澪部屋

律「ん~、やっぱりあそこのシューはうめー☆」
澪「って、お前が食べるのか…」
律「まだまだあるから大丈夫だって♪」

律「それよかどうよ?和へのラブソングの出来具合は?」
澪「赤くなる言い方しないでくれ…緊張する…」


律(緊張するか…わっかんないなぁ…普段あれだけの詞を書いてるのに…)

澪「どーした…?」
律「いや……くふふ、どんな出来なのか見てやろうーっと!」

澪「ちょっ!律!」
律「なになに…?…………………」


律「…………………」

澪「どう…かな…………??」


律「………っく…あっはっはっはっはっはっは!!!!」

澪「そ…そんなに笑う事ないだろ??これでも真剣に…っ!」

律「違う違う!確かに全身痒くなる感じはするけど、安心したんだって!」

澪「安心?」

律「そう、やっぱり澪は澪なんだなってさ…」
律「表現はともかく、これが全部和の事言ってるってんなら、まさに究極のラブソングだ!唯にだって書けねー」

律(…悔しいけど、その意味じゃ和にゃ敵わないな…ここまで澪の心をかっさらって行くなんてさ。)

律「これなら行けるって!頑張れ澪!幼馴染として応援する!」
澪「律……律のおかげだよ律が自然体でいいって言ってくれたからさ…」

律「くぅぅー、泣けるねー、部長嬉しい!☆」
澪「茶化すなって、本当に感謝してるんだから。」

澪「上手く行ってもいろいろ大変だと思う、けど、頑張ってみるよ」

律「ああ、自覚があるんなら深くは言わないけど…多分世間の目は厳しいと思う、けどあたしらは応援するから。特にムギはな」

澪「ああ……もうちょっと煮詰めてみるよ…!」

律「おう!やったれ秋山澪!」



翌日、放課後部室


コンコンッ…

和「失礼しまーす、律ー?来たわよ?」

律「おー、和お疲れさん」

唯「……」(ドキドキ…
澪「………」(ドキドキドキ……

梓「唯先輩…澪先輩、大丈夫ですか?」
憂「お姉ちゃん…」

澪「鼻血が…はふ…」
唯「あ…あの…和ちゃん…」

紬「さて、それじゃあやりましょうか?」

和「二人が書いた詞を評価すればいいのね?」

唯「じゃ…じゃじゃじゃあ、私から……」(ドキドキ…

憂(お姉ちゃん……しっかり!)

和「………………」

唯「どう…かな?」

和「ラブソング…これは、唯が書いたの?」

唯「うん、長い間一緒だったから当たり前すぎて気付かなかったんだけど…あるときその人の存在がとても大きく、大切に感じられた気持ちを書いてみたんだ…」

唯「でも、それだとU&Iとかぶっちゃうから、より別の気持ちを大きく込めて…一応分けてみたつもり…てへへ///」

和「そう…すごく伝わってくるわ…まるで本当に長い恋愛をしている感じ…そう、唯には好きな人ができたのね…」


律「のどかー、今はそこ突っ込むとこじゃないぞー…」

和「…ああ、ごめんなさい、えっと…全体的にはU&Iに似てるけど、あの歌以上に想いが込められてる…素敵な歌詞だと思うわ…」

憂(それ、つまりはあの歌よりも想いが強いって事なんだ…)


梓「U&Iは今まで当然に思ってた家族と部室への感謝と愛から出来た、でも、誰かを心から愛して書いた歌詞とはまた違いますからね…」
紬「同じ『愛』でも、対象とベクトルが変われば似たような歌詞でも大きく違った意味を持つのよねぇ…素敵よ、唯ちゃん。」


澪「次は…私だな………///」

澪「……んっ…」(タラー…

律「あ、鼻血」

澪「………~~~~~ッッッッ!!!///」


和「ちょっ!澪!緊張しすぎ!!」

澪「うぐっ…ううううう~~~~!!!」(ダッ!!

