軽音部部室

律「あー誰か来ないかなー…」ウズウズ

澪「ただ待ってても誰も来ないぞ…?」

律「じゃあ、澪が勧誘するか?フリフリのメイド服とか着てさ…」

澪「そ、それは嫌だ!」

律「やっぱ廃部かなぁ…」

澪「そうだな。」

律「なんだよ!その言い方!」

澪「仕方ないだろ。先輩たち全員卒業しちゃったんだし…」

ガチャ

紬「すいませーん、合唱部ってここですか?」

律「澪…あの時の約束は嘘だったのかよ!」

澪「はぁ?」

律「私がドラムで、澪がベース。そんでバンドを組んで私たちがバンドのリズム隊になるって!」

紬「(リズム隊…?)」

律「本当に…本当に忘れちまったのかよ!」

澪「…?」

紬「あのー…」

律「へ?」

澪「…」

紬「ここ、合唱部ですか…?」

律「いや、軽音部だけど?」

紬「そうですか~」

澪「すいません、うちの律が…」

律「あたしゃ悪ガキかよっ!」

紬「うふふ…(なんだか面白そう!)」ニコッ

紬「よろしければ、私も軽音部に入部してもいいですか?」

澪「えっ!?」

律「もちろん、大歓迎だよ!!」

紬「ありがとう。これからよろしくお願いしますね。」ペコリ

澪「あ…はい、こちらこそよろしく。」ペコリ

律「よーし!確保―!!」ダキッ

澪「おいおい…」


紬「そういえば自己紹介がまだでしたね、私は一年の中野紬といいます。」

律「私はスーパー美少女にして最強のドラマー!その名も…」

澪「あ、私は一年の秋山澪。こちらは幼馴染の田井中律です。」

紬「はい、澪さんと律さんですね。」

律「おおい!!」

律「よし、あと一人だな。」

律「ちなみにムギはなんの楽器できんの?」

紬「ムギ?」

澪「こら、律!」

律「紬だからムギ。なんか呼びやすいでしょ?」

紬「はい、ムギって呼んでもいいですよ。(こんなあだ名初めて…)」

紬「キーボードを少々…小学校の頃はピアノコンクールで賞も取りました…あっ、自慢なんかしてすいません。」

律「別に気にしてないよ。すごいじゃん。」

ガチャ

唯「あの~…」オドオド

律「!」

紬「かくほ~!」ダキッ

唯「ふぇ!?」

澪「(意外とアグレッシブなんだなぁ…)」


唯加入後

澪「それで平沢さんはギターをやることになったのか。」

律「でも買いに行かなきゃいけないんだろ?」

唯「まったくの初心者なので迷惑をかけるかもしれません…」シュン

紬「私も初心者なので気にしなくていいですよ。」

律「…なーなー、敬語やめにしない?私ら全員同い年なんだからさ…」

澪「それもそうだな…」

律「私はりっちゃんって呼んでほしいな!最近は澪がそう呼んでくれないし。」

澪「呼び捨てでいいって言ったのお前だろ…」

紬「わかったわ。りっちゃん、澪ちゃん、唯ちゃん!」

澪「それじゃあ、ムギ、唯。これからよろしくな。」

唯「私も…りっちゃん、澪ちゃん、ムギちゃん!よろしくね。」

グウウ~

唯「?」

律「あ」

澪「わ、私じゃないぞ!」フルフル

紬「私でした~」

律「ムギか~!」

澪「昼食控えめにでもしたのか?」

紬「ううん、私昔から大食いなの。お母さんにも『紬はよく食べるわね。』って言われたし。」

唯「あ、これ食べる?」ヒョイ

澪「ポテチ?」

紬「ありがとう唯ちゃん。でもこれはみんなで食べましょ?」

唯「うん。」

律「飲み物は私が持ってる。」

紬「こうしてみると、なんだかティータイムみたいね。」

律「ポテチとペットのお茶だけどな。」

唯「でも、みんなと食べると一人の時よりもすごく楽しいよ!」

