唯「あずにゃん大丈夫かな?」

澪「治りかけだった体調がまた悪くなったのかな」

律「明日になれば元気になるだろ」

紬「そうだといいんだけど」


……

梓「はぁ…お腹痛いなんて嘘ついて部活早退するなんて…」

梓「でも唯先輩いつもと違ってた……ちょっと恐かったな」

梓「……私の気のせいなのかな」



……

律「それじゃあそろそろ私達も帰るか」

澪「そうだな」

唯「あ!そうだ!私帰りにあずにゃんの家行くよ、心配だしね」

紬「あれ?唯ちゃんって梓ちゃんの家の場所知ってるの?」

唯「ううん」

律「おい!」

唯「でも大丈夫、憂に電話して聞くから」

唯「うん、うん、そうなんだ…わかったよ憂、ありがとうね」

澪「わかったのか?」

唯「うん、これから行こうと思うんだけどみんなも来る?」

澪「ごめん唯、今日は部活終わったらすぐ帰るように言われてるんだよ」

紬「ごめんなさい、私もなの」

律「2人ともなんて冷たいんだ!!私は行くぞ唯!!」

澪「な!?しょうがないだろっ!」

紬「ごめんなさいね」




……

梓「はぁ……私明日から部活できるのかな」

梓「悩んでたら本当に体調悪くなってきた気がする」

梓「薬どこにあったかな……おかさ~ん」

シーン

梓「そうだった…今日はお母さんとお父さん仕事でいないんだ」

ピンポーン、ピンポーン

梓「誰だろ?新聞の勧誘かな?」

唯「あずにゃん私達が来てるなんてビックリするよね」

律「そうだな~ビックリする顔が楽しみだ」

梓「誰だろ……唯先輩!?」

梓「何で唯先輩と律先輩が私の家に!?わ、私先輩達に自分の家の場所教えてない!!」ブルッ

梓「じゃ、じゃあ何で私の家に」ブルブル

梓「ど、どうしよう…居留守した方がいいのかな」ブルブル

唯「あずにゃん出ないね~」

律「梓寝ちゃったのか?」

唯「せっかくきたのに~」

律「しょうがないよ唯、もう帰ろう」

唯「ぶ~」



梓「か、帰ったのかな?」


律「お!これは…」

唯「りっちゃんどうしたの?植木鉢の下なんか見て」

律「へへっ…もしかしたら」

律「やっぱりあった!!」

唯「何があったの?」

律「ふっふっふ…合い鍵だよ!!」


唯「わ!りっちゃん泥棒さんだ」

律「誰が泥棒だ!!」ゴンッ

唯「いてっ!」

律「よ~し、これで家に入って寝ている梓を驚かすか」

唯「やろうやろう」

梓「もうインターホンも鳴らないみたいだし帰ったみたい」


梓「でも一応ロックもしめと」

ガチャ

梓「えっ!?」ビクッ

梓「い、今鍵が開いたような」ブルッ

梓「き、気のせいだよね…気のせい…だって私は家にいるんだしお母さん達が帰って来るのは明日だし……」ブルブル

梓「気のせいだよね…気のせい……私の聞き違い」チラッ



唯「開いたねりっちゃん!!」

律「ああ…唯準備はいいか?」

唯「バッチリだよ!」

律「それじゃあ…」ガチャ

梓「ひっ!だ、誰!?」ブルブル

律「おじゃましm」ガンッドンッ

律「いてっ」

唯「りっちゃん大丈夫?」

律「いてて…梓の奴ロックかけてるのか」

梓「り、律先輩?な何で!?」ブルブル

唯「ああ…それはね律「ひみつ」

唯「りっちゃん?」

律「まぁまぁ、ここは私にまかせてよ」

梓「秘密ってどういう事ですか?」ブルブル

律「秘密は秘密だよ…私達は梓の事なら何でも知ってるんだぞ」


梓「な、なんでも?」

律「ふっふっふっ、例えば今日梓の両親が家にいない事とか(まぁ唯が憂ちゃんから聞いた事なんだけど)」

梓「な…な…何で知って…」

律「(ビビってるビビってる)」ニヤニヤ

律「アッハッハッハッ!!」

梓「っ!!」ビクッ

唯「り、りっちゃん?」


律「唯も私に合わせろ」ボソボソ

唯「うん…アッハッハッハッ!」

梓「ひぃっ!」ブルブル

律「梓の事なら私達何でも知ってるんだぞ~」

唯「そうそう、あずにゃんの事ならナ・ン・デ・モね」

唯律「「アッハッハッハッ」」

唯「だからさ~中にいれてよ~」


梓「く、来るなぁぁ!!」バンッ

唯「痛いっ!!痛いよあずにゃん!」

梓「帰れ!帰れ!帰れ!帰れ!」バンッバンッ

唯「痛い!痛い!手か挟まってるの!あずにゃん痛いよ!!」

梓「帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れかえれぇ~」バンッバンッバンッバンッバンッバンッ

