カイジ「ほ、本物だ……」

唯「えっへん」

カイジ「じゃ、じゃあ本当にプレゼントくれるのか?」

唯「もちろん」

カイジ「な、なら唐揚げとポテチとビール」

憂「なるほど先生と同じだ」

カイジ「あとケーキとチキン……」

唯「食べ物ばっかり……あるけど」ゴソゴソ

カイジ「これで人並みのクリスマス……ありがとうサンタさん……優しいサンタさん……」

唯「どういたしましてー」

シャンシャンシャン

カイジ「旨ぇ……悪魔的だ……」

カイジ「ふぅ~食った食った」

カイジ「…………金頼めば良かった……」




唯「うぉ~もう夜中……眠い」

憂「あと少しだから頑張ろう。次は……」


『会いに来てくれても良いですよ--世界一凄い男』


憂「もはやツッコミ入れる気にもならない……」

唯「面白そうだから行ってみよう!」

シャンシャンシャン

唯「ボロボロなアパート……」

憂「世界一の人間が住んでるとは思えないね」

唯「とりあえず入ってみよ」

憂「正体隠すのはあきらめたんだね……」

ガチャ

春日「お待ちしてましたよサンタさん」

若林「どう見てもコスプレした女子高生じゃねぇかお前」


唯「大人だし……」

憂「こんなんばっかり……」

春日「おやおや、春日の魅力にダウン寸前ですね」

若林「お前を見てへこんでんだよ」バチン

春日「へ!」

唯「あの~プレゼントは?」

若林「若い子に何言わせてんだバカ。とりあえず座ってもらえ」

憂「あ、どうも」

春日「どうぞ、春日お手製のジュースですよ」

若林「飴を溶かしただけだろうが」

憂(お、美味しくない……)

若林「愛想笑いさえされてねぇじゃねぇかバカ」バチン

唯(仲悪いのかな?)



唯「ふぃー、でも休めるのはありがたいね」

春日「お疲れのご様子。ここは私が疲労回復のダンスを」

唯「ほえ?」

春日「カス!カスガスカス!カスガ!カスガ!」

憂「……」

若林「こんな見事なドン引き初めてだバカ」バチン

春日「ウイ」

憂「へ?」

唯「カス……」

若林「いややらなくていいですよ」


憂「で、プレゼントは?」

春日「私は既に満たされてますからねぇ、貰うより与える立場と言えるでしょう」

若林「わざわざ来てもらって何目線だお前。袋詰めにされて北国まで運んでもらえバカヤロー」バチン

春日「お前それ本気で言ってんのか!?」

若林「いや本気だったら夜中まで付き合わないだろ」

オードリー「へへへへへ」

唯「やっぱり仲良いの?」

憂「行こうお姉ちゃん」

春日「バーイ」


唯「変わった人達だったね」

憂「ドッと疲れた……次こそまともなお願いでありますように」


『PS3が欲しいです--サトシ』


憂「なんて素晴らしいお願い!」

唯「サトシ……って確か律っちゃんの弟の名前だよ」

憂「でも住所は律さんの家じゃないよ?」

唯「まぁ結構ある名前だからね……行こっか」

憂「うん!」

シャンシャンシャン




憂「とうちゃーく」

サトシ「…………zzz」

唯「律っちゃんの弟じゃない……ていうか野宿なんて若いのに大変だね」

憂「可哀想……家が無いのかな?」

唯「うぅ……コンセントも無いのにゲーム機を欲しがるなんて健気」

憂「お姉ちゃん、違うのにしたら?」

唯「約束破りだけど良いのかな?」

憂「きっと使える物の方が良いよ」

唯「そっか……よし、じゃあこのボールを置いておこう」



シャンシャンシャン

唯「ふぅ……良いことをしたあとは気持ち良いな」

憂「次は……」


『友達より先に彼氏が欲しい--柊かがみ』


唯「うがーっ!!」ビリビリ

憂「お、お姉ちゃん……」

唯「ふへへ……リア充なんか増やしてたまるもんか」

憂「まだ彼氏いないみたいだから充実はしてないんじゃないかな……」

唯「疑わしきは罰する。それが非モテ」

憂「ぎ、ギー太がいるよ!」

唯「ふふ……そう、ギー太もそろそろ人間になる頃だよ」

憂「重症だ……」




憂「気を取り直して次々」


『食べ物ありったけ--上条当麻』


憂「なんか逼迫してるね」

唯「ていうか食べ物関係多過ぎだよ」

憂「とにかく急ごう。夜が明けちゃうよ」

シャンシャンシャン


憂「お邪魔します……」

唯「人が一杯寝てる……」

憂「パーティでもしてたのかな?」

唯「女の人はたくさんいるのに男の子は一人だけ……」ブツブツ

憂「は、早くプレゼント置いて帰ろう!」

インデックス「ん~うるさいんだよ、とーま……」

インデックス「……」

唯「……」

憂「……」

インデックス「ととととととと当麻!」

上条「うぅ……あと五分」

インデックス「寝ぼけてる場合じゃないんだよ!サンタ!サンタクロースだよ!トナカイもいるんだよ!」

上条「あ……お疲れさまです」

憂「驚かないんですか?」

上条「いや……もっとビックリドッキリな連中を見てるんで」

唯「ちょっと悔しい」

上条「あ~今座る場所空けるんで……おらビリビリ、どけよ」

上条「てきとーに座って下さいな」

唯「どうも」

上条「コーヒーいります?」

憂「あ、私がやりますよ」

上条「サンタさんにそんな事させれませんよっと」

唯「良い人……リア充だけど生きてて良い人だ」

インデックス「ぶ~」

唯「?」

インデックス「また当麻が知らない女の子を引き入れた……」

上条「誤解を招くような事を言うな!」

インデックス「うがーっ!!」ガブガブ

上条「痛ぇ!」

唯(今度あずにゃんにやろう)

唯「ふえぇ、コーヒー温かい……」

憂「くつろいでないで、プレゼント渡さないと」

唯「おぉそうだった。食べ物ありったけ……」

インデックス「食べ物!?神の恵みなんだよ!!」

上条「よだれを止めろ」

唯「もう時間も無いし、余ってる食べ物全部あげる」

憂「アザディスタンにおくる分は省きますけど」

上条「じゅ、充分過ぎるぜ!こりゃマジで神の恵みだ!何週間の食費が浮くか……」

唯「喜んでもらえて何より」

上条「良かったなインデッ……ク……ス」

インデックス「え?」モシャモシャ

上条「不幸だ……」

唯「お、お疲れさまでしたー」

シャンシャンシャン





憂「次でいよいよ最後だよ」

唯「おぉ!クライマックスだぜ!」


『オラもっと強ぇ奴と戦いてぇぞ!--孫悟空』


唯「……」

憂「……」

唯「……クライマックスにも程があるよ」

憂「行くだけ行ってみようか?」

唯「うん」

シャンシャンシャン




唯「着いたー」

憂「けどどうしよう?」


3