純「代わりにバイオリンとかチェロとか、もしかしたらコントラバスとか弾かなきゃいけなくなるかも」

唯「コントラバス??」

律『実物と唯が今想像してるコントラバスは違うと断言出来るな』

梓『変なバスでも想像してるんじゃないですか?』

唯「音楽部はギターひけないの? 元は一緒の音楽だったんだよっ!?」

純「想像してみてください唯先輩! NHK何かであるオーケストラに一人ギターがいたら……!」

唯「……」想像中

──

指揮者「」さっ

バイオリンを持った人「」ささっ

チェロ?を持った人「」さささっ

コントラバス?を持った人「」ぶぅんぶぅんっ

唯「」フンスッ!

指揮者「……うんたんっ」

唯「」ジャンジャンジャンジャンジッジャジャーン
コントラバス「」ぐぉんぐぉーん!
バイオリン「……」
チェロ「……」

──

唯「ダメだね!」

純「でしょう!?」


唯「仲直りは諦めよっか……」

純「軽音楽は軽音楽として生きていくべきですよ!」

唯「でも……ジャズは自由な音楽だから軽音楽と仲良しだよね?」

純「はい! ギターもベースもガンガンですよ!」

唯「もし純ちゃんが良かったら……来年軽音楽と仲良しになってあげてね」

純「へっ?? どういう……あっ」

梓『……』

澪『梓』

ぽん、と肩に手を置く澪。

純「……はい! 梓一人にはさせませんよ!(やっぱりいい先輩だよね、唯先輩も)」


得点!

②②①②②①③
律澪紬梓和憂さ

澪「最初はどうなることかと思ったけど」

律「気づいたら唯ワールド炸裂だよな」

紬「唯ちゃんワールド~」

和「しっかり勧誘してる当たり後輩想いなところは伺えたわね」

梓「……」

憂「良かったね梓ちゃん」

梓「……うん。(こんな時でもちゃんと考えてくれてたんだ…唯先輩)」

\唯澪律紬梓和純憂合
唯\⑧③③③⑦13⑦44
澪⑧\③⑨③17⑦-47
律③③\⑥⑮32-⑨68
紬③⑨⑥\③-34-55
梓③③⑮③\-28⑦57


律「この時点で唯は逆トップ確定か……」

澪「やっぱり唯は強いな」

紬「唯ちゃんさすがね!」

唯「もう終わったんだと思うとちょっと残念だけどね」

梓「こんなのさっさと終わらせて早く学園祭に向けて練習しましょう」

澪「そうだな」

律「全くだ」


唯「みんなひどいっ」

和「ロミオとジュリエッ(ry」

澪「あーあーただいまマイクのテスト中ー」

律「町内会のおっさんかお前は」

唯「次いっくよ~?」

唯「残すところ後五回となってきましたこの気まずさ選手権! 次の組み合わせは~」

紬「来たっ!」ムギュギュギュギュ

唯「はいっ! ムギちゃんと憂だよ!」

紬「やったわっ!!! ずっとロックオンしてたの~」

澪「いや、なにをだ」

憂「よろしくお願いします紬さん」

紬「ええ、こちらこそ」

紬「(憂ちゃんとスキンシップする千載一隅のチャンスよ!)」

紬「うふふひひ」ジュルリ


気まずさ選手権! リベンジマッチ!
十一回戦 紬憂

紬「今お茶入れるわね」

憂「あっ、私が入れますよ!」

紬「だーめ。憂ちゃんはお客様なんだから(健気な憂ちゃん可愛いわ~)」

憂「じゃあ…お言葉に甘えて」

紬「は~い」

しばらくして、

紬「どうぞ」

憂「いただきます」

数口それを口に含むと一気に憂の顔に笑顔が咲く。

憂「凄く美味しいです!」

紬「ありがとう」

憂「何か入れ方のコツとかあるんですか?」

紬「そうね~……。大したことはしてないけれど…」

紬「温度差が出ないようにティーポットは温めといた方がいいわね。後はお水はカルキが入ってないミネラル水を使った方が茶葉そのものの香りが出るかしら」

紬「茶葉の分量を正確に量るのは勿論ジャンピングも大切よ」

憂「ジャンピング?」

紬「紅茶を作る過程で茶葉はもまれるからどうしてもねじれちゃうの。それを沸騰し過ぎずでも温すぎずの空気を十分に含んだお湯をかけてあげることでポットのなかでのびのびと動き回るの~」

