕草に、私は思わず唯先輩をぎゅう、と抱き締め直してしまった。




びばのんの!

かっぽーん。

 とりあえずシャワーで汗を流すだけにして、湯船に浸かる。
 気に入ってくれたのか、唯先輩は今夜も私を後ろから抱っこして、気の抜けた声。

唯「ふあー。すっごく気持ちよかったにゃー、あずにゃーん。首筋にしるし付けてもらえたし~」
梓「喜んでもらえたなら、何よりです」

 私自身も、この格好は思ってた以上に収まりがいいような感じがする、とか何とか。
 ぽーっとしてたら、ふと昼間のことを思い出した。

梓「唯先輩。さっきの……お昼の話、って何だったんです?」
唯「あー、あれはね、別に、もういいかな……なんて……えへへ」
梓「気になるじゃないですか。ハナチどうこうってことは、唯先輩が鼻の下を伸ばすような内容なんでしょうけど」
唯「う……うん」

 といっても、私には『唯お姉様』と呼ぶことくらいしか心当たりがないですが。

唯「……あずにゃんが、『先輩』って呼ぶの止める、って……『お姉様』でもないって言ってたけど」
梓「あ……はい。その話ですか」

 詳細を思い出して、恥ずかしくなって、口を湯船に沈める。
 ぶぷくぷく、ぶくぶくぶく。

唯「結局どう呼んでくれるのか、わからないままなんだもん。気になってしょうがないんだよ~」

 お風呂の中だし、教えてあげても平気かな?
 唯先輩がのぼせて倒れちゃったら困るけど、いや、きっと本気で倒れるくらいに反応しちゃうだろうけど、そうなったらその時で。

梓「覚悟はいいですか」
唯「うん、ばっち来いだよ、あずにゃん! 『お姉様』程度の敵なら、もう平気だよ!」

 元々は唯先輩への罰ゲームみたいなノリだったのに、改まってみると、とっても恥ずかしい。
 唯先輩は瞳を爛々と輝かせて、サンタさんからプレゼントをもらう子供みたいにわくわくしてて、立場が逆じゃないですか。
 ほんとにもう、全く。
 言ってしまわないと、お互いに引っ込みが付かない雰囲気だし。

梓「じゃあ……ん、こほん」

 私は、どきどきしながら唯先輩の顔を見上げて、ぽそっと呟いた。

梓「……ま、まいだーりん、ゆい」
唯「…………」
梓「あ、あれ?」

 私の想像に反して唯先輩は身じろぎひとつしない、瞬きさえもしない。
 期待させるだけさせといて、思いきり外しちゃった……かな?

唯「…………」

 ぷぱぁ。

梓「きゃああああ!? 唯先輩! 唯先輩ぃぃぃ!?」
唯「だ、だいじょぶ……意識は、あるよ……あずにゃん……」
梓「すみませんすみません! もう二度と言いませんから、早くハナチ止めてくださいっ!」
唯「わ、私の、あずにゃんへの熱い想いは、誰にも止められないよ……」

 だらだら、だらり。
 マジでヤバそうですよ、唯先輩? 正気が吹き飛んで妙なこと口走ってるの、わかってますか?

梓「うわああああん! まさかこんな大惨事になるなんて! 唯先輩、しっかりしてください、こっち側に戻ってきてえぇぇ!」
唯「あ、あずにゃん、私はもう駄目だよ、だから遺言を聞いて……?」
梓「遺言とか言わないでください、縁起でもない……です、から?」

 ……あれ?
 もしかして、大量ハナチ中なのに結構余裕ありません?

