憂「はぁ・・・なんで私、女の子なのにおちんちんがついてるんだろう・・・」

憂「と、とにかくお姉ちゃんが帰ってくる前に処理しないと・・・」

憂「お姉ちゃんは今日も部活のはずだし、まだ大丈夫だよね・・・」

憂「お、お姉ちゃんのパンツ・・・」

憂「はぁ・・・はぁ・・・あぁ、ちょっとおしっこの匂いがするよぉ」

憂「だめ・・・もうすごい勃起しちゃってるよ・・・」

シュッシュ!

憂「気持ちいい・・・おちんちん扱くの気持ちいいよぉ・・・」

憂「はぁ、はぁ、お姉ちゃん・・・お姉ちゃん・・・」

憂「あ、あ、あ・・・」

憂「お姉ちゃんのお口に思いっきり、突っ込みたいよぉっ」

憂「お姉ちゃんのアソコに入れて、精液中だししたいよぉっ!」

憂「あぁ・・・でる・・・お姉ちゃんだすよぉ・・・」

憂「でる・・・でちゃうぅっ!!お姉ちゃんのパンツに思いっきりぶっかけちゃうっ!」

ビュル!ビュルル!

憂「あ・・・ああ・・・きもひいい・・・」

憂「・・・・・・」

憂「洗濯しなきゃ・・・」

憂「またやっちゃった・・・」

憂「しかもお姉ちゃんのパンツで・・・」

憂「うう・・・ごめんねお姉ちゃん・・・こんな変態な妹で・・・」

憂「でも・・・」

憂「もうオナニーだけじゃ物足りない・・・」

憂「お姉ちゃんのお口でしゃぶって欲しいなぁ・・・」

憂「お姉ちゃんのアソコにいれてみたいなぁ・・・」

憂「あ・・・またおっきくなってきちゃった・・・」

憂「ほんと私って変態だ・・・」


……

唯「ただいまー!」

憂「お、お帰り、お姉ちゃん」

唯「うい~おなかすいたよ~」

憂「すぐ用意するから待っててね」

唯「あいあいさー!」

憂(ああ・・・やっぱりお姉ちゃんはすっごく可愛いよぉ)

憂(そんなお姉ちゃんを、私ので汚してみたい・・・)

唯「ういー?どうしたの、ぼーっとして」

憂「あ、な、なんでもないよ!」

憂(だめだめ!こんな考えは捨てなきゃ・・・)

唯「ごちそうさまー」

憂「お粗末さまでした」

唯「私、お風呂入ってくるね~」

憂「うん、いってらっしゃい」

憂「・・・・・・」

憂「お風呂かぁ・・・お姉ちゃんが裸でいるんだよね・・・」

憂「お姉ちゃんの裸・・・どんなのだろう・・・」

憂「あ・・・またおちんちんが・・・」

憂「だめだよ・・・お姉ちゃんがいるんだから・・・」

憂「さあ、片付けしないとね」


唯「ういーういー!」

憂「どうしたの?おねえちゃ――」

憂「ちょ、ちょっとお姉ちゃん!?その格好は・・・」

唯「へ?」

憂「せめて、バスタオル巻いて出てきてよ!」

唯「えっ?別に姉妹だし気にしてないよ?」

憂「お姉ちゃんが良くても、私が気にするの!」

憂「で、何なの?お姉ちゃん」

唯「あっ、ボディソープが切れてたよ~。替えってどこにあるの?」

憂「後で私が出しておくから、その格好でうろうろしないで!」

唯「はーい」



憂「お姉ちゃんの裸・・・はっきり見ちゃったよ・・・」

憂「お姉ちゃんのおっぱいに・・・お姉ちゃんのあそこ・・・」

憂「だめ・・・あんなの見て我慢できる訳ないよぉ・・・」

憂「はぁ・・・すごい・・・もうがちがちだよぉ」

シュッシュ!

憂「はぁっ!はぁっ!」

憂「お姉ちゃんの裸・・・綺麗だったなぁ・・・」

憂「私の精液でドロドロにできたら・・・」

憂「あぁ・・・はひぃ・・・だめぇ・・・」

憂「もうでちゃう・・・すぐでちゃうよぉ・・・」

憂「でる・・・でる・・・お姉ちゃんっ!」

ビュルル!ドクドク!

憂「だめぇ・・・全然治まらない・・・」

憂「お姉ちゃん・・・お姉ちゃん・・・」

憂「こんな妹でごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」

憂「でも、我慢できないのぉっ・・・」

憂「いくぅ・・・いっくぅぅううぅう!」

ビュルル!ビュ!ビュ!

