「うぅ……もう生きていけないよ……」

お姉ちゃんの笑顔を生き甲斐にしてきたわたし。
もうすべての希望は絶たれました。

「はぁ……お姉ちゃん」

走馬灯のように脳裏に浮かぶお姉ちゃんの姿。
その姿はあまりにも鮮明で、しかしどこか幻想的な雰囲気が漂っています。

「おねーちゃーん……おねーちゃん……」

わたしの先を走っていくお姉ちゃん。
その背中は、次第に遠のいていってしまいました。

「わたしが悪いことしたなら謝るからぁ……」

机に突っ伏して、ごろごろ頭を転がします。

「うーい」

どこからかお姉ちゃんの声が聞こえた気がします。そっか、もう死んじゃうんだわたし……。


「ばいばい、お姉ちゃん……」

なんだかもう眠いんだ……。

「ういー!」

最後にその幻影に返事をしたかったけれど、もうわたしには出来ないようです。

「大好き……」

そこで、瞳を閉じ……、

「憂ったら!」

「ひぇっ!?」

肩に何かが触れ、体がびくりと跳ねました。急に醒めた意識で横を見ればなんと、そこには愛しのお姉ちゃんの姿。

「ゆ、夢?」

私だよーなんて苦笑いしながら、幻想のようなお姉ちゃんはわたしの頭を撫でてくれます。


「もー、憂が倒れて動かなくなっちゃうからびっくりしたよぉー」

「……へ?」

お姉ちゃんはわたしのスプーンでカレーを一口、口に入れました。

「おいしー」

ぽわんと顔を崩して、今度はわたしにスプーンを向けます。

「あーん」

「えっ、あ、えっと……もが」

わたしがまだ理解出来ずに目を白黒させていると、無理やり口に入れられてしまいました。
カレーの辛さが、一気にわたしを現実へと引き戻します。

「わ、わ……お、お姉ちゃん!?」

「だからそうだって言ってるでしょ」

お姉ちゃんには珍しい少し呆れた表情で、わたしは頬を撫でられました。

呆気にとられるわたしを横目に、お姉ちゃんは隣の椅子に座りました。
はい、あーんなんて言いながら、にこにこ笑っています

お構い無しにまたスプーンをわたしの唇に当てられました。
口を開くしかないわたしは、喋れないままもごもご口を動かします。

「憂、ひとりでやってたもんね。かわいかった~」

「えっ? み、見てたの……?」

「すぐ出てきたかったけど、ちょっともったいないなーって思って」

わたしの質問にお姉ちゃんは答えないで、無邪気な笑みを向けてきます。
ぱくぱくとしか動かない口と、熱くなっていくのがわかる顔をお姉ちゃんから背けました。
ああ、あの恥ずかしい一場面を、それもお姉ちゃんに見られちゃった……。

「わああぁ」

咄嗟に顔を隠してぶんぶん振りました。
みんなみんな忘れてしまえー!

「ちょ、ちょっとうい」

「わあぁ……もう生きていけないよぅ……」

恥を残して生き長らえるなら、いっそのこと……。

「もがっ」

……うーん、スパイシー。

「……うーいー? 平気?」

「んむ……ん」

「まったく、らしくないよー」

返す言葉もありません。
でもそれよりも、わたしには大事なことがありました。

「……お姉ちゃん、心配してたのに……」

こんなに寂しい思いさせて。わたしは半ばいじけるように尋ねました。

「ごめんごめん~、でも憂がいけないんだよー?」

「えっ? わ、わたしなにも……」

お姉ちゃんはいかにも真っ当なことのように、わたしを責めてきます。
わたしには何のことやらさっぱりです。

「憂がひとりごとぶつぶつ言ってるのがかわいすぎたからだよ!」

「……ひ、ひとりごと……?」

「憂ったらずっと言ってたじゃん」

まさか、そんなわけが、ない、はずです。
でも、わたしの口元はぱくぱく動くだけ。

「そっか、わたしひとりごと言ってたんだ……」

「気づいてなかったの?」

お姉ちゃんは少し驚いたような表情で、わたしに尋ねます。

「う、うん」

「……うぅ~」

「えっ、だ、大丈夫!?」

突如としてお姉ちゃんが唸りだしたので、わたしも不安に駆られます。
ぷるぷる震えるお姉ちゃんの肩に触れた、その瞬間。

「もぉー我慢出来ないーっ!」

「ひゃっ」

「ぎゅーーー!」

お姉ちゃんが抱きついてきました。

ああ、いい匂いだなぁ。ああ、あったかいなぁ。ああ、やわらかいなぁ。

先ほどよりよっぽど天国に近づいたわたしは、残る口元の辛さを頼りに意識を留めます。


お姉ちゃんは、やっぱり素敵。


「もう、どうしてそんなにかわいいの!」

「え、えっ?」

「憂めー、今日はずっと離してあげないからね! ぎゅー」

そんな、殺生な。ずっとこのままだなんて、幸せすぎて死んでしまいます。
いや、でもお姉ちゃんの腕の中で天使を迎えるのも悪くありません。

「うんっ!」

「あれ? いいの?」

「え? だめなの?」

「……」

「……」

目を見合わせて数秒、お姉ちゃんはうーんと何か考えていたようですが、すぐに首を振りました。

「じゃあそうしよう」

「うん」

そして、ふたり仲良くカレーを食べました。

ふたりで食べるカレーは、ひとりで食べるより格段においしいものでした。
これがお姉ちゃんパワーです。


…………
……

「いやぁ、今日の憂は一段とプリティーだったなぁ」

「も、もー。忘れてよー」

晩ごはんのあとから、お姉ちゃんはそればっかりです。
わたしとしても嫌なわけではないのですが、それでもやっぱり恥ずかしいです。

「いいじゃんいいじゃーん」

「うぅー……、もうしらないっ!」

そう言ってそっぽを向くと、淋しげな声でお姉ちゃんの声はわたしの名を呼びました。

それにつられてしまいそうになりましたが、すんでのところで留まります。
お姉ちゃん、わたしは怒ったからね~。

「ごめんね、うい」

しかしお姉ちゃんときたら、あっさりと謝ってしまいました。

怒ってしまった手前、すぐには振り向けないわたし。ああ、わたしのバカ!

「……でもね、憂」

きっといまのお姉ちゃんは、とってもかっこいい顔をしてるはず。
今すぐ見たい! けど見られない……。

「私は嬉しかったんだよー?」

ぴくりと震えてしまった体を、どうにか咳払いでごまかしました。

「じゃあ、憂も聞いてないし、私もひとりごとー」

わたしが聞いてるのは分かってるはずなのに、お姉ちゃんはそんなふうに言いました。どきどき。

「……うーい、わたしも、だーいすきだよ」

「はうっ」

「う、憂っ!? どうしたの!?」

胸がぎゅううっと締まる感覚を最後に感じて、わたしはひとり、事切れました。

お姉ちゃんがいないとき、わたしはずっとひとり子と。

お姉ちゃんといるときは
、それはきっとふたりの言葉。

お姉ちゃん、あなたが世界で一番です。


     おしまい。