部室

梓「あ、ギー太がおいてある」

梓「朝練の後そのままかー」

梓「ギー太」

梓「ギー太ギー太ギー太……変な名前」

梓「ずるいよね」

梓「いつも唯先輩と一緒に寝てるんでしょ?」

梓「ネックそってダメになっちゃえ!」

梓「……ごめん」

梓「でも羨ましいなー」

梓「そうだ!」

ゴソゴソ

梓「ギー太にはむったんがいるじゃん」

ゴト

梓「これで楽器同士 そして持ち主同士、ムフフ」

梓「むったんをよろしくね」

梓「私に似てシャイでおセンチな子だから」

梓「3弦の3フレット目がウィークポイントだから覚えとくといいよ」

梓「ちょっとぉ、梓様ァひどいですよぉ!」クネクネ

梓「私のことは遊びだったんですかぁ!」

梓「……なんてねー」

梓「はぁ、唯先輩と寝たいなぁ」

梓「……うわっ。純真たる乙女がなにポロっと危険なことを言ってるんだ」

梓「だめだだめだ。今日は調子がおかしい」

梓「でもギー太に負けるって悔しいな」

梓「だってギターだよ? まがりなりにもギターだよ???」

梓「こっちは人間」

梓「ときどき猫」

梓「にゃーん♪」

梓「ありゃりゃ、本格的にイタイな私」

梓「こういうテンションの日はおとなしくしてるほうがいいかも」

梓「ほらトーンちゃん」

梓「トンちゃんの大好きな餌ですよー」

梓「琴吹家自慢のディナーですよー」

梓「あーあ がっついちゃってもう」

梓「乙女なんだからもっと品よくさぁ」

梓「いいやもう」


梓「あーあ、先輩達早くこないかなー」

梓「今日はぴゅあぴゅあ合わせてから、ふわふわは……大丈夫!」

梓「ふでぺんも大丈夫……かな」

梓「あと新曲があるっていってたからそれ聞いて」

梓「唯先輩にまたギターおしえなきゃー」


梓「くるまで一人で練習しとこっかな」

梓「何にしよう」

梓「ね、念のためふわふわ」

ジャカジャカジャカジャカ

梓「きみをみてるとー いつもはぁとどきどきぃー」

梓(なにこの歌詞)

梓「ゆれるオモイはマシュマロみたいに ふーっわふわー」

梓(恥ずかしい恥ずかしい)