憂「はぁ・・・2回目なのに凄い量・・・」

憂「なのに・・・まだまだ治まんないよぉ」



~深夜、唯の部屋~

唯「すーすー」

憂「お姉ちゃん・・・よく寝てるね・・・」

憂「お姉ちゃんが悪いんだよ・・・あんなに無防備で・・・」

憂「お姉ちゃんの裸見てから、一人でやってもすぐ勃起しちゃうんだから・・・」

憂「もう、こんなにおちんちんおっきくなってるんだから・・・」

シュッシュ!

憂「あぁ・・・私、お姉ちゃんの目の前でおちんちん扱いちゃってるよぉ」

憂「すごいぃ・・・いつもより気持ちいい・・・」

唯「うーん・・・・・・」

憂「お姉ちゃんの顔にかけちゃうよ!お姉ちゃんの綺麗な顔を私の精液まみれにしちゃうよ!」

憂「あぁ・・・いく・・・いく・・・い、くぅ・・・」

ビュルル!

憂「はぁ・・・はぁ・・・」

憂「ふふふ・・・お姉ちゃんの顔ドロドロ・・・」

憂「そんなお姉ちゃん見てると、またしたくなっちゃう・・・」

憂「次は、お姉ちゃんのお口で・・・」

憂「起きちゃうかな・・・ああ、もういいや。起きちゃっても・・・」

唯「んん、あむ・・・」

憂「すごい・・・お姉ちゃんの口の中・・・温かくて気持ちいい」

憂「こんなの・・・動かさないでいるなんてむりぃ・・・」

ジュボジュボ!

唯「うん・・・むう・・・」

憂「ひゃう・・・舌が動いて・・・しゅごいよぉ・・・」

唯「あむ・・・ん・・・」

憂「らめぇ・・・刺激つよしゅぎぃ・・・お姉ちゃん寝ぼけてるのかな」

憂「あぁ・・・自然に腰が動いちゃう・・・」

憂「はぁ、はぁ!」

唯「ん・・・むう・・・ん・・・?」

憂「ああ、お姉ちゃん起きちゃうかな!?でも、無理!もう出ちゃう、お姉ちゃんの口に出しちゃう!」

憂「いく・・・いっぐうぅぅうぅうう!!」

ビュルル!ビュルル!

