一旦口を離して、反対側のおっぱいの頂点に、口中にたっぷり溜まった涎を垂らす。
 次の一手、っていうやつ。

梓「んぁ……あ……はあ、ねぇ、唯お姉様? どこでも、喜んでいじってあげますよ?」
唯「なっ、何か、こあいよ、あずにゃぁん……気持ちいいんだけど、だけど、いつものあずにゃんじゃないみたい……」
梓「唯お姉様が、私の変なスイッチを入れちゃったからです。お風呂の時までは、私も自制出来てたんですけど……もう、無理です」

 私の唾液にまみれた方のおっぱいに、指を伸ばす。
 てろてろぬちゃぬちゃ、そんな感触なのにやっぱり乳首だけはきゅんと固くて、唯先輩も可愛らしくあえぐ。

唯「ひゃぅぅんっ! んぁ、あっ、あぅぅんっ!」
梓「唯、お姉様ぁ……とっても、可愛いですよ……?」

 唯先輩の両脚の間に、膝を割り込ませる。
 そうしながら耳元を舐め上げ、私もされたように、すぼめた舌先を耳孔へ差し入れてゆく。

唯「んひいい!? ひゃ、あ、あああああああ!? や、あっ、ちょ、あずにゃ……んああああ!」
梓「ちゅうっ、ちゅ、れる、ちゅぷ……ちゅく、ちゅる、んふ……♪ ぐちゅっ、ちゅぐ、ちゅちゅ」
唯「ひゃら、や、あっ……やら、やらああああ、耳ぃ、あ、あずにゃぁん! 待って、あ、あっ、ふゃぁぁぁんっ!」

 びくん、びくびくって唯先輩が全身を痙攣させたけど、構わず耳の奥を舐め続ける。
 唯先輩の反応が可愛すぎて、なるほど責めたくなるわけだ、なんて納得しちゃったから。

梓「ちゅう、ちゅくく、んるっ……ちゅる、ぬぷ、ん、くぷ……れるるっ」
唯「ひゃあ、あっ、あ……! あずにゃ……! おね、がい、待ってよ、お願いだからあ!」
梓「んちゅ……そんなに感じて、耳は嫌でしたか? 唯お姉様」
唯「い、や、じゃない、けどぉ……か、感じすぎて、軽くイっちゃったのに……あずにゃん、止めてくれなくって……ちょっと、怖かったよ……」
梓「あ……」

 口を離すと、唯先輩は快感に震えつつも、泣きそうな表情になっていた。

唯「んく……あ、あずにゃん。部室で同じことしたけど、仕返しにしては意地悪すぎるよぉ……」
梓「あっ、あの、仕返しとか、そういうつもりじゃなくって……唯先輩が、気持ちよさそうだったから……あ」

 唯先輩、って言っちゃった。唯お姉様じゃなくって、唯先輩って。

唯「ん……いつものあずにゃんに戻った、かな?」
梓「あの、唯せん……お姉様……」
唯「あずにゃん。あのね、私、『唯お姉様』って呼ばれるのが嬉しいわけじゃないんだよ?」
唯「あずにゃんが、恥ずかしさを我慢して呼んでくれる姿っていうか、声色っていうか、そういうのが嬉しいの」
梓「……結構なご趣味ですね、唯お姉様」
唯「うん、今のは嬉しいけど嬉しくない」

 とか言う割に、息を荒くして、頬も真っ赤に染めてる。
 まあ、嬉しいには違いないんだろうけど、やっぱり状況が大事ってことかな?

梓「……唯、お、お姉様っ」
唯「な、なぁに?」

 恥ずかしがって呼ぶと嬉しいんだって意識すると、余計に恥ずかしい。
 でも。

梓「その……えと……私、こうしたいんですっ」

 唯先輩の片脚を抱き寄せて、アソコ同士を触れ合わせる。
 敏感な粘膜同士の接触、愛液で濡れに濡れてぬめって、腰の奥から力が抜けちゃう。

梓「あっ、あ、ああ、ふああああ!」
唯「んあ、あずにゃっ……にゃああああああんっ!」

 脚の付け根。オンナノコ同士をこすり合わせた途端に、私の身体が快感にしびれる。
 唯先輩もぴく、ぴくくんっと痙攣して、きっと、私と同じ。

唯「ふああぁ……あ、あずにゃん、い、今の、すっごく気持ちいかった……」
梓「わ、私もですっ……んっ、んぅ……でも、もう一回だけ、お願いします……ん、んふっ」

 とろとろに濡れてぬめる割れ目同士を、ヌチャヌチャとこすり合わせる。
 唯先輩も、私と同じくらいに濡れてる。エッチしたくて、興奮して、準備をしてたんだ。

唯「んぁ、あぅ、ああ、何これ、あっ、すごっ……あふ、あ、あずにゃん、怖い、こんなの私知らないよぉっ」
梓「だ、大丈夫です、私も、するの、初めてですけどぉ……んっ、あ、あは……一緒に、唯先輩と一緒にイきますからっ」

