唯「ういーおはよー」

憂「おはようお姉ちゃん。朝ごはんできてるよ」

唯「いつもありがとね、憂」

憂「えへへー・・・あれ?」

唯「どうしたの?」

憂「お姉ちゃん、なんかズボンもっこりしてない?」

唯「ホントだ!なにか入ってるのかな?」モミモミ


憂「ひゃ!お姉ちゃんおっきくなってきたよ」



唯「触ってみて分かったんだけどね、このもっこり私からはえてるみたい」


憂「ちょ・・ちょっとズボン脱いでみてお姉ちゃん」

唯「う・・うん」ズリッ ポロン


憂「キャァァーーーーー!!」

唯「おぉ~~」


憂「どうしようお姉ちゃんにおちんちんはえちゃった」

唯「これ面白いよ、ういー」モミモミ ピクッ


憂「そんなのんきなこと言ってる場合じゃないよ!」
唯「なんで?大丈夫だよおちんちんくらい」

憂「うちは女子校だからおちんちんはえたら退学になっちゃうよ!」


唯「!?」


唯「それはやだよー助けてういー」ギュー

憂「助けてって言われても・・・・(太ももにあたってる・・・)」

憂「と、とにかくみんなにバレないようにしなきゃ」

唯「そっか、私隠しとおすよ!」ギュ!

憂「・・・」



~学校~

唯「(今まで意識したことないけどうちの学校、可愛い子多いなー)」

唯「(ちょっとムラムラしてきちゃった)」

唯「(平常心平常心、勃起しちゃダメ勃起しちゃダメ)」



律「おっはよー」ドンッ


唯「わわわ律ちゃん!お、おはよう」ビクンッ

律「どうしたー唯、前屈みになんかなって」


唯「こ、これはその・・・お腹が痛いんだよ!」


律「風邪か?どれ熱は・・・」
おでことおでこを合わせる

唯「!!」ビクビクンッ!!!!

唯「ちょ、ちょっとトイレ行ってくる!」ドタドタ


~トイレ~

唯「律ちゃん可愛い律可愛いハァハァ」

唯「まずいよーうちの軽音部ハァハァ、可愛い子ばっかりだハァ」


唯「絶対ハァハァ勃起しちゃ・・・・しちゃうぅぅぅぅ!!!!」




唯「ふぅ」



~教室~

ガラガラ(戸の開く音)
律「おー唯帰ってきた、お腹大丈夫かぁ?」

唯「あ、田井中さん。大丈夫よ」

律「そ、そっか(素っ気ない?)」


律「今から弁当注文行くから唯も一緒に行っこうぜ!」

唯「いや、いい」


紬「あらあら」


……

先「で、あるからー過去の助動詞きの連体・・・」


唯「(ぁ~授業始まったらまたムラムラしてきちゃったよー)」


唯「(前の席のAちゃんブラ透けちゃってる・・・ハァハァ)」


唯「(スカートの上からオナニーしたらみんなにバレるかな?だ・・・大丈夫だよね?)」


唯「(ハァハァ)」

唯「(スカートの上から優しくつまんで)」


唯「(よいしょよいしょ・・・いいかも)」

唯「(隣の子にバレないように揺れは最小限に抑えつつ・・・・エヘヘいいかも)」


先「じゃーこの問題を平沢答えてみろ」


唯「!!」


唯「(立ったらみんなにおちんちんばれちゃうよー)」

唯「(なんで勃起なんてしちゃったんだろ、私のバカ)」

先「どうした平沢?早く立って答えなさい」


唯「(どうしようどうしよう・・・・あ、そうだ!おちんちん下に向けて机に押し付ければ・・・これでよし、っと)」


唯「答えは已然形です!(バレてないバレてない♪)」


紬「ふふふっ」




~放課後~

唯「(やっと学校終わったよー、でもここからが正念場だ!)」

律「ゆーいー部活行こうぜ!」

唯「う、うん!」

ガラガラ(戸が開く音)

