梓「うう…ぐす…」

憂「梓ちゃん」

梓「憂ぅ…」グス

憂「…梓ちゃん…あれはズルいよ」

梓「ぐす…ズルい?」

憂「確かにきっかけは岡田さんの誤解からだけど…」

梓「…うん」

憂「純ちゃんを信じられなかったのは…梓ちゃんの弱さだよ」

梓「!」

梓「純を傷つけて…ぐす…私どうすれば…」

憂「あやまろ?純ちゃんもきっと…」

憂「信じて待ってるから」

梓「あ…」

澪『ま まあそういう事だ…律みたいな奴でも親友なら信じるよ』
律『…言わせんなよ 恥ずかしい』

律『んん?まあそん時は…』
澪『相手がちゃんと謝ってくるのを待つかな』
律『だな それまで信じて待っててやるよ…それが…まあ…なんだ///』

唯『それが親友っものだよ!あずにゃん!』

梓「ぐす……ごめん…ごめんね純…」

憂「大丈夫だよ 純ちゃん 梓ちゃんの事大好きだから」

梓「う うわああぁぁぁあんっ!」

憂(純ちゃんの言うとおり…誰かが支えてあげなきゃね)

憂(…でも、その役は私じゃないよね?純ちゃん…)



……

ピンポーン

純「zzzz…」

ピンポーン ピンポーン

純「zzzz…むにゃ…あず…」

ピンポン ピンポン ピンポン ピンポーン

純「……んあ?」

純「んー…おかあさーん!誰かきたよー!?」

シーン…

純「…そっか…おかあさん主婦会の旅行で今日いないんだっけか」

ピンポーン

純「はーい 今でますよー!」

ガチャ

憂「こんばんは 純ちゃん」

梓「……」

純「憂 それに…梓も…どうして?」

憂「お見舞いに来たんだよ 純ちゃん…はい、これ今日の授業の内容まとめたノートとプリント」

梓「…元気そうじゃん」ボソ

純「いっぱい寝たからね!朝はやばかったんだから」

憂「お家の人は?」

純「今日私しかいないんだ」

憂「そうなんだ」

純「上がる?何にもないけど」

憂「うん!実は食材も買ってきたの」

純「…用意いいね」

憂「おじゃまします」

梓「…おじゃま します」


純「…てわけなのよ」

憂「うふ おかしいね」

梓「……」

憂「……さてと、そろそろ帰ろっかな」

梓「あ もうこんな時間なんだ。そうだねそろそろ帰ろっか」

純「……」

憂「梓ちゃんは帰っちゃダメ!」

梓「えっ!」

憂「純ちゃん病気なんだよ?お家の人いないし、誰が看病するの?」

梓「あぅ でも 純元気みたいだし、憂も帰るなら…」

憂(そうじゃないよ 梓ちゃん、純ちゃんに謝りにきたんでしょ?)コソ

梓(う でも 純と二人きりは…憂一緒にいてよ)コソ

憂(私がいたら梓ちゃんも、純ちゃんも、私としか話さないんだもの)コソ

梓「ううぅ…」

純「ねぇー 何二人して話してんのさー?」

憂「うん 私は帰るけど、梓ちゃん残るみたいだから!」

梓「う うん///」

純「あ そ そうなんだ///」

憂「じゃあね 純ちゃん 梓ちゃん」ニコ

憂(頑張ってね 二人とも)


純「………」

梓「………」

純「………あのさ」

梓「ビク な 何!」

純「の 喉かわかないかなーって…」

梓「あ …烏龍茶を…」

純「………」

梓「………」

純「あのさ…!」
梓「あの…!」

梓「な な 何?」

純「あ 梓の方こそ」

梓「…何でも ないよ」

純「…そっか」

梓(………あれ?)


梓「………」コト

純「あ!それはダメ!」

梓(学祭の時の写真…私のところに…)

