梓「なんかイカ臭くないですか?」

唯「ホントだーなんかイカ臭いね」クンクン

澪「温泉の匂いかな?」

さわ「イカ臭いと言えば精子よ!」


ゴツン!(ゲンコツ)

澪「へ、変なこと言うな!」

唯「(精子・・・ひょっとして私?!)」


紬「(ちょwwwもしかしてコイツしこってたんかwwwww)」


澪「じゃ、じゃあそろそろ上がろっか」

梓「そうですね、律先輩も待ってるだろうし」

さわ「(そうよ!今、律ちゃんが1人じゃない!!レイプ犯に襲われちゃったら大変だわ)」


紬「あれー?唯ちゃんも上がろうよ」



唯「う、うん。私もすぐあがるからみんな先に行っててよ」


紬「そんなこと言わずに一緒に上がりましょ♪」スッ

唯「や、やめて!」ドンッ

紬「きゃ!!」


澪「ムギ!(やっぱり今日は唯の様子がおかしい)」
梓「・・・」


唯「ご・・ごめんムギちゃん」


紬「(しゃらんらしゃらんら♪)」



さわ「じゃ、じゃあ先にあがるからホントにすぐ唯ちゃんもあがってくるのよ?」

唯「・・・はぁい」

澪「先にお布団敷いて待ってるよ」

唯「うん・・・私もすぐ行くから」


梓「・・・」


唯「はぁ・・・絶対みんなに変だと思われてるよ・・」


唯「なんで急におちんちんはえてきちゃったんだろ・・・」

唯「そろそろみんな脱衣場から出たかな、私もあがろっと」




トボトボ
唯「みんなで寝る部屋ここかなー」


ガラガラ


唯「ぁ、もうみんな寝ちゃってるや」


唯「私が一緒に寝たら、きっとまた誰かを襲てゃう・・・」


唯「スタジオでギターでも弾いてこよう」

梓「(あれ、スタジオの電気ついてる)」


テクテク

梓「(ぁ、唯先輩、1人で練習してる)」


唯「ごめんねー私の練習に付き合わせちゃってー」


梓「全然気にしないでください、私ももっと唯先輩と練習したいと思ってたんです」

唯「ありがとー(ヘヘッあずにゃん可愛いなあー)」


梓「えっとー」テーテーテンテレン、テレーン




唯「ふわぁー!あずにゃん上手いねー」

梓「そ、そんなことないですよ///」

唯「じゃー次私ね」テーテーテ・・テレ・・テレーン

唯「ここが難しいんだよねー」

梓「最初はスローテンポで弾いてみればいいんですよ」

唯「こぉー?」テーレーレーレレーンテレ~ン

ス、チャッチャッチャッ♪

唯「できたー!!」

梓「」ニコッ

唯「あずにゃんに出逢えて良かったよー」

梓「ふぇ?」

唯「あずにゃーーん」ガバァ

唯「ぁ!(しまった・・嬉しくてつい)」ササッ

唯「(おちんちんあたっちゃったかな?)」ドキドキ



唯「(と、とにかくこれ以上ボロがでないようにもぅ練習はやめにしよう)」


梓「・・・」


唯「も、もぅこんな時間だし練習やめにしよう」


唯「さーあずにゃん!寝室に戻りなさい」


梓「先輩、もういいですよ」ギュ


唯「ぁ、あずにゃん!?」

梓「私見ちゃいましたから」

唯「み・・・見たってまさか」

梓「最初は海で、それにお風呂でも。何かの間違いかと思いましたが今はっきりしました」ギュー


唯「ぁ・・・あずにゃん・・。」

梓「先輩はこの合宿中ずっと悩んでました」

梓「私はそんな先輩をほっとけません」


チュ

梓「やってやるです」ニコッ






唯「ほ、ホントにいいの?」


梓「・・・はい///」

唯「じゃっ、じゃあ上、脱がすね」

梓「恥ずかしいです///」

唯「すごく、可愛いよあずにゃん」



紬「」●REC



唯「わーあずにゃんのおっぱいちっちゃくて可愛いねー」

梓「ち、ちっちゃいは余計ですっ///」

唯「エヘヘー」モミモミ

梓「////」

唯「下も脱がすよ?あずにゃん」


梓「・・・ま、待って!!」

