純「ねぇ憂」

憂「なぁに純ちゃん」

純「憂っていっつもにこにこ笑ってるね」

憂「そうかな?」

梓「笑ってるよ」

憂「それは、楽しいからじゃないかな」

純「楽しいのかぁ……」

純「憂。にーって笑って。にーって」

憂「にー」ニコ

純「うーんいい笑顔」

梓「笑い顔も唯先輩とそっくり」

憂「えへへ~」

純「でも憂もまだまだだね」フフン

憂「まだまだぁ?」

梓「またなにか言ってるよ」

純「まあ聞いてよ」

憂「聞くよ~」

純「憂の笑顔はすんごくいい!」

純「だけど足りない点がひとーつ!」

梓「なによ」

純「それは、えくぼだ!!」ドン!

憂「えくぼ?」

梓「確かに憂にはないね。」

憂「えくぼねぇ……」パカ

憂「にー」ニー

憂「う~ん。確かにないね」

純「えくぼはね、あるとかわいさが増すんだよ」

梓「純、にーって笑ってみて」

純「にーー!」ニー!

梓「出ないね」ハー

純「くっそーー!まだまだだあぁぁぁ!!」

憂「純ちゃんはえくぼなくてもかわいいよ~」

純「おぉ、そっかなぁ」

梓「ま、そこそこね」

純「言ってくれるね、あずさぁ」

憂「まぁまぁ」

純「そういう梓はどうなのさ。笑ってみてよ」

梓「にーっ」ニー

憂「わっ。梓ちゃんかわいい!」

梓「ふぇへへ」

純「えぇい、梓のくせにかわいいなんて」

憂「でも、えくぼは出ないね」

梓「う~ん。顔やわらかくないのかな」

純「毎日笑えばでるんじゃないの」

憂「それなら毎日笑ってるのに出ないなぁ」シュン

梓「笑い足りないのか!」

純「よーっし。このわたしがわらわかせてあげる!」

梓「えーいいよ、純は」

純「なんで!?」

梓「またさむいギャグやられると笑えないし」

憂「そんなこと言っちゃかわいそうだよ」

純「さむいは否定しないの?!」ガーン

梓「だってさむいもん」

純「じゃあ言葉じゃなく行動でわらかしてあげる」ニヤ

梓「ちょ、純まさか」

純「へへ、それー」コチョコチョ

梓「ぷははははちょっやめ」

純「コラーあばれない。こちょこちょできないぞー」

梓「だ、だってくすぐったくて、ふぇへへ」

純「憂、梓を押さえて」

憂「えーかわいそうだよ」

梓「憂!見てないで助けてっ」

憂「はい、純ちゃんそろそろやめないと」スッ

純「あー。まだまだやりたりないのになぁ」

梓「ふぅ、笑いすぎておなか痛い」

純「腹筋も鍛えられて一石二鳥だよ」

梓「笑って鍛えられるのか」

純「たぶん」

梓「まぁそれはそれとして」ガシ

純「へ」

梓「次は純の番だね」

純「ちょ、梓はなしてよ」ジタジタ

憂「あわわわ」

梓「憂!今のうちに純をくすぐっちゃえ」

憂「いいのかな」

梓「わたしが許す」

純「やーめーてー」

梓「ほら憂はやく」

憂「うん」

純「ひえぇぇえ」

憂「純ちゃんごめんねー。ちょこっとだけだから」

梓「わりとノリノリじゃん」

純「て、手がクネクネしてる」

憂「それ~」コチョコチョ

純「ぷっ!」

純「あははははは!」

憂「こちょこちょ」

純「う、ういーやめてー!!あはは」バタバタ

梓「わっ、純暴れないで。あと声でかすぎ」

純「だ、だって、声おさえるのムリだもん!」

憂「こちょこちょ」

純「憂いつまでやってるのさ、あはは――」

憂「んー、純ちゃんって結構細いよねぇ」

梓「意外に、ね」

純「えぇい、よけいなお世話だ」

憂「でも、それなりに発育はいい、と」

純「ひゃっ……。憂ってばどこさわってるの」

梓「く……純もこっち側だって思ってたのに」

梓「憂。もっとやっちゃって!」

憂「お~」

純「あああああああ」


――――――――――

憂「えへへ~」ニコニコ

純「シクシク」

梓「大きな声だすからみんな見てたよ」

純「は、はずかしぃ……」

憂「純ちゃんかわいかった」ニコ

梓「それなりにね」

純「うぅぅぅ」

純「わたしと梓がやったんだから憂もやらなきゃね」ガシ

憂「あ」

梓「お、そんな展開」

憂「純ちゃーん、やめてほしいなぁ」エヘ

純「えーい。やめてたまるかっての」

梓「ここはわたしの出番か」スッ

純「よし、梓。やっちゃえ」

憂「だぁーーーめええぇぇ」

梓「こちょこちょこちょこちょ」

憂「あはははっあ、あずさちゃダメ!」

純「ダメじゃなーい。おなか痛くなるまで笑うがいい」

梓「なんだかノってきたよ!」コチョコチョ

憂「あは、あははっ。あっ、そこくすぐったいぃぃえへへへ」

梓「憂のツボはどこだぁぁぁぁ」サワサワ

憂「んっ!」

梓「へ」ピタ

純「ぅ」

梓「こちょこちょ」

憂「ぁ。ちょ、あ、ずさちゃん」

梓「ぇっと」サワサワ

純「……」ゴクリ

憂「そこ、ダメ……」ウルウル

梓「は、はい」

純「……」ドキドキ


梓「あは、あははは」

純「う、うん」

憂「ふ~。ちょっと熱くなっちゃった」

梓「わ、私が扇いであげる」パタパタ

憂「ありがとう梓ちゃん」

純「……」ジー

憂「ん?純ちゃんどうしたの?」

純「へ。あ、い、いやなんでもないよーー」アハハハ

憂「うん?」

梓「よし。これだけみんな笑ったんだからちょっとは出来たかな」

憂「どうかな?」

憂「にー」ニコ

純「うーん。あんまり変わってないような」

梓「確かに」

純「わたしはどうかな」

純「にーー!」ニー!

