放課後、軽音部部室

唯「雪、良く降るね」

律「冬だからな」 もぐもぐ

唯「りっちゃん、よく食べるね」

律「冬だからな」 もぐもぐ

澪「熊か、お前は」

律「食べて、中から暖めてるんだよ」

澪「太っても知らないぞ」

律「そうなれば、暖かくなるんじゃないのか?」

澪「律はそれで良いのか」

律「・・・良くは無いです」 すー

澪「全く」 ぱくぱく

律「お前が食べるのかよ」


紬「結構積もってきたわね」

唯「帰りが大変だな。はぁ」

律「私は好きだけどな。楽しいじゃん、雪が降ると」

唯「りっちゃんは、前世が犬かもね。私は多分、前世が猫なんだよ」 ぐたー

澪「私も寒いのはちょっと」

律「だったら、私が温めてやろうか」

澪「え?」

唯「こうやってー?」 きゅっ

律「おいおい♪」

澪(いやいや。違うから。それ、違うから)


梓「済みません、遅れました・・・。何してるんですか」

唯「寒いから、暖ためあってるの。あずにゃんもおいでよ」

梓「嫌ですよ。それより早く、練習を始めましょう」

唯「指が温まるらね」

梓「温まらなかったら?」

唯「春になれば、温かくなるよ」

梓「またそういう事を。ほら、立って下さい」 ぐいっ

唯「あーずにゃん♪」 きゅ

梓「きゃっ」

澪(その手があったかっ) ぽんっ


澪「ほら。律も練習するぞ」

律「まだ良いよ」

澪「春になるまでとか言うなよ。早く立って・・・」

律「しゃーないな」 すたすた

澪(りっちゃん、そこは空気を読もうよ)


