38. 木々を切り倒せ山を焼き払え獣の皮を剥げ。 2010/12/26(日) 05:59:37.62 ID:MMzCkGP00
帰った。
帰って寝た。
帰宅途中のことはあまり良く覚えていない。

思い出そうとしても、頭に浮かぶのは会話ではなく、
唯の柔らかそうな髪だとか、長いまつげだとか、華奢な肩だとか、
ムギの柔らかい掌だとか、大きな青い瞳だとか、風になびいた金色の髪だとか。

概して彼女たちの容姿に関することばかりで、あんまり汚らわしくて、目をつぶった。

あなた、もしかして。

代わりに先生の声が頭に響く。
だんだん大きくなっていって、私の鼓膜が破れた。
同時に、私は眠りに就いた。


39. 汚らしい欲情は、日に日に膨らんでいくばかり。 2010/12/26(日) 06:03:22.64 ID:MMzCkGP00
「はーい、じゃあ、冬休みだからって羽目を外し過ぎないようにしてくださいね。
  たかだか数週間の休みのせいで、これからの数十年間を棒にふる、なんてことに、ならないように」

終業式が終わって、冬休み前、最後のホームルーム。
先生が口説いくらい念を押す。
棒に振る。少し下品な洒落を思いついて、首を振った。

「の、ど、か、ちゃん」

たん、たん、たん、と肩を叩かれる。
相変わらず、優しいあの娘。

「今日はね、音楽室に行くの。だから、先に帰っていてね?」

「あら、残念ね」

何気なく言った一言を捕まえて、ムギが私の頬を人差し指でつく。

「意地悪」

教室の扉の近くから、間の延びた声が聞こえた。

「ムギちゃーん、早く行こうよお」

昨日ぎらぎらと目を光らせた友人からの、あっけらかんとしたお誘いに、
少し戸惑った様子を見せて、ムギは笑った。

「じゃあ、ね。またメールしてね」

40. 吐き出してしまいそうに、膨らんだ胸。 2010/12/26(日) 06:05:43.81 ID:MMzCkGP00
「の、ど、か、ちゃん……ですって」

教室に残っていた先生が、私の傍へ近寄ってきて、囁いた。
ふっ、と漏れた吐息が、私の耳をくすぐる。

「ふふ、まあ、どうでもいいんだけれどね、案外、キリストなんて大したことないと思うのよ」

唐突に、そんなことを言う。
でも、そうかもしれない。
この人は、きっと簡単に、トナカイもサンタもキリストも、フライングVで殴り倒せるのだろう。

周りをさっと見渡して、いたずらっぽく笑って、言った。

「ジーザスファック、ってね。あなたの嗜好にどうこう言わないけれど、ま、上手く行けばいいわね」

「上手くいかなかったら?」

「そうね、ファックしてあげましょうか」

私の口から息が漏れた。

「ふふ、遠慮しときますよ」

くつくつと笑って、先生は教室を出て行った。
ちらとこっちを見て、背中に回した右手の中指を、小さく立ててみせた。

ジーザスファック。

日が傾いていた。
41. 時折、嫉妬がそこを叩くのです。 2010/12/26(日) 06:08:32.15 ID:MMzCkGP00
日は完全に沈んだ。

きーこ、きーこ。
錆びた鉄が悲鳴をあげる。人工物にも、寿命はある。
クリスマスイブ、今年は二十四日。
前夜ばかりが祝われて、肝心なクリスマスの時は、お祭り気分は下火。
ざまあみろ、なんて思ってしまう。

だからこそ、今日の日は、あの鬱陶しい鉄製の倫理が、いつよりも強く私を締め付けるわけで、
この日にここに彼女を呼んだのは、やはり正解だった。

「和ちゃん、待った?」

「いいえ、全然」

別に、待っていたわけじゃない。
ブランコを漕いでいただけなんだから、嘘はついちゃいない。

「あら、待っていて欲しかったわ。私のために、待っていて欲しかった」

「意地悪ね、ムギ」

くす、と眉尻を下げて笑った。
ムギは、いつもと変わらない調子で喋った。

「あのね、私、ここに呼ばれた理由、分かるわ」

だから、その前に、ちょっと雑談しましょう。
そう言って、ムギは微笑んだ。

42. 嫉妬を起こさせる和ちゃんが好き、嫉妬してしまう私は嫌い。 2010/12/26(日) 06:13:38.14 ID:MMzCkGP00
「あのねえ、今日、とても楽しかったわ。憂ちゃんと梓ちゃんと……えっと、純ちゃん、がね、ライブしてくれたの、私たちのために。
  今思い出しても、ちょっと楽しい気分になるわ」

