15. 「ごめんね、もうちょっと探ってみるから」 2010/12/26(日) 04:54:02.49 ID:MMzCkGP00
「大したことは話してないわよ、昨日のことをちょっと教えただけ」

「ふうん。それでムギの様子がおかしくなるのか。昨日は超エキサイティングだったんだな」

ムギの様子、やっぱりいつもと違っていた。
もしかしたら、あの時、私は落ちていなかったのかもしれない。
足を滑らせ、階段を踏み外していたのは、ムギのほうなのかもしれない。

口のあたりが妙に疲れる。

「おお、なににやにやしてんだよ、恥ずかしい奴だな」

「え、私笑っていた?」

その場の流れに任せて、今朝のことは誤魔化して、それで、階段を降りていく。
足を滑らせないように、落ちてしまわないように。

「昨日の唯、話し聞く限りだと妙な感じだよな」

「そうよね」

じっと足元を見つめながら、降りていく。

「ねえ、律、あなた髪を下ろしたほうが可愛いんじゃないの?」

口は、滑った。

16. 姉に親指を立ててみせるのです。逆の手の親指は、地面のその下を指して、その手が向けられているのは。 2010/12/26(日) 04:57:23.94 ID:MMzCkGP00
「和ちゃん、一緒に帰ろうよ」

放課後、幼馴染があっけらかんと言う。
律はぎょっとしていた。ムギのほうは、見ないように気をつけた。

「駄目駄目、今日は勉強しますよ!」

「えー、でもでも……」

慌てて腕を掴んで制止した律を見て、しばらく考え込んで、幼馴染は言った。

「あ、そうだった。まだだね、やっぱ勉強しないとね!」

「え、ああ、そうですよね……ってなんでやねーん!」

律が戸惑ったように言った。
ぎゃーぎゃーと騒ぐ彼女たちのそばを離れて、教室を出ようとした。
そんな私の手を、誰かが、柔らかい手で握った。

振り向かなくても、それが誰だか分かっていた。
今朝さんざん憧れた、柔らかい手。

「和ちゃん」

振り向かなくても、ムギがじっと私を見つめているのが分かった。
振り向いてはいけない気がした。
それでも、やっぱり振り向いた。

「ばいばい」
17. あなたなんですよ、サンタのおじさん。 2010/12/26(日) 04:59:58.32 ID:MMzCkGP00
少し青みがかった瞳を潤ませて、ムギが微笑んでいた。
水分は電灯の光を乱反射させて、どこまでも彼女の瞳を澄んだものにしていた。
今朝、あんなに遠慮深かった、私に何かを強制する力なんてありはしない、曖昧な柔らかい瞳。
それが今では、日本刀のように煌めいて、まっすぐ私のほうを向いていた。

「ええ、さようなら」

そう言って、私はムギの頭を撫でた。
得体のしれない猛獣を、なんとか宥めるように。
かすかに上気した顔が、突き刺すような視線を隠してくれたから、私は安心した。

「うん、和ちゃん、あのね、良かったら」

明日もおはなし、聞かせてくれるかしら?

あくまでも、これは質問だ。
やっぱり、ムギに、私への強制力なんて、あろうはずもない。
口のあたりが、妙に疲れる。
疲れた口から、息が漏れる。

「ふふ、気が向いたらね」

「うん。そうだったらいいな、って思うわ」

そういえば、唯は、私が撫でてやった後、あんな表情をしたんだった。
それを思い出して、しばらく頭を撫でるのは控えたほうがいいな、と思う。
だって、怖いから。

18. ああ、和ちゃん、なんだって捨てられるのです。モラルも捨てます、自我だって捨てられます。 2010/12/26(日) 05:02:43.72 ID:MMzCkGP00
「和ちゃん、一緒に帰ろうよ」

