~・~舞台袖~・~
さわ子「おつかれさま。よかったわよ。演奏も、MCもね」

純「ありがとうございます!」

憂「先生の言ってた『気持ちいい』って実感できました!」

梓「……思い返すと、恥ずかしい……」

憂「でも、驚いたね」

純「予定にないところでしゃべりだすし、泣いてるし」

梓「言わないで……すごく恥ずかしいから……」

純「でもさ、泣く要素ってあったっけ?」

梓「自分でもわかんない。気づいたら涙が出てて、止めようと思っても止まらなくて、
  途中からもう、言いたいことだけ早く言って終わろうって」

純「なぞだ……」

さわ子「自分でも言ってたじゃない『今まで使命感みたいなのがあったけど今は違う』って」

憂「なるほど。張り詰めてた糸が緩んで、溜まってた気持ちが出ちゃったんですね」

さわ子「私はそう思うけどね」

梓「そう……なのかな?」

純「梓~、一人で抱え込むのはよくないと思うな~」

憂「そうだね」

梓「そ、そんなつもりは……」

憂「でもね、嬉しかったよ。『仲間』って言ってくれて」

純「うんうん」

梓「憂……純……」

純「梓……」

憂「梓ちゃん……」

梓「改めて……」

梓・憂・純「「「これからもよろしく!!」」」



さわ子「…………若いっていいわねぇ~」(超しみじみ


梓「あ、そういえば、紹介ビデオ……」

さわ子「心配しなくても、ちゃんと流してるわよ♪」

梓「ちゃんと最後のシーンはカットしてくれましたか?」

さわ子「それがねー、最近新入生に配る教材の準備や確認で忙しくて、編集できなかったのよね~」

梓「え゙……?」

さわ子「でもまぁ、大丈夫。ここにあるパソコンの映像がステージに流れてるだけだから
    タイミングを見て止めれば問題ないわ」

梓「ならいいですけど……ちゃんとやってくださいよ?」

さわ子「わかってるわ。ちゃんとね。ちゃんと」


HTT『せーのっ』

梓「そろそろですよ!」

さわ子「えぇ、そろそろね(チラッ」

純「ラジャりました!!(ガシッ」

梓「え?ちょっと、何!?」

HTT『軽音部で、お待ちしてまーす!!』

唯『来てね~』

律『うぇるこめー!』


さわ子「ちゃんと最後まで流すわ♪(邪笑」

梓「ちょ、ちょっと!待って!純!離して!」

純「いーじゃんいーじゃん」

梓「嘘でしょ?ちょっと!!に゙ゃああああああああああ!!!」


梓『けっ軽音部へ、ようこそ   にゃん?』


会場「………………」


C「今の……ギターの先輩、だよね……」

A「そう……だね……」

C「っていうか……」

A・C「「何あれ?」」


D「なんか……個性的だね……」

B「……うん(か……かわいい……)」


~・~翌日放課後、音楽準備室~・~
梓「…………(ブスー」

純「梓ぁごめんって。そろそろ機嫌直してよ~」

梓「ふんっ」

憂「こんにちはー。あれ?純ちゃん、まだ梓ちゃんに口きいてもらえないの?」

純「うん、昨日からずっと。ねぇ梓ってばぁ~」

B (・_[ドア]

憂「梓ちゃん、純ちゃんもすごく反省してるみたいだし……」

梓「…………これで部員が入らなかったら、純と先生のせいだからね」

憂「大丈夫だよ!ちゃんと演奏を聞いて入ってくる子がいるよ」

梓「だって、あんな白けた空気……」


~・~廊下~・~
B「……(取り込み中かな?出直したほうがいいかな?)」

A「ねぇ、あんた何してんの?」

B「(びくっ)……えと、私はその、別に怪しいものではなく……」

A「や、あんたが誰かじゃなくて、っていうか制服着てるのに怪しいも何も……」

B「あ、うん。ごめんなさい……」

A「で、何してんの?」

B「え……と、中、取り込み中みたいだから……」

A「それで待つように言われたんだ?」

B「ううん、まだ聞いてないけど……」

A「んじゃぁ聞いてみたらいいじゃん。私も用があるし、ほら行くよ(がしっ」

B「ぇ?え?ちょっと……」

A「こんちはー(がちゃ」



~・~室内~・~
A「こんちはー(がちゃ」

憂「はぁい」

A「ここって軽音部の部室ですよね?」

憂「そうですよ」

梓「純、今度は何やったの?」

純「何もしてないってば」

A「入部届け出しに来ましたー!1年3組、Aです!
  希望パートはボーカルで、えっと、他に伝えたほうがいいことってあります?」

梓「ぇ…………本当に……?」

A「は?」

梓「本当に入部希望?」

A「えぇまぁ、そうですけど」

梓「……」

憂「……」

純「……」

A「……あの?」

梓・憂・純「「「いやったああああ!!」」」

梓「あ、そんなとこ立ってないで、座って座って」

憂「今お茶入れるね」

B「あのぉ……(・_[ドア]」

純「1名様入りまーす。あ、日本茶だけど、嫌いだったりする?」

A「え、あ、いえ」

憂「お茶菓子に甘いもの大丈夫?」

A「はぁ、食べれまs……」

梓「ずっとボーカル一本で続けて来たの?語り弾きとかは経験なし?」

A「楽器は……アコギをちょこっとだけ。一曲も覚えられなくt……」

純「好きな音楽は?(ずずいっ」

A「っていうか!質問早っ!顔近っ!!」

A「(助け舟は……そうだ!)さっきの子は……っていねぇ~~~!!?」

梓・憂・純「「「さっきの子?」」」

B「ここに……」(・_[ドア]

