唯「最近ヒマだよね~、りっちゃん」

律「だなぁ。何かこう面白い事ないかなー」

澪「お前ら受験生って事忘れてないか……」

唯「澪ちゃんは真面目なんだから~。ちょっと息抜きだよ~」

律「そうそう。それにしてもムギ遅いなー」

唯「掃除当番だっけ。早くお茶にしたいね~」

澪「お前ら息抜きの度合いを越してるぞ!」

律「ん? 噂をすれば……」ガチャ

梓「あっちかな~♪ こっちかな~♪ あ、皆さん早いですね!」

唯「な~んだ、あずにゃんかぁ~」

律「タイミングわりぃなぁ」

澪「お前らなぁ……」

梓「なっ!? いきなり何ですか!」

唯「今はあずにゃんの癒しよりも、ムギちゃんの癒しを欲しているのです!」

律「そうなのでーす!」

澪「いい加減にしろっ!」ゴチン

律「あたーっ! 何でいつも私だけなんだよっ!」

澪「お前が一番殴りやすそうだからだ」

律「不公平だー! 異議を申し立てる!」

紬「まぁまぁ、ドミノ倒しでもして落ち着かない?」

律「いーや、いくらムギの頼みでもこればかりは……って、ムギ!?」

梓「いつの間に……」

紬「ちょうどりっちゃんが澪ちゃんにぶたれる所からかしら」

律「そりゃまた良いタイミングで……それで何か言ってたっけ?」

澪「ドミノ倒し、って言ってなかったか」

紬「そう、ドミノ!」

唯「ドミノ? おぉ! 今日はドミノピザってこと?」

梓「唯先輩は食べ物から離れて下さい」

紬「え? ドミノピザって何?」

唯「ムギちゃん、ドミノピザ知らないの?」

紬「ええ。ドミノと何か関係してるの?」

律「!」

澪「いやドミノピザっていうのは、そういう会社名――」

律「そう! ドミノ倒しのように色とりどりのピザを並べて、号令と共にピザを倒してその色彩を楽しむことなんだ!」

梓「そんなのいくらムギ先輩でも信じるわけ――」

紬「えぇ!? そ、それじゃあそのピザはどうなるの? もったいなくない?」

唯「おぉ、あっさり信じとる」

梓「ムギ先輩……」

律「勿論、目で楽しんだ後は舌で楽しむんだ! これがいわゆる『この後、スタッフが美味しく頂きました』ってやつだ!」

紬「お、おぉー!」

梓「ムギ先輩の目が輝き出してます……!」


~~

梓『ムギ先輩! もう少しで完成です!』

唯『頑張れ、ムギちゃ~ん!』

紬『うん、私頑張る!』

澪『あっ、ムギ危ない!』

紬『あぁ! 縦25列目、横47列目のバジル多目で作ったマルゲリータが倒れそう!!』

梓『そ、そんな! ここまで来て!』

律『心配するな、ムギぃ!』バッ

唯『あ、あれはりっちゃん!』

紬『りっちゃん!』

律『アチチ! さ、さぁ、私に構わないで完成させるんだ! 熱っつぅ!』

澪『あのままじゃトマトソースがおデコに付いて火傷必至だぞ!』

紬『りっちゃん……そこまでして……』

唯『も、もうやめようよぉ……りっちゃんが帰らぬ人になっちゃうよぉ』

梓『そ、そうですよ。ドミノピザはまた作り直しましょう!』

紬『……嫌!』

唯『えぇ!?』

紬『ここで止めちゃったら、おデコを火傷してまで支援してくれたりっちゃんに申し訳が立たないわ!』

澪『ムギ……そうか、そうだな! 私達は何も出来ないけど、律の死を無駄にはしたくないもんな!』

唯『頑張って、ムギちゃん!』

梓『あと一枚です!』

紬『澪ちゃん、皆……私、最後の一枚置きます!!』グチャ

梓『あ……!』

澪『やった……!』

唯『完成だ~! やったね、りっちゃん! もう大丈夫だよ』

律『』

唯『あ、あれ? りっちゃん?』

澪『お、おい律。冗談は止めろよな』

梓『……律先輩、息してないです!』

唯『そ、そんな!』

澪『遅すぎたんだ……何もかも。折角ドミノピザが完成したのに、律がいないんじゃ……』

紬『ううん、大丈夫よ!』

梓『でも、現に律先輩は虫ケラのように這いつくばってますよ?』

紬『大丈夫! えい!』パタ グチャ パタ グチャ

唯『ああ、色とりどりのピザが倒れていって……』

澪『この画は!』

梓『律先輩の顔です!』

律『う、う~ん……あれ、皆どうしたんだ? ドミノピザは?』

澪『り、律! お前大丈夫なのか!?』

律『へ? 私はこの通りピンピンしてるよ?』

唯『うわ~ん、りっちゃんが蘇生した~!』

澪『っていうかチーズ臭っ!』

梓『とにかく、これにて大団円ですね!』

紬『よかったわ~。私、ドミノピザを完成させるのが夢だったの! さぁ、冷めない内に食べましょう』

唯律澪紬梓『美味しい美味しい』


~~


紬「はぁ~~……」ウットリ

律「おーい、帰ってこ~い」

澪「変なこと吹き込んだのはお前だろ!」ガツッ

律「二回目っ!」

梓「ムギ先輩、ムギ先輩!」

紬「はっ! あ、あれ? チーズの海は?」

梓「何を想像してたのかわかりませんけど、ドミノピザっていうのは単なる社名ですよ」

紬「えっ、そうなの? 残念……」

律「あいたた……それよりもさ、突然ドミノ倒しとかどうしたんだ?」

紬「特に深い理由はないんだけど、皆でやったら面白いかなぁって」

