唯「なんでかな」

純「なんででしょうね」


律「おーす、唯」

唯「あ、りっちゃん!おはよう」

澪「おはよう」

唯「澪ちゃんもおはよう」

純「おはようございます、澪先輩!」

律「…なにやってんだ?唯」

唯「えへへー」

澪「唯がダッコちゃんみたいになってる」

純「重いです…」

唯「あのね、さっき校門の前で純ちゃんに会ってね」

唯「それで『あ、純ちゃんだ』と思って抱きついたらくっついて離れなくなっちゃいました!」

律「なるほど。わからん」

純「先輩、重いから離れてくださいよお!」

唯「だめだよ、だってくっついちゃってるもん」

純「えー…」

律「ほどほどにしろよ」

澪「私達、先に教室行くからな」

純「助けてくださーい!」


唯「とりあえず靴履こう?」

純「はい…」

純「うう、いろんな人がこっち見てるよ」

唯「んしょ、けっこう難しいねこれ」

純「先輩、どうしても離れられませんか」

唯「がんばってるんだけどねー」

純「そうですか」

純「とりあえず教室来てみたけど…」

憂「純ちゃん、おはよう」

唯「やっほー、憂」

梓「えっ、唯先輩!?」

唯「あずにゃん、おいっす!」

梓「おいっすって…唯先輩、なにやってるんですか?」

純「あずさあ、助けてよお」

憂「お姉ちゃん、純ちゃんにくっついて教室までついて来ちゃったの?」

唯「そうなんです」フンス

純「なんとかしてよこれ」

唯「純ちゃん、先輩に対してコレとか言っちゃだめなんだよ」

純「あ、すいません」

唯「純ちゃんは憂のマブダチだから許すけどね。かわいいし」

純「ありがとうございます。ってそうじゃなくて」

憂「そろそろ自分の教室帰らないとダメだよ」

唯「それがー、かくかくしかじかでー」

梓「なんですかそれ」

憂「それなら仕方がないかも」

梓「」

憂「うーん、純ちゃんにあんまり迷惑かけないようにね?」

唯「かけてません」

純「現在進行形でめちゃくちゃ迷惑かかってますよ!!」

唯「」ショボーン

純「あっ」

唯「ごめんね、私、迷惑だよね…」

唯「いつもいつも、憂にも、軽音部のみんなにも迷惑かけてばっかりで…」ふるふる

唯「そのうえ今日は純ちゃんにまで……うええええええ」

憂「お、お姉ちゃん」

梓「ちょっと、純!」

純「えっ、なにこれ、私が悪いの」

唯「うううああああん」ボロボロ

ざわざわ

純(やばい、ますます注目されてる)

純「べつに唯先輩の存在が迷惑とかじゃないですから!」

唯「ひっく…ほんと?」

純「ちょっと恥ずかしいなあと思っただけです!」

梓(ちょっとどころの騒ぎじゃないと思うけど)

憂(けっこう恥ずかしいよね)

