紬「うふふ、これはローションって言ってね…ちょっと冷たいけど我慢してね♪」

ヌリヌリ

唯「うひょお!」

なんだろうこれ?ゼリー?冷たくてまた違う意味で気持ちいい。

紬「じっとしててね…///」

そういうとムギちゃんは自分のおっぱいを持って私のオチン○ンをはさみ込んだ。

紬「よいしょ、よいしょ」

唯「おおぅ」

オチン○ンにほんのりと暖かみが加わる。

唯「ムギちゃんのおっぱいあったかい…」

紬「うふふ♥ じゃあ動かすね」

ポヨン ポヨン

オチン○ンがおっぱいとこすれて気持ちいい…。

あったかくて、やわらかい…まるでマシュマロにはさまれてるみたい。

唯「あ~~~」

ポヨン ポヨン

唯「あへぇ」

ズリ ズリ

紬「うふふ、気持ちいい?」

あ、またおしっこしたくなってきた!まずいよ、このままじゃまたムギちゃんに…。

ドビュー!

唯「あ…」

時すでに遅かった。ムギちゃんのお顔にかかっちゃった…。

唯「ご、ごめんムギちゃん!」

紬「んあ…あたたかくて、きもちいい…♥」

あれ?

紬「それに唯ちゃんのこれ…おいひい」

ムギちゃんは白いのをすくってなめている。もしかしておいしいのかな…?

でもなんか鼻水みたいだし、いいや。


唯「さて私が気持ちよくなったから、次はムギちゃんだね!」

紬「うん」

唯「さっきはおっぱいだったから、今度は下のほうだねー」フンス

紬「え…下も?」ドキッ

唯「うーんとなんかね、野性のカンがそっちも気持ちよくさせてあげなさい、って言ってるの」

紬「や、野性の…?」

唯「うん。それにムギちゃんのカラダきれいだし、恥ずかしがることはないよー」

紬「え、き、綺麗?」

唯「うん、きれい」

紬「陥没乳首でも?」

唯「うん」

紬「わきの下に大きなホクロがあっても?」ヒョイ

唯「…うん」

紬「あー今唯ちゃんちょっと考えたー!」プンスカ

唯「いいから、いいから。さぁ~早くぬぎぬぎしましょうぜ~」ホラホラ

紬「もう///(大丈夫かな…)」

そういうとムギちゃんはスカートを外した。

唯「おー、ムギちゃんパンツは黒なんだ!大人だね~」

紬「あ、あんまり大きな声で言わないで!はずかしい///」

唯「お嬢様だから白いのかな~って思ってたけど…ん?」

パンツの上部にはなんかもじゃもじゃしたものが透けていた。

唯「おお~これは…」マジマジ

紬「見つめなくていいから///」ゴロン

ムギちゃんは仰向けになった。両膝を立てて、なんかやらしいポーズだ。

唯「ほほう…あ、ムギちゃんなんかここでっかいシミがあるよ」

パンツの真ん中、左右の太ももの間に縦に大きなシミがある。なんだろう?

紬「それはその…何回かイっちゃったから」

唯「夢の世界に?」

紬「うん///」

唯「夢の世界に行くとパンツにシミができるんだ~勉強になったよ!」

紬「(唯ちゃん純粋すぎるわ…)キュン

唯「よーし、じゃパンツを脱ぎ脱ぎしましょうぜ~」ワクワク

紬「え?ちょ、ちょっと唯ちゃ」

唯「それ~~~♪」ズルー

紬「きゃああああ」

唯「おおぅ、これは…」

その時私の目に飛び込んできたのは!

唯「ジャ、Jungle…」

紬「(ううう…はずかしいよぉ///)」

ムギちゃんのおまたにはお毛々がたくさん生えていた。

おしりの周辺には生えていなかったけど、ワレメの横のビラビラしたやつにも生えていた。

それはもうしっかり生えていた。

唯「…」

紬「(唯ちゃん、黙ってる…きっと私の下の毛の濃さにドン引きしたんだわ…。うう、どうしよう)」グスン

唯「すごいよムギちゃん!」

紬「え?」

唯「おまたにお毛々が生えてると一人前の大人なんだよ!私なんてほらー」

ツルーン

紬「(オチン○ンばっかり見てたけど確かに毛は生えてないわ…)」

唯「りっちゃんと銭湯に行ったときも…」


~~~~~~

律「おい唯、お前まだここつるっつるなんだなー」

唯「ふぇ?でも憂はちゃんと生えてるよ~」

律「知らんがな!」

唯「そういうりっちゃんはどうなのさ」

律「へへーん見ろ」ババーン

唯「あ、うっすら生えてる」

律「いいかーここの毛は一人前の大人にならないと生えてこないんだぜ」

唯「へーそーなんだ」

律「…唯はまだまだお子様だな」ニヤッ

唯「うー」

平沢家
唯「お父さんの育毛剤おまたにつけたいんだけど」

憂「おねえちゃんそれは危ないからやめた方がいいと思う…」
~~~~~~