 熱を帯びた粘膜が愛液に濡れ、こすれる度にいやらしい音を立てる。
 熱く粘って、吸い付き合って、気持ちよくって……今まで、心底とか本当とか言ったけど、本当の本当に、堪らなく気持ちよすぎる。

唯「あぅんっ、あ、あずにゃ、んんっ! やら、あうんっ、あ、あああ! やらしっ……ふあ! あっ、あああん!」
梓「も、もう少し、で、イきます、私っ……はう、あ、はうん……唯先輩も、き、気持ちよく、なって、くれてますかっ」
唯「うんっ、気持ち、いっ、けど……ふあ! あ、ああっ! やら、あ、先に、イきそっ……あ、んあああああっ!」

 そんなの、嫌です。絶対に許せません。
 イきそうなら、私も……こんな、唯先輩と一緒に登り詰めようとしているんですから、一緒にイきます!

梓「んっ、んんっ……ちょ、ちょっとだけ、我慢してくださ、ぃ、唯先輩っ……私も、イく、もぉ、ちょっとで……イきます、からっ」

 両腕で抱いた唯先輩の脚が、びくびくっと快感に震える。
 駄目。そんなの駄目、一緒にイきたい、唯先輩と一緒に……!

唯「あ、あ、イくよ、イっちゃうよぉ! もぉ、あ、我慢、出来なっ……い、よ、ふあ……ふああああああんっ!」
梓「私もっ……イきます、イくっ、あ、イきます、唯先輩、一緒にイきますぅぅぅっ!」

 思いきり、多分あんまり力は入らなかっただろうけど、唯先輩の脚を抱き締める。
 ごめんなさい、ぺったんこな胸で。ごめんなさい、初めてだから上手に出来なくて。

唯「ふあぁ……! あ、あ、あずにゃ、んっ……んあ、にゃ、ふにゃぁぁ……」
梓「んっ、あ、んくっ……んんっ! んんん! んぁ、あ、あふっ……あ……あぅ……ん……」

 ひくひくと震えて、唯先輩のアソコが痙攣して教えてくれる。
 イったよ、って。あずにゃんと一緒にイったよ、って。
 でも、私は小心者だから、嘘でも言葉にしてもらわないと、安心出来ない。

梓「ふぁ……あっ、あ、あああ……唯せんぱ、い……い、今、一緒に、イき、ました、か……?」
唯「うんっ、ん、あぅ……イった、よ……? すっごく、よかった……あずにゃんのアソコ、癖になりそおなくらい、気持ちいー……」
梓「や、やだ、何を言ってるんですかっ」
唯「ん……あ、ふああ……ほ、ほんとだよ? エッチぃくこすられて、とっても気持ちよくなって、イっちゃったんだもん」
梓「そう言うんなら、唯先輩のアソコだって……グチャグチャに濡れてて、こすってて気持ちよくって……思わずイっちゃいましたぁ」
唯「やぁん。そういう告白は恥ずかしいよ、あずにゃん」
梓「……そっ、それはこっちのセリフですっ」

 でも、よかった。
 唯先輩も、私と一緒にイってくれたんだ。
 約束……したわけじゃないけど、ちゃんと、一緒に。

梓「……唯先輩」

 脚を離して、倒れ込むように唯先輩に抱き着く。
 いつもとは逆。

唯「ふぁ……あ、あずにゃん?」
梓「私、唯先輩と一緒にイけて……唯先輩がイってくれて、ものすごく嬉しいです」
唯「う、うん……気持ちよかったね、あずにゃん……」

 きゅう、と抱き締め返される。
 嬉しい。
 抱き締められるのもそうだけど、唯先輩と一緒に気持ちよくなれたことが、何よりも嬉しい。

梓「んぅ……唯せんぱぁい……おっぱい少しでいいから分けてくださいよぉ……」
唯「ごめん、無理だよ」
梓「んにゅむ~……んむっ、はむはむ……わかってますけど、それでも……んむむ……ちゅぷっ」
唯「も、も、あずにゃんってば、しょうがないなあ……眠たくなるまでだよ?」

 イったばかりで敏感になっているハズなのに、私がおっぱいを吸っても怒らない唯先輩。
 それどころか、そっと布団をかけて、私の肩を抱いてくれて。

梓「ちゅ……ん……唯先輩……だいしゅき……」
唯「私も大好きだよ、あずにゃん」
梓「…………」

 あったかくて、とっても気持ちいい。
 疲れちゃったのか、段々眠くなってくる。

梓「……大好きです、唯お姉様」

 唯先輩には聞こえないように、そう小さく呟いて目を閉じる。
 大好きな人の体温を感じながら眠るって、何て幸せな心地なんだろう。
 ……おやすみなさい。

唯「ふふ……うん。おやすみね、あずにゃん。大好きだよ」

~一日目終了!~




ふつかめのあさ!