憂「ジャンピング……。(私もマスターしてお姉ちゃんに美味しいお茶を)」

紬「後は蒸らす時間も大切かしら。茶葉の大きさによって変わるんだけど…。大きいほど蒸らす時間を増やした方がいいかしらね。目安としては2~4分ぐらいかしら」

憂「はい!」

律『憂ちゃんメモとってるぞ』

澪『真面目だな』

梓『というか今までそんな高等テクニックを駆使してお茶を入れてくれてたことに驚きましょうよ』

唯『ムギちゃんいつもありがとう』

さわ子『そろそろ五分よ』

律「お~い五分経ったぞ~」

紬「えっ!!?」

紬「(しまったわ! お茶の話に夢中でなんにもスキンシップ出来てない!)」

憂「ためになる話をありがとうございました。紬さん」ペコリ

紬「(ああっ! 憂ちゃんが行っちゃう! これを逃したら自然とコミュニケーション出来る機会はもうないわ! 行くのよ紬! 憂ちゃんとコミュニケーション!)」

紬「」むぎゅ

憂「え?」

律「……なにやってんだ? ムギ」

紬「コミュニケーション」むぎゅん

憂「つ、紬さん?」

紬「憂ちゃんいい匂い……」

唯「とぅっ」ぎゅっ

憂「お姉ちゃん!?」

唯「憂はお日様の匂いがするね~」


得点!