律「・・・ムギは平気そうだな」

紬「前も言ったけど、私体温が高いから」

唯「だったらムギちゃんの側で演奏しようっと」 ぺたっ

紬「あらあら♪」

澪「暖房じゃ無いんだぞ」 ぺたっ

梓「何やってるんですか、皆さん」 ぺたっ

律「私は置き去りかよ、おい」

律「者共、散れ散れ。元の位置へ戻れ」

唯「りっちゃんは良いよ。太鼓当番だから、指が痛くならなくて」

律「太鼓って言うな。とにかく動いてれば、温かくなるって」

澪「律の言う通りだ。いつもよりオーバーアクションで演奏するぞ」

唯「澪ちゃんの」

紬「オーバーアクション?」 じー

澪「むぐっ」

律「ワン、ツー。ワンッ、ツッ、スリッ、フォッ」 タンタン、タタタン

澪「こ、このっ」

唯「ふふーん♪」 ぐるんぐるん、ぐるーん

梓「ふふーふーん♪」 ぴょん、ぴょん

紬「ははーん♪」 どたん、ばたん

澪「ぴゅあぴゅあ・・・」 ぼーん♪ぼーん♪


律「結局澪は、全然普通だな。というか、みんな無茶苦茶だな」

唯「動く事に気を取られすぎて、演奏がおろそかになってるんだよ」

律「分かってるなら、改めてくれよ」


律「止めだ、止め。寒くて練習にならん」

澪「仕方ないな。あまり積もってきても困るし、今日は早く帰ろうか」

唯「・・・」 じー

梓「そうですね。・・・唯先輩、どうかしました」

唯「トンちゃんは寒くないのかなと思って」

梓「ああ。水槽はサーモセンサーとヒーターが入ってますからね。夏でも冬でも、同じ温度に保たれてます」

唯「三食昼寝付きで結構良い身分だね、トンちゃんって」

律「バリバリ仕事されても困るけどな」

紬「・・・」 じー

律「今度はムギか。外に何かあるのか?」

紬「雪、雪が降ってる」 きらきらっ

律「まあ、それは私にも分かるんだが」

紬「雪、雪降ってるわよっ」 きらきらっ

律「・・・ちょっと、外で遊ぶか?」

紬「良いの?」 にこっ

澪(こういう押しも大事なのか) ぽんっ



   校舎1階 下足箱前

ぴゅー

澪「言うまでも無く寒そうだな」

唯「私は、ぶーくろちゃんがあるからね。あったかあったかだよ」

澪「でも、手袋だけだろ」

唯「これは憂がくれた手袋だから、世界中の何よりも温かいんだよ」 にこっ

梓「そうかもしれませんね」 くすっ


   校舎前

ぴゅー、ぴゅー

唯「さ、寒い。は、早く校舎へ、校舎へ戻らないと」

律「いや。言ってる事が全然違うし」

梓「でもやっぱり、寒いですよね」 ぶるぶる

澪「少し動けば、どうにかなると思うんだが」

律「……ムギ、なんだそれ」

紬「うふふ♪」 こぽこぽ

紬「みなさん、どうぞー」 

律「ホットチョコレートか。さすがムギ、気が効くぜ」

澪「白い雪と黒いホットチョコレート。・・・うん、なんだか歌詞が書けそうだ」

唯「甘くて温かくて。なんだか、エネルギー注入って気がするよ」

梓「それに寒い中で雪を見ながら飲むと、格別美味しいですねっ」

紬「うふふ♪」


……

紬「じゃ、雪合戦しようか♪」

律「随分飛躍するな。大体どうやって?適当にやり合うのか、チーム分けするのか」

唯「それなら私は、あずにゃんとムギちゃんで。みんなで力を合わせて頑張ろー」

紬「おー」

梓「お、おー」

律「だったら澪は、私とペアか」

澪(わっしょい、わっしょい。唯ちゃんわっしょい♪)

紬「まずは作戦タイムを設けましょうー♪」

律「やる気だな、この野郎。澪ー、本気出すぞ」

澪「人数で負けてるんだけどな」

律「そこは私と澪の、愛の絆でカバーするんだよ」

澪「愛の、絆?」

律「そんな事はともかくさ。さっさと玉を作って、回転良く・・・」

澪(やっぱり愛だよな、愛。愛って良いよなー、愛って。あー、いーなっ♪)



紬「さてと。私達は、役割分担をしましょうか」

梓「というと?」

紬「唯ちゃんが雪を丸めて、梓ちゃんがそれを運ぶ。で、私が投げる」

唯「3人で一斉に投げた方が良くない?」

梓「・・・いえ。これはかつて織田弾正忠が武田四郎勝頼を打ち破った、長篠の合戦。
  つまりは火縄銃三段撃ちに着目した戦法ですか」

紬「うふふ♪」 にやり

唯「だが、この通説には疑問が残る」

梓「三段撃ちは、最近の学説において否定されてるって事ですか?」

唯「違うよ。ぶーくろちゃんは毛糸だから、雪を握ると濡れてくるんだよ」

梓「それは確かに困りますね。というか私達も、素手ですし」

紬「大丈夫。こういう事もあろうかと、スキー用のグローブを持って来てるの」

唯「・・・5人分あるね。りっちゃん達にも持ってこうよ」

紬「唯ちゃんは、本当に優しいわね♪」

梓「それか、何も考えて無いかですね」

唯「もう、あずにゃんったら」

紬、梓「あはは」



律「さみーし、つめてーし。私達は、春まで見つからないってオチじゃないだろうな」

唯「済みませーん。お届け物でーす」

澪「唯。・・・グローブ?」

唯「これがあれば、あったかあったかだよ。ぶーくろちゃん程ではないけどね」

律「敵に塩を送るだ?ああ?」

澪「私は借りるぞ。ありがとう、唯」

律「・・・まあ信玄も、塩はもらったらしいからな」

唯「ふふふ。敵から塩をもらうとは、信玄破れたりっ」 びしっ

律「いや。色々間違ってるし」


   5分後

律「よーし、そろそろ始めるぞ。覚悟は良いか-」

唯「それは私達の台詞だよ」

律「言ったなー。澪、投げて投げて投げまくれ」

澪「あ、ああ。え、えいっ」 へろへろー

律「・・・まあ、なんだ。お前は私の後ろから投げてろよ」

澪「え、どうして」

律「雪が当たったら大変だろ」 にこっ

澪(待ってました、その笑顔っ)


唯「ほい、ほい」

梓「はい、はい」

紬「えい、えいっ」 ぐぉんっ、ぐぉんっ



律「距離があるんだし、良く見てれば避けられ」・・・

ひゅんっ

澪「し、新幹線?」

律「リ、リニアじゃなくて?」

ひゅんっ、ひゅんっ

澪「律ーっ」

律「澪ーっ」

どすんっ、どすんっ


2