律「おいーすってぅわあ!!」

紬「澪ちゃんどうしたのその格好?」

澪「さわ子先生に無理やり着せられたんだー」

律「チャイナもいけるな」ゴクリ


唯「」ビクンッ

唯「(体にぴったりの服・・・)」

紬「あたしもそれに着替えようかな♪」ヌギヌギ


律「よーし!今日はみんなチャイナ服で部活だ」


唯「あわわわわわ」


律「どうしたー唯も早く着替えろよ♪」

唯「り、律ちゃん隊長・・・・私今日はチャイナな気分じゃなくて」


律「何言ってんだ!よーし私が着替えさせてやる!」ガバッ

律「おらおらー!!よいではないかよいではないか!!!!!」


唯「ご、ごむたいなー(ホントにヤバイよー)」


律「まずはブラウスのボタンを外すぜー!!」

澪「ちょっと律!!」

唯「あわわわわ」


紬「」●REC


律「ボタンをひとつずつ、ひとつずつ」パチッパチッ


唯「だ、ダメだよぅ」ビクビクッ


律「よーし全部とれた。きめ細やかな肌してやがるぜ。さぁ次はブラジャーか?それとも一気に下をやっちゃうか?」


唯「(どうしようこんな時に勃起しちゃった、平常心平常心)」ビクッピクン


澪「律いいかげんにやめないか!」


律「やめないよーん♪次は上か下か・・・・」

唯「(律ちゃん、そんなに近いたらあたっちゃうよー)」


律「下だ!!」


紬「Oh・・・」


梓「律先輩やりすぎです!唯先輩、すごく困り顔じゃないですか」


律「なんだー?梓はまだまだ子供だなぁー、こんなことくらいで真っ赤になっちゃって」


紬「あらあら梓ちゃん」


梓「そんな・・・・わ、私もやってやるです!」ガバッ


唯「あずにゃんまでー・・・」



唯「(もう絶対におちんちんバレちゃう・・・)」




ガラッ!!

憂「お姉ちゃん!!!!」

唯「う~~い~~~~!!!!!!」

憂「律さん!!」


律「あうあうゴメンナサイゴメンナサイ」

憂「梓ちゃんも!」

梓「ご、ごめん」シュン


紬「ちっ」


憂「お姉ちゃんちょっと来て」

唯「うんっ」


憂「ゴニョゴニョ(まだバレてない?)」

唯「ゴニョゴニョ(なんとか大丈夫)」


憂「ゴニョゴニョ(私も対策を考えてみたんだけど、おちんちんを又に挟んだら目立たなくなるんじゃないかな?)」


唯「おー憂は天才だねーじゃあさっそく、よいしょっと」


唯「さあ律ちゃん隊長、どっからでもかかってきなさい!」


律「よーし!どれどれ」

紬「」●REC


律「もう一気にスカートとっちゃおうかな、えい!」スッ

唯「!!!」ピクッ


律「あれ?今なんか手の甲にあたった気が」


憂「き、気のせいですよ律さん!!!ゴニョゴニョ(さぁお姉ちゃん今のうちに着替えて!)」

唯「う、うん!」


紬「(気のせいじゃないわ!!律ちゃん行け!行くのよ)」


唯「着替え終わったー♪」


紬「キーー!!!」







~時間を遡って琴吹家~


紬「はぁ・・・せっかく可愛い子のたくさんいる軽音部に入ったのに、このままじゃだめね」


紬「なにか手をうたないと、今までのようになんの進展もないまま・・・」


紬「斎藤!」パンパン


斎「なんでございますか紬お嬢様」ササッ


紬「例のものはできているの?」


斎「はい。こちらの丸薬が完成品でございます」


紬「これが・・・私の要望通りのモノなんでしょうね?」

斎「はい、琴吹家の持つ技術の全てを使い完成させた、こちらのPE-2CEはホルモンのバランスを崩し、女性に男性器をはやすことのできる薬です」


紬「それで?」


斎「はっ、紬お嬢様のご要望通り男性器がはえた後も、その他の体の部位には変化がでないように改良されています。骨格や胸など、女性の特徴を残しつつ生殖器のみを変えることができます」


