澪「まぁ、でも……ムギがそこまで言うんなら……私は、してもいいかな……?」

唯「おっ、さすが澪ちゃんっ」

澪「ま、所詮もしもの話だ。遊びみたいに、気楽にいけばいい……うん、そうだ。そうだよな……」

律「自分に言い聞かせてまで無理しないとダメか……?
  ……でもま、確かに本当に告白する訳でも無いし、私も良いよ」

梓「もう……お二人がそういうなら、私がしない訳にはいかなくなるじゃないですかっ」

唯「やった! これでみんなだねっ」

律「……で、どうするんだ?」

唯「ほえ?」

律「いや、そんな間抜けな声出されても……」

唯「どうするって、どういうこと?」

律「いやだから、どうやって言うんだってことだよ。
  さすがにこうやって皆でテーブル囲んでる状態で言うのは違うだろ?」

唯「む~……確かに。どうせだったら向き合ってやった方が、よりリアリティがあるかも……」

紬「じゃあその相手は、さっき男として軽音部の中で付き合いたいのは誰か、でそれぞれが指差した人にしましょっ」

梓(っ! まさかムギ先輩……! 最初からそう言って皆さんとの絡みを見るのが狙い……!?)

律「え、ええぇ~!?」///

澪「さ、さすがにソレは、遊びだって言っても、色々とリアルすぎないか……?」///

紬「そう?」

唯「あっ、じゃあこうしようよ!
  さっきその“もしもの話”で皆に指されなかったムギちゃんを相手役にして、皆で告白するの!」

律「ムギが相手か……まぁ、ムギの力説でやろうかって思ったわけだし……」

澪「んまぁ、全員が一人に集中してって言うんなら……それぞれにするよりリアルじゃない、か?」

唯「じゃあソレで決まりだねっ! あずにゃんもソレで良いよね?」

梓「え? あっ、はい」

紬(天国って、意外に近くにあるのね……)

唯「それじゃ、まずは発案者の私から!」フンス

律「おっ、いったれいったれ!」

澪「でも、なんて相手を呼ぶんだ?」

紬「唯先輩の場合、理想の男性は和先輩のような方でしたよね?
  と言うことは、その理想の人が目の前にいることを想定して告白する訳ですし……」

唯「そうだけど……でも呼び方はやっぱりムギちゃんだよ。だって今真正面に居るのはムギちゃんだし」

律「まぁ、それもそうか」

唯「それに私、ムギちゃんのことも大好きだしっ」

紬(目の前の天使が微笑んでる……)

唯「それじゃ、改めまして……コホン」


唯「ムギちゃん、大好きです。私と、付き合ってください」



紬「ぁ……っ!!!!!!」カァッ///

律「おお~!」

澪「なんか……聞いてるコッチまで恥ずかしくなってきた……」///

梓「ですね……」///

律「そうして伝わってくるほど唯が真剣だったってことか。現に言われたムギは顔真っ赤だしな」

紬「…………」///

梓「なんだか……本当に告白されたみたいですね……」///

唯「ふ~……どんなもんよ」

律「いや、唯さんマジ素晴らしいです」

梓「いつもの唯先輩と違った大人っぽさのせいでドキドキしました」

澪「だな。これがギャップってやつなのかと思い知らされたよ」

唯「えへへ~……私だってやれば出来るんですっ」フンス

律「それじゃ次の話題を――」

唯「ちょっと何言ってるか分からないなぁ」

律「やだな、冗談だよ。
  ちょっと客観的に見てかなり恥ずかしいなとか思ったからウヤムヤにしようとかしてないよ?」

唯「りっちゃんの本音がダダ漏れな件について……」

梓「いえでも、アレを恥ずかしげもなく出来る唯先輩は素晴らしいですよ、ある意味」

唯「ある意味って何!?」ガーン

澪「でも……確かにちょっと、思ってたより恥ずかしいかも……」

唯「さすが澪ちゃんだね……」

唯「ん~……でも相手はムギちゃんだよ? 何が恥ずかしいの?」

澪「それは……そもそも告白ってシチュエーションかな……」

唯「遊びみたいに気楽にって言ったのは澪ちゃん自身だよ?」

澪「それは……そうだけど……」

律「じゃあ次は澪なっ」

澪「なっ! 律お前……!」

梓「さあさあ澪先輩。あそこでいまだウットリしてるムギ先輩に告白してきてください」

澪「梓までっ!?」

唯「ほらほら、もしもの話なんだから、気軽に気楽に」

澪「うう~……でも…………いや、そもそも私自身が言ったことだし……仕方ないか」

唯「その意気だよ、澪ちゃん!」

澪「それにそもそも相手はムギだ……そう、これは好きな友人に恋人のフリをしてもらうようなものなんだ。
  それにここで嫌がってたらムギのこと嫌ってることになるし、そんなことないのにそんな勘違いされることになるし。
  ここは普通に私の気持ちをぶつければ……」ブツブツ

