~~~帰り道~~~



梓「はぁ……もう散々な目に遭いました……告白合戦の後もずっと揉みくちゃにされちゃいましたし……」

律「ははっ、まぁ気にするなって。それだけ皆に愛されてるってことなんだからさ」

梓「……っていうか、なんで律先輩が私の隣を歩いてるんですか?」

律「ひどいっ! 唯の家で解散になったから一緒に帰ってるだけだろ!?」

梓「ああ、いえ、ちょっと疲れているせいで言葉足らずでした。
  ……えっと……澪先輩と同じ方向のはずなのに、どうして私との別れ道を過ぎても、一緒の方向を歩いてるんですか?」

律「どうして、って言われてもなぁ……やっぱり部長としては、後輩をちゃんと家に送り届けないとならないだろ?」

梓「ならないだろも何も、私と律先輩は一つしか違いませんよ?
  それにもう年も越しましたし、変質者が出ることも無いでしょうに」

律「なんだその超理論……たぶんもう陽も昇ってきてるからって言いたいんだろうけど……
  でもまぁ、そう言うなって。私が梓を送りたいんだから。それとも迷惑だったか?」

梓「いえ……そういう訳ではないんですけど……」

律(……ふむ……)

律「…………」カコカコ

梓「? どうしたんですか? おもむろにメールなんて打ちだして」

律「いや、ちょっと家族に連絡しとこうかと思って。そろそろ帰るぞってな。
  梓はしとかなくて良いのか?」

梓「はい。私の場合、昨日の段階で済ませておきましたから」

律「そっか」パタン

梓「…………」

律「…………」

梓「……何か話してくださいよ」

律「えぇ~? 何かって、またアバウトな要望だなぁ……」

梓「こういう時は、部長の律先輩が話題を振るべき時じゃないですか?」

律「う~ん……ま、それもそっか……私も、梓に話したいことがあったし」

梓「話したいことですか?」

律「ちょっと、柄にも無く緊張しちゃってさ。思わず無言になっちまったよ」

梓「本当、律先輩が緊張するとか、本当に柄にでも無いですね」

律「言うなよ~。私だってそれなりに気にしてるんだぞ?
  こういう時に限って、いつもの私らしく振舞えないことがさ」

梓「はぁ……」

律「……ま、歩きながら聞いてくれたら良いんだけどさ……」

梓「なんですか?」

律「……今まで、ありがとな」

梓「……へ?」

律「おいおい、そんな意外そうな目を向けるなよ」

梓「いえだって……あの律先輩が、いきなり私にお礼を言うものですから……」

律「本当、失礼な後輩だなぁ……」

梓「すいません……」

律「でも、ソレが梓らしくて、だからこそウチには必要だったのかもな……」

梓「……いきなりどうしたんですか? 律先輩。変なものでも食べました?」

律「昨日はお前と一緒のものしか食べ取らんわいっ」

梓「ひゃっ!」

律「……ま、今年は――いや、もう去年か……ともかく、本当に楽しかったよ。梓のおかげでな」


律「最初から梓が入ってくれてなかったらこんなことも思わなかったんだろうけど……梓がいないと、放課後ティータイムが成り立たないような気がするんだよな」

梓「……そんなことないですよ。私がいなくても、皆さんは仲良く、良い曲を作れてました」

律「でもソレは、梓が最初からウチに来てくれてなかったらだろ?