唯「というわけで私はムギちゃんがとてもうらやましいのです!」

紬「そ、そう…(良かった、引いてるわけじゃないのね)」

唯「それにおまたのお毛々は大人になるほどたくさん生えてくるってききました!」

紬「(中学3年生の時にはすでにこんな感じだったんだけど…///)」

唯「ムギちゃんは大人の中の大人なんだね!すごいよ!」

紬「あ、ありがとう」

唯「あれ?でも…ムギちゃんって金髪なのにおまたの毛は茶色なんだね」

しげしげと眺める。髪の毛の色と同じかなと思ってたけど。

唯「なんで?」

紬「それは…」

唯「もしかしてムギちゃん髪の毛そめてる?」

紬「違います///ほら」

ムギちゃんは腋をみせる。じーっと観察すると、うっすら毛っぽいものが見えた。

唯「おお!腋のお毛々は金髪なんですな!」

紬「うん。えと…お、おまたの毛は最初からこの色だったの…」

唯「ほぇ~不思議ですなぁ~」マジマジ

紬「(純粋な唯ちゃんはかわいいけど、おまたをこんな近くでずっと見られるのって…恥ずかしすぎる///)」

唯「そういえばいつから生えてきたのー?」

紬「え?」

唯「ムギちゃん普段から大人っぽいから、きっと早かったんだろうなー」

紬「こ、高校に入った頃ね(ほんとは小学5年生のときだけど…)」

唯「へぇ~割と最近なんだね」




※ 田井中律の解説コーナー!その2 ※

なんか陰毛のことだけでだいぶ話し込んでるが、髪の毛の色=陰毛の色

というのは当てにならん!と私は思う!

どちらかというと眉毛の色=陰毛の色説を私としては押したい!

さて今度は、ムギは自分の下の毛の濃さにコンプレックスを持っていたようだ。

眉毛が濃いから自然とそうなったんじゃ?と私は思ったが理由は別のところにあるようだ。

ムギはどうやら水着を着たり、誰かと風呂に入ったり、きわどいコスチュームを着るたびに

律儀にもお抱えのメイドに剃ってもらってたらしい。

あるいは自分で剃る日もあったそうな。何度も剃ってしまった結果、

必要以上にもっさーな感じになったという。

良家の令嬢故の悲劇…大変さね。

以上!説明終わり!





唯「さ、りっちゃんの詳しすぎる説明もおわったところで…あ、ムギちゃん」

ムギちゃんのワレメの下のほうからは透明な液体がこぼれている。

私はそれを指ですくってみた。

唯「おーなんじゃこれ…」

紬「それはね、女のコが興奮するとおまたから出てくるの…///」

唯「ほぇ~どれどれ」ペロッ

紬「あっ」

唯「うまいっ!」テーレッテレー

かすかに感じられる甘い香り、そして不快に感じさせないレベルの酸味…実にフルーティでおいしい。

唯「ムギちゃんすごいよ!この液体は出荷すれば普通に利益が出るレベルだよ!」

紬「あ、ありがとう//」

唯「んじゃちょいとま失礼して」

私はムギちゃんのおまたに顔を近づける。お汁をなめるだけじゃ何かもったいない。

紬「ゆ、唯ちゃん?」

ベロンッ

紬「ひゃう!」

唯「(こ、これは…!)」

ペロペロ

唯「(ヨ、ヨーグルト…!)」

紬「唯ちゃん、そんなとこ舐めちゃダメよ、汚いよ…」

唯「ブ、ブル○リアヨーグルトだよムギちゃん!」

ムギちゃんのおまたの味はまさしくブル○リアヨーグルトのそれだった。

唯「ムギちゃんのワレメの味はブル○リアヨーグルトっと…メモっとこ」カキカキ

紬「メモしなくていいから///(恥ずかしい…」

唯「えーと次は…ここに指を入れると確か気持ちよくなるんだよね?」イソイソ

紬「そっちはお尻の穴よ。ちょっとハードだと思う…」

唯「おお、ごめんなすって!じゃ、こっちだね」クパァ

指でムギちゃんのワレメを広げると、下の方に小さな穴があった。穴の入り口付近にはピンク色のビラビラした変なものがついている。

唯「なんだろ?これ」

紬「それは処女膜って言ってね…女のコの大事なところを(性的な意味で)守るものなの」

唯「つまり、バリアーみたいな感じなんですな?」

紬「え、ええ///」

唯「こいつがムギちゃんを気持ちよくさせる為の最後の障害かぁ。くらえーフィンガーストラーイク!」

私は人差し指を突き出した。

紬「(ああ、いよいよ破られるのね…お父様お母様ふしだらな娘をお許し下さい…)」ウルウル

唯「うりゃっ!」

勢いよく突っ込んだ。

紬「(うぅ、いたいっ!)」

唯「うぉう、ゆ、指が…」

まだ全然入れてないけどギチギチと強い圧迫を受けている。

紬「(いたい、痛い、いたい…でも言っちゃったら唯ちゃんを不安にさせちゃう…)

