唯「あれ?律っちゃんだけ?」

律「お、おう」ドキドキ


唯「ムギちゃんのお茶が無いと力が出ない……きゅう」

律「今日は皆来ないと思うぞ」

唯「ええ!なんでなんで!?」

律「クリスマスプレゼントを選びに行くとかよくわかんないことを言ってた」

唯「それって……」

律「考えるな……悲しくなる」

唯「私の薔薇に彩りを加えよう……敗者の血と、裏切り者の涙でね」

律「元ネタがわからなさそうなことするなよ」


唯「ヒマー」ゴロゴロ

律「二人じゃ練習もなぁ……」

唯「大体、皆ズルいよ!私達を置いてさー」ゴロゴロ

律「格差社会ってやつだな」

唯「ほえ?」ゴロゴロ

律「私らに彼氏がいないのも、クリスマスなんてあるのも、全部政治が悪い!」

唯「お~律っちゃんかしこーい」ゴロゴロ

律「まぁな!」

唯「賢い律っちゃん」ゴロゴロ

律「ん?」

唯「どうしたら彼が出来るの?」ゴロゴロ

律「そ、それはだな」


律「やっぱギャップとかじゃないか?」

唯「ギャップ?」

律「ほら澪ってパッと見キツそうだろ?」

唯「うん、根暗ツリ目だよね」

律「ところが中身はメルヘン垂れ流しの乙女……そういう辺りが良いんじゃねぇの?」

唯「私もギャップ欲しい!」

律「あはは、唯は無理だな。裏表無さ過ぎ」

唯「ぷー」

律「そこが良いんだって唯は」

唯「じゃあ律っちゃんは?」

律「おぉ?」


律「私は……自分で言うのもなんだけど、可愛げが足りないのかな?」

唯「えー律っちゃん可愛いよ」

律「真顔で言うなバカ!」

唯「ふぇ」

律「あ……」

唯「律っちゃんが怒った……」シュン

律「悪い悪い!照れちゃってついな」

唯「……」

律「機嫌直せよー」ナデナデ

唯「……」

律(とはいえ拗ねてる唯も可愛い)


唯「……律っちゃんがカチューシャの代わりにネコミミを付けたら元気になる」

律「は?」

唯「あぁ……お菓子もお茶も無くて凍えてしまう……誰か暖めてはくれないの」

律「ここは練習する場所だぞ唯隊員」

唯「今日は猫分が足りないであります隊長」

律「わぁーったよ仕方ないな。怒鳴って悪かったしな」ブツブツ

唯「わくわく」

律「梓ー借りるぞー」カチャカチャ

律「ほら、どうだ」

唯「……」

律「……」

唯「……」

律「にゃ、にゃー……」

唯「律にゃーん!」ガバッ



唯「律にゃん可愛いよ律にゃん」ギュウギュウ

律「わわわわ!」

唯「あ~暖かい……」

律(あぁ……顔真っ赤なんだろうな今)

唯「うへへ」

律「お殿様!お戯れはいけません!」

唯「よいではないかよいではないか」

律「あーれー!」

唯「へへー弱々しい律っちゃんって確かに新鮮かも。これがギャップなんだね」

律(遊んでるだけだろうに……ちょっとサービスしてやるか)


律「ふに」

唯「!」

律「んにー」スリスリ

唯「お、おぉ……」

律「にゃ」ペロ

唯「これは……これはいかんよ律にゃん」

律「にゃおーん」テシテシ

唯「ネコパンチ……いや律にゃんパンチ……圧倒的じゃないか我が部は……」

律「ごろごろ」

唯「の、喉を撫でて欲しいんだね?」

サワサワ

律「にゃー♪」コロン

唯「お腹を見せるのは最上級の甘え……」ナデナデ

律「ふにゃん……」

律(生きてて良かった)


唯「はぁー暖まった」

律「満足したか?」

唯「うん……律っちゃん……凄く良かったよ」

律「なんか誤解を生みそうな言い方だな」

唯「遊んだらお腹空いたー」

律「ケーキならあるぞ」

唯「マジですか!?」

律「ムギが昼休みに置いてった……言ってなかったか?」

唯「むー知らなかった……さては律っちゃん、独り占めしようと隠してたな!」

律「バレちゃ仕方無ぇ……恨みは無いが、切る!」

唯「曲者ー!であえであえー!」



唯「カキンカキン」

律「ズバズバ」

唯「お主……なかなかやるのぅ」

律「ふふ……貴様こそ」

唯「……」

律「……」

唯「でやー!」

律「どりゃー!」

唯「……」

律「……ぐふ」

唯「安心しろ……峰打ちだ」

律「……」

唯「……」

律「ケーキ切るか」

唯「うん」




律「切れたぞー」

唯「ショートケーキショートケーキ♪」

律「自分の分くらい、自分で切れよな」

唯「お礼にイチゴあげるから、あーん」

律(こういう事を素でやるからなぁ……)