ぞくっとした。
いつもより少し早めに帰る私の後ろには、ほら、やっぱり幼馴染が。
腕を体の後ろに回して、華奢な体つきを際立たせている。

「音楽室でみんなと勉強するんじゃないの?」

「そうなんだけどね、ちょっと早めに帰ってきたの」

なんでそんなことを。

そう言いながら、私は一歩後ろに下がった。
後ろに何があるのか、確認もしなかった。
だって、前だ。前に行ってはいけないんだ。

「ふふ、内緒だよ? あずにゃんとね、クリスマスライブするの。軽音部のみんなにね、がんばれー、って」

「そうなんだ、じゃあ私、その……家、帰るね」

私の言葉を聞いて、唯はへらっと笑った。

「だから、私も家に帰るんだってば」

今朝とは違う、今朝とは正反対の、凄く嘘くさい振る舞い、話し方。
どこが、とは分からないけれど、どこかに陰があるような感じ。

「そうね、そうよね」

何も見えないほど暗い。
20. 気づいて、欲しいのです。完璧な演技をしながら、そんな無茶を願うのです。 2010/12/26(日) 05:04:14.38 ID:MMzCkGP00
「ねえ、和ちゃん、昨日のこと」

来た。ついに来た。
肉食獣なんかじゃ絶対に出せない威圧感、迫ってくる特急電車のような、圧倒的な力強さ。
この娘は必ず、強制する。
それこそ、二千年前の聖者様なんて、目じゃないくらいの力で、私をたたき落とそうとする。

「返事、聞かせてよ」

それなのに、そうはならなかった。
目の前の女の子にあるのは、せいぜい、樹齢云千年の大木のような、大きいけれど、強いけれど、どこか優しい意志。
少し拍子抜けしてしまう。
同時に、得意げに、トナカイが私を引きずる。

「あっ……ちょっと、待って。もう少しだけ」

明明後日はクリスマス。その次は。
明明後日はどこかの偉い人が生まれた日。その次は。

22. 時折漏れるのは、本音。その度に入るのは、仮面の傷。 2010/12/26(日) 05:07:09.45 ID:MMzCkGP00
「クリスマスライブ、身内でやるのね」

「……そうだよ」

少し拗ねたような、幼馴染の顔。
本当に拗ねたいのは、拗ねていいのは。

「身内って、軽音部の人達のこと?」

「そうだって、言ってるじゃない」

急に、重金属のような重厚な強さを取り戻した声。
私を萎縮させる、その声。

「な、によ……そんな言い方、しないでも良いじゃない」

幼馴染は黙って歩いて行った。
小さく振れるその腕が、どことなく、草刈鎌のように見えたのは多分私だけ。
そして、そんなふうに見えるのは、私だけでいい。

ねえ、綺麗だね、夕陽?

昨日の言葉が頭に響く。
もう日は傾きかけていた。

23. わざとあなたを、仮面を傷つけるのです。気づかないのなら、せめてお姉ちゃんのことは嫌いになって。 2010/12/26(日) 05:10:19.99 ID:MMzCkGP00
幼馴染と別れて、家に着いた。
扉を開けるのと同時に、携帯電話が震えた。

ねえ、和ちゃん、お話ししたい。
どこかで会いましょう。

そんなメール。
文章にすると、あの柔らかさは失われてしまう。
弱々しいけれど、震える手で服の裾を引っ張ってくる子供のように、確かな強制力を持っている。
そんなメール。

無機質な、液晶の配列が映しだす、そんなメール。
私は携帯電話を閉じた。

公園。

それだけ書かれたメールを送った。
名詞だけ、名前だけ。
あなたが何を思おうと、どうぞお好きに。
そんな投げやりなメール。

24. 金髪のお嬢様には敵わないでしょうけど、それでも私を好きになって。 2010/12/26(日) 05:12:41.53 ID:MMzCkGP00
きい、きい。
鉄が歓喜の声を上げる。
このご時世、ませた子供はブランコなんかで遊ばないのだろうか。
遊んでくれたありがとう、使ってくれてありがとう。
そんな声。

「和ちゃん、公園としか書いてくれないから」

顔が真っ赤な、お嬢様。
両手で鞄を持って、こちらへ近づいてくる。

「探すのに時間がかかっちゃったの」

どうやって探したんだろう。
もしかしたら、人工衛星、なんていう、人工の眼玉が宙に浮いているのかもしれない。
そう思って、空を見上げた。

鉄の声が重なる。輪唱。

「ふろーいで  しぇーねる  げってる  ふんけん」

聞いたことのあるメロディ。

「ブランコ、喜んでるみたいに聞こえるわよね」

夢をみるような調子で、細い声で歌って、ムギが言った。
もう一度、高い音に耳を傾けてみる。

きい、きい。

25. 金髪のお嬢様を殺してしまうから、そうしたら私を好きになる? 2010/12/26(日) 05:15:14.35 ID:MMzCkGP00
「そうね、私もそう思う」

