憂「お姉ちゃん、良かったの?」

唯「んー?何が?」

憂「今年はうちでみんなを呼んでクリスマスパーティとかしないの?」

唯「うん、いいんだよ、外国ではクリスマスは家族で過ごす日なんだよー」

憂「じゃあお姉ちゃんは外国人だね」

唯「じゃあ憂も外国人だ」

憂「ええ~」フフッ

唯「しっかしこんな日にうちの親は何をしてるんだろねぇ」

憂「ラブラブだからねー」

唯「まったく!あの放蕩父母は!」

憂「放蕩は放浪とは意味違うよー」

唯「そうなんだー」

憂「自由気ままって意味では合ってるかもしれないけどね」

憂「でもやっぱりみんな呼んだほうが賑やかで楽しいと思うんだ」

唯「しかしだねぇ、りっちゃんと澪ちゃんは二人で出掛けてるし」

唯「あずにゃんは家族でパーティだし」

唯「ムギちゃんも忙しいみたいだし……」

憂「そっか、現実は非情だねー」

唯「うん、そうだよねぇ」

憂「じゃあ私純ちゃん呼ぼうかな」メルメル

唯「あ、そういえば和ちゃんは大丈夫なのかな?」メルメル

ジュウゴノハルニデ-アッテイライ-♪

憂「あ、純ちゃんから……」

純『やっと私もそういうイベントに呼んでくれたんだ!すぐ行くよ!』

憂「……あー、そういえば純ちゃん呼んだことなかったような」

ゴーハンーハスーゴイーヨ♪

唯「和ちゃんからも来た」

和『私は大丈夫よ、今日なら予備校もないし』

唯「簡潔な内容だね」

憂「和ちゃんらしいね」

唯「これで私と憂と和ちゃんと純ちゃんの4人かぁ」

憂「大分賑やかになるね!」

さわ子「私もいるわよ」ヌッ

憂「きゃあああああ!?」

唯「あ、さわちゃん!」

さわ子「祭りと聞いて飛んできました」

憂「先生はこの家の盗聴でもしてるんですか?」

唯「あれ?先生今日は一人なんですか?」

さわ子「……」

憂「ま、まぁまぁ……」

和「おじゃましまーす」

唯「あ、和ちゃんだー」

和「あら、先生もいたんですか」

さわ子「一足お先にね」

和「この距離なら私が確実に一番だと思ってたのに……」シュン

唯「和ちゃん!?」


純「おじゃましまーす」

憂「純ちゃん、どうぞ~」

純「え?なんで先生と生徒会長さん?唯先輩がなにかやらかした?」

唯憂「純ちゃんひどーい!」

純「あ、ごめんなさい、軽いジョークです」

和「なにこの子、犬?」

純「ひどいですワン」

憂「この子は純ちゃん、私と梓ちゃんと仲良いんだよ」

純「どうもー、以後お見知り置きを」

和「どうも、生徒会長の真鍋和です、そんな堅苦しい挨拶はいらないのに……」

純「できれば私にも出番をください」

和「それを私に言ってどうするの?」

さわ子「それにしても珍しいメンツね」

和「そうですね、やっぱり軽音部がいないのが」

唯「私も軽音部だよー」

和「そういえばそうだったわね」

唯「和ちゃんひどーい!」

和「未だに唯がギター弾いてて歌ってるのが想像しにくくて」クスッ

憂「純ちゃん、そういえば……」

純「なに?」

憂「お姉ちゃん達が卒業したら、純ちゃんは軽音部に入る?」

純「なんで今その話?」

憂「最近梓ちゃんと一緒の時間が多いから、梓ちゃんに今なら聞かれてないしね♪」

純「私は入ってあげるつもりだけど」

憂「やっぱり」

純「やっぱりって何よー」

憂「私もだよ」

純「うん、これで梓も寂しくないよね」

さわ子「話は聞かせてもらったわ、梓ちゃんは滅亡する!」

憂純「な、なんだってー!」

さわ子「……という冗談はさておいて、ありがとうね、二人とも」

憂「いえ、私はお姉ちゃんが大学生になったらお世話しないって決めてましたし」

純「大学行けないかもよー?」

憂「そ、そんな!」

さわ子「この家から通うかもよー?」