純「で、でも、こんな寒い日にくっつけてむしろラッキーかなあとかも思ったりして」

唯「あ、そう?えへへ、うれしいなあ」

純「わあ、立ち直り早いっすね!」

唯「とりあえず座ろうよ。純ちゃんの席どこかな」

純「先輩、本気でここで授業受けてく気ですか。絶対先生に怒られますって」

唯「大丈夫、話せば分かってくれるよ。昔の人も言ってたよ、話せば分かるって」

純「それ言った人は撃たれて死んだんですよ」

純「……狭いですね」

唯「一人用の椅子だからね」

純「もう少しだけそっち詰めてもらえますか」

唯「ごめんね、私のお尻が大きいから」

純「いえ、そんなことないと思いますけど」

唯「ねえ、純ちゃん」

純「なんですか」

唯「さっきから私のおっぱいが当たってると思うんだけど」

純「ぶっ」

唯「どう思う?」

純「なんなんですか急に!先輩なにが狙いなんですか!?」

唯「憂と比べてどう?」

純「…憂のおっぱいに詳しくないんでわかりません」

唯「やっぱり憂の方が大きいかなあ」

純「どうでもいいですよ、そんなの」

唯「どうでもよくないよっ」

唯「おっぱいは大事だよ、大切なものなんだよっ」

唯「いきなり空気が抜けるようにして縮んじゃったりしたら大変だよ!」

純「そりゃ大変ですけど、そんなことありえませんから」

唯「純ちゃんも結構大きいね」

純「そうですか?やめてください、わざとさわらないでください!ちょっ、やめ」

唯「うう、先輩なのに負けてるかも…」

純「大丈夫ですよ、梓はもっと小さいですかr あ痛てっ!」

唯「鉛筆が飛んできた!あずにゃん、めっ!」


……

先生「加藤ー」

「はい」

先生「安藤」


純(結局HRの時間になってしまった)

先生「鈴木」

純「あっ」

唯「はい!はい!」

先生「はいは一回だぞ」

純「」

唯「でへへ」

純「…なんで先輩が答えるんですか」

唯「今の平沢唯は純ちゃんの一部なんだよ」

純「一部ですか」

唯「むしろ、鈴木唯と言ってもいいよ」

純「それは色々おかしいです」

唯「? 平沢純の方がよかった?」

純「そういうことじゃないです。むしろ悪化してます」

純「そんなキョトンとした顔されても…」

純「だって、なんか、それじゃアレみたいじゃないですか」

唯「あれ?」

純「アレはアレです」

唯「私達が結婚するみたいっておもった?」

純「なんでいっちゃうんですか」

唯「純ちゃん…」ムフフ

純「なんですかそのいやな笑い」

唯「もしかして照れてらっしゃる」

純「……」

唯「無視しないでー」


先生「鈴木は後で職員室な」

純「えっ、私が怒られる流れなの」



~授業中~

唯「じゅーんちゃん」

純「…………」

唯「純ちゃん、怒ってる…?」

純「…………」

唯「ごめんね」

純「怒ってない」

唯「怒った顔の純ちゃん可愛い」

純「怒ってないですってば。授業中なんだから静かにしてください」

唯「はーい」

純「私の一部なんだったらちゃんと授業聞いててよ」

唯「そっか。でも純ちゃんってあんまり真面目に授業受けるタイプじゃないよね」

純「私のなにがわかるんですか。実際そうですけど……」

唯「それにしても今の2年生は進んでるね!全然授業の内容がわからないよ」

純「たぶん去年と変わらないです」

唯「ええー、私こんなの習ったかなあ」

純「先輩ほんとに受験生ですか」

唯「そうだよ、カッコイイでしょ」

純「あんまり」

唯「がーん」

純「むしろカッコ悪いです」

唯「しどい……」


……

唯「」すやすや

純(静かになったと思ったら寝てる)

純(子どもみたいな人だ。ていうか赤ちゃん?)

唯「むにゃ……うい、アイス…」

純(寝言まで言ってるし。大丈夫なのかなこの人は)

純(でもちょっと可愛い……………なんて思ったり絶対にしないぞ私は!!)