「そっか、嬉しいな」

返事が、あんまりにも普通の女の子すぎる。
ムギは、どしゃぶりの雨のように、いっぺんに言った。
止められるはずも、ない勢い。

「和ちゃんは、唯ちゃんにしたことがある……今朝みたいなこと?
  ないよね、多分、無いと思うの。当たってる?そう、嬉しい。
  でも、今日、私にしたわよね」

私は頷く。
彼女は笑う。

「そっか、じゃあ、期待しちゃうわよ?
  和ちゃんが、キリスト様より、ずっと私や唯ちゃんみたいな人に優しくて、それで、それで……」

言葉は続かない。
だから、私はムギの頭を撫でてやった。

「ズルイなあ、和ちゃん」

犬のように目を細めて、ムギは笑った。

「そうかしらね」

「そうよ」
26. 妙な夢、世界の終わる夢、空に向かって落ちてゆく夢。 2010/12/26(日) 05:19:15.19 ID:MMzCkGP00
それから、さわ子先生は今年も一人でクリスマスを過ごしそうだとか、
後輩がクリスマスライブを企画している、ような気がするとか、そんな世間話をして、家に帰った。

家に帰って、寝た。

夢を見た。
壊れるビル、吹出す水道管、広がる真っ暗な穴。
太陽と逆の方向に伸びる植物、死体から赤子へと成長していく動物。

にこにこ笑う、ムギと幼馴染。

ムギもどんどん若返っていく。
幼馴染は、半分砕け散って、半分は受精卵になった。

そんな夢を見た。

「くっだらない」

朝起きて早々、最悪の気分で私は呟いた。

27. 朝は独りで歩くのです。ぼろが出ないように、独りきりで。 2010/12/26(日) 05:23:45.65 ID:MMzCkGP00
「おっはよ、和ちゃん」

昨日の朝と同じ。
いつも通りの、へらへらとした、可愛らしい間抜けな笑顔。

クリスマスライブ、身内の人で。
身内の人は、軽音部の人で、私は生徒会の人。
明後日はクリスマス、その次の日は。

「どうしたの、和ちゃん?」

俯き加減の私の顔を、唯が覗き込んでくる。
その目は相変わらず澄んでいて、見つめていると、目が潰れそう。

「あら、おはよう、唯ちゃん、和ちゃん」

しばらく歩いていると、柔らかい声が私たちを呼び止めた。
ふわふわと、空気に揺れる、金色の髪。

「おお、おはよ、ムギちゃん」

にこにこと笑って、けれど強い意志を込めて、ムギは私たちを見つめた。
もう一度、微笑む。

「一緒に学校行きましょう」

私たちは、三人並んで学校へ行った。
二人の間に挟まれた私は、何故だか、深い森の中を歩いているような、そんな気分になった。

28. 昼は素顔で過ごすのです、友人ふたりと、素顔で笑って。 2010/12/26(日) 05:27:59.51 ID:MMzCkGP00
昼休み。
机をくっつけて、友人たちと食事。
そうしようと思った矢先、ふっと、耳に優しい吐息が。

「おはなし、しましょ」

振り向くと、やはりそこには、小さな弁当箱を手に持って、首を傾げるムギの姿があった。
金色の髪が肩にかかって、前と後ろに垂れている。
太陽と逆の方向に、伸びる髪。

「……はいはい」

観念して、私はついていくしか無かった。
やった、という小さな声が耳に届いた。
それから、あの柔らかそうな手が、私の手を握る。
握られた手は、やけに固く感じた。

教室から出るときに、視線を感じて振り返った。
あの瞳で、幼馴染が私を見つめている。
目が合うと、極々自然に、かえってそれが不自然なくらいに、自然に笑った。

私は幼馴染から目を逸らして、早歩きで教室から離れた。



3