唯「最後の思ひ出に……『マイスゥィートハニー唯』と……呼んでおくれでないかい……」
梓「絶対に呼びません!」
唯「あう」

 ツッコミ代わりに唯先輩の後ろ頭を軽く叩いて下向かせ、ぎゅむっと鼻をつまみながら止血点を押さえる。
 もう、唯先輩ってば……こんな悪い意味でどきどきする状況なのに、おふざけがすぎます。

唯「あうにゃんのけひー」
梓「軽い冗談のノリだったのに、唯先輩が過剰反応するからいけないんです」
唯「らって、あうにゃんがはうかひがるとこ、可愛くって、こおふんひひゃっへ……ね? わかるれひょ?」

 だらだらぽたり、たらぽたり。
 そういうハナチが出そうな気分はわからないでもないですが、今はわかりたくないです。
 とりあえず唯先輩が落ち着いてくれないと、ハナチが垂れる度に私の寿命も縮まっちゃいそう。

梓「ハナチ止めてから喋ってください」
唯「まいらーりん、あうにゃん。まいふぃーとはにー、あうにゃん」
梓「何喋ってるかわからないですよ」
唯「うぅん、あうにゃんのひへふー」

 本当は、何となくわかるけど、思ってたより嬉し恥ずかしなんですけど。
 ハナチまみれじゃ雰囲気もへったくれもないですよ、唯先輩。



ゆあがり!

唯「あずにゃーん、あいす~」
梓「はいはい、今日買ってきたやつですね」

 一本だけアイスを取り出して、冷凍庫を閉める。
 小首を傾げる唯先輩に渡し、踵を返す。

唯「あれ? あずにゃんは食べないの? ……あ、もしかして、一緒に食べたいのかな~?」
梓「いえ。ちょっと、おトイレ行ってきますので」
唯「なぁんだ、ちょっと残念」

 ちょっとどころか、本気で残念そうにむくれないでくださいよ。
 唯先輩と同じアイスを一緒にゆっくり味わう為に、ちゃんと長居せず戻ってきますから。



といれ!

梓「…………」

 ドアは、ちゃんと鍵も閉めた。
 まさかとは思うけど、気配も窺ってみる。
 うん……足音なし。

梓「…………」

 水も流して……っと。

梓「……ふぅ」

 唯先輩が『さっきのお返しだよー!』とか言いながら、覗きにきたり、聞き耳を立てたりしないとも限らない。
 ……どうして自分ちのトイレでこんなに緊張しなきゃいけないんだろ。
 ほんの少しだけ、茶目っ気というか、悪戯っ気みたいなのを出しただけだったのにな。



あいす!

 戻ってくると、唯先輩には怪しげな素振り、一切なし……つまり、全て私の疑心暗鬼だった。

梓「…………」
唯「お帰り~、あずにゃん」
梓「……唯先輩。性根の曲がりきった私なんかに、そんな眩しい笑顔を向けないで……」
唯「いきなりどったの? めひょうのポーズだったっけ、それ?」

 唯先輩はテレビを見ながら、美味しそうにアイスを頬張っていた。
 急いで戻ったつもりだったのに、あとひと口ふた口で食べ終わっちゃうくらいに、無心で。

梓「いえ……唯先輩、貴女はいつまでもそのままでいてください……ぐすん」
唯「うん? よくわかんないけど、わかった」

 汚れてる。私の心はものすごく汚れちゃってます。
 少しでいいから、立ち直る時間が欲しいです……。



びふぉあざべっど!

唯「何だか頭がくらくらするよぉ~」
梓「大事を取って、今日は早めに寝ましょう」

 残念ですけど、無理して貧血にでもなったら元も子もないですもんね。
 ええと、確か……ごそごそごそ、と。あとお水を……。

梓「はい、唯先輩。鉄分サプリ飲んでおいてください。気休めですが」
唯「おおう、せんきゅー。さすが、気が利くねえ」
梓「私はお風呂を掃除してきます。先に寝てていいですよ」
唯「う、うん……ごめんよ、あずにゃん……」

 肩を落として布団に入る唯先輩に、微笑みながら頷いてみせてから、お風呂場へ向かう。
 お湯はさっき抜いておいたし、普通に洗うだけでいいかな。

梓「ん、しょ……っと」

 まあ、元々綺麗にしてあるし、べっとり血のりがこびり付いたわけでもないし。
 掃除って言っても、洗剤とスポンジで軽くなでる程度。

梓「はぁ」

 思わず小さな溜め息が漏れた。
 ううん、掃除が面倒なんじゃない。
 ――不完全燃焼。
 そういう表現が、今の私の状態にはぴったりだった。

梓「んっ……や、やだ……」

 知らないうちに、両膝をこすり合わせてしまっていた。
 これまでこんな風になったことなかったのに……きっと、唯先輩のせい。
 でも、唯先輩を責めるのは筋違いだとわかってる。
 それに、今夜はゆっくり休んで欲しいから、おねだりなんてしたくても出来ないよ。