①②②②②②②
唯律澪梓和純さ

律「最後の行動により加点!」

紬「憂ちゃんと仲良くなりたかったの……」

澪「さっきみたいに紅茶の話とかしてれば自然と仲良くなれるよ」

紬「うん……」

\唯澪律紬梓和純憂合
唯\⑧③③③⑦⑬⑦44
澪⑧\③⑨③⑰⑦-47
律③③\⑥⑮32-⑨68
紬③⑨⑥\③-34⑬68
梓③③⑮③\-28⑦57

梓「律先輩と並びましたね」

澪「接戦だな」

律「(そして見事出かけたメンバーは残ってる……か。出かけた時に如何に新密度を高めたかで勝敗が別れるな)」

唯「悲しいかな後四回でこの楽しい楽しい選手権も終わりだよ……。さて、後の四組は一体どのようなドラマを生むのか~? はいっ! 次はあずにゃんと和ちゃんだよ!」

梓「来ましたか」

さわ子「気まずくなりそうね。あんまり接点なさそうだし」

澪「(普通ならさわ子先生の言う通り気まずいところだけど……)」

律「(昨日一日でどれだけ距離を埋めて来たか……)」

和「じゃあ行きましょうか、梓ちゃん」

梓「はい、和先輩」


気まずさ選手権! リベンジマッチ!
十二回戦 梓和

和「昨日はごめんなさいね。色々と」

梓「いえ、楽しかったです」

唯『昨日とな!?』

律『ふっ、昨日から戦いは水面下で行われていたのさ!』

和「じゃあ昨日話せなかった私の兄弟の話でもしましょうか」

梓「はい! 聞きたいです! 和先輩の兄弟の話」

和「多分軽音部でも知ってるのは唯と憂くらいかしら。私には小学生の弟と妹がいるの」

梓「小学生なんですか。ずいぶん離れてますね」

和「そうそう。だから私が第二のお母さんみたいになっちゃってるわ」

梓「和先輩が面倒見がいいのはそこから来てるんですね」

和「ううん。逆よ逆」

梓「え?」

和「だって唯とは幼稚園の頃からの付き合いだもの。だからもう十年以上の付き合い」

梓「あっ、そっか。まだ小学生ですもんね。ってことは……」

和「そう。言ってみれば一番最初で一番手のかかったのが唯だったわけ」

梓「なるほど! 唯先輩っていう一番面倒がかかる人を身近で支えて来た和先輩にとって兄弟の面倒を見るのなんて朝飯前ってことですか!」

和「そこまでは言わないけど、まあ面倒見の源流は唯から来てるのは間違いないわね」

唯『あずにゃんも和ちゃんも失礼だね!』

律『苦労したんだな……和』

和「兄弟の話をしてたのにいつの間にか唯の話になっちゃってるわね」

梓「そうですね。それだけ和先輩にとって唯先輩は身近な人ってことですよきっと」

和「…そうね」

梓「(和先輩……?)」

そうね、と言ってどこか遠くを眺める和先輩。多分昨日話さなければわかっていなかっただろう。
この意味を……。

梓「……」

不意に悲しみが込み上げて来る、私のことじゃないのに……。
和先輩の優しさと、強さと、思いがわかってしまったから……。

梓「……」

私の瞳から、涙が滲んで、溢れ落ちた。

和「梓ちゃん?」

梓「えっ、はっい!」

和「どうしたの?」

梓「いえっ、これは、何でもないんです!」

制服の裾で必死に拭い取る。

梓「勝手に思い込んで勝手に悲しんで……その当人でもないのにバカですよね私」

その時だった。

他の何かが私の顔を拭ってくれる。

和「……」

梓「和先輩……」

無言で、けれど優しく私の顔をハンカチで拭ってくれた。
私には兄弟はいないけど、お姉ちゃんの匂いと言うのはまさにこんな感じなんだろう。

唯先輩とはまた違った暖かさだった。

和「間違ってたら……ごめんなさいね」

そう言って、和先輩はゆっくり喋り始めた。

和「唯と離れるのは確かにちょっと悲しいわ。けど他に仲の良い友達が出来てそれで唯が楽しそうなら私はそれでいいの」

梓「でもっ! やっぱり悲しいです……」

私には幼なじみはいない、けれどもし純が幼なじみだとして……昔は仲が良かったのに今は他の友達ばかりと遊ぶようになったらやっぱり悲しいし寂しいと思う。

それでも和先輩はそんなことは一切言わず、寂しさも見せず、心配もかけず、ただ、ただ見守ってくれている。

唯先輩だけじゃない。軽音部のみんなだって学園祭のことやクラスのことでお世話になってる筈だ。

それでも……っ! 和先輩は嫌な顔一つせずただ……見守ってくれている。

そして一番大切な唯先輩が遠くに行こうとしてることさえ唯先輩の幸せを考えて……それがいいって言ってくれている。

梓「どうしてそんなに優しくなれるんですか?」

心に渦巻く素直な気持ちをぶつける。
私なら絶対真似出来ない、絶対どこかで爆発してしまうような寂しさを抱えても尚、笑っていられる和先輩。

和「優しくなんてないわよ。ただ……人のことを好きになるのってそういうことだと私は思ってるから」

梓「好きになる……」

和「誰もが表面と裏側を一緒に持ちながら接してると思うの。ただ私はそれを出さないだけ。だって……、私が泣いてたらみんな困るでしょ?」

そう笑いながら答えてくれた。

梓「(もう……やめよう)」

一日やそこら一緒にいただけで踏み込める領域じゃないのだ。
あの二人の関係は……。


唯『……』

律『唯……お前、泣いてるのか?』

澪『律、そっとしといてやれ』

澪『(いつもみたいな冗談まじりの泣き方じゃない……。唯もわかってたからこそ流せる涙なんだよな。私と律も同じだから……わかるよ)』

そうして、長くて短い五分は終わった。


得点!

①③①①①①①
唯律澪紬憂純さ

律「あれ?! 見てる方はちょっと気まずかったからもっと行くと思ってたんだけど」

さわ子「りっちゃん、ここシリアスパートだから。ちゃんと空気読みなさい」

律「得点は厳正にじゃ……」

澪「優しさはあったけど、二人に気まずさはなかったよ」

律「得点つけるのって難しいな……」


和「ほら、終わったんだからもう泣かない」

梓「は゛い、すみ゛まぜん……」

和「また手のかかる妹が増えちゃったかしらね」

梓「私は唯先輩みたいに手を煩わせたりしません!」

和「あらそう? それは残念ね」

梓「次は私と和先輩の話をしましょう」

和「そうね。唯の話ばっかりしたら梓ちゃんに失礼だもの」

梓「そうじゃないんです。ただ、私にはまだ足りないから」

和「……そ」

いつか誰かと、唯先輩と和先輩みたいな関係になれたらいいな。


\唯澪律紬梓和純憂合
唯\⑧③③③⑦⑬⑦44
澪⑧\③⑨③⑰⑦-47
律③③\⑥⑮32-⑨68
紬③⑨⑥\③-34⑬68
梓③③⑮③\⑨28⑦66


律「梓に抜けられたのは痛い……」

澪「いよいよトップ争いか……。ははっ、鬱だな」

紬「後は和ちゃんとね(……あれ? 何話せばいいのかしら)」

唯「さっ! 気をとりなおしていくよ! 残る三つ! ガシャポン! 澪ちゃん憂~」

澪「よし! トリは回避したな!」

律「トリってだけで気まずくなれるもんな……」

唯「ではお二人ごゆるりと~」

憂「お姉ちゃん大丈夫?」

唯「ん? なにが?」

憂「ううん、何でもない」

唯「澪ちゃんとラブラブしちゃってらっしゃい!」

憂「うぅ……(お姉ちゃんは私と澪さんがそうなってもいいのかな?)」


11