梓「デコ先輩の相手は相変わらず疲れますね」

梓「さて今日の相談相手は誰でしょう?」

唯「あーずにゃん!」ギュッ

梓「ゆ、唯先輩?!」

唯「相談に来たよー」スリスリ

梓「ほっぺをくっつけないでください!」

唯「ぶー」

梓「ほら、離れてあそこに座ってください」

唯「はーい」


梓「何にも考えてなさそうな唯先輩に悩みなんてあるんですか?」

唯「あずにゃんしどい!」

梓「唯先輩の悩み…… 憂と喧嘩でもしました?」

唯「違うよー」

梓「じゃあ何があったんですか?」

唯「えっとね」

梓「はい」

唯「悩みがないの」

梓「は?」

唯「だから、悩みがないことが悩みなんだよねー」

梓「帰れ」

唯「えぇ?!」

梓「やっぱり唯先輩に悩みなんてなかったんですね」

唯「必死に考えてたけど何にも思い浮かばなかったんだー」

梓「唯先輩の性格が羨ましいです」

唯「えへへ、私もあずにゃんの性格好きだよー」

梓「皮肉のつもりだったのに……」

唯「?」

梓「くっ……、勝てる気がしない……」

唯「やっぱり来ちゃ駄目だったかな?」

梓「そ、そんな事ないですよ!」

唯「そう? 良かったー」


梓「じゃあ唯先輩の悩みを一緒に考えましょう」

唯「わーい!」

梓「えっと、最近嫌な出来事とかありました?」

唯「ないよー」

梓「じゃあ怒った事とか……」

唯「んー、ないかな?」

梓「不満とかは……」

唯「とくにないよ!」

梓「」


唯「あずにゃんは悩みとかないのー?」

梓「そうですね……、私みたいな完璧超人にはそんなものありませんよ」

唯「そっかー」

梓「まぁ一つ挙げるとしたら完璧すぎるところですかね」

唯「確かにあずにゃんは可愛いしギターも上手だもんね!」

梓「は、はい……」

唯「私もあずにゃんみたいにギター弾けるようになりたいなぁ……」

梓「! 唯先輩! それ悩みですよ!」

唯「は! そうだね! 私にも悩み見つかった!」

唯「やったよあずにゃん!」

梓「はい! 見つかったので早く帰ってください!」

唯「えっ」

梓「えっ」

唯「帰らないといけないの?」

梓「はい」

唯「……」

梓「ま、また今度相手してあげますから!」

唯「うん、じゃあ今日は帰る!」

梓「はい、それじゃ一緒に帰りましょう」


……

梓「ふぅ、唯先輩の相手は疲れますね」

和「そうね、私も最初は大変だったわ」

梓「私の知人以外は帰ってくれないでしょうか」

和「私の事分からない?」

梓「えぇ、分かりません」

和「……」

梓「お帰りはあちらになりまーす」

和「えぇ、邪魔しちゃったみたいでごめんね」

梓「謝罪はいいから早く帰ってください」


梓「まさか不審者が入ってくるとは……」

澪「ふ、不審者?!」

梓「そんなに叫んだらまた禿げますよ」

澪「またってどういう意味だ?!」

梓「だってほら、禿げてますよ おでこ」

澪「それは律だろ」

梓「そうでしたね」


梓「それにしても、澪先輩まで悩みあるんですか?」

澪「あぁ」

梓「悩み当ててあげましょうか」

澪「え? 分かるのか?」

梓「澪先輩は分かりやすいですから」

澪「じゃあ当ててみてくれ」

梓「『律をストーカーしてたらバレた!』みたいな感じの悩みですよね」

澪「まだバレてないから」

梓「なら違いますね」

澪「そんなのよりもっと重大な悩みなんだ」

梓「分かりました、聞くだけ聞きましょう」

澪「実はさ……」

梓「……」ゴクリ

澪「最近律が5人に増えて私を襲ってくるんだ」

梓「何言ってんだこの人」

澪「夢の中で」

梓「あちゃー、夢の中だったかー」

澪「……どうすればいいと思う?」

梓「何が?!」

澪「いや、これが私の真剣な悩みなんだけど……」

梓「米青 ネ申 禾斗 ( こ 彳〒 ιナ」

