唯「私、やっと自分の気持ちに気付いたんだ」

憂「お姉ちゃん…本気なんだ…」

唯「うん、明日和ちゃんに告白してくる。」

憂「なんだか…和ちゃんに取られたみたいで少し複雑だけど…私お姉ちゃんを応援するよ。頑張ってね、お姉ちゃん!」


唯「憂、うん……今までごめんね…」

憂「わかってるよ、私達はやっぱり姉妹だから…越えられないモノもあるよね…」
憂「でも、お姉ちゃんが幸せになれるなら、私はどんな事でも頑張れるからさ。」

唯「うい…ふふ、ありがとうね。」



翌日

唯(和ちゃん…この手紙、受け取ってくれるかな…)ドキドキ…

澪「唯!」

唯「澪ちゃん…どうしたの?」

澪「唯、悪いがその手紙を渡すのは待ってくれ。親友としてのお願いだ」

唯「どうして知っているの?」

澪「憂ちゃんから聞いた、前々から唯の和への態度は気になっていたからな…」

唯「そう…憂が喋ったんだね。でもごめん、私、澪ちゃんの気持ちには…」
澪「違う!!」


……………


唯「…?」

澪「私が止めてほしい理由は…私が唯以上に和の事を想っているからなんだ。」


唯「そう…なんだ…」

澪「2年の時、和と同じクラスになってから…ずっと想っていた…だから頼む、身を引いてくれ…」

唯「私はその何倍も想っていたんだよ。それに時間だって…澪ちゃんが和ちゃんと知り合うよりずっと前から…」

澪「どうしても…無理か」

唯「ごめん、いくら澪ちゃんでもこれだけは譲れないし、譲らない」

澪「そうか……穏便に片付けたかったが…仕方ないな……」


……………


?「うふふふ、話は聞かせて貰ったわ……」

澪「…誰だ?」

…ガラッ!

紬「はぁーい、こんにちわ~♪」

律「あたしもいるぞ~、澪が和に惚れてたのにはショックだがまぁそれはこの際置いておく」
梓「唯先輩!私との事は遊びだったんですかぁ~!?」

唯「みんな…」

紬「二人の意見は受け取ったわ、ならばここは正々堂々と勝負をするべきではないかしら?」

澪「…一理あるな、面白い」

唯「和ちゃんを賭けての勝負って事だね。」

梓「ショックです…唯先輩は私だけだと思ってたのに……こうなったら私も…!」
律「梓、気持ちは分かるが待ってやってくれ、幼馴染の絆ってのは他人にそうそう奪えるもんじゃないんだよ…」


紬「勝負をして、どっちが和ちゃんに相応しいかを決めましょう、当然決めるのは和ちゃん本人って事でね」

唯「負けないよ!澪ちゃん」
澪「私もだ…唯!」


こうして…戦いの火蓋はきって落とされた。

勝つのは幼馴染の純粋な愛か、それとも友情から発展した愛情か。

和の唇はどちらに触れるのか、そして、和のバージ…

梓「律先輩、何言ってんですか?」
律「ほら、一応これがあたしの特技だし」
梓「盛り上げるのは良いですけど、あまり下品なのはやめましょうね…」


澪「日程と勝負内容は決まってるのか?」

紬「恋人になるつもりならやっぱり愛情表現よねぇ~」

律「なら軽音部らしく作詞でどうだ?和への愛情が伝わった方が勝ちって事でさ」

紬「それ、いいわね。なんなら採用された歌には私が作曲しようかしら?うふふふ☆」


梓「……………唯先輩が…私以外への愛を書くなんて……」


唯「わかった、48時間で仕上げてみるよ」

澪「はっ、なら私は24時間で書いてみるよ、元々HTTの作詞は私の担当だからな」

唯「急いで作ったからって、良いものが出来るとは限らないよ…カレーだって時間をかけて作るから美味しくなるんだよ…?」(バチバチ…

澪「……ほほぉ…言ってくれるな唯…」(バチバチ……


紬(盛り上がってきたわね~~…)

