梓「…………え? 」

憂「…えっと…純ちゃん?」

純「……」

梓「え ええっ!?あ いや ちょ…」

梓「……冗談だよね?」

純「………」

梓「な なんか言ってよ」

憂 「梓ちゃん、顔真っ赤」

純「………ぷっ」

純「ぷ…ふふ…あはははははっ!!」

憂梓「!」

純「あはは…冗談に決まってるじゃん」

梓「~~~~~///もう」

憂「だ だよね!び びっくりしたよ」

純「昔のドラマでこんなセリフがあったんだよ」

梓「し 知らないよ もう///」

純「ぷふ…でも顔真っ赤にして動揺する梓もかわいかったわ~」ニヤニヤ

梓「か……かわ……///」シュウ

憂(……)

純「あっ!」

梓「! こ 今度はなに!?」

純「梓ってさ…もしかして私に気があったりするの?」

梓「は はあ?」

憂(…純ちゃん…)

純「まあ 女の子同士ってのはアレだけど、梓だったら私いいかなーって」

梓「な …… な …… なな…」///

純「梓…」

梓「!」

憂(純ちゃん 顔近い 顔)

純「…幸せにするよ 梓」

梓「………ば」

純「ば?」

パッチーン!!

純「痛っ!!」

憂「純ちゃん!」

梓「ば ばっかじゃないの!!純なんか憂のオマケじゃん!」

純「や やだなー そんなマジにならないでよねー」

梓「大体好き嫌い以前に、意識自体してないよ!純なんかオマケだし空気だよ!」

純「カチン ちょっと、流石に言い過ぎじゃない?梓頭固すぎ」

梓「言っていい冗談と悪い冗談がある事くらい分かりなよ!このタワシ頭!!」

純「何それ?ワケわかんないんだけど」

憂「ちょ 純ちゃん…梓ちゃんも…」オロオロ

梓「そっかー 今日初めてタワシさんの事意識したよ」

純「だから…」

梓「私は純の事が嫌い!大っ嫌い!!」

純「……」


憂「あ 梓ちゃん?」

梓「…部活いくよ…またね憂」タタタ

純「……」

純「…ねえ…憂…」

憂「…梓ちゃん…怒っちゃったね」

純「……どうしょう」

憂「純ちゃん…」

純「ああああーっ!失敗した!失敗したよーっ!!」

憂「当たって砕けちゃったね」

純「何がいけなかったのかな?何がいけなかったのかな?」

憂「『梓に告白する!』て相談された時はびっくりしたけど…あんなセリフで切り出すとは思わなかったよ」

純「だってだって!昨日ネットで見つけて「これだっ!!」て思ったんだもん!」

憂「梓ちゃん…照れながらどん引きだったね」

純「…かわいかったなぁ…ぽよぽよの頬が、みるみるピンク色になって…///)

憂「にやけてる場合じゃないよ…純ちゃん…」


……

澪「ストップ!ちょっと待った」

律「うーん…ひどいな」

澪「梓」

梓「う すみません…」

唯「調子悪そうだね?来た時から元気なかったけど」

紬「ちょっと休憩しましょ」

律「だな」

梓「だ 大丈夫です!次はちゃんと演りますから!」

律「そのセリフ何度目だ?明らかに絶不調だろ」

唯「あずにゃん 私たちでよかったら相談にのるよ?」

澪「梓…何かあったのか?」

律「よっ…と、とにかくムギ、休憩にしよう」

紬「はーい」パタパタ

梓「…すみません…今日は帰らせて貰っていいですか?」

澪「…ああ…それは構わないけど…」

唯「あずにゃん、何かあったら相談にのるよ?元気だして!ね?」

梓「ありがとうございます 唯先輩…すみません…失礼します」ペコリ

律「あずにゃん…」

紬「…梓ちゃんの分もお茶煎れちゃったんだけど…」



梓(…純のせいだよ)

梓(上手に演奏できなかったのも)

梓(純があんな事言うから)

梓(……)

梓(…でも…)

梓(まさか純の方から言ってくれるなんて…)

梓(それも…あんなセリフ///)

梓…クス…「ホントにバカなんだよね」



唯「うん…何か元気無くてね、途中で帰っちゃったの」

憂「ふーん そ そうなんだ」

唯「憂、今日あずにゃん何か変わった事あった?」

憂「どうだろうね 何も無かったと思うけど…」

唯「そっかー」

憂(梓ちゃん、純ちゃんに告白されて、心底イヤだったのかな…)

憂(それとも…純ちゃんの告白にびっくりしてあんな事言っちゃったのかな…)

憂(どっちにしろ2人には仲良しでいてもらいたいよね)

憂「だって2人とも私の友達だもん!」

唯「わっ!いきなりどうしたの?」

憂「えっ!?あ ごめんね お姉ちゃん、なんでもないの」

唯「おかしな憂だね、私の話聞いてなかった?」

憂「ごめんなさい 何の話だっけ?」

唯「澪ちゃんが律ちゃんのオデコにね…」



……

憂「おはよう梓ちゃん」

梓「おはよう」

憂「……」キョロキョロ

梓「…どうしたの?」

憂「あのね…純ちゃんの事で話があるの」

梓「! な 何?」

憂「あのね…」

梓「うん…」

純「おはよう憂!……と あ ずさ」

憂「あ 純ちゃん おはよう…」

梓「……」

純「…誰かさんは朝の挨拶も言えないようで」

梓「!」

憂「じゅ 純ちゃん」

梓「た タワシが喋ってるよ!憂 私怖いよ」

純「…また あとでね憂」

憂「う うん」

梓「…無視なんだ」

憂「あ 梓ちゃんも早く教室いこ」

梓「……」


純「何話したの?」

憂「朝の事?」

純「そう 梓と話ししてたじゃん」

憂「うん 梓ちゃんにね、純ちゃんの気持ちを伝えようと思って…」

純「えっ!?」

憂「純ちゃんも梓ちゃんも…お互い素直じゃないから…」

純「あぅ…」

憂「…純ちゃん、アプローチの仕方おかしいし…」

純「うそっ!?」

憂「ね?自覚ないでしょ」

純「…でも…私 梓に嫌われちゃったかもしれないし…」グス

憂(こんな後悔するなら憎まれ口叩かなければいいのに)