  お前が入ってくれて、二度文化祭でライブやって……まぁ一度目は失敗だったけど……それでも、練習とか諸々、梓がいないとさ……きっと、楽しくなかったよ。
  もっとも、さっきも言ったけど、最初から梓がウチに入ってなかったらこんなことは思わなかっただろうけどさ。
  梓の言うとおり、きっと四人で楽しくやってたかもな」

梓「…………」

律「でもそんな“もしもの話”が想像できないほど、想像しても違和感が残るほど、私たちにとって梓は大切な存在で、とっくに当たり前な存在になってるんだよ」


律「……何度も考えた。
  もし梓が、私たちと同じ学年だったら。
  一緒に卒業できたら。
  一緒に受験勉強できたら。
  一緒の大学に行けたら。
  ……そんな“もしもの話”を、何度も何度も想像したし、考えた。
  ……でも……ダメなんだ」

梓「ダメ、ですか?」

律「そう、ダメなんだ。
  意味が無い、ってのも確かにあるけど、でもそれ以上に、私たちと梓が同じ学年だったら、きっと梓は、放課後ティータイムに入ってくれていない」

梓「そんなことは……」

律「あるんだなぁ、コレが。やっぱり梓は後輩じゃないと、私たちと一緒にはいてくれなかったんだよ。
  だってさ、結成したての私たちの演奏を聞いても、絶対に梓は納得してくれなかったと思う。
  もし納得してくれて、入部してくれていても……そこには、色々なわだかまりがあったと思う」

梓「…………」

律「今でこそ想像できないけど……これだけ仲良くなれて、大切な存在だからこそ考えられないけど、きっと、色々とおかしくなってたと思うんだ」

梓「……律先輩って、妙なところで現実的ですね」

梓「私自身もそう思うよ。
  じゃなかったら、同級生でも仲良くやれてる放課後ティータイムを想像できたはずだもんな」

梓「でも……その話が一体なんなんですか? まさかその話をするのに緊張してたんですか?」

律「まさか。そうじゃないよ。
  私が言いたいのはさ……梓に辛い思いをさせるのが決まってるのが、イヤだなって話だよ」

梓「……辛い思い?」

律「梓にとっての後輩もいない。なのに、バンドメンバーだけ先に卒業して、一人ぼっちにさてしまう……そんなの、もし私が梓の立場だったら、堪えられないと思う」

梓「そんなずないですよ。律先輩なら大丈夫です」

律「……私ってさ、案外澪のこと頼りにしてるんだよ。澪が隣にいないと、いつもみたいに張り切れないんだ。
  あいつがいるから、いつもの私がいる。
  裏切らないって分かってる幼馴染がいてくれるから、頑張れてる……」

梓「…………」

律「正直、周りには澪が私に頼りきってるように見えてるかもしれない。
  でも実際、私も澪に頼りきってるところが一杯ある。
  だから私たちは、ずっとずっと一緒にいれたんだよ
  だから、そんな私だから、きっと独りになったら……部活を辞めちゃうと思う」

律「でも今は……澪だけじゃない。私が頼りにしてる人の中には、梓もいる」

梓「私、ですか……?」

律「そう。それと、唯とムギ。放課後ティータイムの皆。
  皆がいてくれるから、私は皆の前に立てる。部長としていられる。……そんな気がするんだ。
  だからさ……梓。
  私にとって軽音部は――放課後ティータイムが作られたこの場所は、大切な皆と出会えた、大切な場所なんだ」

梓「はい……」

律「……私は、酷いな……」

梓「え?」

律「だって梓に辛い思いをさせてしまうと話しておきながら、次の部長を梓に頼もうとしてるんだもんな。
  私なら堪えられない、って話してるのに、ソレを梓にさせようとしてるんだもんな」


律「私にとっての大切な場所を守り続けて欲しい、だなんていう、私自身のエゴの塊を押し付けようとして……
  梓が一人になって辛いだろうって分かってるのに、そんな責任を押し付けようとして……
  本当、酷いヤツだよ、私は」

梓「……そんなことありませんよ」

律「ははっ、気休めでも、そう言ってくれると気が楽になるよ」

梓「気休めじゃありません。律先輩は、酷くありません」

律「どうだろうなぁ……なんせ私、梓に色々と残さないとって考えたら、残せるものは責任なんていうイヤなものしか思いつかない人だよ……?
  それ以外のもので何か、って考えた時、次に思いついたのは現実的な物品で、
  その次は……面倒くさくなって、梓が入ってきてなかったらどうなってたんだろうっていう、“もしもの話”を想像して……」

梓「……でも、律先輩言ってたじゃないですか。
  そうやって私が入ってなかったらどうなってたんだろうって思っても……“もしもの話”を考えても、私がいない場合のことはもう、考えられないって」

律「だから、最初から入ってこようとしてなくて、四人でならどうなってただろうって考えたんだよ」

梓「嘘ですね」

律「嘘じゃない」

梓「嘘です。どうして律先輩は、そんなに自分を卑下するんですか……?」

梓「だって律先輩、さっき私に『最初から入ってなかったらこんなことも思わなかった』って言ってたじゃないですか。
  それってつまり、そうやって私と出会う前にまで想像を働かせないと、私のいない軽音部を想像できないってことですよね?