純「恥ずかしいから伏せてたのに…///」

梓「…純…この写真…」

純「あの…その…///」

純「…だって…」

梓「純…」

純「だって!だって梓の事好きになっちゃったんだから仕方ないじゃん!」

純「梓の事考えたら、胸が苦しくて!今だってほら!」グイ

梓「あ」

トクン トクン トクン トクン トクン トクン…

梓「…純」ギュ


梓「…もう こんな時間だね」

純「そうだね…どうする?」

梓「どうする て 何が?」

純「泊まってく?」

梓「///」カァ

純「あ べ 別に 変な事考えてないよ!もう遅いし!危ないし!今日親居ないし…じゃなくて その…」

梓「……クス うん 家に電話しとく」

梓「純 お風呂あいたよ」

純「うん ごめんね そんなTシャツしかなくて…」

梓「ううん 私もこのアーチスト聞くし」

純「そっか」

梓「うん」

純「梓はベッド使って寝てね」

梓「純はどうするの?」

純「私は…床に寝るよ」

梓「だめだよ!純風邪ひいたんだから!純がベッド使いなよ」

純「でもなー お客さん床に寝かすのも…」

梓「………」

純「………」

梓「……一緒に…」ボソ

純「え……いいの?」

梓「いいのって…純の部屋のベッドだし…純病人だし…純がそう言うなら…その…仕方ないじゃん…///」

純「う うん…仕方ないよね//」

梓「でも…エッチな事しちゃだめだから…」

純「しないって…」

純「……静かだね」

梓「うん」

純「梓 寒くない?」

梓「うん 大丈夫 純は?」

純「うん…平気」ブル

梓「…嘘ばっかり ちゃんと布団入りなさい」ギュ

純「…うん…」

梓「…純 もう寝た?」

純「……ううん」

梓「…ごめんね…」

純「え!何が?」

梓「ギターの弦切られた時にね…純の言う事信じて上げられなかった…」

純「……」

梓「…それで…純の事傷つけて…ごめん…ごめんね」

純「……ほんとだよ」

梓「……」

純「梓に嫌われたって思ったらさ…なんか色々どうでもよくなってさ…」

梓「……ごめん」

純「…でもさ 憂がね 諦めちゃダメだ。誤解を解こうって…」

梓「憂…」

純「うん…そしたら梓が家に来てくれて、謝ってくれて…こうして同じ布団に入って…」

梓「……」

純「それだけで、諦めないでよかった て」

梓「憂に感謝だね」

純「うん」

梓「…純はさ…澪先輩の事好きなんじゃないの?」

純「……気になる?」

梓「あ…別に そんなこと無いもん!//」

純「…澪先輩は…憧れの対象だけど…好きとは…ちょっと違うかな…」

梓「そうなんだ…」

純「…安心した?」

梓「む むー///」

梓「…純はいつも告白した時のセリフみたいな事考えてるの?」

純「…私…告白したっけ?」

梓「……セックスしよっ て///」

純「ぷ あれかー」

梓「…正直嬉しかったけど…やっぱり引いたよ…恥ずかしかったし」

純「恥ずかしかったんだ…あはは…憂にも同じ事言われた」

梓「……純」

純「…何?」

梓「……………キス しよっか……///」

純「!」 ズザ ゴロゴロ ドスン

梓「純 大丈夫?」

純「う うん 平気…うわ さぶい」

純「ふぅ あったかい…」

梓「うん」ギュ

純「……いいの?」ドキドキ

梓「…何が?」

純「 き キス」ドキドキ

梓「…うん」

純「…私 初めてなんだけど…」ドキドキ

梓「私もだよ」

梓「…恥ずかしいから…目つむってよ///」

純「う うん」ドキドキ

梓「…いくよ」

純「…うん」ドキドキ

DOKIDOKIDOKIDOKIDOKIDOKIDOKIDOKIDOKI

純(…あれ?まだかな?)

純(………)

純(……梓?)チラ


梓「……」ニマニマ

純「あ あれ?梓?」

梓「純かわいかったよ、フルフル震えちゃったりして」

純「あ ああ くわああ///」

梓「いつかのおかしだよ」

純「は はずかしいぃ///」

純「あーもう!もう寝る!おやすみ!」バフ

梓「純 怒った?」

純「知らないよ!」

梓「…ねえ 純…ごめん…」

純(う ん…)「別に本気で怒ったワケじゃ……」ガバ




チュ




純「あ…」

梓「…えへへ…お互い初キスだね」

純「……梓」

梓「ん?」

純「このまま押し倒しいい?」

梓「純の事は好きだけど…私たちはまだ高校生です」

純「う うん」

梓「大丈夫 私 純の事信じてるし」

純「そうだね。私も」

梓「うん…そろそろ寝よっか」

純「……」

梓「純 寒い?」

純「ん 少し」

梓「…どう」キュ

純「うん 平気 ありがとう……」

梓「 おやすみ 純 」

純「…うん おやすみ あずさ z」



『大好きだよ』




そして…私たちの日常はいつもどおり流れていきます。純とは前より、グッと距離は縮まったけど、笑ったり、ケンカしたりして、それを憂がたしなめて…あまり変わらないです。

そんな一分一秒を…毎日を…純と、憂と三人で過ごしていけたら…いや きっとそうしていけますよね?


唯『それが親友ってものだよ!あずにゃん!』

おしまい