梓「あーもう 先輩達よくこれ歌えるなー」

梓「キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI かぁ」

梓「ほんとにそうおもってくれればなー」

梓「あとサビのさー」

梓「あぁ カミサマお願い二人だけのDream Timeください☆って」

梓「結構ヤラシイかも……」

梓「もう澪先輩ったら///」

梓「……ふー」

梓「どりぃ むぅ↑ たいむくだーさい♪」

梓「おーきにいりーのあずにゃんーだいてーーーえ!」

梓「こんやーもーおーやすみ♪」

梓「ふわっふわタァーイム♪」 唯「ふわふわターイム」

梓「ふわっふわタァーイム♪」 唯「ふわふわターイム」

梓「ふわっふわタァーイム♪」 唯「ふわふわターイム」

ジャジャンジャジャン 

パチパチパチパチ

梓「え!?」

律「ヒュー」

梓「んなっ!!?」

梓「セ、せせ先輩たちいつのまに」

梓「てかいつから!?」

律「そりゃ楽器ひいてたらドアの音なんてわかんないよなー」

紬「梓ちゃんの歌」

紬「あんまりうまくないですね(爆)」

澪「あ、あずさ……その替え歌はどうかとおもうな……」

律「正直痛いぞ」

梓「き、きかれてたー」

唯「ふふ。お望みどおり抱いて寝てあげよう子猫ちゃん!」

ダキ

梓「ふにゃぁ///」

律「はい。今日もむかつきます」

律「この茶番どうおもいます?」

澪「こうも毎日見せつけられると腹がたつ」

紬「そうかしら? わたしはウェルカムだけど」

律「ムギ、お前は悪食すぎるんだよ」

唯「ええじゃないかッ。ええじゃないかッ」スリスリ

梓「ちょ、ちょっと先輩もしかして体育の後ですか?」

唯「えぇーわかるー?」

梓「はい……その言いにくいんですが」

律「汗の臭いがするんだな!」

澪「くさいぞ唯ー」

唯「ひどいよー。もう」

唯「そんなに私臭わないよねぇ?あずにゃん」

梓「汗の匂いが……」スンスン

梓「唯先輩の汗が……」スンスン

澪「めっちゃ嗅いでる……」

律「洗剤のCMみたいな顔してるぞ」

紬「梓ちゃんは無自覚変態さんなのね」

唯「どうー変な臭いするー?」

梓「そ、そうですね。やっぱり女子高生たるもの」

梓「スプレー等できちんと後始末をですね」

唯「そっかー。借りたらよかったなー」

梓「エチケットです!」

律「とか言いつつ気持ちとは矛盾してるくせに」

梓「!」

澪「梓ー! もう素直になれよ。いいんだぞー素で」

澪「素な感じでよろしく」

梓「素ですか……」

梓「な、なーに言っちゃってんですかこの人たちは」

梓「いやですよーもう」


梓「あと唯先輩はもうそろそろ離れてください!」

唯「えー。まだ今日のあずにゃん分補給しきってないよ」

梓「そうですか? な、ならいいんですけどね!」

梓「唯先輩がどーしてもっていうなら……」

梓「いいんですけどね!!」

紬「梓ちゃん、必死ね」

澪「必死な梓もかわいいぞ!」

律「さぁて。練習」

律「の前にお茶だな! ムギー!」

澪「よーし私机ふいちゃうぞー」

梓「最近私の中での澪先輩株が急落してます」

唯「わーいティータイムだー」

紬「すぐに準備するわね」

紬「あ、唯ちゃんと梓ちゃんはそのままでいいわよ」

律「そうそう。そのままでいいよ」

律「ついでに言うともうケーキとか食べなくていいんで」

律「適当なタイミングで仲良く帰ってください」

澪「やった! ならケーキ余るな! わたし栗のやつ!」

唯「えぇ~ ケーキほしいよ~」

パッ  

梓「あっ」

梓「……ケーキに」

梓「私はケーキ以下なんだ……」

唯「へ?」

澪「ハハハ、まぁ唯だからな。どんまい!」

紬「あらあらうふふ。可愛い嫉妬ね」

梓「許さない……」

梓「許しません……」

律「あ、あずさ?」

唯「んー?どしたのー?」

梓「唯先輩ちょっとそこどいてください」

唯「え、それ私のケー」

ヒョイ パク

梓「おいしいですね」モグモグ

唯「えっ、あ!」

唯「あ"あああああ!!」

梓「こんにゃものにうつつを抜かしてるばあいじゃ」

梓「ないれふよ」モグモグ

梓「けっこういけまふね」モグモグ

唯「け、けーき」

梓「自業自得れす」ムシャムシャ

唯「ちょ、ちょっとそれはおかしいよ」

唯「あずにゃんもう天国いけないよ!?」

律「あははー、唯のモンブランがあっというまに帰らぬ人に」

唯「う、うぐ……モンブラン様……」

澪「まぁ気落ちするなって梓のをかわりにもらえばいいだろ?」

梓「そうもいきませんけどね」

ヒョイ モグモグ