紬「じゃあ私、和ちゃんに都合つけてくるわね~♪」

律「楽しそうだなぁ…」
梓「…………ムギ先輩らしいですけどね……」

唯「りっちゃんごめん、そーゆーわけだから私今日は部活出れない」
澪「律、私もだ」

律「しゃーないか、じゃあ部活は今日は梓とムギで適当にやってるから、二人とも頑張れ~」

梓「…………」
律「ホラ梓、行くぞ。」

梓「……はい………」



部室

律「……………」

梓「……………あの、律先輩はいいんですか?ああは言っても律先輩だって澪先輩の事…」

律「梓~、今日は夕日が眩しいなぁ~~」

梓「律先輩…?」

律「ふぁぁ…あくびが止まらないや…あはは、おおあくびしたから涙出ちった…」


梓「律先輩……」

梓「……強がりすぎですよ…泣きたいのは私なんですから、先輩だからってそんなに肩肘張らないでください…」

律「……うん…ごめん…でも、やっぱ惚れた人の前じゃ強くいたくてさぁ……」

梓「…今は…いいと思いますよ…その…泣いても……」(ギュッ…

律「馬鹿……」

梓「応援…しましょう、律先輩のその姿見てたら…私、邪魔する気も飛びました」

律「そう……だな…」



平沢家

唯「………………んんん…」

憂「お姉ちゃーん、ごはん…」

唯「あ、ごめん、あとで食べるよ」

憂「……あの…ごめんなさい、澪先輩に喋ったこと…」

唯「ううん、いいよ。」
唯「上手く行くにしろ行かないにしろ、澪ちゃんと気まずくなったままなのも嫌だしさ」

唯「それに私、多分誰かの為を想ってこんなに一生懸命になるのって…初めてだから…」

憂「…和ちゃんは幸せだね、こんなお姉ちゃんに愛されて…」

唯「憂…」

憂「お姉ちゃん、がんばってね!」

唯「うん、ありがとう…憂!」



秋山家

澪「キミを見てると…」
澪「って、これじゃふわふわ時間とかぶるか…」


澪「………考えてみれば、誰かを想って作詞するなんて初めてだな…」
澪(その点…唯はU&Iやギー太だったり、誰かに向けて作った歌を作ってたんだよな…)
澪「……だからなんだ、HTTの作詞は私の担当だ!」


…prrrrrrr

澪(着信…律から?)

澪「どうした?」
律『やっほー澪ちゃ~ん、今日のパンツは黒いレースの…』

澪「イタ電なら切るぞ、私は今…」
律『あはは、わかってるって、どうせ澪の事だから誰かに向けて作った歌なんて書いたことないだろーなと思ってさどーせ詰まってるんだろ?』

澪「まぁ…確かに……」
律『やっぱり、でも、難しく考える必要なんてないだろ、澪は澪らしくいつも通りでさ』

澪「私らしく…」

律『……それにあたしは澪の詞…好きだよ、背中かゆくなるけど…澪の作った歌、大好きだから』

澪「律………」

律『幼馴染が長年秘めた想いは大きいからなー。せいぜい頑張れよ~~♪』

澪「律……あのさ…もしかして、私…律…」


律『ストップ、それ以上言ったらいくら澪でも許さない。』

澪「……ごめん。」

律『和と、幸せにな』

澪「まだ決まってないよ…うん、ありがとう」

律「それじゃ、また明日な~」

澪「うん。またな…!」

澪(律…ありがとう!)


律(ピッ…)「ふぅ、なーにやってんだかあたしは…」

コンコンッ

聡「あ、ねーちゃん貸したゲーム返して…」

律「弟よー!今日は寝かさん明け方まであたしとゲームだああ!!!」

聡「え?ちょっ!!ねーちゃん?」



翌日

唯「和ちゃんおはよー☆」
和「唯、おはよう、どうしたの?目にクマができてるわよ?」

唯「いやぁ~、作詞してたら3時になってまして…あはははは…」
和「大変ね…大丈夫?」

唯「はぅ~、なんだか体が重いよぉ~」(クラクラ…
和「ちょっ…唯…!大丈夫なの!?」

唯「えへへへ…うん、大丈夫だよぉ~」(ふにふに
和「唯…くすぐったい…」

澪「…………………白々しいなぁ唯…」

和「あ、澪!唯の調子がおかしいの!」

澪「唯、そろそろ起きようか?」

唯「ちぇ、邪魔されちゃった…澪ちゃんおはよー」

澪「おはよう、ルール違反じゃないかそれは?」

唯「別にそんなルールはなかったと思うけどなぁ~」

澪「唯…大丈夫なの?」

唯「心配かけてごめんね~和ちゃん、でももう大丈夫だよ、おかげで元気出た♪」

和「そう…あまり無茶しないでね?」

澪「えらく姑息なやり方だな」
唯「べっつにー、わざわざ二人分のお弁当を作ってきた澪ちゃん程じゃないよ…」

澪(見抜いていたか…)


和「どうしたの二人共…なんだか怒ってるみたい…」
和(喧嘩…してるのかしら…)

和(まさか…あんなに仲良しなのに…それに唯が怒るなんて…ありえないわ…)


紬「朝から火花バチバチねぇ二人とも…☆」
律「見てないで止めろよ…和困ってんじゃん…」


休み時間

澪「和~、リップ切れたから少し分けてもらっていいかな?」
和「でもコレ…私の…」
澪「平気平気、さっきから唇カサついてて気になってしょうがなかったんだ…」

和「うん…じゃあ、はい…」

唯「さわちゃん!澪ちゃんがさわちゃんの写真を!!」

さわ子「秋山さぁん!!!!それ以上はやらせないわよぉぉぉぉぉ!!!!!」

澪「へ!?ちょっ……!!」

さわ子「問答無用ーーーーー!!!!!」

澪「うわぁぁあああ!!!」


唯(和ちゃんと間接キスなんてさせないよ…)(ふんす!