紬「そうだ、これからもこうやって…みんなでお菓子と飲み物を持ち寄って、お茶会しましょ?」

唯「いいねいいね!」

澪「いいけど、ちゃんと練習もするんだぞ?」

律「わかってますって!」

紬「そう言えば、りっちゃんと澪ちゃんの約束って?」

唯「約束?」ハテナ

律「ああ!説明がまだだったな。」

律「あれは小学校の頃、私たちが家族と一緒に山にハイキングに出かけた時のことだった!」

律「私たちは親とはぐれ、山道で迷ってしまった。」

律「そこに大きなクマがこう…グォォォォォォォーーーッっと!」ガオーッ

澪「ひいいい!」

律「絶体絶命の危機に陥った私たち!そこに現れたのはドラマーとべーシストの二人組!」

唯「おおう!」

律「彼らはベースとドラムスティックを華麗に操り、見事クマを撃退した!」シャキーン

律「その時私たちは誓ったんだ。彼らのような弱きを助け、強きを挫く正義のドラマーとべーシストになろうと!」

紬「カッコいい…」キラキラ

律「なのに澪は…その約束を破った!当時、恐怖のあまりにお漏らしをして、『ママー!怖かったよー!』なんて泣きじゃくっていたあの澪がだ!」

律「今はといえば胸ばかりではなく、すっかり態度まででかくなって…」ウルウル

澪「…捏造…すんなあっ!」

ゴン、ズガッ、バキッ

律「あいてー!」

澪「…今の話、全部嘘だから。本気にしないで。」

唯「…そうなの?」

律「いやぁ、これくらいのストーリーがあった方が盛り上がるから…なんて。」ナハハ

澪「それでも最後らへんは余計だ!…もう一発殴っていいか?」

律「たのむ!私の天才的頭脳をこれ以上傷つける…それだけはやめてくれ!」

澪「…はぁ、まったく…」

唯「でも、二人は幼馴染だからこういう漫才できるんだよね?」

律「漫才…?ああ、まあ。」

唯「私も和ちゃんとこういう関係になれたらよかったなぁ~…」

澪「その和って人が迷惑すると思うぞ…?」

紬「やっぱり幼馴染っていいわ~」キラキラ


中野家

紬「ただいま。」

梓「おかえり、ムギお姉ちゃん。」

紬「お父さんとお母さんは?」

梓「演奏会。置き手紙に書いてあったでしょ?」

紬「そうなの?じゃあ一緒に夕飯作りましょ。」

梓「わかった。」


夕食

紬「この肉じゃが味付けがいまいちね。」マズイ

梓「そっちの味噌汁こそ味薄いじゃん…」

紬「…」

紬「そうそう、私軽音部に入ったの。」

梓「話そらさないでよ…でなんの楽器?」

紬「キーボードよ。ピアノコンクールで賞をとった腕前を存分に発揮するわ!」

梓「小学校の頃の話じゃん…」ヤレヤレ



楽器店

唯「うわ~どのギターもカッコいい!」

澪「レフティフェアーは…やってないか。」ガックリ

唯「これなんかいいかも。よしギ―太、君に決めた!」ビシッ

律「ギ―太ってなんだよ…値段いくらだ?」

唯「えっと…15…万!?」

紬「高いわ!」


部室

律「おい、どうすんだよ…?」

唯「」

紬「そうだ、みんなでバイトしましょ?」

澪「…場所は?あんまり目立つのは嫌だな…」

紬「この、交通量調査なんてどうかしら?これなら澪ちゃんでも大丈夫そうよ?」

律「良さそうだな。」

唯「私のために…みんなありがとう!」


バイト終了

澪「結局5万か…私のせいで…」

唯「気にしないで。」

律「(貯金を崩すかな…)」ハァ

紬「(どうすれば…)」


中野家

梓父「どうしたんだい、紬?」

紬「お金が欲しいの!」

梓父「いくらだい?」