唯「ごめんなさいあずにゃん悪ふざけが過ぎたよ!ごめんなさいあずにゃん!ごめんなさいごめんなさいごめんねあずにゃん!」

梓「っ!」

梓「スミマセン…今日はもう帰ってください」


唯「……うん、ごめんねこんな時間に」

梓「私こそ手…スミマセンでした」

唯「いいよ、別に」

梓「スミマセンでした」バンッガチャ

律「唯!!大丈夫か!?」

唯「えへへ…手が真っ赤」

律「うえっ、かなり痛そうだな」


律「梓の奴おかしかったな」

唯「りっちゃんが怖がらせるからだよ!!」

律「あ、あれはその……唯だって悪ノリしただろ」


唯「それはそうだけど……でも私だけこんな手に」

律「スマン唯!」

唯「ぶ~」

律「帰りにアイス奢るから!」

唯「…2段ね」

律「1段にしてくれないかな~」

唯「2段!!」

律「はいはい、わかったよ」



……

梓「う、嘘じゃなかったんだ!!純ちゃんの話しは嘘じゃなかったんだ!!」ブルブル

梓「私の事なら何でも知ってるって……私の家の場所知ってるなんて、それに鍵まで開けて」ブルブル

梓「…鍵?…っ!!」

梓「そうだ!何で鍵を開けれたんだろう……まさか鍵を作った?」

梓「そんな事ができるわけ……ムギ先輩」

梓「ムギ先輩の家ならもしかしたら!」

梓「じゃ、じゃあつまり先輩達は……イツデモワタタシノイエニハイレル」

梓「ツマリ……イツデモワタシヲコロセル」

梓「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」


梓「はぁ…結局眠れなかった」

梓「でもあんな事あったのに寝れるわけないか」

梓「学校休もうかな…」

梓「…って!ダメだ!!アイツらは私の家の鍵を持ってるんだ!!家の中なら安全なんて考えはないんだ」

梓「一年前の事件の犯人が先輩達なら先輩達が犯人という証拠がなかったんだ」

梓「なら私が突き止めやる…アイツらの化けの顔を!!」

梓「唯先輩、律先輩、ムギ先輩が犯人だという事はわかったけど澪先輩はどうなんだろう」

梓「律先輩と幼なじみだから澪先輩が知らないわけないと思うけど…」

梓「でも澪先輩ならもしかしたら……」

梓「…はっ!!」

梓「私は何を考えてるんだ!そんな考えは昨日捨てたはず!!」

梓「そうだ、私は殺されかけたんだ…アイツらに」

梓「……けいおん部の人達を信用しちゃダメだ」


梓「………ふぅ、何とか無事に学校についた」

梓「でもこの学校にはアイツらがいるんだ…殺人犯が」

梓「……気をつけないと」



憂「梓ちゃんおはよう」

梓「あ……憂」

憂「梓ちゃん大丈夫?お姉ちゃんから体調が悪いみたいって聞いたんだけど」

梓「それなら…」


梓「(まてよ…憂は唯先輩の妹だ、憂は知らないのだろうか唯先輩の事)」

憂「大丈夫?」ニヤリ

梓「っ!!!」

梓「(知らないわけがない!!憂が唯先輩の秘密を知らないわけない!!それにさっきの表情…」