澪「そんなのとっくに試したさ」

梓「何て言われたんですか?」

澪「『既に手遅れです』」

梓「じゃあ私なんかが解決出来るような問題じゃないですよ」

澪「そこをなんとか」

梓「無理です」

澪「……」

梓「……」

澪「鈴木さんの下着でどうだ」

梓「その話、乗った」

澪「で、どうしたらいいかな」

梓「そりゃもうあれしかないですよ」

澪「あれ?」

梓「律先輩を襲っちゃうんですよ」

澪「」

梓「きっと澪先輩は欲求不満なんです 律先輩に解消してもらえば……」

澪「な、なるほど……」

梓「で、その方法なんですけど」

澪「うん」

梓「まず澪先輩が律先輩の家に行きます」

澪「ん……、いきなり突撃か」

梓「次に服を全部脱ぎます」

澪「だ、大胆だな……///」

梓「そして、律先輩にお尻を突き出して……」

澪「……!」

梓「自分のお尻を叩きます」

澪「ふむ……、SMプレイか」

梓「そして白目を剥いてこう言いましょう」

梓「びっくりするほどユートピア!」

澪「」


梓「これで律先輩もイチコロですね」

澪「そ、そうかな……」

梓「私も純に試したら大成功でしたよ!」

澪「……ほ、本当?!」

梓「はい!」

澪「じゃあやってみようかな……!」

梓「頑張ってください」

澪「うん、相談に乗ってくれてありがとな」

梓「礼には及びませんよ 純の下着さえくれれば」

澪「じゃあ明日にでも持ってくるよ」

梓「ありがとうございます」

澪「それじゃ、またな!」

梓「お疲れ様でしたー」


……

梓「澪先輩も、これで欲求不満が解消されますね」

梓「じゃあ次の相談者は……」

憂「私だよー」

梓「……」

憂「……」

梓「次の相談者は……?!」

憂「私だよ、梓ちゃん」

梓「……」

憂「……」

梓「憂かー……」

憂「何でそんな嫌そうな顔してるの?!」ガーン

梓「べ、別にそんな顔してないよ?」

憂「……本当に?」

梓「う、うん!」

憂「じゃあいっか!」

梓「で、相談があってここに来たんだよね?」

憂「うん!」

梓「その内容は?」

憂「お姉ちゃんへの愛が止まらないの」

梓「流石だね憂」

憂「この前はお姉ちゃんのトイレとお風呂と寝顔を盗撮しちゃったし」

梓「……」

憂「今日だって、鞄の中にはお姉ちゃんの脱ぎたてパンツしかないし」

梓「……」

憂「あ、ごめん梓ちゃん 私の悩みはこんなどうでも良い事じゃなかったよ!」

梓「これ以上の出来事が何かあるの?!」

憂「うん、最近困ってる事があって……」

梓「その内容は……?」

憂「うん、あのね」

梓「……」

憂「名前は可哀相だから言わないけど」

梓「うん」

憂「私の友達Aちゃんが、私の友達Jちゃんの下着とか靴下を盗んでるんだよね」

梓「」

憂「私は最初から気付いてたからいつでも言えたんだけど、タイミングが掴めなくて……」

梓「へ、へぇ……」

憂「でも私が言わなかったせいで、友達Jちゃんが凄く困ってるの」

梓「……」

憂「どうすればいいかな?」

梓「そ、それは難しい相談だなー……」

憂「でしょ? だから梓ちゃんに相談しようかなーって思ったの」

梓「……」

憂「どうしたの? 梓ちゃん」

梓「……ご、ごめんなさああああい!」

憂「何が?」

梓「何度でも謝ります! 許してください!」

憂「……」

梓「ゆ、許してくれないよね……、あはは」

憂「私には許す許さないを決める権利はないよ」

梓「え?」

憂「ちゃんと純ちゃんに謝ってこないと!」

梓「……うん、ありがと憂」

憂「えへへ、頑張ってね!」


こうして憂に脅された私は、純に事情を説明しにいきました


話した結果、毎週日曜日に、純のパンツを貰える事になりました

盗まなくても最初から頼めばよかったんだな、と後悔しています


Fin