澪「くぱぁ?」

律「ゆ、唯!お前なんてこと・・・」

紬「唯ちゃんったら大胆ね・・・///」

澪「唯、くぱぁってなんだ?」

唯「え?わかんない」

律「・・・知らないでいってたのか?」

紬(チッ)

澪「律は知ってるのか?」

律「え!?いや、はは・・・私もわかんないや」

唯「えー!なにそれー」

紬(真っ先に反応しただろうが)

澪「ムギは知ってるか?」

紬「そうね、くぱぁっていうのは・・・」

唯「うんうん」

澪「wkwk」

紬(・・・待てよ、しばらく様子見てみるか・・・)

紬(今まで連呼してた言葉がえっちな言葉だって知ったら・・・うふふ・・・)

紬「ごめんなさい、忘れちゃった☆」

唯「えー!」

澪「忘れたならしょうがないな・・・」

唯「どうしようー澪ちゃんにやってほしいのにー」

澪「なんなのかすらわからないやつは無理だよ・・・」


ガチャ

梓「こんにちは、遅くなりました」

唯「あ!梓ちゃん!くぱぁって知ってる?」

梓「な!///なに言いだすんですか!///」

澪「知ってるのか梓?」

梓「み、澪さんまで!///セクハラですよ!////」

唯「え?くぱぁってセクハラなの?」

梓「セクハラの域を越してます!///」

澪「そんな・・・なんでだよ?」

梓「えっ・・・」

梓「先輩たち・・・くぱぁ知らないんですか?

唯「うん、ね、澪ちゃん」

澪「あぁ、だから梓に聞いたんだが・・・」

梓「・・・り、律先輩や紬先輩は!?」

律「あ、あぁ、知らないよ・・・」

紬「・・・・」

梓(絶対知ってるです!)

梓「・・・わかりました、みんなで私をハメる気ですね」

唯「え?」

梓「みんなで私の口から・・・くぱぁについて喋らせる気なんですよね・・・」

澪「あぁ、教えてくれ」

梓「~~ッ!もういいです!先輩たちの変態!!」

唯「あずにゃん・・・いっちゃった・・・」

澪「どうしたんだろうな、セクハラとか言ってたけど」

律(そりゃああなるわ・・・)

紬(ハァハァ・・・)

唯「う~ん、結局なんなのかわからなかったね」

澪「そうだな、他に聞ける人は・・・」


ガチャ

さわ子「おいす~、ムギちゃん、私ミルクティーで」

唯「さわちゃん!」

澪「先生、くぱぁって知ってますか?」

さわ子「・・・・どうして?」

澪「唯がやってほしいって言うんですけど、なんなのかわからないんです」

さわ子「唯ちゃん!どういうことなの!?」

唯「ふぇ!?どしたのさわちゃん・・・」

さわ「まだコスプレならいい・・・でもくぱぁなんて!」

澪「コスプレも嫌ですけどね」

唯「私もくぱぁがなんなのか知りたいんだけど」

さわ「し、知らないで言ってたの!?」

澪「だからさわ子先生に教えてもらおうと・・・」

さわ「・・・そ、そうね、いい機会だし教えてあげるわ」

さわ(い、言えない!どうして?あの目で見られると・・・)

唯「先生?」

澪「どうしたんですか?」

さわ「うっ・・・だめ!私には汚せない!」ダダダッ

唯「また行っちゃった・・・」

澪「みんなおかしいな」

律(くぱぁを聞きまわるお前らの方がおかしいよ)

紬(さわ子先生の恥ずかしがる表情もそそるわね・・・)ジュル

澪「ところで唯、なんでくぱぁをやってほしいだ?」

唯「あ、うん、実はね」


ガチャ

和「律いる?」

律「やぁ和、どうした?」

和「あ、あの、一緒に帰ろうかと思って・・・///」

律「しょうがないなぁ・・・///」

紬(律×和・・・!?予想外だわ・・・」

唯「和ちゃん、くぱぁって知ってる?」

和「く、くぱぁ・・・?」

唯「うん、知ってたら教えて欲しいんだけど・・・」

和(そう・・・、唯にもそういう相手が見つかったのね・・・)

唯「?どしたの和ちゃん?

和「あ、えっとね・・・それは・・・///」

律「・・・和、教えてあげればいいじゃないか」

和「り、律・・・?そんな、恥ずかしいよ・・・///」

律(いつもはくぱぁしておねだりしてくるだろ・・・?)ボソボソ

和(や、やだ律・・・あんなことするの律だけだよ・・・)ボソボソ

澪「和?」

和「な、なんでもないわ!えっと、あ!生徒会室にふでぺん置いてきちゃった!律、校門でまってるから!」

唯「和ちゃん、どうしたんだろう」

律(逃げたな・・・あとでおしおきしなくちゃ)

紬(・・・悪くない)

澪「もう聞ける人はいなさそうだな」

唯「どうしよ~、分からず仕舞いなんて嫌だよ~」

澪「そうだな、みんな知ってたようだし私たちだけ知らないってのも・・・なぁ?」

律「あ、あぁそうだな」

紬「・・・・」


澪「そうだ、インターネットで検索すればいいんじゃないか!」

唯「澪ちゃんナイスアイディーア!」

澪「ふふ、じゃあ今日はみんなでうちに集まろうか」

唯「おー!」

律「わ、私は遠慮しとくよー、和も待ってるし!じゃあお先!」

紬(・・・検索して何か知る→やってみて!→恥ずかしい・・・→パヤパヤ・・・私がいたら邪魔ね)

紬「ごめんなさい、私も用事があるから2人で行ってきて」

唯「えー、2人ともノリ悪いなー」

澪「こら唯、用事あるならしょうがないよ」

唯「ぶー・・・わかったよ、みんなじゃあね」

紬「また明日~」

紬(・・・うふふふふふ)


2