純「…ううぅ…ぐずぐず…ひっぐ…く…」

憂「純ちゃんもう泣かないで…」

純「もう ぐす おじまいだああぁ…うええ…」

憂「鼻拭いて」

純「うええぇ…こんど…ごぞ ひっぐ…嫌わ、れちゃっ…うわあぁぁん」

憂「…純ちゃん…」グス

純「グス…もう…いいよ憂…ありがとう…」

憂「純ちゃん?」

純「…梓の事は…ぐす…あきらめる…」

憂「そんな…」

純「…大嫌いて言われちゃったし…もう無理だよ」

純「…私ね…梓の事、最初は嫌いだったんだ」

憂「…うん」

純「…でもさ 梓って何でも一生懸命じゃん?」

憂「そうだね」

純「…たまにさ…空回って…『ああ…この子は誰かが支えなきゃ』って…」

純「…その誰かが…私だったらいいなって…」

憂「…うん」

憂「で でも…う ひぐ…も、もう…おしまい…嫌われちゃっ…た から うぐ…」

憂「ダメ!」

純「……」グス

憂「あきらめちゃダメだよ 純ちゃん!」

純「ぐす…もういいって 憂…」

憂「…このままだと梓ちゃんに誤解されたまま…嫌われたままだよ?」

純「……」

憂「純ちゃん…それでいいの?」

純「…いいわけ…ないじゃん…でも…」

憂「梓ちゃんの誤解を解こうよ!ね?」

純「…憂はさ」

憂「うん?」

純「…なんで協力的なの?」

憂「あは…そこなんだ」

純「…ごめん」

憂「私も一緒に梓ちゃんに誤解されちゃったのもあるけど…」

純「あ」

憂「やっぱり友達が困っているのを、ほっとけないよ」

純「…憂」グス

憂「それでね…岡田さんに話し訊こうと思うの」

純「話し聞いてくれるかな?」

憂「まずは聞いてみて…ダメだったら別の方法考えよ」

純「憂」

憂「ん?」

純「ありがと」


……

憂「ねえ 岡田さん、ちょっといい?」

岡田「平沢さん?何かよう?」

純「この間、中野さんのギターの弦切ってたよね」

岡田「!」

憂「梓ちゃんに謝ってほしいの」

岡田「…知らないって言ったじゃない」

松本「岡田ー!帰ろー」

岡田「…それじゃ」

憂「…なかなか難しいかも」

純「せめて岡田さん達がなんで梓の弦切っていたのか分かればね」

憂「とにかくがんばろ!純ちゃんの恋のために」ニコ

純「…はずい///」

憂「えへ」///

純「梓との友情のためにもね」



……

唯「………」ジー

梓「………」

唯「………」ジー

梓「……な なんですかさっきから」

唯「あずにゃん …まだ悩み解決出来てないでしょ?」

梓「う」

律「演奏は技術でカバーしてみせてるって感じか?…それでも大したもんだけど」

澪「梓…私達じゃ頼りにならないか?」

紬「どうぞ」コト

紬「…どんな悩みでも、人に話すだけでも楽になると思うの」

梓「……ありがとうございます」

梓「…あ あの…」

澪「ん」

梓「澪先輩と律先輩て…その…ケンカした場合…」

律「なんだ?友達とケンカしたのか?」

唯「憂と?」

梓「いえ」

紬「じゃあ純ちゃんね?」

梓「はい…あ」

唯「純ちゃんとケンカしているんだ」

梓「ケンカというか…」

紬「仲直りの仕方がわからないのね」

梓「…お互い信じていたのに…裏切られたら…澪先輩と律先輩はどうしますか?」

律「澪が…私を裏切る?」

梓「…はい」

澪「……」

律「……」

梓(バカな事聞いちゃったかな…澪先輩も律先輩も困ってるじゃん!)

律「……ぷ」

澪「……ふ」

梓「!?」

律澪『あっははははははははは!』

梓「は はは」

律「あは あ 梓」

梓「は はい」

律「それはないだろ」

澪「はは まあ律はずる賢いからな…私を裏切る事もあるかもしれないけどな…」

律「ねーって」

ズイ

澪「う うわ!律!近い!近い///」

律「澪の事 大事に 思ってる ゼ!」

ゴチン


澪「ま まあそういう事だ…律みたいな奴でも親友なら信じるよ」

律「…言わせんなよ 恥ずかしい」

紬「…いいわねえ…」ホゥ

梓「で でも…それでも許せない時は…」

律「んん?まあそん時は…」

澪「相手がちゃんと謝ってくるのを待つかな」

律「だな それまで信じて待っててやるよ…それが…まあ…なんだ///」

唯「それが親友っものだよ!あずにゃん!」

梓「…はあ…」


トコトコ

梓(信じて…待ってあげる…か…)

梓(でも…ずっとずっと信じて待って…)

梓(…それで また 裏切られたら…)ゾッ

梓(…やだよ…)ギュ

??「あの!ちょっといい?」

梓「! はい?」

藤田「中野…梓ちゃんだよね?桜高の」

藤田「オレ藤田ていうんだけどさ」

梓「はぁ…」

藤田「あのさ オレと付き合わない?」

梓「へ?」

梓「あ あの…」

藤田「ちょい前の学祭でさ、梓ちゃんライブでギター弾いてたじゃん?」

梓「はあ…まあ」

藤田「オレそれ見に行っててさ、マジ一目惚れ?なんか来ちゃったワケ!」

梓「…」(怖い…)