唯「ふっふっふっ……私には全部分かってるよ。ムギちゃん」

唯「アレだよね、昨日のTVの特番みたんでしょ~」

紬「うふふ、そうなの~。皆でああいうの出来たら素敵じゃない?」

澪「そういえば何かやってたような気もするな」

梓「たまに見掛けますよね。TBSが番組改編した時にもやってた気がします」

律「はぁ……ま、それをやるとしてだ。どこでやるんだ?」

紬「あ、全然考えてなかった……どこか教室借りられないかしら」

澪「そんな都合よく空いてる教室あるかな? この部室使えなくなった時もあちこち回ったからな」

唯「あの時は大変だったねぇ。また体育館とか借りる?」

梓「あんな振動するとこでドミノは無理ですよ」

律「となると、やっぱりここしかないな」

唯「おお、灯台下暗しだね!」

紬「良かった~」

澪「おおおい! ちっとも良くない!」

梓「そうですよ! 部室でやったら練習はどこでするんですか!」

唯「まあまあ、固い事言うでないよ~」

律「そうそう。これも軽音部の結束を高めるレクリエーションの一環だぜ」

紬「なるほど、それは素敵だわ~」

澪「う……で、でもなぁ!」

律「なんだよー、なら多数決にでもするかぁ?」

澪「くっ、汚い……!」

梓「このパターンで私達、勝てた試しが無いですね……」

澪「わかったよ。やればいいんだろ、やれば!」

律「へっへー、やっりぃー!」

唯「わ~い、早速邪魔なものは片付けようよ」

紬「あ、待って唯ちゃん!」

唯「ふぇ?」

紬「机とか楽器とかそのままにしておかない?」

唯「えぇ~、何で?」

律「ああ、よく障害物とか経由して設置しているやつあるな」

梓「ああいうの結構見ていて楽しいですよね」

紬「そう! そういうのやりたいの! そして、それも考慮した完成図を作成してきました~」

澪「なんて用意のいい……」

律「さっすがムギ。どれどれ~?」

梓「こ、これは……!」

唯「何だっけこの草拾ってる絵。見た事あるな~」

梓「落穂拾いですよ、ミレーの」

唯「おお、そのミレー! ムギちゃん上手いね」

紬「頑張りました!」

律「いやいや、頑張ったのはよくわかるけどさ」

澪「これをドミノで表現するのは素人には無理じゃないか?」

紬「ええ~……」

律「ああっ! いや、何かこう、もう少~し簡単なやつでできないかな~なんて」

紬「だったら第二段も用意してあります!」

梓「(あるんだ!)」

澪「こ、これは……!」

唯「わぁ、これ知ってるよ! ひまわりだよね! 誰が描いたのかは忘れちゃったけど」

梓「ゴッホですよ、唯先輩」

唯「おお、そのゴッホ! ムギちゃん上手いね」

紬「お陰で最近寝不足なの~」

律「いやいや、確かにこれならさっきよりは多少荒くとも出来そうだけどさ」

澪「縦横15メートルってサイズは無理有り過ぎだろう」

紬「ええ~……」

律「ああっ! いや、何かそのあの、もう少~しサイズを縮小できないかな~なんて」

紬「これくらい大きくないと芸術を表現するには物足りないと思うの!」

梓「(ムギ先輩には珍しい自己主張だけど、方向性がおかし過ぎるー!)」

律「しかし、ムギ。現実的に考えて、この部室内じゃないと許可下りないと思うぞ」

澪「部活動に関係ないドミノの使用に許可が下りるのもおかしいんだけどな」

紬「はぁ……がっかり……」

唯「ん~、じゃあさ、学園祭の時のHTTのロゴでいいんじゃないかな?」

澪「おぉ」

梓「いいんじゃないですか?」

律「そうだなぁ、それならそこまで手間かかりそうでもなさそうだし」

紬「ありがとう、唯ちゃん!」

唯「えへへ~。 やっぱり皆でやるんだから、そういう共通の物にしたいよね」

紬「じゃあ私、図面と必要数のドミノを用意してくるわ!」ガチャバタン!

澪「あっ、ムギ!」

律「あっ……という間に行ってしまったな……」

梓「いつも突拍子も無い気がしますけど、今回は更に輪をかけてましたね」

唯「そうだねぇ。ムギちゃん、最近特に積極的だよね」

律「(やっぱアレかな、澪)」

澪「(ん、何が?)」

律「(私ら、もうすぐ卒業だから5人の思い出を多く作っておこうってことなのかなぁ、って)」

澪「(ああ、そういうことか……ムギ……ぐすっ)」

律「(お、おいっ、澪! 泣くなよ! そんなんじゃ楽しい思い出を作ろうっていうムギの気持ち――)」

紬「お待たせー!!」バターン!

律「って、早ぇえよ!! もうちょっと心で語らせてくれよ!」

梓「凄い早かったですね」

紬「すぐ始めたくって急いで作成してきたの! それでお願いがあるんだけど……」

唯「うん? な~に~?」

紬「完成した時に最初にドミノを倒す役をやらせて欲しいのっ!」

梓「は、はぁ……私は構いませんけど」

唯「ムギちゃんが用意してくれたんだから、遠慮せずにパターンってやっちゃえばいいよ」

紬「ほんと~! みんな、ありがとう!」

澪「……律」

律「はい……」

澪「本当にあれが皆の事を想っての行動か?」

律「は、いや……多分、恐らく、もしかしたら……普通に楽しんでるだけだと思います……」

澪「はぁ~」


2