憂「お姉ちゃんお姉ちゃん寝てるお姉ちゃんかわいいお姉ちゃんお姉ちゃん」ブツブツ

純(なんか異様な視線を感じる)ぞわ



~昼休み!~

純「あー、なんかいつもの倍疲れた!」

唯「お疲れさまです」

純「唯先輩のせいなんですからね」

唯「お詫びにマッサージを……!」むぎゅうう

純「ぐわ!やめっ、ひい!セクハラ!ちょちょちょちょちょっ、助けてうい!!」

憂「くすっ、もうすっかり仲良くなったね」

純「どこが!?なに『あらあらうふふ』って顔で温かく見守ってるのさ」

梓「純、お疲れ」

純「ねぎらいはいいから助けて!」


純「うう…汚された」

唯「ふんす!」

憂「それじゃご飯食べよっか」

純「もうやだこの姉妹」

唯「あっ」

梓「どうしました、唯先輩?」

唯「私ご飯食べれないや。手が」

憂「抱きついたまんまじゃ、ちょっと無理かもしれないね」

純「絶対無理だよ」

唯「どうしよー…」

純「離れてください」

唯「うーん、思ったんだけどさ、純ちゃんが私に食べさせてくれればいいんじゃないかな、ご飯」

純「ヤです。はーなーしーてくださーい!」

唯「それはできないんだよ」

憂「それなら仕方がないか」

純「おかしいよね」

梓「もうしょうがないんじゃない」

純「梓まで。くそう、他人事だと思って……」

唯「ご飯ー」

純「知りません。もう購買行きますから」ガタッ

憂「……」

梓「……」

純「……先輩、立ってください。先輩が立ってくれないと私が歩けません」

唯「おなか空いて力がでないよお」

純「そんなアンパンマンみたいな言い訳通らないです」グイッ

唯「ああんっ、やめてえ!ご無体をお」

純「変な声出すな」グイグイ

梓「純、もうあきらめた方がいいよ」

純「私のお昼どうするのさ!」

唯「私のお弁当をお食べよー」

純「アンパンマンみたいなこと言わないでください。それじゃ先輩はどうするんですか」

唯「私は純ちゃんの顔を食べるから」

純「カバおだった!」

唯「あはは、純ちゃん面白い!」

純「私はおもしろくないです!」

憂「ごめんね、私のお弁当も分けるから……」

純「ええー…もう」

梓「いいなあ、憂のお弁当」

純「いいと思うならこの立場を代わってよ」

梓「」ソソクサ

純「無言で離れるな」


純「はあ、やれやれ」モグモグ

唯「あーん」

純「」モグモグ

唯「じーっ」

純「憂って料理上手だね」

唯「じじーっ」

憂「そ、そんなことないよお」

唯「うぃんくっ」ぱちくり、ぱちくり

純「……なんですか」

唯「ご飯」

純「……梓もよくお弁当もってくるよね。自分で作ってるの」

唯「じゅんちゃーん?」

梓「お母さんに作ってもらってる」

純「だと思った」

唯「おーい」ぎゅ

梓「なんか感じ悪いなあ」

憂「あはは」

唯「………」さわさわ

純「ひゃん!」

唯「おお、へんな声でた!」

純「な、なんなの!さっきから!」

唯「だからご飯ってばー、私食べられないよ?」

純「知らないよそんなの!憂に食べさせてもらえばいいでしょ!」

梓「敬語、敬語」

唯「純ちゃんに食べさせて貰いたいよー」

憂「そういうことだから。ねっ、お願い」

純「うう…」

純「はいはい、わかりましたよ……なんで私が、梓でもいいじゃん…」

唯「わーい」ばんざーい

純「はいこれ」サッ

唯「」

憂「緑色の仕切り……」

梓「黒い…」

純「どうぞ」

唯「モグモグ」

純「ほんとに食べた」

唯「純ちゃんが食べさせてくれるなら、なんでも美味しいよお」

憂「お姉ちゃん……」

純「いやいや」

唯「ちょっと味ないけど…」

純「私が悪かったです!ぺっ して下さい!ちゃんと食べさせてあげますから!」


唯「うまい、うまいよ純ちゃん」

純「作ったのあなたの妹さんですよ」

唯「そうだけどお、純ちゃんが食べさせてくれるから美味しいんだよ」

純「さっきも聞きました、それ」

唯「何度でも言いたいよ」

唯「純ちゃん美味しいよ。美味しいよ純ちゃん」

純「私が美味しいみたいになってるからそれ」

梓「純、敬語」

唯「純ちゃんを食べたら美味しそう、じゅるり」

純「よこしまな目で見ないでくださいよ」

唯「美味しそうって言ったらなんでよこしまなの?」

純「くっ……ういー…」

憂「お姉ちゃん、あんまり純ちゃんを困らせないで」

唯「ほーい」

純「疲れる」



唯「はーっ、満腹満腹!」

純「……結局お弁当で昼休み全部使っちゃった」

唯「食べさせてくれてありがとう」

純「いいですよ……」

唯「純ちゃん、元気ない」

純「疲れてるんです」

唯「そっか。ねえねえところでさ」

純「何?」

唯「これ言うの恥ずかしいんだけどさ、さっきのお弁当……私達間接キッスだったよね////」

純「なんでそういうこといっちゃうの!?」

梓「純、敬語敬語」

純「うるさい、席戻れはやく!」


2