憂「出てないよぉ。でもかわいい」

純「へへ」

梓「わたしが一番笑った気がするからどうかな」

梓「にーっ」ニー

純「ダメダメまったくダメ」

梓「あう」シュン

憂「ドンマイ梓ちゃん」

憂「梓ちゃんはなくてもかわいいよ」

梓「ありがとう、憂」

純「さて、三人とも出なかったわけだが」

梓「えくぼなんて一部の人しかもってないんだよ」

憂「なくても平気だしね」

純「わたし、ほしいのーーー!」

梓「わがままだなぁ」

純「欲しい欲しい欲しい!」

憂「今までなかったのに」

純「笑ってたら欲しくなってきた」

梓「でも、出ないんじゃしょうがないね」

憂「そうそう」

純「くやしいぃぃ」

純「よし!対策を立てる!また明日やるよ!」

梓「めんどくさそうな」

憂「純ちゃん楽しそう」フフ



――次の日

純「うーいー。あーずーさ」ニコニコ

憂「あ、純ちゃんおはよう」

梓「おはよう純」

純「へへっ」

憂「機嫌よさそうだね」

純「うん。お昼に実行するよ!」

梓「あ、またやるんだ」

純「あたりまえ!」



――お昼

純「でさー、いろいろ調べてたらわかったの」モグモグ

憂「よく噛んで食べないと体にわるいよー」

純「うん」モグモグ

梓「なにがわかったの」

純「えくぼだよ!」

憂「もっといっぱい笑えばいいのかな」

純「うん。笑いも大事だけど」

純「わたしが手本見せてあげる」

憂「わぁ」パチパチ

純「憂。顔、もっとこっちよせて」

憂「ん?」ズイ

純「で、満面の笑顔をキープ」

憂「にー」ニコ

純「そこに……」プニ

憂「ふぇ?」

梓「ほっぺに人差し指を指すだけ?」

純「うん、かるくね」プニプニ

憂「ふぇへへ」ニコ

純「あーー憂のほっぺスベスベだなぁ」

梓「そっちが目的かい」

純「違う違う。えくぼだよえーくーぼ」

憂「純ちゃんならさわってもいいよ~」

梓「で、いつまでやればいいのかな」

純「さぁ」

梓「はぁ」

純「出来るまでだよ!」プニプニ

憂「えへへ~」

梓「さきが長いなぁ……」

憂「あっ。梓ちゃんにはわたしがしてあげる」

憂「笑って笑ってー」

梓「にーっ」ニー

憂「そーっと」プニ

梓「ふぁ」

憂「わぁ梓ちゃんのほっぺたおもちみたい」

梓「ふふふ」

純「ジー」

梓「なに純」

純「梓。わたしあいてるよ。ほらほら」ズイズイ

梓「しょーがないなぁ」ハー

梓「ホラ、わらってー」

純「にーー!」ニー!

梓「ピタっと」

純「へへっ」

梓「あんまり動くとずれちゃうよ」

純「人にさわってもらうと気持ちいいね」

憂「うん。純ちゃん上手だよー」

梓「憂も優しくて上手いね」

純「梓は……フツーかな」

梓「なっ!」

憂「もー純ちゃん素直じゃないんだから」