紬「10万…」

梓「高っ!いったいなにがあったの?」

紬「友達が困っているの!」

梓「それって、詐欺?」

紬「違う!!大事な友達が本当に困っているの!」キッ

梓「怖っ…」

梓父「…わかった。深い理由は聞かない。たしかあれがあったはず…ちょっと待ってなさい。」


数分後

梓父「あった、これだ。これを売ってお金に換えなさい。」

梓「それって、昔使ってたギターでしょ!?本当にいいの!?」

梓父「いいんだ、取っておいてもどうせ使わないだろうしな。」

紬「お父さん…本当にありがとう!」

梓「…」


再び楽器屋

唯「ただいまギ―太~!」

澪「金額はどれぐらいかな…」

店員「ざっと…10万円ですね。」

律「いやったぁぁぁぁ!」

紬「ありがとうございます。それでは、こちらのギターをください。」

店員「15万になりますが。」

紬「はい。こちらで。」

店員「どうも。(…こんな感じの眉毛、どっかで見た事あるような?)」

唯「これからよろしくね、ギ―太!」



唯の家で勉強会

憂「妹の平沢憂です。姉がいつもお世話になってます。」ペコ

和「私は唯の幼馴染の真鍋和。よろしくね。」

律「よろしく~」

憂「お茶持ってきます。」トテテ

紬「わざわざありがとう。」

律「しかし、よくできた妹だよな~生まれる順番間違えたんじゃないか?」

唯「ぶ~!りっちゃんひどい!」プンプン

和「みんなそんなふうに言うのよね…」

紬「ほんと、うちのあの子にも爪の垢を煎じて飲ませてあげたいくらいだわ。」

澪「あれ?ムギって妹いたのか?」

紬「うん。あんまり可愛くないけど。」キッパリ

律「酷い言いようだな…」

唯「だめだよムギちゃん、妹とは仲良くしなきゃ。」

紬「うん、そうしてみる。」

澪「一人っ子は私だけか…」

律「ちなみに私は弟がいるぜ!」

和「そうなんだ、じゃあ私トイレ行くね。」


ある日

澪「合宿をします!」

唯「いいねいいね!」

澪「遊びに行くわけじゃないんだぞ…?」

律「場所はどうするんだ?」

紬「私に任せて!」


合宿!

唯「と、いうわけでムギちゃんのお父さんの知り合いが経営する合宿場にやって来ました!」

紬「お世話になります。」ペコリ

管理人「いやいや、ムギちゃんとそのお友達ならいつでも大歓迎だよ。」ハハハ

律「じゃあ、遊ぶか~!おっ、アーケードのゲーム機!」

澪「おい!」


日が暮れて…

律「は~遊んだ遊んだ!」

唯「夕食も最高でしたな~」

澪「この後はしっかり練習だからな。」

梓「(あのお姉さん、美人だな…)」コソコソ

唯「!あの子、可愛い!ねえねえ、そこのキミ。」

梓「へ?(気付かれた!)」ビクッ

紬「梓!?なんでここにいるの?」

梓「ただ普通についてきただけだよ?別にいいじゃん。」

律「おお~ムギの妹さんか~」

梓「初めまして、中野梓です。愚姉がいつも迷惑を…」

紬「こんな感じの生意気な妹だけどよろしくね。」

律「(仲悪そう…)」

唯「まあまあ…キミ、すごく可愛いね!」キラッ

梓「はい?」


スタジオ

ジャジャ~ン!

唯「どうだった?」

梓「あんまりうまくないですね!」キッパリ

律「バッサリだ~!」ガクッ

紬「もう、またそんなこと言う…」

澪「ギターを見たけど、梓ちゃんもギタリストなんだ?」

梓「はい、使ってるのはムスタングです。」

澪「ムスタングって…確か上級者向けの…」

唯「すごーい!なんか炎とか出せそう!こう、ボッ!て感じで。」

律「それはマスタングだ。」


2