梓・憂「「ひぃっ!?」」

純「貞子!?」

A「……なんで隠れてんの?」

B「隠れてるというか、今出て行ったら邪魔かなって……」

A「何か用があったんじゃないの?」

B「(こくこく」

憂「な、なんでしょう?」

B「私も……入部届けを……」

純「おー、2人目」

A「なんだ、あんたも入部希望だったんだ?」

B「う、うん」

A「新入部員同士、よろしく」

B「ぁ、こちらこそ……」

梓「…………」

梓「……よかった、よかったよぉ」

憂「梓ちゃん……よしよし」

B「えっと、ご迷惑でなければ……」

梓「迷惑なんてこと、全然ないよっ!」

純「こっちに来て座んなって。……えっと」

B「Bです。1年2組です」

憂「Bちゃんね。さ、座って。今お茶出すから」

梓「永谷さんはどのパートやるの?」

B「えと、ドラムをやりたいなって。あの、もちろんただの希望なので、他をって言われれば……」

純「おぉ~、今ちょうどドラムがいないから、ちょうどいいね」

B「(よかった……)」

憂「お茶入ったよ~」

純「今日のお茶菓子は~、お、羊羹!やりぃ」

―わいわい―

純「んじゃここで、部長の梓から新入部員に挨拶~」

梓「えぇ?」

憂「梓ちゃん頑張って」

梓「そんな話聞いてないんだけど……」

憂「いいからいいから」

純「部長としてここはビシッと決めてやんな」

梓「え、あ、えっと、そんな姿勢正さなくていいよ?」

A・B「「はい(びしっ」」

梓「うわー、緊張する……」

梓「えと、それじゃぁ……(コホン」


梓「Aさん、Bさん、軽音部へようこそ!」



A「…………『にゃん』って入らないんですか?」

梓「あ、あれは違っ……!!」


~・~廊下~・~
さわ子「新入部員、入ったのね」

室内「(やんややんや)」


さわ子「……邪魔するのも野暮、か」

さわ子「しかたない、今日は職員室で真面目に仕事でもしようかしら」





さわ子「よかったわね」



~・~・エピローグ・~・~
憂「こんな感じで、新入生が2人入部してくれました」

憂「Aちゃんは明るくて、ちょっとお調子者で、ひまわりみたいな子です]

憂「たまに梓ちゃんに怒られたりして、律さんみたい(笑」

憂「もう一人のBちゃんは、逆に物静かで」

憂「最初は無口だし、少し不気味で怖いイメージがあったけど、実はすごくやさしい子です」

憂「2人ともすっかり打ち解けて、今は学祭に向けてみんなで曲を作ってます」

憂「Aちゃんは歌いながらギターを弾くために練習中だし、Bちゃんは塾があるから週2回お休みだけど、作詞もしてくれて」

憂「そうそう、Bちゃんの書く詞は、澪さんの詞と似ててとってもかわいいです」

憂「部活ってこんなに楽しかったんだね」

憂「放課後が待ち遠しくて、毎日がとても充実してます」

憂「ちょっと長くなっちゃったけど、以上、軽音部の近況です。―――」



唯「―――お姉ちゃんも体に気をつけて、大学生活を楽しんでください」


唯「以上、憂からのお手紙でしたー」

律「なぁ……憂ちゃんの手紙っていっつもこんなに長いのか?」

唯「わかんない。離れたことがないから、手紙もらったのも初めてなんだよね」

澪「それだけ伝えたいことが多かったんだろ」

紬「でも、梓ちゃんたちも頑張ってるのね~」

澪「そうだな。それにしても、律みたいな後輩か。梓も苦労するな……」

律「澪ちゅわ~ん、どーゆー意味かなー?」

澪「そのまんまだろ」

律「へぇ~そんなこと言っちゃっていいのかなぁ~?チラッ♪」(マル秘写真

澪「な、こら!律!」

律「おほほほ、捕まえてごらんなさ~い」

澪「待て!よこしなさい!」

――どたどた――

紬「あ、そうだ!」

唯・澪・律「??」


紬「今度の桜高祭、みんなで梓ちゃんたちのライブを見に行かない?」

澪「あぁ、それはいいな」

唯「私もさんせーー!!」

律「よぉし、かわいい後輩の成長ぶりを確かめに行ってやるか~」

澪「そういう台詞を言う前に、私たち自身も成長しなきゃな」

唯「そうだよ、りっちゃん。いつまでも高校生気分じゃあずにゃんに笑われるよ?」

律「なにおぅ!?」

澪「唯も。そろそろギターの腕で梓に追いつかないとな」

律「こりゃ特訓かなぁ~?」

唯「えぇ~、そんなご無体なぁ~~(フニャフニャ」

紬「うふふ……」

スタジオ店員『放課後ティータイム様、3番の部屋空きましたんでどうぞー』

律「おぉっし!梓たちに負けないように、私たちも気合入れていくぞー!!」

唯・澪・紬「「「おーーー!!!」」」
                           ~完~