梓「ぷはっ」

梓「あーもう唯先輩、そんなに一生懸命吸い出さなくても///」

梓「私はどこにも逃げやしませんよ///」

唯「―――」

唯「―――」ゴクン

唯「ふぇぇええええええええぇぇぇ!」

律「あんた漢だよほんと」

澪「感動した」

紬「映画化決定ね!」

紬「そしてこれでしばらくはネタにはつきないわぁ。うふふ」

唯「あずにゃん……」

梓「なんですか♪」

唯「これ……おえっぷ……以外と……おうぇええ、おいしいよ!」ボタボタ

律「!」

梓「!!?」

梓「え! あ……ま、まぁそうでしょうね! ハハ」

梓「いやー喜んでもらえてよかったです……ホント」

澪「おもわぬ反撃だな」

唯「うんおいしいからさ……おえぇえぇ、やってみ?」

梓「……」

唯「てか、やってみ?」

梓「えっと……」

梓「それはちょっと……」

梓「なんていうか」

梓「ね?」

唯「準備するからさ。あ、もうケーキ余ってないかな」

澪「わたしの食べかけでよければ。ほら」

唯「ありがとう澪ちゃん」

梓「澪先輩!?」

梓「ほ、ほら練習しましょう! 今日は新曲あるっていってましたよね?」

紬「あるわよー。でもこんなのみたら書きなおしたくなっちゃう」

律「どんなインスピレーションを受けたんだ」

唯「あー普通に味わうケーキはおいしいなー」モグモグ

唯「こんなにおいしいなんてー」

唯「あ! あずにゃんにもおすそわけしなきゃーっ!!」

梓「じゃ、じゃあ私用事ありますんで……」

律「なんだよ『むしろご褒美です!』とか言えよ」

澪「用事とかいって逃げる気か、梓」

紬「普段から孤独気味な梓ちゃんに用事なんてあるわけないじゃない!」

唯「ほらあずにゃん」モグモグ

梓「いくらなんでも無理です。こんなの死んじゃいます」

澪「それを人にしたのは誰だ」

唯「あずにゃん、んー」ズズイ

梓「……」

梓「わかりました」

梓「おとなしく罰をうけます」

梓「いきますよ……」

ヂウ

ズズズズ ズッキュズッキュ ジュプグチョォ

唯「……」

梓「……」ゴクン

梓「―――」

唯「ぷは!」

唯「どう?おいしいでしょ?」ニヤニヤ

梓「―――」

唯「あずにゃーん。なんとかいってよー」ニヤニヤ

梓「は、はああぁ」

唯「ん?どう? これでわかったでしょ私がどれだけキツイ思いをしたか」

梓「ほんとにおいしいですね!!」

唯「!?」

梓「こんなにおいしいならもっともっとやっとけば良かったです!」

梓「これからはずっとこの食べ方しましょう!」

唯「   」

律「唯……ぷくく」

澪「梓超つええ!」

紬「こんどはもっと溶けやすいケーキもってくるわね!」

唯「ありえない……ありえないよおおおおおおおおお!」

梓「愛は何ものにも勝るってこのことですね」

梓「さぁ、楽しいティータイムもおわったし練習しましょう!」

澪「そうだな!! ケーキもお茶もおいしかった!」

唯「……」

紬「新曲のタイトルは『ぐちゃぐちゃ☆ケーキ』で決定ね!」

澪「歌詞は私にまかせろーっ!!」



帰り道

梓「なんでちょっと離れて歩いてるんですか」

唯「……だってぇ」

梓「身構えなくても大丈夫ですよ。私草食系なんで」

唯「がっつり貪られたけど……」

梓「あれは流れです」

梓「実はムギ先輩におどされてたんです」

唯「ムギちゃんはそんなことしないよぉ」

梓「実は澪先輩にむったんを人質にとられてたんです」

唯「そういえばむったん、なんかすごいギー太とよりそってたけど……」

梓「あぁ、どうもできてるみたいですねあの二人」

梓「娘を……頼んだ……ぞ」ガクッ

唯「ギー太は私が好きなんだよ?」

梓「ギー太はね、もうむったんが寝取りました」

梓「そして傷心の唯先輩の心は私が癒します」

唯「そうなんだ……すごいね」

梓「あ!」

梓「言い忘れましたけど」

梓「今日ウチだれもいないんで」

梓「月曜日までだれもいない感じなんで」チラッ

唯「うん、それは寂しいね」

唯「憂にそう伝えとくよ」

唯「きっと遊びにきてくれるとおもうよ」

梓「えぇ~ほんとですか?」

梓「でもまさか唯先輩が今からきてくれるなんて嬉しいです!」

梓「ひさしぶりのお泊りですし、わくわくしますね!」

梓「ね! 唯先輩?」

唯「だめだ……鼓膜に変なフィルターがかかってるみたい……」

梓「ほら、そっちは唯先輩の家ですよ。私の家はこっちです!」

グイグイ

唯「うい~!! ういいいいいいいいいいいい!」

梓「いくら叫んでも無駄ですよ」

唯「ういいいいぃ!!! うーーい!」

憂「あ、お姉ちゃん」

梓「むむっ」

唯「憂! ほんとに叫んだらきてくれた!」

憂「うん! いま買い物の帰りだよ」

唯「助けて憂! あずにゃんランドに拉致されちゃうよ」

梓「聞き捨てならないですね! 自分から年間フリーパス買っといてからに」

唯「違うよ! 憂、この人今日頭変なんだよ! 助けて!」

憂「梓ちゃんはいつも変だよ?」

梓「ちょっと」

憂「そうだ、梓ちゃんのうちにいくならこれ持って行って! 食材!」

梓「ありがとう憂」

唯「贖罪しろおおお! 贖罪しろおお!!」

梓「つまんないこと言ってないで」