律「あーー!!澪のヤツ逃げやがった!!」


紬「追うわよ!梓ちゃん!憂ちゃん!りっちゃん!」

梓「もー…しょうがないなー……」(タタタ…

律「やれやれ……」

憂「てか、澪さん血痕残しまくり…」


和「大丈夫かしら…澪………」



澪「ううう……和に…恥ずかしい姿を…見られてしまった~~~~~~」



数分後

紬「はいはーい、暴れないでね~~」

澪「ムギ~!降ろして~!!!」(ジタバタ!!

律「まーったく、応援してやってんだから胸張れってーの…」

梓「澪先輩!ファイトです!」

和「澪…私は平気よ…だから見せて欲しいな、澪が書いた歌…」

澪「…こ…これを……///」(パラ…



律「うお、ふでペンで書かれてる」

憂「しかも達筆…」

梓「けどかえってインパクトありますね、何せ澪先輩の歌ですから…」

澪「私なりの誠意なんだ…」

和「と…とにかく読ませてもらうわね…」

和「………………………」

澪「ど…どう……かな…」

和「うん、いいと思う。」
和「澪らしい、可愛い歌ね…」

和「きっとこの歌に出てる女の子が好きな人はメガネをかけているのね…でも、その人は女の子の気持ちに気付かない…」
和「だから、いっそその人のメガネになれれば、ずっとその人の傍で、その人に必要な存在になれるのに…って、切ないけど一途な恋心を歌ってる」

和「可愛らしい、女の子の歌だと思うわ。」

澪「褒められた…笑わないで…聞いてくれた…」

律「よかったな…澪…」


梓「ふでペンとも、ホッチキスとも違う、良いラブソングだと思います!唯先輩の歌も、澪先輩の歌も感動しました!」
憂(それだけ…想われてるんだよね、和ちゃん…)

唯「それで、どっちが良かったの?和ちゃん」

和「そんな…どっちが良い悪いなんてないわよ…唯の歌も、澪の歌も…素敵なんだもの…」

澪「それじゃダメ…」
紬「そうね、決めてもらわなきゃね…」

和「…どうして?二つとも採用はできないの?」

律「まぁ、理由があってな……」

和「理由…?」

唯「それ、私から話させて……」
澪「ああ、私達で話すよ。」

紬「うん、それがいいかもね…」


憂梓律(………………)


澪「和、笑わないで聞いてほしい」

和「う…うん………」

唯「私と澪ちゃんが書いた歌はね、一人の人に向けて歌ってるんだ…」

澪「その人は、私達もよく知っていて、すぐ傍で私達を支えてくれていた。」

和「あら…誰なのかしら…そこまで二人に愛されてる幸せ者は……」


律「和…本当にわかんないのかよ…?」

和「んん……ごめんなさい…私には心当たりが………」


唯「ずっと前から私の傍で、私を支えてくれた『女の子』で…」

澪「私がそのメガネになりたいぐらいに傍にいたい人……」


和「『女の子』……って…………?…え????」



………………



和「…………もしかして…………………わ…わた……わた…し…????」


唯「うん……私は…」
澪「和の事が……」


――――好き――――



唯「友達としてじゃなくて…一人の女の子として…和ちゃんが好き…」

澪「私も唯も真剣なんだ……女同士だからとかそんなんじゃなく、和を愛しているんだ!」



和「あ…………ああああ……あの……………え…ええええ???//////」



梓「憂…律先輩…外…出よう…やっぱり私ダメ…」(ギリッ…
憂「ごめん…梓ちゃん…私ここでお姉ちゃんを見守ってる…」(ギュッ…!
律「一度は惚れた女が懸命に頑張ってんだ、私にはそれを見届ける義務があると思うけどな…」

梓(みんな…強すぎだよ………)