  それだけ、私のことを認めてくれているってことですよね?」

律「…………」

梓「……嬉しいです、律先輩」

律「……嬉しい?」

梓「はい。だってそれだけ、私のことを――私がいないことを考えれないほど、私のことを大切に想ってくれているってことですから。
  放課後ティータイムにとって私が必要だって、言ってくれてるってことですから」

律「…………」

梓「自分を卑下して、私に嫌われて……そうしたら私と別れる時、私の気持ちが少しでも楽になるだろうとでも思いました?
  でもソレ、この話を始めた時に、ふと思ったことですよね?
  だからそんな支離滅裂なことになっちゃうんです。
  ……まぁ、そういう向こう見ずで、思ったことをすぐ実行に移そうとするところ、律先輩らしいですけどね」

律「……そんな、大層なもんじゃないよ」

梓「そうかもしれません。でも私は、そう思います。
  そして私は、そんな律先輩が、大好きなんです」

梓「大好きだから、部長の座も、軽音部も、放課後ティータイムも、守り続けたいんです。
  律先輩に押し付けられたから、とかじゃなくて、私自身の意思で。
  律先輩に頼られて嬉しいのも含めて、私自身の意志で」

律「…………」

梓「確かに、先輩達と別れるのは辛いです。悲しいです。きっと泣きます。
  ……でも、それまでは、泣かないようにします。泣かないと決めたんです。
  ある人のおかげで、ある人に支えてもらえてるから、泣かないと決めて、頑張って立っていられます。
  だから……私は、先輩達に迷惑をかけたり、心配かけたりするつもりが、ないんです。
  先輩たちがのびのびと、私に気を遣うことなく卒業できるまで、頑張りたいんです」

律「…………」

梓「だから、私のことなんて、気にしなくて良いんです」

律「……気にするに決まってるだろ。大切な後輩なんだから」

梓「ふふっ、ありがとうございます。
  でも、それで私に気を取られて卒業を逃したり、大学に行きそびれたりしないでくださいよ?
  私の頑張りが――律先輩の大切な後輩の気遣いが、無駄になりますからね」

律「ああ……分かってるよ」

律「……っと、もう家の前だな」

梓「はい。今日は送っていただき、ありがとうございました」

律「良いって良いって。梓と二人きりでお話できたしな~」

梓「……もしかして、二人きりでのお話は、これで最後かもしれませんね」

律「……いつだって会えるだろ? 同じ高校だし。またこうやって話すことも出来るさ」

梓「……まぁ、そういうことにしておきます」

律「しておきますってなんだよ」

梓「いえいえ。では律先輩、今年もよろしくお願いしますね」

律「ああ」

律「っと、そうだ梓」

梓「はい?」

ダキ

梓「ふにゃっ!? 律先輩!?」

律「……ありがとな」

梓「……いえ。こちらこそ、ありがとうございます」

律「……軽音部、頼んじゃうけど」

梓「どんと頼んでください。田井中部長」

律「……なんかソレ、くすぐったいな」

梓「じゃあ……任せてください律部長、で」

律「ああ……任せるよ、梓」

梓「はい……」


……

律「ああ~……危ない危ない……危うく泣きかけたって。
  ……ムギや澪みたいに、梓の前で泣くのはさすがになぁ……」

律(でも……言いたいことは言えた、かな……?)

律「それに……皆から梓に送るものも、決まったし」

律(そうだよな……そのために、さっきメールで、皆に集合してもらうよう頼んだわけだし……)

律「さってと……! 今年はこれから忙しいぞ……!」

律(梓との約束もあるから、これからもちゃんと勉強して、皆と同じ大学に行って……
  そんでもって、梓に送るための歌詞と曲を皆で考えて……)

律「……ま、細部は余裕のある澪とムギに任せっきりになっちゃうのが、部長としてはダメな部分かもな……」

律(でも……ギリギリまでは、私も手伝おう。それが、皆で梓に送れるものだからな……)

律「……にしても、泣きそうなのを堪えてると……独り言が多くなるな……」

律(…………)

律「…………」

律(……今だったら誰もいないし、泣いても誰も見てない、か……)

律「……いや、ダメか。今泣いたら、皆と集合した時に心配されちゃうもんな」

律(軽音部の部長として、ソレだけは避けないとな……まだ軽音部の部長をしてる、私の意地だ。
  ……この提案を皆の前でして、話し合って、解散するまで……泣かない)

律「さぁって……今年最初の大きな頑張りだ。
  ……田井中律……後輩のために、部長として、頑張っていこうか……!」



終わり