唯「むう、んん~~っ!?」

憂「すっごいいっぱい出てるぅ!お姉ちゃんの口に精液出しちゃってるぅ!」

憂「飲んで!全部飲んでぇっ、お姉ちゃん!」

唯「んん~~~!?」

憂「駄目だよぉ・・・飲んでくれるまで、口から抜かないからね・・・」

唯「うう・・・んん・・・うむぅ・・・ごくごく・・・」

憂「ひゃん・・・いいよぉ・・・残ってるのも吸ってぇ」

唯「・・・・・・ちゅうううう」

憂「はへぇ・・・いいよぉ・・・きもひいい・・・」


唯「おえぇ・・・ごほっ、ごほっ・・・」

憂「ああ、お姉ちゃんったらせっかくの精液吐いちゃ駄目だよ・・・」

唯「う、憂・・・どうしたの!?そ、それにそれ、お、おちんちんじゃ・・・」

憂「そうだよ・・・もうずっと前から・・・」

憂「このおちんちんで、お姉ちゃんを犯したくて、滅茶苦茶にしたくてしかたなかったんだから・・・」

唯「ひっ・・・!?」

憂「今まで一人で我慢してたけど、もう無理だよ・・・」

憂「お姉ちゃんが悪いんだからね・・・全部お姉ちゃんのせい・・・」

唯「あ、あの・・・私が悪いのなら謝るから、許して・・・」

憂「ふふふ・・・無理だよ。もう我慢できないんだもん」

憂「お姉ちゃんを滅茶苦茶にしないと、私のおちんちんが静まらないよ・・・」


唯「いやぁ・・・うい、やめてぇ・・・」

唯「やめてぇ!憂、お願い正気に戻ってよ・・・」

憂「私は至って正気だよ?」

憂「こうやってお姉ちゃんのパジャマを脱がさないと、お姉ちゃんを犯せないじゃない」

唯「いやぁ・・・やめて、やめてぇ!」

憂「ふふふ・・・お姉ちゃんの下着可愛い・・・」

憂「すーはー・・・あぁ、すっごいいい匂い・・・ちょっとおしっこの匂いがするね」

唯「やぁ・・・そんなこといわないでぇ・・・」

憂「お姉ちゃんの泣かないでよ・・・そんな顔見ちゃうと、もっと興奮しちゃうよ・・・」

憂「もう、おちんちんもお姉ちゃんの中に挿入れるからってこんなに大きくなっちゃった・・・」

唯「ひいっ・・・そんなの無理・・・挿入らないよ・・・」

憂「じゃあ、いっぱい濡らさないとね・・・」

唯「えっ・・・?」

憂「沢山濡らしておこうね・・・」

唯「やぁ・・・そんなとこ触っちゃぁ・・・」

憂「あれぇ・・・ちょっと濡れてるよ?下着の上からでも解る・・・」

憂「お姉ちゃん、ちょっと期待してるんじゃないの・・・?」

唯「そ、そんなことないよ!」

憂「じゃあ、私に無理矢理口の中犯されて感じちゃったの?お姉ちゃんって、マゾなの?」

唯「違う・・・違うもん・・・」

憂「ふふふ・・・何でもいいけどね・・・こんなことでも濡らしちゃう淫乱なお姉ちゃんってことには変わらないんだから」

唯「いやぁ・・・いやいや・・・」

憂「お姉ちゃんも気持ちよくしてあげるね・・・」

唯「だめぇ・・・下着脱がしちゃ・・・だめぇ」



クチュ・・・

憂「そんなこと言って、さっきより濡れてきてるよ?糸引いちゃってる・・・」

憂「私に言葉で罵られて、感じちゃったの?お姉ちゃんって変態だったの?」

唯「違うもん・・・違うもん・・・」

憂「あぁ・・・お姉ちゃん可愛いよ。いっぱい気持ちよくなってね・・・」

クチュクチュ

唯「ひゃん・・・あぁ・・・はひ・・・やめてぇ、うい・・・」

憂「やめて欲しいの?どんどんえっちなお汁が溢れてくるよ・・・?」

唯「嘘・・・うそだよぉ・・・」

クチュクチュ!

唯「はあん、あひぃ・・・らめぇ・・・もうやめへぇ・・・」

憂「こんなにえっちな音させてるのに?そんなにえっちな声出してるのに?」

憂「もう私の指、お姉ちゃんの愛液でべちゃべちゃだよ?」

唯「もうやめてぇ・・・うい・・・」


憂「じゃあ、やめてあげるね」

唯「えっ・・・?」

憂「あれぇ、ちょっと残念だった?」

唯「そんなことないもん・・・」

憂「ふふふ・・・心配しなくても、今度はお姉ちゃんの可愛いおっぱいを弄っちゃうだけだから」

憂「ほらほら、もう全部脱いじゃおうよお姉ちゃん」

唯「やあ・・・やめてぇ・・・」

憂「もう諦めちゃおうよお姉ちゃん。素直に気持ちよくなろうよ」

唯「でも、おかしいよ・・・こんなこと・・・」

憂「こんなに乳首ビンビンに勃起させて言っても説得力ないよ、お姉ちゃん」

クリクリ

唯「ひゃああん!だめぇ・・・触っちゃ・・・」


唯「ひゃん・・・はひぃ・・・らめぇ・・・」

憂「お姉ちゃんすっごい感じてない?胸弱いのかな?」

憂「ほら気持ちいいんでしょ?」

唯「ああん・・・ひゃひ・・・う、うん・・・きもひいい・・・」

憂「アソコからもいっぱい愛液が出てるよ」

唯「らってぇ・・・きもちいいもん・・・」

憂「ふふふ・・・お姉ちゃんの弱点もわかった所で、本番だよ」

憂「もう私も我慢できないよ・・・」

唯「あぁ・・・やっぱりやめようよ・・・そんなの挿入らないよ・・・」

憂「やっと、お姉ちゃんを滅茶苦茶に犯せるのに・・・やめる訳ないよ」

憂「いくよ、お姉ちゃん」

唯「だめぇ・・・憂」


憂「はぁ・・・お姉ちゃんの・・・きつい・・・なかなか挿入らないよ」

唯「うい・・・やめてぇ・・・痛い、痛いよぉ・・・」

憂「先っぽ挿入れただけなのに、こんなに気持ちいいのに、やめるなんて無理だよ」

唯「あ、ぎぃっ・・・いだい・・・」

憂「ああ、もう我慢できないよ。一気に挿入れちゃうよ!」

唯「あ・・・」

ズン!ブチッ!

唯「あぎぃいぃいいぃい!?」

憂「ああ・・・すごい気持ちいい・・・お姉ちゃんの中すごい・・・」

憂「血がいっぱい出てるね・・・お姉ちゃんの初めて私がもらっちゃったんだ」

唯「うい・・・いたい・・・ぬいてぇ・・・」

憂「それじゃ、動くね」

唯「えっ・・・」


2