憂「あわわ……」


純さわ子「冗談よ、冗談♪」

憂「もう……」

唯「そうだ!ご飯はあるの?」

憂「実は今日軽音部のみなさんが集まっても大丈夫なように6人分のご飯があります!」フンス

純「さすが憂、用意周到だ」

さわ子「私は計算に入ってなかったのね……」

和「今いるのが5人だからちょっと多いかもしれないわね」


……

憂「みなさん自分の分のお料理はちゃんとありますか?」

唯「バッチこい!」

和「問題ないわ」

さわ子「憂ちゃんの料理はおいしそうね」

純「唯先輩が羨ましいよ」

唯憂「えへへー」

さわ子「そういえば、美味しい飲み物があるの」ドンッ

唯「シャンパン?」

憂「しゃ、シャンメリーですよね!私達未成年だし!」

純「シャンメリーでもアルコールは入ってるんじゃない?」

さわ子「そう、これはシャンメリー、でもクリスマスだもの、このぐらいの飲酒は許されるわ」

和「教育者が言うことですか……」

唯「じゃあ、メリークリスマース!」

憂和純さわ子「メリークリスマース!」

唯「んまーい!」

憂「お姉ちゃん溢してるよー」フキフキ

唯「すまんねぇ」

さわ子「お婆ちゃんか」

唯「私がお婆ちゃんだったら先生は……死んでる!?」

さわ子「あなたよりは長生きするようにするわ……」ピキピキ

憂「ひぃ……」ビクッ

和「そういえば純ちゃん、だっけ」

純「はい」

和「さっき憂と話してたみたいだけど、軽音部に入るのよね?」

純「ええ、聞かれてたんですか」

和「憂のこと、よろしくね」

純「もちろんですよ」

和「あの子、しっかりしてるようでどこか抜けてる所があるし、変なことで考えつめちゃったりするから」

純「知ってます、付き合い長いんで」

和「私には敵わないでしょうけどね」フフッ

純「あ、そういえば生徒会長さんは幼馴染ですもんね」

和「私は遠くの大学に行くし、唯も大学行ったら一人暮らしみたいだから
  来年はあなたが一番の幼馴染よ」

純「一番かー、いいですね、この響き!」

和「そうでしょう」

唯「ほらほら、食べる手が止まってるよ二人とも」モグモグ

さわ子「そうそう、話してたらあなた達の分も食べちゃうわよ」モグモグ

憂「そんなに焦らなくても……」

純「じゃあ遠慮なく頂きますか!」

和「そうね」


憂「ご飯はだいたい片付いたみたいなんで、ケーキ出しますね」

唯「わーい、ケーキ!」

純「憂の手作りでしょ?」

憂「うん」

さわ子「憂ちゃん、来年私の家に住まない?」

憂「え!?えぇ……?」

和「先生、憂が困るような発言は控えてください」

さわ子「は~い」

純「先生が生徒会長に叱られてる……」

唯「おいひ~」ムグムグ

憂「えへへ~」

純「今度私にも教えてよね」

憂「うん、今度ね」

さわ子「その時は私に頂戴ね」

憂純「は、はい……」

和「そろそろいい時間ね、じゃあ私帰るね」

唯「泊まってけばいいのに~」

和「もともと来る予定じゃなかったんだもの、泊まる準備なんてしてないわよ」

純「じゃあ私もおいとましますかー」

憂「純ちゃんまたねー」

純「うん、またね」


さわ子「私は泊まろうかしら」

憂「えっ?」

さわ子「冗談よ、家の鍵閉めたか気になるから帰るわ」

唯「それは今気にする事なの?」

さわ子「じゃあね二人とも、姉妹水入らずでゆっくりおやすみ♪」

唯憂「おやすみなさーい」



唯「また二人きりだね」

憂「うん、急に人がいなくなるとちょっと寂しいよね」

唯「やっぱりみんな居たほうが良かったね」

憂「あれ?クリスマスは家族で過ごすんじゃなかったっけ?」

唯「そうだよ、でも……」

唯「みんなみーんな家族だよ!」

憂「そうだね♪」


おまけおわり