藤田「あれ?オレ軽く見られちゃってる?大丈夫よ! オレ一途だし 全然フリー」

梓「あの 早く帰らないといけないから…」

藤田「へ?まだ19時前だし、いいじゃんいいじゃん!全然オッケーでしょ!」

梓「ホントにやめてください! やめ…」

藤田「困ってる顔も超カワイイwカラオケ行こうよ!カラオケ!まじ変な事しないからさ」グ

梓「やだ!やだっ!憂…純…!」

警察官「何してんるんだ?」

藤田「あ?」

梓「あ」

藤田「何でもないっすよ、ウチら彼氏彼女で内輪で揉めてただけなんで」

梓「う 嘘です!助けて下さい。」


警察官「………」

憂「…ウソですよ お巡りさん」

梓「あ…」

警察官「君は?」

梓「憂…」ホ

憂「平沢っていいます。この娘の友達です。」

警察官「………」

憂「梓ちゃんから、この男の人の話聞いた事ないですし、それに…」

警察官「…それに?」

憂「…それに 梓ちゃん、ちゃんと他に好きな人居ますから」

梓「憂…」

警察官「………」

警察官「…君たち」

憂梓『は はい』

警察官「女の子の独り歩きは物騒だから、なるべく明るい通り歩いて帰りなさい」

憂「わかりました。ありがとうございます」ペコ

梓「あ ありがとうございました!」ペコリ
警察官「そっちの君は、ちょっと話し聞かせてもらおうか」

藤田「チッ……うぜぇ」



憂「さっきのお巡りさん、顔怖かったけどいい人だったね」

梓「そうだね…」

憂「……」

梓「………憂」

憂「……ん」

梓「…ありがと…その…助けてくれて」

憂「うん」ニコ

憂「…ねえ 梓ちゃん」

梓「…なに?」

憂「純ちゃんは…梓ちゃんが大事にしてる物を壊したりしないよ?」

梓「…うん…多分…わかってる…」

憂「じゃあ…」

梓「でも…」

梓「純はそんな事しない。 分かってても…怖いんだよ」

憂「そっか…」

梓「純を信じてあげられなくて…そんな自分も嫌で…でも、信じれなくて…

憂「……」

梓「純なんて 好きにならなければ良かったかなって…はは」

憂「はっきりしてるのは」

梓「?」

憂「純ちゃんは梓ちゃんのギターを切ったりしない」

梓「証明できないじゃん」

憂「…多分…できるよ。証明」

憂「…さっきの男の人なんだけど」

梓「?…関係あるの?」

憂「多分…」

梓「…純の知り合い…とか?」

憂「ううん…向こうは覚えてないようだったけど…」

梓「??わっかんないよ」

憂「私、あの人に会った事あるの」


梓「…憂」

憂「あ おはよう」

梓「…純は? まだ来てないの?」

憂「気になる?」クス

梓「べ べべ 別に… そんなんじゃない」フイ

憂「今日は純ちゃんお休みだよ」

梓「え」

憂「風邪だって、今朝メール着たの」

梓「そう なんだ」

憂「誰かが看病してあげないとね」ニコ

梓「か 看病…///」

憂「…すごい顔赤いけど…梓ちゃんエッチな想像とかしてる?」

梓「え…し してない!してないよ!」

憂「純の事心配だよね」

梓「もう!それより…」

憂「うん…帰りに岡田さんに話ししようと思うんだ。」

梓「うん」



―――
――――――
岡田「平沢さん!ちょっといい?」

憂「はい?」

岡田「彼氏来ててさぁ…ちょっとクラス出し物のローテ変わってくれない?」

憂「彼氏?」

藤田「おーい!早くしろっての…お!この子カワイイじゃん!一緒に学祭回らね?」
憂「あ あの お店番だから…」

岡田「ちょっかいださないの!あはは…ごめんね平沢さん…こいつ頭悪くて」

岡田「じゃ よろしくね」

憂「う うん…」
――――――
―――

憂「岡田さん」

岡田「ん?平沢さん…と…中野…さん」

梓「……」

憂「岡田さん、藤田って人…彼氏さんだよね?岡田さんの」

岡田「!」

憂「ごめんね 帰り際呼び止めて」

岡田「…別にいいわ…それより何?人の男寝取っておいて」

梓「な…!」

憂「まって岡田さん…話しを聞いて欲しいの」

岡田「……何よ」

憂「昨日の夜ね…梓ちゃん、岡田さんの彼氏さんに告白されたの」

梓(あれはナンパだよ…)

岡田「はあ?何で?中野さんとアイツって付き合ってんじゃないの?」

梓「知らないよ!昨日初めて会って…すごく怖かったんだから!」

憂「誤解…なんだよね?」


憂「…そうだったんだ」

岡田「…アイツ…『中野梓ってお前の学校の娘と付き合う事になったから』って…一方的に別れ話切り出してさ…」

憂「うん…」

岡田「よりによって同じクラスの娘に男とられてさ…なんか…悔しくさ…」グス

憂「……」

岡田「中野さん…マジごめん…ギター弁償するから…」

憂「梓ちゃん…」

梓「…ギターはいいよ…弦張り替えれば問題ないし」

岡田「…ごめん」

梓「…でも」

憂「梓ちゃん?」

梓「純に…謝ってよ…」

岡田「純て…鈴木さん?え…なんで」

梓「だって!岡田さんがあんな事しなければ!純の事信じてあげられた!傷つけずにすんだもん!」

憂「梓ちゃん!」

梓「純に…純に謝ってよぅ…」

憂「ごめんなさい岡田さん何でもないの。話してくれてありがとう それじゃ」

岡田「う うん…」


3