憂(昔から素直じゃないけど、いい子なんだよね)

憂(ホント…梓ちゃんと似てるかも)クス

純「…グス…?何さ…」

憂「ううん 何にも」

憂「だからね、私が梓ちゃんに誤解を解いて、それとなく純ちゃんの想いを伝えてあげる」

純「う うん」

憂「あとは…純ちゃん自身が直接梓ちゃんに想いを伝えれば、きっと大丈夫!」

純「うん…今度はちゃんと伝えるよ!別のセリフも決めてあるし」

憂「…ちなみにどんなの?」

純「梓が好きだから、私は死にません!って…」

憂「…」


純(…今日の放課後、梓に伝えるっ憂言ってたけど…)

純(…どうしょう…胸がドキドキする…)

純(やっぱり、この間の事で嫌われいたらどうしょう…)

純(…今から、やっぱり無しって事に出来ないかな…)

『…あはは………クスクス……』


純(あれ?教室に誰かいる…?)

ヒョイ

純(同じクラスの…吉井さんと松本さんと…岡田さん?)

「あはは!マジやばいって」

純(!あれは)

バン

純「何してんの!」

岡田「うわっ! なんだ鈴木さんか」

純「それ あずs 中野さんのギターだよね?」

松本「えー 知らなーい」

吉井「私たちが来た時こうなってたわよ」
純「あの娘が大事にしてるギターをそのまま放置してくワケないじゃん」

岡田「ウザ…知らないって言ってるのに」

吉井「もう行こうよ岡田」

岡田「そうだね 帰ろっか」

松本「チクらないでね 鈴木さん」


純「!…梓のギター」 タタタ

純「…弦が切られてる…岡田さん達がやったの?」


純(梓と岡田さん達て接点あったっけ?)

純「…弦切られただけみたい…これなら交換すれば大丈夫だよね」ホ

純「でも何でかな…多分梓も岡田さん達と話しもした事ないと思うけど」

純「うーん…」



……

憂「…と いうわけなの」

梓「純が…私の事を?…」

憂「うん」

梓「ま またまたあ~ 憂まで私の事からかってー…」

憂「からかってなんかいないよ!」

憂「…純ちゃんって昔から素直じゃなくて…見栄っ張りで…」

梓「…うん」

憂「ああいう性格だから…誤解されちゃうかもしれないけど」

梓「……」

憂「でも、純ちゃんは本気だよ。梓ちゃんの事好きだって」

梓「…~///」カァ

梓「…純に対して理解あるよね 憂って」

憂「付き合い長いから」ニコ

梓「ずるいなあ…憂より早く純に会いたかったな」

憂「! じゃあ梓ちゃんも…!」パアァ

梓「……うん……好き…」

憂(良かった…ここまで話すつもりなかったけど、やっぱり梓ちゃんも純ちゃんの事好きだったんだ)

梓「あっ でもね 一目惚れとか、そんなんじゃないんだから///」

憂「うん」ニコニコ

梓「最初は 気にもしてなかったけど、次第に目で追うようになって…意識して…」

憂「うんうん」ニコニコ

梓「…あぅ///」シュウ

憂「純ちゃん探しに行こうよ!まだ校内にいるはずだから!」

梓「えっ えっ 今日?」

憂「そうだよ!純ちゃんもきっと喜ぶよ」

梓「ま まって まだ心の準備が///」

梓(私は純の事が好き)

梓(…そして純も冗談じゃなく私の事///)シュウ



純「…でも梓どうしたんだろ?大事なギターこんなところに忘れるなんて…」

ガラ

梓「あっ!純!」

純「えっ!?あ 梓?」

憂「あ 純ちゃん、教室にいたんだ」

純「憂も…じゃあ…梓に話して…」

憂「うん」

純「そ そうなんだ…」ドキドキ

純「あ あのね あ 梓…わたし…」ドキドキ

梓「……」

純「? 梓?」

梓「…それ……ギターの弦…」

純「え?…あっ!ち 違うよ!これは…」

梓「返して!!」バッ

純「あ…」

憂「梓ちゃん…」

純「違うよ梓!これは…」

梓「…ぃょ……ヒドいよっ!!」

純「梓…」

梓「私の事嫌いならハッキリそう言えばいいじゃん!からかったり、ギターにイタズラしたり…」

純「違う!私じゃない!それは岡田さん達が…」

憂(岡田さん?)

梓「岡田さんて何?ほとんど話しもした事ない岡田さんがこんなことするわけないじゃん!」

純「し 信じてよ梓!」

梓「最低だよっ!!」

純「」ビク

梓「グス…憂も…一緒になって…グス」

憂「えっ!?」

梓「純も 憂も…親友だって…純とはそれ以上になれるって思ってたのに…」

憂「梓ちゃん待って…」

梓「…嫌い…嫌い…」

純「あずさぁ…」

梓「2人とも 大っ嫌いっ!!!」


2