律「あ、ん……」

唯「美味しい?」

律「おう」

唯「えへへ、良かった」

律「お、お返しな。あーん」

唯「あむ」モグモグ

唯「食べさせ合いっこだね!」

律「あ、ああそうだな!」



唯「あーん」

律「あーん」

唯「へへー」

律「……」ドキドキ

唯「そういえば律っちゃんと2人っきりって珍しいね」

律「そういやそうだな」

唯「ふふ」

律「?」

唯「なんか嬉しい」

律「そ、そうか」

唯「あ、律っちゃん、クリームが付いてるよ」

律「ん?」

唯「とったげるね」ペロ

律「!」

唯「ごちそーさま」



律「お、おおおま」

唯「大間?」

律「お前何を……」

唯「えー、これくらい普通だよ。憂もよくするよ」

律「もう少しでチューだぞ今のは……」

唯「えー」

律「女の子がそんな事をしてはいけません!」

唯「……」

律「唯?」

唯「チューはこうだよ……」スッ

律「ちょ、ちょっと待て唯!落ち着け!こ、心の準備が!」

唯「目閉じて?」

律「あ……あぅ……」ギュ

唯「ぶ!」



唯「あははは!本当に目を閉じた!やーい引っかかった引っかかった!」

律「……」ポカーン

唯「こ、心の、じゅ、んび!ぶふふふ!」

律「……」

唯「こ、これは澪隊員に連絡せねば……写メ撮れば良かった」

律「ゆ~い~」

唯「ビクッ!」

律「許さん!」

唯「助けてー!澪ちゃん、ムギちゃん、あずにゃん、憂ー!」

律「おらおら、叫んでも無駄だ!」

ガラッ

和「律!また書類……」
唯「の、和ちゃん……」

和「あんたら……そういうのは家かしかるべき場所でしなさい」


唯「あーあ、律っちゃんのせいで和ちゃんに誤解された」

律「元はと言えばお前のせいだろ」

唯「ふーんだ」プイ

律「反省が足りない奴は……こうだ!」コチョコチョ

唯「あはははは!止めてよ律っちゃん、あはははは!」

律「ダメダメ」

唯「ふひ~私が悪うございましたお代官様~」

律「解ればよろしい」

唯「律っちゃんに汚された……」

律「制服、制服がな」



唯「遊んだら喉かわいたー」

律「さっき似たような事言ってたぞ」

唯「律っちゃんお茶入れてー」

律「はいはい……ったく」

唯「さすがお姉ちゃん!」

律「お前も一応姉だろ……ほら」

唯「ありがとー」

律「……」

唯「何読んでるの?」

律「ジャンプ」

唯「私も読みたい!」

律「後でな」



律「はいよ」

唯「わーい」

律「……」

唯「~~♪」

律(夢中だな)

唯「~~♪」

律(邪魔したい困らせたい)ウズウズ

律(取り上げたら泣くかな?)

律(ネタバレしてやろうか……)

律(唯の好きなワンピースをバカにしちゃおうかな)

唯「律っちゃん!」

律「な、なんだよ?」ビクッ

唯「ワンピースの映画観たい!今から行こう!」

律「えぇ……」



律「唐突過ぎる」

唯「……」ウルウル

律「わ、私に上目使いは効かない!」

唯「お願い……」

律「…………まぁ、残ってても仕方ないしな」

唯「やったー!」

律「その代わりポップコーン奢れよ」

唯「がーん!」

律「Lサイズな」

唯「ががーん!」

律「うひゃひゃ、さぁ行くぞ」

唯「おー!」




映画館

ザワザワワーワー

唯「なんという行列……」

律「そういや話題になってたな……まさかここまでとは」

スタッフ「18時からのワンピースは完売でーす!」

唯「そ、そんなぁ……」

律「残念だったなあきらめろ」

唯「せっかく映画館まで来たのに」

律「他の観ようぜ」

唯「えー恋愛映画ばっかりだよ。あんまり興味無い」

律「私も」

唯「…………こんなだから彼氏出来ないのかな」

律「多分」



唯「律っちゃんは観たいの無いの?」

律「そうだなぁ……あえて言えば」チラリ

取り戻せ! 銀河の光!

唯「ぷーっ!ウルトラマン!?律っちゃん子どもー!」

律「弟に付き合って観てただけだ!唯のワンピースだって一緒だろ!」

唯「ワンピースは大人も観るもん!」

律「う、ウルトラマンだって大人も観るぞ!」

ザワザワ

律「あ」

唯「おぉ、注目されてる。私達が放課後ティータイムってバレたのかな?」

律「時々唯になりたくなるよ」


2