梓「すごい集中してますね……」

律「って言うか、自分の気持ちをぶつければって……それじゃ本当の本当にもしもの話じゃなくなってないか?」

梓「でも澪先輩はその真実に気付いてませんよ?」

律「まぁ、澪だしな……」

澪「……よしっ! なぁ、ムギ」

紬「…………」ポワ~///

律「あ~……まだ唯の後遺症が抜けてないか……目が虚ろだ」

梓「後遺症って、なんか病気みたいな言い方ですね」

唯「いや、ムギちゃんは病気なんだよ……そう、恋という名の病にねっ!」

梓「……そのドヤ顔、イラっときますね」

唯「ひどいっ!」ガーン!

律「っつか、その場合は唯に恋してるわけだが……」

梓「まぁ、あながち間違いでもないような気もしますけど……」

律「確かに……否定は出来んな……」

澪「なあムギ。なぁってばっ!」ユサユサ

紬「……はっ! ど、どうしたの澪ちゃん!?」///

澪「どうしたの、じゃなくてだな……ちょっと、聞いてもらいたいことがあるんだ」

紬「き、聞いてもらいたいこと? 澪ちゃんが? 私に?」

澪「あ、ああ……」///

紬(ど、どうしたんだろ……顔を真っ赤にして……)///

律(あれ……? あのムギの反応……もしかしてあまりの衝撃で話の趣旨を忘れてないか……?)


澪「じ、じつは私……ムギのことが……その……だ、大好き! ……なんだ……!」カァッ///


紬「えっ……えぇっ!?」ボッ!///

律(あ~……やっぱりそうっぽいな)

梓(あれ? ムギ先輩の反応が……気のせいかな?)

唯(ムギちゃんってば聞き手なのに演技が上手いなぁ……)


澪「は、始めて会った時から、その……ずっとずっと、想ってて……
  いつか気持ちを伝えたいなぁ、って想ってて……」///

律(っていうか澪、私みたいな男の人にこういうのを言うつもりなんだよな……なんか複雑な気分になる。
  ……え? いやいや、なんだよ複雑な気分って。
  っつか今の澪はもう“もしもの話”じゃなくなってるんだよな? ってことはコレはマジでムギに対する想いの告白なのか……?)

澪「で、でも私、こんな臆病者だから……中々、キッカケがなくて……でも、今がその時かなって、そう、思って……」///

梓(澪先輩の中では今どんなシチュエーションなんだろ……)

澪「だ、だから、その……よ、良かったら私と、付き合って下さいっ」///

紬「…………」ポ~///

唯(……? あれ? ムギちゃんの目の焦点が合ってないような……)


澪(うぅ~……気楽にって言われても、やっぱり緊張するなぁ~……
  歌詞として書いてるみたいなのなんて言えないし、こう恥ずかしかったら言葉も出てこないよ……)///

律(まぁ、澪らしいっちゃあ澪らしかったか……)

梓(やっぱり告白の時となると、あの歌詞みたいに甘いのは無理なんですね……
  出来た自分の歌詞の歌、歌えないって一年の頃駄々をこねたって律先輩が言ってましたが……どうも本当っぽいですね。
  ずっと歌うのが恥ずかしいだけなのかと思ってましたが……)

律(……おっ、そうだ!)

律「ちょぉっとまったぁ!」

澪「ふぇっ!?」

律「ふっふっふ……私だって、ムギのことが好きなんだ……その告白、少し待ってもらおう。」

紬「えっ? えぇっ!?」カァッ///

唯(? 何をするつもりなんだろ、りっちゃん)

律(そう……私は気付いてしまった……このままこの後、一旦落ち着いてから告白しなおすより……
  こうやって告白に割り込む形にした方が、澪のノリをそのまま引き継げるということにっ!)

梓(はっ! まさか律先輩……!)

