澪「ちょっと待て、これ言い出したのは律だぞ」

唯「そうなの?」

和「何で…」

律「そ、その…、澪の身体の温もりを感じたくて…。それに…」
唯・和「それに?」

律「その…、気持ちいいよ、裸…///」

和「も、もういいわ。これ以上は私の身がもたない…」

唯「りっちゃんと澪ちゃんは週にどれくらいしてるの?」

和「唯…。あんたいい加減にしなさい…」

澪「毎日だよ」

和「…答えなくていい」

律「うん…、しのとありあがお腹にいる時はできなかったし…///」

和「もう一年たつのよね…?」

澪「和、何を言ってるんだ。婦婦(ふーふ)が愛を確かめ合う…。当然のことじゃないか」

和「いや、そうじゃなくて…」

澪「愛してるぞ、律…」ダキッ

律「澪…」

和「何が始まったの…」

唯「すぐ二人の世界に入っちゃうのが悪い癖なのです」

唯「ちなみに、高校の頃、部室ではいつもこんな感じでした」

和「そ、そう…」

澪「…」

律「…」

和「…二人の愛を確かめ合うのもけっこうだけど、何しにきたか忘れてない?」

澪「はっ…!律があんまりかわいくて、つい…」

律「はっ…!澪があんまり頼もしくて、つい…」

唯「ああもう…。もうすぐキスだったのに…」

和「あんたも思いだしなさい」

澪「そうそう、唯と梓の赤ちゃんを見にきたんだった」

唯「私も忘れてた!すずちゃんで~す!」

律「おお~、かわいいじゃないか!」

唯・和(あ、戻った)

唯「すずちゃんはしのちゃんとありあちゃんの一つ後輩になるんだね~」

唯「やっぱりあずにゃんの子供は後輩になる運命なんだね~」

和「いや、それ必ずなるでしょ」

唯「すずちゃん、先輩にご挨拶しましょうね~」

すず「…」

しの「…」

ありあ「…」

しの「わー!なー!」

ありあ「たー!」

すず「!?」

律「ずいぶん仲が良さそうじゃないか」

澪「当たり前だろ、私達の子供なんだから」
唯「先輩に遊んでもらってよかったね~」

すず「…」

和(気のせいか少し不安そうに見えるのは何故…?)

唯「ねえねえ、この子達も大きくなったらバンド組んだりするのかな?」

澪「いいな、親子でバンドか…」

律「う~ん…。でも三人じゃなあ」

唯「あれ?りっちゃん不満?」

律「いや、三人って廃部のイメージが…」

唯「そっか、じゃあムギちゃんに期待だね!」

和「あらあら」

澪「バンドもいいけど、和みたいに生徒会もいいかもな」

和「あらそう?」

唯「生徒会長はしのちゃんかな?ありあちゃんかな?」

律「なぜかイメージがしっくりくるのは何でだろ?」

唯「アイドルユニットとかもいいかもね!」
唯「グループ名は…」

唯「トリプルブッキング!」

澪「ははは、気が早いな」

和「ムギもいれてあげなさいよ」

唯「えへへ、ごめんごめん」

唯「というかムギちゃん遅いねえ」

和「あら?言ってなかったっけ?」

和「ムギ、用事で少し遅れるのよ。でも、そろそろくると思うけど…」

唯「そうなんだ~」

ぴんぽーん

律「噂をすれば?」

紬「ごめんください」

唯「ムギちゃんだ!」

紬「唯ちゃん久しぶりね」

唯「うん、みんなもう来てるよ!入って入って~!」

紬「おじゃましま~す」

澪「ムギ、久しぶりだな」

紬「ええ、みんな変わらず仲が良いのね//」
和「ムギ、ところで今日は何で遅れたの?」
紬「あの…、病院に行ってたの」

唯「え?病気!?」

紬「ううん、そうじゃなくて…」

澪「まさか…」

紬「赤ちゃんができてたの…」

和「ほんとなの!?」

紬「あなたの子よ…」

澪「すごいじゃないか!ムギ!和!」

律「おめでとう!」

唯「おめでとー!」

パチパチパチパチパチ

和「ちょっとやめてよ…。まだ正式に籍はいれてないんだから//」

唯「それじゃあ、ムギちゃんと和ちゃんの赤ちゃんとすずちゃんは同級生だね!」

紬「あら、その子が唯ちゃん達の赤ちゃん?とってもかわいいわね」

唯「ありがと~」

唯「ねえねえ、名前は何にする?」

紬「そうね…。女の子だったら『ことみ』にしましょう」

唯「男の子だったら?」

紬「男の子だったら……………」

紬「はっ…!私、男の子の名前ってわからないわ…。後で勉強しなきゃ…」

和「それじゃあ男の子だった時の名前は私が考えるわ」

澪「和に似たら、きっと働き者のツッコミ上手になるんじゃないかな」

和「私ってそんなにツッコミする?」

紬「私に似たら?」

澪「ムギに似たら…」

律・澪「………」

唯「きっとムギちゃんみたいにかわいい子になるよ!」

紬「ありがと♪」

律・澪(ナイス…)

律「いや~、それにしても思いがけずめでたい日になったなあ」
唯「そうだね~」

梓「みなさ~ん!いつまで立ち話してるんですか!」

梓「はい!お料理できましたよ!」

律「おお~!いつの間にかすごい料理が!」
唯「あずにゃん、途中から姿が見えなくなったと思ったら…」

唯「さすがは私のお嫁さん!できた子だよぉ~!」ムギュー

梓「お嫁さんは唯でしょ!」

梓「さあ、早く座ってください」

律「じゃあ遠慮なく~」

紬「ふふふ、それじゃあ私がとびっきり美味しいお茶をいれるから、乾杯しましょう」

唯「おお~!やっぱり私達といったらこれだよね~!」

紬「ふふ、さあどうぞ」

澪「唯、乾杯の音頭を頼むぞ」

唯「うん!え~と、それじゃあ…」

唯「では!私達の赤ちゃんの輝かしい未来と!」

唯「私達の変わらぬ友情に!」

一同「かんぱーい!!」