紬「完璧よ、斎藤。良くやってくれたわ。あとはこれをお菓子にでも入れて飲ませればいいだけね?」ニヤリ

斎「左様で」ニヤリ






~再び音楽室~

紬「(まさか計画に邪魔が入るとは思わなかったわ)」


紬「(平沢憂・・・よけいなマネを・・・)」



ゴツン(殴る音)

律「痛ってぇ・・・何すんだよ!澪ー」

澪「お前が遊んでばかりいるからだろ」

澪「まったく、こんなんじゃ一生武道館なんて行けないからな!」

スッ

唯「律ちゃん隊長、ムギちゃんが手挙げてます」

律「じゃー琴吹くん、意見を発表したまえ」


紬「合宿をして、みんなのモチベーションを上げるのはどうかしら?」


唯澪律梓「合宿ー?」


憂「が・・・合宿!?」

紬「合宿をすればきっとみんなのやる気もでるはずよ」ニコリ

澪「良い考えだな!場所はどこにするんだ?」


紬「うちの別荘を使って♪スタジオもあるし、別荘の目の前には海だってあるのよ」ニコリ


唯律「海ー!!」

紬「温泉だって♪」


唯律「温泉ー!!」


憂「ちょ、ちょっとお姉ちゃん!」

唯「ゴニョゴニョ(大丈夫だよー)合宿合宿♪」


憂「だ、だったら私も行きます!」


紬「あらあらダメよ?これは軽音部の合宿なんだから、遊びじゃないのよ?」


憂「うぅ・・・」

唯律「合宿合宿♪」






~合宿前夜、平沢家~

憂「明日から合宿かあ~お姉ちゃん大丈夫かなー」

憂「お姉ちゃんは部屋でのんびりしてるけど・・・このままじゃ絶対ヤバいよ」


憂「こういうことは男の子に聞いたほうが良いよね、よし中学で一緒だった男くんに電話してみよう」

プルルルプルルル

ガチャ
男「はい、男です」

憂「お、男くん?私、平沢」

男「平沢かー久しぶりだな!どうした?」


憂「あのね、突然で悪いんだけどね、その・・・えっと///」


男「うん、どうした?」


憂「えっと・・・その・・」モジモジ

男「(告白ktkrwwww)」


憂「その、すごく恥ずかしいんだけど・・」

男「ゆっくりで大丈夫だよ、ちゃんと聞いてるよ」キリッ

憂「おちんちんが、おっきくならないようにするには、どうすればいいかな?!」


男「え」


憂「性欲の無くしたい人がいるの!食べ物とか体操とか、なにか良い方法ないかな?」

男「・・・」

憂「男くん?」

男「食べ物とかは分かんないけど」

憂「うん」

男「良い方法があるよ」

男「賢者モードって知ってる?」

憂「賢者・・・モード?」

男「そう、賢者モードになった男はどんな攻撃にも負けないんだ」

憂「すごい!お姉ちゃんを助けれるよ」

男「(お姉ちゃん?)じゃあ賢者モードになる方法を説明するね」




憂「賢者モードか・・・私、できるかな」


憂「ううん、お姉ちゃんのためだもんね。私頑張れる!」



~唯の部屋~

コンコン
憂「お姉ちゃ~ん入るよー」

唯「はーい」

ガチャ
憂「お姉ちゃん、ちょっとギター置いて」

唯「うんどうしたー?」

憂「ち、ちょっとゴメンね」

ズリッ (唯のズボン、パンツおろした)

パクッ

唯「ぅ、憂!?」

憂「ひっほひへへ(じっとしてて)」




2