澪「自分のもくうんかい!」

律「太るぞ」

紬「わぁ梓ちゃん食いしんぼうさんね」

唯「ひぇええええ! この子おそろしいよ!」

唯「サタンがこの世に顕現したよ!」

梓「あ、食べたいなら言ってくださいよ」

梓「まだありますから」

唯「どこにあるって? 二つともブラックホールに飲まれたんだけど!」

梓「だからここにあります」

梓「んあ」

グチャァ

律「きめぇ!」

澪「うわぁ、モンブランとショートケーキって混ざったらそんな感じなんだな」

唯「やめてよ……口の中みせるのやめてよ」

梓「そうですか」ムシャムシャ

梓「もっとたべさせやすくしときますね」モグモグ

澪「食べさせやすくだってさ……」

唯「この後の展開想像したら気持ち悪くなってきた……」

紬「展開ってもしかして……いいわぁ すごくいい!」

澪「覚悟をきめろよ唯。可愛い後輩だろ?」

律「そうだぞー。目に入れても痛くないって言ってたし!」

紬「大丈夫よ唯ちゃん。うちのケーキはどうなってもきっとおいしいわ!」

唯「みんなどうしてあずにゃんサイドなの……」

唯「どっちが間違ってるかなんて一目瞭然だよ!」

梓「唯先輩です」

紬「唯ちゃんよ」

澪「どっちもどっちだけど、唯かなぁ」

律「梓の気持ちをくんでやれない唯がわるい」

唯「ちょっと……みんなおもしろがってないで止めてよ」

律「おーケーキうまそー」

澪「いやーいつも悪いなムギ」

紬「いいのよーみんなの幸せはお金なんかとは変えようがないもの」

唯「これは……」

唯「ええい、覚悟をきめろ平沢唯!」

梓「……」

グッチョグッチョ ムシャムシャ ジュルグチャ


唯「……」ブル

梓「……」

グッチョグッチョグチャグチャジュルルン グッチョグチョ

唯「ひぃぃ」

唯「あ、あずにゃーん。もうそれいらないからさゴックンしちゃいなよ……」

唯「無理しなくていいんだよ?」

梓「せんふぁいこそ我慢しなくていいれふよ」

梓「ほら見てください……さっきよりだいぶ」

梓「んあ」

ドッロォ

唯「うわぁ……ミキサーでも装備してるのかな」

律「なかなかおもしろい世界がひろがってるな」

澪「梓こっちむくな。ケーキがまずくなる」

梓「いい加減私もこれ気持ち悪いので、そろそろ召し上がりますか?」

唯「気持ち悪いって言ったじゃん! ねぇ聞きました!?」

唯「この人今自分で気持ち悪いっていいました!」

澪「見苦しいぞ唯」

唯「澪ちゃんひどい!いつもならどん引きしたりするくせに!」

澪「いいんだよ。対岸の火事なんてどうでも」

紬「あらあら、高みの見物ねー」

澪「あぁ、この苺タルトうめー」

律「やっぱムギのもってくるケーキは天下一だな」

紬「でしょー。紅茶も入ったわー」

梓「ほうちゃ!」

唯「ストップ! それはよくない!」

唯「それは暴挙だよあずにゃん」

梓「んぐんぐ」 ジュプジュ

梓「……」

ジュルグチョジュルルルズル

梓「んぐ!?」

唯「どうしたの?」

梓「あひゅい」

梓「あひゅいから!」

唯「熱いならさっさと飲み込みなよ」

梓「んー」

唯「んーじゃなくて飲み込むの!」

唯「あとほっぺた膨らましながら上目づかいしても可愛くないよ!」

梓「んー」

唯「はぁ……」

唯「……」

律「唯さん腹くくり中」

澪「やっぱりここはさ先輩としてさ、度量をみせつけてやるべきだよ」

唯「そんな度量なんの役にも立たないけどね」

紬「ここでヘタレたら今後の主導権握られちゃうわよ唯ちゃん!」

唯「……よくわからないけど」

唯「なんだかライブ前より緊張するよ」

澪「みてるこっちも火の粉がふりかからんかとハラハラする」

律「飛び散ったら嫌だし、ちょっと離れようぜ」

紬「机うごかすわね。ちょっとお皿持ってくれる?」

澪「うん」

ガタガタ ゴトン

唯「ひどいよーみんなして保身に走って」

梓「……はやぐ」

梓「はや"ぐ!!」

唯「……はい」

唯「いくよあずにゃん……」

梓「♪」

唯「……」

ムチュ

梓「~~♪」

唯「んぐっ!!」

ゴキュゴキュ ジュプグチョ

ボタボタ デロデロ

律「たれてるたれてる。公害なヘドロたれてるぞー」

澪「世にもおそろしい光景だな」

律「煽った奴あとで掃除しろよな」

澪「誰だそれは!」

紬「いいわー! すっごくいい!」

紬「どんどんいいフレーズが頭の中に流れこんでくる!」

律「お前も相当だよ」

ゴキュゴキュゴキュゴキュ

唯「んむぁ!」

梓「ふんんふうん」

唯「っっひ」

梓「おいひいへふか?」

唯「―――」


2