憂「梓ちゃん大丈夫?」

梓「だ、大丈夫だよ!!(弱気になっちゃダメだ…強く見せないと……弱気を見せると殺されるっ)」

憂「そ、それなら元気だね」

梓「うん!大丈夫だよ憂!!」

憂「良かった~」

紬「唯ちゃんその手どうしたの?」

唯「これ?」

紬「手に包帯まいてるけど何かあったの?」

唯「えへへ…転んじゃったんだよね~」


紬「唯ちゃん大丈夫!?」

唯「大丈夫!大丈夫!」

律「おい唯」

唯「あずにゃんの事は言わない方がいいと思うの」ボソボソ

律「そうだな」

澪「それで梓は元気になったのか?」

唯「憂が言うには元気になったって言ってたけど」

紬「そうだわ!」

律「どうしたムギ?」

紬「確か体調不良の時にいいお茶があったのよ」ガサガサ

唯「そんなお茶あったんだ」

律「流石ムギだな」

澪「ああ」

紬「あったわ~」


……

梓「はぁ…これから部活か」

梓「恐いけど逃げちゃダメなんだ……逃げてもいずれ殺される」

梓「だったらアイツら殺人犯という証拠を突き止めて警察に……」

梓「大丈夫…大丈夫…大丈夫…大丈夫」ブルブル


梓「みなさんおはようございます」ガチャ



唯「あ~ずにゃ~ん」ガシッ

梓「く、苦しいです唯先輩!」

唯「あずにゃん大丈夫?」ギュー

梓「苦しいです~(でもあったかいなぁ…唯先輩ってあったかい)」ほわわ~ん

梓「(やっぱり私の気のせいかなって思ってくるよ)」

梓「(だってこんなにあったかい人が殺人犯だなんて思えない)」

唯「あ~ずにゃ~ん」ギュー


紬「梓ちゃんにねいいお茶があるの」

梓「私にですか?」

紬「梓ちゃん体調悪そうにしてたからね……このお茶は体にいいのよ」トポトポ

梓「ムギ先輩……ありがとうございます」

梓「(ああ…私はなんてバカだったんだろう、こんなに優しいムギ先輩を殺人犯だなんて…)」

梓「(律先輩や澪先輩だって犯人なわけない……私はなんてバカだったんだろう)」

紬「はい、梓ちゃん」

梓「ありがとうございます。」


ちょっとかなり無理やりな所があるけど見逃してな

梓「…おいしい」

紬「良かった~」

律「よ~しじゃあ私達もお茶にするか!」

唯「お~!」

澪「おい、練習は…」

律「そんなのあとあと~」

唯「あとあと~」

澪「しょうがないな」

梓「(部活がこんなに楽しいなんて思えたのはいつ以来だろ、随分時間が立ったような気がする)」

唯「あずにゃん食べないの?なら私がも~らおっ」

梓「ダメです!これは私が食べるんですっ」


唯「あずにゃんのケチンボ」ブー

梓「な!ケチじゃありません!だいたい唯先輩は自分の分食べたじゃないですか!!」

唯「ひゅ~ひゅ~」

梓「ごまかしてもダメです!」


紬「大丈夫よ唯ちゃん、今日はもう1つお菓子を用意したの」

唯「もう1つ!?」

紬「梓ちゃんの為に用意したんだけど量もたくさんあるからみんなにも出すわね」

梓「それってもしかして!?」


3