梓「ほら、いきますよ。早く帰って夕飯の準備しなきゃ」

憂「いってらっしゃい。着替えはあとでもっていってあげるね」

唯「うい……だめか…いってきます……」

唯「来世でもきっと私たち……姉妹だからね……!!」

梓「じゃあね憂」

唯「ういいいいいいいいいいいいいいい!!!」

憂「おねえちゃんがんばって!」



憂「いっちゃった……」

憂「いまは耐える時だよお姉ちゃん……」



中野家

唯「お邪魔します……」

梓「あら!おかえりなさいあなた!」

唯「え、何。急に」

梓「……ほら」

唯「……」

唯「おう、帰ったぞぉ!」

梓「ご飯にします? お風呂にします? 」

梓「それとも あ い す ?」

唯「え、アイスあるの?」

梓「いっぱいありますよ」

唯「やったぁ!」

ダキ  ギュウウ

梓「あなた……そんな、玄関で///」

唯「アイスだせ」

唯「ぐへへ。アイスだせー!」

梓「はいはい。じゃあリビングでくつろいでて下さい」

唯「うん!」

梓「制服の上はちゃんとつっといてくださいよ」

唯「大丈夫だよー」

梓「あとちゃんと手洗いうがいをして」

唯「わかったから早くとってきてよ!」

梓「アイスごときで怒らないでくださいよ」



リビング

唯「きみをみてるとー いつもはーとどきどきー」

唯「ギー太、今日もお疲れ様だよ」

唯「ギー太はおとなしくて最高だねぇ」

唯「悪いこともしないし! 綺麗な音だし! カッコイイし!」

唯「どこぞの妖怪ミキサーとは大違いだよ」

唯「はぁ……どうしてあずにゃんはあんなんになっちゃたのかな」

唯「どこで教育をまちがえたー!」

唯「……」

唯「きっとけいおん部のせいだ……」

唯「昔のあずにゃんは、そりゃあもう」

唯「照れ屋で、寂しがり屋で、真面目で、怒りっぽくて」

唯「ちょっとツンとしてて……」

唯「可愛かったなぁ」

梓「誰が可愛いんです?」

唯「うわぁ!」

梓「びっくりしないでください」

梓「ほらアイスですよ」

唯「わーこれ私が好きな牧場の、牧場のあれだ」

梓「ちょっと高いんですよね。スーパーでしか売ってないし」

唯「覚えててくれたんだねー」

梓「えぇ……まぁ。別にたまたま思い出しただけです」

梓「もともと自分で食べるために買っただけですし」

梓「決して唯先輩のためとかじゃ……」

唯「あれ?」

梓「なんですか?」

唯「あずにゃん、その感じだよ」

梓「え?」

唯「その初期の感じがいいよ!」

梓「初期?」

唯「やっぱりあずにゃんはこうじゃないとねー」

梓「わかりません……」

唯「そのツンケンしてる感じを頑張って維持してよ」

梓「もう。わけわからないこと言わないでください」

唯「怒られちゃった。ムフ」

梓「さて、それ食べたら夕飯の支度……の前にお風呂入ります?」

唯「えーーあとでいいよー」

梓「じゃあご飯準備してきますね」

唯「手伝うー」

梓「ダメです!おとなしくしてて下さい」

梓「それに手伝ってもらうと逆に遅くなりますし」

唯「わかったー! じゃあギターの練習しとくね」



梓「おまたせしました」

唯「……」ピコピコ

梓「あれ ギターひいてるんじゃ……ってうわああああああ」

梓「なにやってるんですか!」

唯「え、ドラクエ3があったから……」

梓「そ、それは!」

唯「勇者あずさレベル99」

梓「!」

唯「賢者ゆいレベル99」

唯「盗賊ういレベル30」

唯「遊び人じゅんレベル17」

梓「や、やめてください人のデータを勝手に……」

梓「プライバシーですよ」

唯「いやーそれほどでも~」

梓「ほめてません……」

唯「ところであずにゃんや……」

梓「すいませんでした!」

唯「ん? まだなにも言ってないよ?」

梓「出来心なんです」

唯「なにが? ご飯出来たの?」

梓「唯先輩にはきっとあぶないみずぎが似合うとおもって」

梓「ずっと装備させてました」

唯「なにそれ?」

梓「知らない!良かった!」

梓「さぁご飯食べましょう! 今日はじゃじゃーん!」

梓「中野家特製、愛のこもったオムライスです!」

唯「やったー! オムライスー!」

梓「あはは、なんか今すごく馬鹿っぽいですよ唯先輩」

梓「さぁ、たっぷり召し上がってください」

唯「じゃあさーケチャップでさー」

梓「はい! 唯×梓~Eternal Love~って書いちゃいます!」

唯「えぇ~それだとケチャップだらけになるよー」

梓「あ、唯先輩唇にケチャップついてます」

梓「舐め取りますね」

唯「いやいやついてない!まだついてな――むぐ!!?」

ペロ ヂュウ

梓「……はぁ///」

梓「不可抗力ながら本日三度目のキスになってしまいましたね……///」

唯「あずにゃん……ムードを」

唯「キスするにしてもしないにしても、せめてムードを大切にしよう?」

唯「華の女子高生だよ!?」

唯「それに全然不可抗力でもないよ!?」

唯「なんだか飢えた行き遅れみたいな積極性だよあずにゃん」

梓「いけないんですか?」

梓「積極的にアプローチしたらいけないんですか!!?」

唯「……うぅ」

唯「だって……そんなの」

唯「あずにゃんのキャラじゃないよ……」


3