純「じょーだんじょーだん」エヘヘ

梓「もう……」

梓「……これってさいつまで続けるんだろ」

梓「はたから見てると異様かな。クラスのみんなこっち見てる」

純「三人がほっぺつっつきあって輪みたいになってるな」

憂「なんかかわいい」ニコ

梓「かわいい、のか」プニ

純「いたいよあずさー」

梓「もうやめようよ。なんか恥ずかしくなってきた」

憂「終わっちゃうの?」

純「まだえくぼできる気がしないな」

純「これから毎日やるよ!」

梓「えー」

憂「ほら、梓ちゃん笑顔笑顔」ニコ

梓「こんな感じ?」ニコ

純「そんな感じ!」


――――――――――

憂(それから毎日毎日三人でほっぺたをつっつき合いました)

憂(お昼の時間や休憩中にお話をしながらつっついたり)

憂(休日も梓ちゃんのおうちで遊びながらつっついたり)

憂(とっても楽しい毎日でした)

憂(その努力の甲斐あってか――)

純「わぁーい!ほらみてよ梓!」

梓「あ~ちょっとだけくぼんでるね」

純「やったね!」

憂「純ちゃんすっごくかわいい」ニコ

純「いやいや」テレテレ

梓「わたしはまだ出ないなぁ」

憂「笑顔が足りないのかな」

憂「ほらっ。にっこり笑おう」ニコ

梓「あ、憂もちょっと出てる」

純「やったね憂!」

憂「純ちゃんのおかげ」ギュ

純「わわっ」アセアセ

梓「ぶー」

純「梓も笑えば出るよ」

純「ほら笑え笑えー」

梓「笑ってるよ」

純「うぅぅぅ……」プルプル

憂「純ちゃん?」

純「ほらっカニ!!」チョキーン

梓「……」

憂「……」

純「……あっれー?」

梓「やっぱさむい」

憂「ふふ、クスクス」

純「あははははっ」

梓「はあ……ふふ」

――アハハハハハハ


――――――――――

――がちゃ

憂「ただいまお姉ちゃん」

唯「おかえりーういー」

唯「今日もあずにゃんちに行ってたんだっけ」

憂「うん。帰りちょっと遅くなっちゃった。すぐごはん作るね」

唯「ううん。だいじょうぶだよー」

憂「今日は甘くておいしいカレーだよ」

唯「やったぁ」

唯「……憂ってさ。最近雰囲気かわった?」

憂「そうかな?」

唯「なんかね。前よりかわいく見える!」

憂「やだお姉ちゃんったら」テレ

唯「ホントホント」

憂「ただね、笑ってるだけだよ」

唯「わらってる?」

憂「うん。にっこり笑うの」

唯「それなら毎日笑ってるのになぁ」

憂「ふふ、ごはん食べたらわたしが笑いかたとか教えてあげるね」

唯「ほんとー?」

憂「お姉ちゃんそのままでもかわいいけど」

憂「これやるともっとかわいくなるから」

唯「やった!楽しみだなー」

憂「うん。だからにっこり笑おうね」

唯「うん!」

憂「笑うと絶対かわいくなるよ」ニコ



                おしまい