紬「和ちゃん、二人とも真剣なの…」

紬「真剣に考えて…和ちゃんの事を想って、あの歌を書いたの…」

和「そ…そんな事言われても……私……そんな風に言われたの…初めてだし……//////」


和「唯…澪…それって…」

唯澪「「…………」」ジッ

和「冗談…じゃなさそうね…でなきゃ、あんな歌書けるわけないものね…」


澪「もちろん、世間は綺麗な目で見ないってのは分かってるよ…」

唯「女の子が好きな女の子だもん、気持ち悪いって思われても仕方ない…でも、私諦められないの…」

澪「私もだ…」



和「………唯…澪………」


紬「和ちゃん……どうするの?」

和「考えてみれば、ここ数日の唯と澪、少し様子が変だったもんね…」

和「お弁当を作ってくれたり、やたら一緒にいてくれたり…全部私の為にがんばってくれてたんだ…」

和「あははは……嬉しいな………」

唯「和ちゃん…」
澪「和…」

和「二人ともありがとう…それと、ごめんなさい、気付いてあげられなくて…」

澪「気にしないでくれ。私と唯が好きでやってたんだし…」

唯「そうだよ、気にしないで…和ちゃん…」

和「まったく、澪も唯も一途で優しいんだから………グズッ」


和「…………ごめんなさい…少し、考える時間が欲しいの……」


和「恋愛なんて私も初めてだし、唯のことも澪のことも、今までそういった目で見てこれなかったから…………ごめんなさい……少し時間を頂けるかしら?」

紬「返事は保留ってことね…」

和「ええ…少なくとも、今は…ね」

唯「わかった……私、待ってるから…」
澪「ああ…私もだ…いつまでも…いつまでも待ってる」


紬「ふふ、うっすらこうなるとは思ってたけどね…」

憂「お姉ちゃん、頑張ったね…」
梓「唯先輩…澪先輩…」
律「澪…お疲れさん。」


和「それで…二人にお願いがあるの」

唯澪「「??」」

和「もう、喧嘩はしないで、元の仲良しの二人に戻ってくれないかしら…?」

唯澪「「…………」」

和「私が原因で二人の仲が悪いままなのは嫌だから…お願い、仲直りをして…」

唯「……うん」
澪「まぁ、恋敵に違いはないけど、いがみ合う理由ももう無いからな…」


唯「澪ちゃん、仲直りだよ…」
澪「ああ、今まですまなかったな…唯」(ギュッ
唯「こっちこそ…」(ギュッ

澪「でも、諦めないからな、それとこれは話は別だ」
唯「わかってるよ…大丈夫!」

紬「固い握手で仲直り、これもこれでいいわねぇ…☆」


憂「…ねぇ、久々に聴きたいな、軽音部の歌」

和「あ、いいわね。私も聴きたいわ」

唯「じゃあ、久々に演奏…しようか、みんな!」

律澪紬梓「「「「うん!!!」」」」




律「じゃあ、ぴゅあぴゅあはーと行くぞ!」



……

生徒会室


和「…唯が私を…………」

律「しかし…えらくまとめたな」
和「律?どうしたの?」

律「一応あたしも部長だし、人の上に立つ者としての心得ぐらいはあるって事」
律「それに、幼馴染に惚れてたって点も一緒だしさ」

和「…読まれていたのね」

律「ああ、和の本命は唯なんだろ?でもあえて保留にした、多分だけど…澪に気を使ってくれたんだよな?」

和「ああ言わないと、多分澪は部活、クラスの全てに気まずくなって、最悪の場合学校に来なくなる可能性だってあるわ」
律「…よく御存じで」
和「それが分かってて唯を選ぶほどの馬鹿じゃないわよ。それに今は一時の感情よりも優先すべき事があるわ」

律「受験…ね、おそらく受験が終わるまで言わないつもりなんだろうな」
和「告白の返事は…卒業式に言うつもり、それからででも遅くはないはずよ」

律「ま、あたしはじらされるの得意じゃないんだけどな…」

律「でも、そこまで考えてくれて…ありがとう。」

律「澪を選んでくれる期待をしてたけど、やっぱり複雑だな~…」
和「律…ごめんなさい…」

律「いいって、よけい惨めになるから謝らないでくれ…でも、どうして今まで唯と付き合わなかったんだ?」

和「憂がいたからね、あの子、誰よりも唯の事好きだったから」

律「なるほど…」

和「私も遠慮して、いつしか唯への気持ちを忘れちゃってたのかも…」

和「でも、それも大丈夫そう、憂も唯の背中を押してくれたみたいだし…唯は私を待ってくれている」

和「だから私は。唯を信じてその日を待てばいい…」

律「唯…か、みんなに愛されてるな…あいつ……」






和「待っててね唯…」

和「必ず…返事をしに行くから…卒業式に…!」



終了