嘘。彼女の顔に、びっしり貼りつく。
その寿命は長くない。
今すぐにでも、腐食して、ひび割れてしまいそう。

「今日からは、今までよりも一生懸命勉強しなきゃならないわ……大変よね」

ぎいっ、と鉄が悲鳴を上げた。
断末魔の叫び、に聞こえた。

「ふふ、無理ね。やっぱり、和ちゃんの話し聞かせて?」

ぽろぽろと、嘘は顔から剥がれていく。
口元にだけ、仮面が残った。

ぎい。鉄の軋む音が大きくなる。

「ムギのこと、好きじゃないと思う」

決壊したダムのように、溢れる水。
ムギはそれでも笑っていた。

43. トナカイの代わりに飛んで来るのは枯葉、プレゼントは嫉妬。 2010/12/26(日) 06:16:19.40 ID:MMzCkGP00
「でも、ムギの髪の毛は綺麗だし、目もすきだし、顔立ちも、その柔らかい手も好きなの。で、それ、で……」

言っていいのか。
これは言っていいのか。
公園の入口に、誰かが立っているような気がして、私はそこを睨んだ。
心のなかで、中指を立てた。

「ムギの、見た目が好き。写真にとって、ポスターにして、部屋に飾りたいくらい」

鉄製の倫理をぶち破れ。
どうせ、そんなもの、数千年前に誰かが作ったものだから、
私がそれを破って、こんな風に背徳的なことを言ってしまっても、別に構わないだろう。

「嬉しいな、照れちゃうよ」

目元を指で拭って、相変わらず微笑んで、ムギが言った。
優しく頭を撫でてやる。

「ねえ、見た目が好きなのと、私が好きなのは、どっちが大きい円なのかな?中にあるの、それとも外に?」

「わからないわ」

「そっか、でも、接点はきっとあるわよね?」

「きっと、多分、一つだけ」

涙は乾いた。水を吸って、青々と茂る草木。

「わかった。じゃあ、私、頑張るから……きっと、いつか……」

44. どこからか、愛しいあの人の声が聞こえた気がしました。 2010/12/26(日) 06:18:15.26 ID:MMzCkGP00
空を一生懸命駆けまわるおじさんに、威勢よく中指を突き立てては見たけれど、25日もクリスマスツリーは輝く。
そして、明日には撤去される。
結局、私の負けだ。

誰か、私に手助けを。
ムギ、今なら私、簡単に落とせるから。
誰か、私を、助けろ。

繁華街の大広場にのベンチに座って、ぼうっとクリスマスツリーを眺めた。
一日中、眺めた。もしかしたら、私の視線で、焼き尽くせるかもしれない。

けれど、そんな事はなかった。
そりゃあ、そうだ。

消火されて、少し湿った瞳を連れて、すっかり夜も遅くなって、私は家に帰った。
45. 汚物をぶちまけろ。だけど、私の声が、声が…… 2010/12/26(日) 06:20:55.86 ID:MMzCkGP00
家の前には、コートを着て、マフラーを着けて、立っている女の子がいた。
きっとこの娘も一日中そこにいたのだろう。
疲れたように塀に寄りかかって、時折空を見上げる女の子がいた。

「何か用?」

私が声をかけると、その女の子は私を見て、そして、瞳の中に炎を灯した。
少し、暖かくなったような気がする。

「つれない返事だね。頭、撫でてよ」

ずいとこちらへ近づいて、女の子は笑った。
私は、後ろに下がらない。
そこに突っ立ったまま。

「私だけ、私だけが、今、ここにいるんだよ。
  サンタもトナカイも無視して、ただ、これから数時間後、日の境に、和ちゃんの誕生日を祝うために。
  私だけが、ここにいる」

もう一歩、女の子がずいと足を踏み出す。

「お姉ちゃんじゃない、私だけがここにいるの。
  髪、結んでたら頭撫でにくいでしょう?だから、髪を下ろしてここにいるの」

「言いたいことがあるなら言いなさい。私は、言った」

そっと女の子の手を握った。
女の子は口をパクパクさせるばかり。
クリスマスの空には、生気を失った枯れ葉が舞った。きっと、トナカイも死んでいる。
どこかで、鉄の鎖が切れるような音が聞こえた、気がした。
46. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/26(日) 06:24:00.08 ID:MMzCkGP00
憂「こんな感じで和さんと結ばれたいんです」

紬「天才ね!私にも役得があるなんて!」

さわ子「いや、もう……どうでもいいわ。二日酔いでつらいのよ、私」

紬「やけ酒ですか。もう和ちゃんゲットしちゃいましょうよ!」

さわ子「え、今の話私がメインなの?憂ちゃんじゃないの?」

憂「メインでもサブでも良いんです!とにかく世界の何処かに和憂をください!」ユッサユッサ

さわ子「いやでも私和さわ派……ちょ、揺さぶらないで、まじで……ちょっと……」

さわ子「ウヴォロエェ……」ビチャビチャ

憂「」

紬「」

さわ子「……汚物、ぶちまけちゃったわね」
47. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/26(日) 06:38:41.45 ID:MMzCkGP00
いったんおわっときます
和ちゃん誕生日おめでとう!



戻る
5 ←※紬「風子様万歳!」