梓「はあ……」

 深呼吸のように息を吸い込んで、大きな大きな溜め息をつく。
 それは段々と小さくなって、やがて洗剤を流すシャワーの音に紛れて消えた。

梓「……しっかりしなきゃ、ね」

 鏡にもシャワーをかけて水滴を拭き取ると、何て物欲しそうな顔をしてるんだろ、私ってば。
 今夜さえしのげばいい。
 今夜だけ我慢して、唯先輩が元気になったら、その時は思いきりおねだりしたらいいじゃない。
 だから、ね?

梓「うん……大丈夫、大丈夫」

 ぺち、と頬を叩いて気分を入れ替える。
 今日はもう寝るんです。速やかに清らかに、ちょっとだけ唯先輩に甘えさせてもらって。

梓「……うん。私は大丈夫、です」

 鏡の向こうの私は、いつもの表情に戻っていた。
 眉を寄せたり、にこっと笑ってみたり、唇を尖らせ……ようとしたけど、それは何となく止めた。
 多分、自然な顔で振る舞えると思う。
 ……さぁ。いつまでも独り芝居をしてないで、早く唯先輩の傍へ行こう。



いんざべっど!

唯「お帰り~。お疲れ様、あーずにゃん」

 布団の中でごろごろ転がっていた唯先輩は、私が戻ってきたのに気付くと、にぱっと嬉しそうに微笑んで迎えてくれた。

梓「ただいまです。ささ、早く寝て明日に備えましょう」
唯「えぇ~? 夜はまだまだこれからだよぉ?」
梓「夜更かしは美容と健康の大敵ですから」

 部屋の明かりを消して、私もベッドに……いや、こういう時こそ来客用の布団を使うべきじゃないかな?
 一緒のベッドに入ったら、唯先輩にだきだきなでなでふにふにされるのは明白。
 決心を崩さない為にも、自制心を保つ為にも、唯先輩の為にも、今夜は別々に寝るべきなのです。
 ……と決意していたら、唯先輩が布団を半分持ち上げて、どこか色っぽい雰囲気で私を誘う。

唯「あずにゃ~ん、ほらほら、あずにゃんの場所あっためといたよ! 早く来て来て入って!」
梓「は、はいですっ」

 ……あう。
 思わず返事をしてしまって、もう断れなくって、唯先輩が湯冷めしちゃいけないと思って、誘われるまま布団に潜り込んだ。
 ……ええ。どうせ私の決意なんて、日本海の荒波が打ち寄せる岩の上に作った、脆い砂のお城に過ぎなかったんですよ。

唯「あずにゃ~ん♪ えいっ、あったか攻撃ぃ」
梓「……はぁ。確かにあったかいですね」
唯「ぷー。そういう反応、ちょっと寂しいよー」
梓「じゃあ、ちょっとだけ甘えさせてもらいます。そのまま寝ますから、悪戯しないでくださいね」
唯「んっふっふ-、もそっと近う寄れ近う寄れ。苦しゅうないよ~」

 髪はベッドの横へ落として、唯先輩の腕を枕にする。
 ボディソープの香りに、鼻の奥をくすぐられる。
 も、もうちょっと……だけ、寄っても……いいよね?

梓「ふ……ん、くんくん……くん……」
唯「わ、わわっ、ほんとに大人しく甘えてきてる感じ!? これはちょお幸せな予感!?」
梓「ちょっとだけ、甘えるだけ、ですから……んう、んん~……唯先輩の身体、ふにふにしてて、いい香りがして……素敵、ですね」
唯「うっ、うん!? あずにゃんも素敵だよ!? ……って、あれ~? あずにゃん?」
梓「……すぅ……ふにゅ……」

 かなり気疲れしちゃったせいだろうか、目蓋が酷く重くて、唯先輩の声もどこか遠く聞こえる。
 本当に眠くなってきた。
 ……うん。好都合だから、このまま……眠ろ……。


15