梓「先輩も・・・脱いでください。私だけずるいです」

唯「そっかーそうだね!」ヌギヌギポロン

梓「えっと・・・お手柔らかにお願いします」


唯「ふふっ♪下、触るね」

梓「ンッ」



紬「ハァハァ」

唯「」クチャチャ


梓「つっ・・・」

唯「どうしたの?あずにゃん」

梓「ちょっと・・・痛ぃ」


唯「あずにゃんもしかして初めて?」クチャ


梓「・・・はぃ」


唯「そっかー、痛かったらすぐ言ってね」

梓「が、頑張ります」

唯「」クチャクチャクチャ

梓「ツッ・・・ン・・アウゥ」

唯「痛い?」クチャクチャ

梓「ちょ・・・ちょっと」


唯「そろそろ挿れるね、あずにゃん」
ズブッ

梓「!!!!!」

唯「ハァハァ・・・動かすよ?」

梓「ちょっ・・・ンァ待っ・・・」
ズンズンズンズン


唯「・・ハァハァあずにゃん、あずにゃんの中・・すごくっ狭ィよ・・・」パンパンパン

梓「ハァハァ・・クッ・・ウッン」

唯「ぁ・・ン・・あず・・・にゃん、ぃ・・痛いの?」


梓「」フルフル(首を横にふる)


唯「ン!!!ンアぁ・・・あず・・にゃん」パンパンパンッ!!!!

梓「クッ(先輩、だんだん激しくなってきた)アッアンアンンアン!!!!!!」

唯「だ・・・ダメだよ・・そ・・ン・そんなにおっきい・・声だしたら」

梓「アッ・・アゥ・・・ン、ボ・・防音・・・アン!!コノ・・ンァアへ・・ヘヤ」


唯「クュ・・ン・・そ・・そろそろ出すね?」パンパンパン


梓「・・・ァ、アンッハァハァな・・中・・・に?」

唯「だ・・・ンア、ダメか・・ダメかな?」


梓「ヤっっ・・・やってやるです///」


唯「イ・・イクよあずにゃんッ・・ン・・ンンァァ!!!!!!!」

梓「ツッ!!!!!!!!!!」




唯「ハァハァハァハァ」

梓「・・・」

唯「あずにゃん生きてるー?」ハァハァ

梓「・・・なんとか」ハァハァハァ


唯「ぁ・・・ありがとね、あずにゃん」


梓「こちらこそ・・・初めてが先輩で良かったですっ」

唯「それで、そのっ・・・」

梓「大丈夫、このことは誰にもいいません」ニコッ




~秋山家~

澪「ぅ・・・嘘だろ?」

合宿から帰ってきた澪は、鏡に映る自分の体をみて絶句した

澪「なんで・・・」


そこには股間の間に立派なぺニスがぶらさげた自分の姿があった

プルルルプルルル
ガチャッ
律「おいーす」


澪「り、律か?」


律「んー?どうした澪ー」

澪「その・・・わたっ私の・・・・落ち着いて聞いてくれよ」

律「聞いてるよ?」

澪「そか・・その、わた・・・私・・わたっにおちっ◯△※□◯※△」ガチャッ

ツーーツーーツーー


律「?」



……

澪「ぃ、言えるわけない」
澪「なんで・・・きっと何か原因があるはず」

澪「ここ最近で何かおかしかったことあるかな・・・おかしかったこと・・・・」


澪「・・・唯?」

澪「合宿中の唯の様子はたしかにおかしかった・・・」

澪「お風呂のときだって、最後に上がりたがったのはおちんちんで全て説明がつく」


澪「よ、よし、唯のところに行ってみるか」




~平沢家~

憂「お姉ちゃん合宿大丈夫だったの?」

唯「大丈夫だったよーな大丈夫じゃなかったよーな」
憂「もーしっかりしてよお姉ちゃん」

唯「エヘヘー」

憂「じゃあそろそろご飯にするね」

唯「ありがとー憂」ギュ

憂「もーお姉ちゃんあたってるよー///」


澪「勢いで唯の家の近くまで来たわいいものの・・・」

澪「もし唯におちんちんはえてなかったらどうしよ」

澪「外から見てる限り憂ちゃんとも普通に接してるみたいだし・・・ぁ、憂ちゃんに抱きついてる」




和「あれ、澪?」

澪「の、和!」

和「どうしたの?唯に何か用事?」


4