唯「う、動かない…」

更に奥に入れようとしたが完全に固められており無理だった。

ふと指の下を見ると赤黒い液体が流れている。これって…。

唯「ムギちゃん!ち、血が出てるよ!大丈夫!?」

紬「ハァ、そ、それはね…処女膜が破れた証なの…ハァ」

ムギちゃんはすごく苦しそうな表情をしている。もしかして私はとんでもないことをしてしまったんじゃ…。

唯「ごめんなさいムギちゃん!私何も知らなくて…。すぐ抜くから!」

ギチギチ

抜こうとしても抜けない。どうすればいいんだろう…?

紬「唯ちゃん、そのまま奥まで挿れて…」

ムギちゃんは私に微笑んだ。その目からは涙が流れていた。

唯「ダメだよムギちゃん!痛いんでしょ!私のせいで…」

紬「いいの…だって、ハァ、女としていずれ通らないといけない道、だし…。ハァ、それに唯ちゃんの好意を無下になんて…できないわ…」

ムギちゃんは泣いていたけど、その目には強い意思が宿っているようだった。私は頷いた。

唯「ごめんね、ムギちゃん…」

先ほどよりは中の締め付けは緩くなっていた。私は指をどんどん奥へ侵入させていく。

紬「(ううっ!い、いたい…いたいよぉ。でも、ゆいちゃんを、悲しませるのはイヤ…!)

唯「おお、全部はいった…」

紬「あ、ありがとう唯ちゃん…」ニコッ

ムギちゃんの顔には涙の跡が残っていたけど、その笑顔は私を安心させた。

紬「もう少しだけ奥まで入れてみて」

唯「こう?」グイ

あ、なんか変な出っ張りにあたった。

紬「それはね、子宮口って言うの。えと、あ、赤ちゃんが出てくるところ///」

唯「なんと!赤ちゃんってこっから出てくるの?」

コウノトリさんが運んでくるんじゃなかったんだ…。勉強になった。


唯「お?」

ふと指の腹にも妙な出っ張りが当たっていることに気付いた。コンコンとノックしてみる。すると。

紬「ひゃああああ!?」ビクン

ムギちゃんは大きく身体を震わせた。

唯「ごめん、痛かった!?」

紬「ううん、あ、あまりにも気持ちよくて…//」

ほぉ、これをノックするといいのか。私はムギちゃんに気持ちよくなってもらうため、その突起を連打した。

唯「うりゃうりゃうりゃうりゃ」トントントントン

紬「ひゃあん!ゆ、唯ちゃんそこは…くうっ、ひゃあ!ふああん!」

唯「うりゃうりゃうりゃりゃりゃりゃ」トントントントントントン

高○名人も驚くくらいの連打をする。

ムギちゃんは普段からは想像できないような声を上げて、身体をびくんびくんと震わせている。

もっと喜んでもらいたくて私は指の動きを加速させた。トントントン

紬「も、もうダメ…。ひゃああああああああん!!」

プシャー

唯「ぬぉおおおお!?」

ムギちゃんの上の穴から黄色い液体がほとばしる。その液体はキレイな放物線を描き…って実況してる場合じゃない!

なんとかしないと!私は空いている手で近くに転がっていた紙コップを手に取った。

これがあれば大丈夫!なはず。


唯「おおぅ…」

紬「ふあああああ…」

プシャー

紙コップにはカラカラと音を立ててムギちゃんのおしっこ?が注がれていく。

紬「ううぅ…いやっ……イヤぁっ…!」

ピュー

ムギちゃんは両手で顔を覆っている。凄く恥ずかしがっているみたいだ。

唯「…終わった」

もう少しでコップから溢れるというときになって、ようやくそのほとばしりは止まった。いやーよかった。

唯「えーと…ムギちゃん?」

紬「ごめんなさい…こ、この歳でおもらしなんて…」ヒック

唯「(やっぱりおしっこだったのか…)

紬「うぅ…唯ちゃん、お願い、嫌いにならないで…」グスン

ムギちゃんの声は震えていて、ほとんど涙声だった。私はなんとかして元気付けてあげたいと思った。だから。

ゴクッ

唯「…うまいっ!」テーレッテレー

紬「唯ちゃん!?」

紙コップの中の液体はしょっぱかった。けど、不思議なことに変なにおいはしなかった。

唯「ムギちゃんのおしっこ、おいしいよ!(塩味しかしないけど)これは、レモンティーとして売り出したら利益が出るレベルだよ!」

紬「ゆ、唯ちゃん///」


3