梓「お出かけしましょう、唯先輩!」
唯「……はく?」

 朝食に作ったハムエッグトーストを頬張りながら、唯先輩が小首を傾げる。

唯「もくもく……ん、お出かけするの? 普段着しか持ってきてないけど、オサレなあずにゃんと並ぶと、あずにゃんが恥ずかしい気がするけど」

 あ……そっか、唯先輩には何も言ってなかったんだっけ。
 お出かけするのは無理か……はぁ。恥ずかしいとか思わないけど、唯先輩に気を遣わせるわけには……。

唯「あ、でも、折角だし新しい服買おうかな……あずにゃん、選んでくれる?」

 いえ、それは勿論オールオッケー、無条件で大丈夫です。

梓「はい、喜んで」
唯「んじゃ、今日はお出かけしよー!」
梓「はいです♪」

 お砂糖とミルクたっぷりのコーヒーを運んで、一緒にトーストを食べる。
 何だか、どきどきわくわく。
 いつもは大抵ウィンドウショッピングなのに、お出かけがこんなに楽しみだなんて、初めてかも。



しょうてんがい!

梓「あの……服を買うんですよね……?」
唯「うん、あそこの洋品店のおばちゃん、割引してくれるからお得なんだよ~」

 って、思いっきり地元じゃないですか。
 もっとこう、街に出てはっちゃける感じで期待してたんですが。

唯「あ! 可愛いの飾ってあるよ、あずにゃん!」
梓「はっ、はい」

 急に走り出した唯先輩を追って、件のお店に入る。、
 如何にも昔から営業してますよーていう、暗めの蛍光灯がちょっと不安。
 歩道に出てるリングハンガーの服とか、もう頼まれても着たくない古臭いデザインだし。

唯「ほら、あずにゃん。これとか可愛い」

 あれ?

梓「あ、ほんとに可愛い」
唯「こっちも」

 あれれ? え?
 もしかしてここ、不思議時空です?
 地元の洋品店って地味な服しかないイメージがあったけど、ここに限っては認識を改める必要がありそう。
 だって、唯先輩が着たらとっても可愛いだろうし、或いは格好いいだろうし、きっと幼く見えてきゅんとしちゃうような服も置いてあるし。

梓「唯先輩、どれにするんですか?」
梓「へ? あずにゃんが選んでくれるんでしょ?」

 ああ、そうでしたっけ、約束しましたっけ。

梓「……じゃあ、あれ……あのワンピースなんて無難だし、どうですか?」
唯「あ、あれも可愛い。いいね、さすがあずにゃん! さっそく試着してくるよ!」

 唯先輩はお店の奥に声をかけて、試着室に入る。
 待つこと数分。

唯「じゃーん!」
梓「…………」
唯「あう? に、似合わなかった、かなぁ?」
梓「いっ、いえ、すっごく可愛いです! 一瞬、天使が舞い降りたかと思って言葉を失ってました!」
唯「やだなぁ、あずにゃん。天使はあずにゃんの方だよ~」

 唯先輩はけたけた笑いながら、お店の奥に歩いてく。
 話通り、綺麗な人が出てきて、タグをハサミで切ってもらって、お会計をして。
 着替えた服を袋に入れた唯先輩が戻ってくる。

唯「じゃーん!」
梓「あの、それさっきやりましたから」
唯「じゃーん!」
梓「……すっごく可愛いです、唯先輩」
唯「えっへん!」

 ふんす、って得意気に。
 私が繰り返しネタだと気付かなかったら、きっといつまでも続いてたんだろうなあ……。

唯「さ、んじゃ次はどこに行こっか?」
梓「え?」
唯「今日はあずにゃんとデートなんだよね」
梓「えっ?」
唯「私はあずにゃんとデート中」
梓「……え? え?」
唯「だから、私はあずにゃんとデートちう。だよね?」

 デートって、いえ、少しは考えてましたけど、はっきり言われるとその、何ていうか。
 は、恥ずかしい……。

梓「お出かけとは言いました、けど……デートとまでは……」
唯「でも、つまるところデートなんだよね?」
梓「はい……」
唯「やっぱりデートだよ-」

 はい。
 いくら言い換えても、やってることは同じ。
 好きな人とお出かけ、これ即ちデート、なのです。

梓「んと……映画とか、どうです?」
唯「カラオケ……」
梓「どこ行っても放課後ティータイムの歌は絶対に入ってませんよ」
唯「うぅ……わかってるよ、言ってみただけだよ……」
梓「……ラブホテル」
唯「……ねぇ、あずにゃん? まだ午前中だよ? さっき朝ご飯食べたばっかりだよ?」
梓「言ってみただけです、そんな気の毒そうな目で見ないでください」

 勿論、期待は込めていましたけど。
 それはそれとして、一旦戻って唯先輩の着替えを置いて、身軽になって出直した方がいいかな?

梓「唯先輩、私のうちに荷物置きに帰りませんか? 手ぶらで歩いた方が楽ですし」
唯「あ、うん、そーだねー」

 うし。
 これで唯先輩の手が空く、さり気なく手を繋げる。
 唯先輩って普段はぽやぽやしてるから、ちゃんと手を繋いでいないと安心出来ないんだよね。
 ……というのはお察しの通り、建前なのです。


9