和「……………」



昼休み

唯「和ちゃーん、一緒にご飯たべよー☆」

澪「悪いな唯、和は私と一緒にお昼を食べるんだ」

唯「今日は和ちゃんと一緒がいい~」

和「ちょっと…二人とも…じゃあ、唯と澪、一緒に食べましょう?それなら丸く収まるわよね?」

唯「…和ちゃんがそういうなら…」
澪「仕方ないな…」

和「じゃあ行きましょう、なんだか二人とも変よ?朝から…」

澪「和、あの、お弁当作ってきたんだけど食べないか?///」

和「え? 私に?」

澪「最近自炊に凝っててさ、もしよかったら…味を見てほしいんだ…」

唯「…………」



律「…しっかし、応援するとは言ったがああも見せつけられると…なんだかねぇ……」
梓「私、今ならさわ子先生がへヴィメタに走った気持ちが分かります…」
憂「お姉ちゃん……」


憂(……うん!これしかない!)

憂「お姉ちゃん!」

唯「…憂?どうしたの?」

憂「これ、私のお弁当あげる!」
唯「え?でも…憂のお昼…」

憂「いいの!あのままだと澪先輩に大きくリードされちゃう!」
唯「……ありがとう!今度憂にお弁当作ってあげる!」

憂「うん、お姉ちゃん、頑張ってね…!」


唯「いやー実は私も多く作りすぎちゃったんだよねぇ~…でさ、もしよかったら和ちゃんにあげるね☆」

和「そんなに食べれないわよー…」

澪(唯…さては憂ちゃんから…くっ…やるな!)



律「いいのか?憂ちゃんお昼なくなって…」
憂「いいんです、購買でパン買ってきますから…それにお姉ちゃんの勝利には代えられません…」
梓「すごい姉妹愛…」

紬「あああぁ…いいわぁ…みんなすっごくいいわぁ…☆」
律「ムギー、浸ってないで帰ってこーい…」

唯「和ちゃん、ミートボールだよぉー!」
澪「私の玉子焼きだって負けてないぞ!」

唯澪「「ぐぬぬ……」」(バチバチバチバチ!!!!


和「どーしたの二人とも……???」


……………

和「うぅぅ…」(バタッ

律「よ、お疲れ~」

和「朝から唯と澪の様子が変なのよ……律、何か知らない?」
律「んまぁ…あはは、若さゆえの暴走っていうかね~…」

和「何それ……?」

律「そうだ、明日の事聞いてるよな?」
和「え?ああ、聞いてるわ、でも、なんで私が音楽室に?」

律「それはねぇ、長くなるんですが、まぁ作詞の評価をですねぇ…」
和「そんな、みんなでも出来るじゃない?」

律「第三者の意見が必要なわけさ、それで和に協力してもらおうってわけで…」
和「ふぅ、わかった…でも生徒会もあるからあまり時間は割けないわよ?」

律「ありがとー」



放課後 部室

律「一応来てみたけどやーっぱ澪と唯がいないと違うよなぁ~…」

梓「澪先輩と唯先輩、やっぱり直帰みたいですね…」

紬「とりあえずお茶入れましょ…おほほほ☆」

梓「ムギ先輩、上機嫌ですね…」

紬「そ~お?」

律「そんなんサルでもわかるっつーの…」



平沢家

唯「ずっと見てたよ、やっと気付いたよ……キミの大きさに…キミの暖かさに……」(カリカリ…

憂「お姉ちゃん、お茶置いておくね?」

唯「…………キミが……とても………」(カリカリ…


憂(……………)
憂(……集中してる…もう私にも気付かないくらいに………)


ガチャッ…バタッ…

憂「完敗…だね、あははは…。」



秋山家

澪「フレーム越しに映る世界はどんな景色…」

ピンポーン…

澪(ん?誰だろ…)


澪母「澪~、りっちゃん来たわよー?」

澪「はーい!今行くー!」


律「よ、はかどっとるかね?」
澪「なんだよ、どーかしたのか?」
律「連れないなー、せっかく差し入れに来てやったのに…ホイ、駅前のシュークリーム」

澪「あ、ありがとう…あ、よかったら上がってってくれ、今お茶入れてくるから」
律「ほーい、お邪魔しまーす」


2