律(ふふっ、梓も気が付いたようだな……この方が改めてするより負担が軽くなると……
  ま、私の次にでも同じように割り込んで来るか……
  そう、今は一応、澪は分からんけれども名目を保っている“もしもの話”としての告白を考えよう……)

律「あぁ~っとな、ムギ」

律(えっと……私の場合は、澪みたいな男性を意識して――
  って、ソレは周りが勝手に決めたことだから、私の本当の好みの男性を――
  って、やっぱ澪っぽいのしか思いつかない……
  って、何を恥ずかしいことを考えてるんだ、私はっ)///

澪(っ! 律の顔が真っ赤だ……もしかして律のやつ、このもしもの話っていう今の趣旨を忘れて、本当にムギを相手にした告白をするつもりなんじゃ……!
  私はちゃんと、律みたいな男性を意識したっていうのに……!
  ……いやいや! 何を恥ずかしいこと考えてるんだ、私はっ)///

梓(あの幼馴染二人はどうしてムギ先輩を放置して顔を真っ赤にしてるんだろ……)

唯(はっ! もしかしてりっちゃん! この方が盛り上がるからって割り込んだのかなっ!?
  だったら私の時も割り込んで欲しかったよぉ~)

紬(り、りっちゃんも、唯ちゃんと澪ちゃんみたいに私のことが好きだなんて……私、いつの間にモテ気が来てたの……!)ドキドキ///

梓(そしてどうして唯先輩は少しガッカリ気味で、ムギ先輩はあんなにも嬉しそうなんだろ……
  もしかしてムギ先輩、もしもの話って趣旨で告白相手に選ばれたってこと、忘れてる……?)

律「じ、実は、その……今まで、正直に言わなかったんだけどさ……」///

律「私、好きなんだ。ムギのことが」///


紬「はうっ!」ドキッ///

紬(上目遣い……! 日頃のりっちゃんからは想像も出来ない大人しそうな雰囲気と、意を決しながらも詰まった言葉……!
  これは……これはなんて可愛い!!)

律「今まで、ふざけあってたりとか、話したりとかして、すんげぇ楽しくってさ。
  それで、気が付いたら……好きになってた。
  だからさ……これからも私の隣で、私を楽しくして欲しいんだ。
  それで……その……良かったら……たまにで良いからさ……甘えさせてくれたりとか、してくれないかな?」テ///

律(あぁ~……やっべ……もしもの話で遊びの一環だって分かってても、コレはかなり恥ずかしいし緊張するな……
  まだマシだろうって思って割り込んだけど、実はあんまり変わらないんじゃないのか……? コレ)///

梓(うわ~……やっぱギャップ萌えって本当にあるんだ……
  澪先輩のは想像の範囲内で予定調和みたいな感じだったけど……
  律先輩のは“こうかもしれない”の領域でしかも想像以上に可愛いせいか、見てるこっちまでドキドキする……。
  しかも唯先輩のが大人っぽかったのに対して、律先輩のはいつもの感じの中に甘えん坊な部分をちょい見せしてる感じがして……
  付き合ったらさらに先が見えるんじゃないの? みたいな期待感がハンパ無い……)///

梓「ちょ、ちょっと待ったです! 私だって、ムギ先輩に告白したいことがあります!」

紬「ふぇっ!? あ、梓ちゃんもなの!?」

梓「は、はいっ!」///

唯(……ふと思ったんだけど、コレってなんだか、どうやって告白するか、って話じゃなくなってない……?
  澪ちゃんもりっちゃんも顔が真っ赤だし……そもそもさっきから告白に割り込んで告白してるのって、もう既にもしも告白するのならじゃなくなってるよね?)

唯「…………」

唯(……まぁ楽しいから止めなくていっか!)

梓「わ、私だって! ムギ先輩のこと……大好きなんです!」///

紬「はわっ!?」///

梓「えと、えと……それで……」///

梓(あれ? 何を言えば良いんだろ……
  えっと確か、もしも告白するのなら、だから……私の場合の理想の男性は引っ張ってくれる人だから……
  あぁでも、ギャップがあった方が相手に可愛く見られるんだから……えっとえっと……!)

梓「わ、私のこと! 抱きしめても良いんですよ!」

唯澪律紬「「「「っ!」」」」

梓「って違う! そうじゃなくてですね! えっと……えぇ~っと……!」

唯(強気なあずにゃんだ……!)

澪(なんて可愛い……!)

律(上目遣いながらも強い眼差し……!)

紬(これが……本当の梓ちゃん……最高だわっ!)

梓「と、ともかく! その……わ、私と付き合ってくだしぁ!」

唯澪律紬( ( ( (噛んだ……!))))

梓「う、うへ~……噛んじゃいまし――」

唯「あ、あずにゃんが可愛すぎる!」ガバッ!

梓「ふにゃっ!」///

澪「最高だ梓!」ダキッ!

梓「み、澪先輩まで……!?」///

紬「梓ちゃ~ん♪」ギュッ!

梓「ちょっ、ムギ先輩まで……!? 苦しいです……! さすがに三人は苦しいですっ!」///

律「……あずさ~♪」

梓「ちょっ、律先輩一人冷静ですよね!? 流れに乗っただけですよね!? 止めてください!
  さすがに先輩三人に抱きつかれてるのは……って律先輩まで抱きついて来ないでください~……!」///



4